男性も好きになる英国紅茶

20180202RTEA2.jpg


紅茶といえば、日本では〈優雅〉〈女性〉のイメージがあるようです。
イギリスでは、このようなイメージと異なり、
〈あらゆるシーン〉〈男性も女性も老若男女〉で楽しむものが紅茶です。

イギリスの男性は、仕事中のPCの横にはマグに紅茶です。
大切な会議や打ち合わせの前には必ずマグに紅茶を淹れます。

オフィスには社員の数だけ“マイマグ”も置いてあり、
自分が紅茶を淹れる時は近くにいる人に「紅茶いる?」と声をかけて、
皆の“マイマグ”にティーバッグで紅茶を淹れてあげるのです。
日本ではお茶は女性が淹れたり、部下が淹れたりするイメージですよね?
イギリスでは、男性が淹れることも、上司が淹れることもあります。

ジャパン代表・岡田が渡英した時、リントンズ社内での仕事の時は
まず、ウェルカムティーや会議前に紅茶を淹れることから始まります。
その紅茶は毎回、4代目社長のサイモン・スミス氏が直々に淹れます。
ジャパン代表、生産部、デザイン部、ブレンダー、秘書等の人数分、
サイモン氏のお気に入りの紅茶【ゴールド】を、これまたお気に入りの
【砂糖なしミルクティー】にして、マグに丁寧に淹れてくれるのです。
ティーセットもリントンズ100周年記念グッズを使います。

気取ることなく、格好つけることもなく、偉そうにすることもなく、
リラックスして、この機会を大切に、という気持ちが伝わる淹れ方。
だから、皆も「サイモン、Thanks !」とナチュラルに感謝します。
紅茶の淹れ方にこだわったり、茶葉が語れるから紳士なわけではなく、
そんなリラックスしたティータイムを作れるのが紳士的で素敵なんです。


2016217cupoftea.jpg

0312ウェルカムティー


このように、紳士な飲み物でもある紅茶。

イギリスで愛され続けている紅茶は、ブラックティーといいます。
完全発酵させた無着香の紅茶を、ブラックティーと呼び、
香りを着香したフレーバードティーは紅茶とは呼びません。

この紅茶(ブラックティー)が男性が好きになる紅茶のようです。
リントンズのお客様は、男性のお客様が多いのも特徴です。
男性は香水の強い香りが苦手な方も多く、お茶も同じで、
着香した強い香りのフレーバードティーは苦手な方も多いんです。
茶葉本来の香りや味わいを好む方が本当に多いです。

リントンズの試飲でも、紅茶を普段飲む方も飲まない方も、
一口飲んで「すごく良い香りがする」「茶葉が甘い」と
茶葉の特徴にすぐ反応する男性は不思議なくらい多いんです。

男性の味覚って、繊細なのかも?と納得してしまうことばかり。
先入観なしに、紅茶をありのままに受け入れるのかも知れません。


2017Ringtonstimes2.jpg


イギリスで紅茶は簡単!おいしい!カジュアルで日常的な飲み物。
珈琲は嗜好品として、ちょっと難しく、こだわって飲むイメージです。

そのため、いまイギリスでもブームになり、人気の珈琲ですが、
イギリスに多いヘルシー志向の方はあまり飲まないのも事実です。
全く飲まないわけではなく、紅茶のように一日何杯も飲みません。
外出や外食の時だけ、というイメージもあります。

最近は日本でも、珈琲やビール等カラダを冷やす飲み物が
好きな男性も多く、“オトコの冷え性”も多いそうです。
暖かい国で育った珈琲はカラダを冷やす飲み物として有名です。
冬の寒~い日に、ホットコーヒーは逆効果です。
毎日の習慣で飲んでいると、カラダが冷えやすくなってしまいます。

さらに、男性は職場や人間関係などさまざまなストレスを
多く抱えるほど、カラダの緊張が高まり、血流が悪くなったりして、
男性の方でもカラダが冷えてしまうとか。
どちらにしても冷えは、イライラし、集中力が減少し、
落ち着きがなくなったりします。大切な会議や打ち合わせ前など
感情を穏やかにして、自分自身で精神をコントロールしたい時には、
ホッと1杯の紅茶で脳をリラックスして、カラダを温めてほしいです。

以前TVで、“紅茶は生姜湯よりもカラダが持続して温まる”という
実験結果が発表されていました。カラダを温める飲み物の代表に、
紅茶やココア、生姜湯などがありますが、その中でも紅茶が一番
カラダを内臓から温め、持続性があるという結果でした。
やはり紅茶に含まれる酵素であり、発酵茶パワーだそうです。

そして、紅茶は「テアニン」という成分があり、これはカフェインの強い
作用を抑制し、穏やかに作用し、脳波の一種であるα波を増加させ、
リラックス効果をもたらす作用を持っているのが特徴です。

だからイギリスでは、会社の会議前にリラックスして、集中できるよう
1杯の紅茶をマグで飲むことも多いのです。珈琲ではないのです。
そして紅茶は会話が弾むコミュニケーションツールにもなります。

最近、イギリスで新しい紅茶の研究も発表されました。
シンプルな紅茶は脳が活性化され、創造力が増すそうです。
この発見は、インスピレーションを求める作家やアーティストに限らず、
仕事をするうえでは、創造力が必要となる場面が多く、様々な場面で
効果が期待できる可能性があることを示唆しています。
仕事を頑張る男性には嬉しいことだらけの魔法の飲み物なのです。

写真は英国リントンズ社のランチミーティング中の紅茶です。
紅茶のおかげか、リントンズ社の会議はいつも和やかに、
おおらかに、寛容に、紳士的に、建設的に進みます。


Rサンドイッチ


紅茶で一番効果的な飲み方は、起き抜けに紅茶を飲んで、
体温を早く上げてあげることで健康的に体が働き出すそうです。
毎朝仕事前に飲むことで、カラダを温める良いリズムが出てきます。
創造力が増し、リラックスして仕事をスタートできます。

男性の方もイギリス紳士のように、紅茶を日常にしてみませんか。



20180131set.jpg
バレンタインの贈り物に、男性におすすめしたい紅茶100杯分と、
チョコビスケットやジンジャービスケットなど老舗紅茶商リントンズが
紅茶に合うビスケットを厳選セレクトしたビスケットBOXがセットに!
「バレンタイン紅茶セット」がスペシャル価格1,980円(税込)で登場♥

★バレンタイン限定【紅茶&ビスケット】スペシャルセット


コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




送料無料1,000円のお試しセット入荷!

20180131valentinetop.jpg


大人気の「リントンズ紅茶のおためしセット」が久しぶりに入荷です!
送料無料なので、一度リントンズ紅茶を飲んでみたかったという方、
リントンズ定番ブレンドの中からお気に入りを見つけたいという方、
イギリスで愛され続けている定番紅茶を飲み比べすることができます。

もし、前にリントンズ紅茶を飲んだことあるけれど...という方も
久しぶりに味わってみてください。どんどん拘っておいしくなる、
進化している紅茶なので、前よりももっとおいしくなっています!

リントンズ紅茶の定番5ブレンド1袋4包入り、計20包入って1,000円。
アールグレイ以外の4ブレンドは、ティーポット用ティーバッグなので、
1包で2カップ分(約400cc)も抽出できる茶葉量が入っています。
合計約40杯のいろんな味わいの英国紅茶が楽しめて、
全国どこでも送料無料で1,000円はお得!とても人気のセットです。

しかも!おためしセットを購入の方には、クーポン券もプレゼント!!
1粒で2度おいしさを楽しめるセットです♪

本日、2月1日(木)12:00から入荷します。
入荷数に限りもあります。ぜひ、この機会をお見逃しなく!


20180131newtasting.jpg


このおためしセット、リントンズ定番ブレンドの中から
“自分のお気に入りの紅茶”を見つけたいと買われる方も多いんです。

実はこれ!イギリスの紅茶愛好家と同じ考え方なんです。

紅茶の国・イギリスは、紅茶には厳しく、好みもはっきりしているので、
沢山のメーカーの紅茶をストックする紅茶愛好家はごく僅かであり、
選び抜いた“これ”という自分のお気に入りの紅茶を見つけたがります。

自分がおいしいと思う紅茶に出逢うことにこだわっているのです。

リントニアンは、リントンズの中でも自分のお気に入りブレンドがあり、
リントンズ紅茶が切れてしまうのは困るので、キッチンのストックに
お気に入りのブレンド紅茶が何袋もストックされているのが普通です。
それでも、あっという間に飲みきってしまうのですが・・・。

毎日おいしい紅茶を楽しみ、ホッとする豊かな時間を過ごすためにも、
自分のお気に入りの紅茶に出逢い、その紅茶を
何年も、何十年も、中には親子代々愛し続けるのです。
これは頑固とかそうゆうものではなく、自分が心からおいしいと思う
紅茶は、毎日楽しい時も辛い時も寄り添うパートナーになるのです。
イギリスの人は「それが紅茶の魅力だ」と口を揃えて語ります。

リントンズは、紅茶の国・イギリスで、100年以上もの長い間、
“パートナーの紅茶”として、リアルに愛されているような紅茶です。
“自分のお気に入りの紅茶がある”...それこそが英国紅茶です。


1980リントンズ


どのリントンズ紅茶にも共通して言えるのが「Smooth」であること。
イギリスの人はおいしい紅茶に出会うと、
面白いくらいに「Very smooth !」と表現します。

新鮮で高品質な紅茶は一目見て、一口飲めば、すぐ分かります。
茶葉本来の美しい色と、茶葉本来の優雅な香りに満ち、
甘みとコクのバランスが絶妙で、まろやかで、喉ごしの良い後味です。
それが「Very smooth !」。
驚くほどクセがなく、飲みやすいのが特徴です。
ぜひ、リントンズ紅茶で「Very smooth !」を味わってみませんか?

今日は、リントンズ専属の熟練ティーブレンダー渾身の
ブレンド紅茶をすべてご紹介します!


820Tasting-Room.jpg


■ トラディショナル ( Traditional )

100年以上続く英国老舗紅茶メーカー「リントンズ」の
ロングセラーブレンドは【トラディショナル】です。
長年のイギリスの味を守るために、代々伝わる長年のレシピと
ノウハウを基に熟練ティーブレンダーによりブレンドしています。
現在は、新しくきれいな土壌で、若い茶木から上質な品質の茶葉が
採れるアフリカの茶葉を中心に、ブレンドされています。

イギリスで何十年も変わらない味、長年、愛され続けているブレンドの
味ですが、茶葉の製法、専属ティーブレンダーの技術の進化により、
リントンズの紅茶は間違いなく、どんどんおいしくなっています。

以前、リントンズの本社に保管してある社外秘の「トラディショナル」の
レシピを見せてもらったことがありますが、その分厚さに驚いた程です。
長年の知識と経験、そして先人からの伝統を感じたものでもありました。
とてもではないですが、一朝一夕にできるような代物ではないことを
強く実感したことを思い出します。
これが英国老舗の「Tea Merchants(紅茶商)」の伝統紅茶なのだと。

この伝統のブレンド感が“イギリスらしくって好き”という方も多いです。
ティーポット用ティーバッグで、1包で大きなマグカップ2杯分の
紅茶(400cc)を抽出できます。1袋に200杯分の紅茶が入っています。

【トラディショナル】と同じブレンドである【カッパス】は、
マグ用ティーバッグで、1包1杯用です。茶葉の量が異なります。
【カッパス】はオフィスや自宅で1人ティータイムするのにピッタリ!


20180131blend5.jpg


■ コノシュア ( Connoisseur )

このブログでも度々ご紹介したことがある、
リントンズ歴70年のロイヤルリントニアンの素敵なおばあさま!
100歳のおばあさまが愛飲しているのは、この【コノシュア】です。
以前、リントンズが取材された番組のインタビューで、
「リントンズ紅茶と他の紅茶との違いは何ですか?」と聞かれて、
おばあさまは「その質問には答えられないわ!
なぜなら70年間、リントンズ紅茶しか飲んだことがないんだもの!」
と答えていました。まさに“自分のパートナーの紅茶”なんです。

コノシュア=目利き、とブレンド名を名付けるほど、
茶葉の強みを深く味わえるブレンドです。
ALLケニア茶葉使用の紅茶で、KTDA(ケニア茶業開発機構)に属する
紅茶のプロ集団による希少な厳選農園の高品質な茶葉使用。
ストレートでこそ良く分かる茶葉品質の良さも特徴ですが、
ミルクティーにしても、スッキリした味わいの紅茶になります。

アイスティーにしても色が美しくおいしい紅茶で、我が家では一年中、
夏でも冬でも【コノシュア】のアイスティーを毎日欠かさず作ります。
和食でも、洋食でも、食事には、このコノシュアティーが登場します。

ちなみに、リントンズの専属ティーブレンダーのジャームズ氏は、
【コノシュア】のミルクティーがお気に入りだそうですよ^^
おいしい茶葉はストレートでもミルクでも間違いなくおいしいのです。


20180131blend4.jpg


■ アールグレイ ( Earl Grey )

リントンズのブレンドの中で唯一のフレーバーティー。
紅茶商リントンズは、高品質で新鮮茶葉にこだわった
おいしい紅茶なので、この茶葉もしっかり味わっていただくために、
普通のフレーバーティーよりフレーバーの着香度をあえて低く設定。
そして、フレーバーはシンプルに天然のベルガモットのみです。

イギリスの紅茶愛好家は、リントンズの【アールグレイ】を飲んで、
こんな風に例える人もいます。
「はじめは、着香されたベルガモットの香りも弱く感じた。
しかし、2週間飲み続けていたら、とても華やかなベルガモットの
香りに変わり、ブレンドされた茶葉の香りも感じられるようになり、
このアールグレイの素晴らしさを深く知ることになった」と。
「いまでは、強く着香されたフレーバーティーや不自然なほど
人工的なフレーバーティーには敏感になってしまった」とも。

驚くほど香り高いわけではない、リントンズの【アールグレイ】ですが、
飲み続けていると、人間は嗅覚が研ぎ澄まされていき、
本当はフレーバーってこのくらいで良いんだと私たちも思います。

国民の98%が紅茶はミルクティーにして楽しむイギリスらしく、
ミルクティーにしても絶品です。新鮮茶葉の風味もしっかり味わえ、
ケニアの芳醇な茶葉の香りに、ベルガモットの上品なフレーバーも香り、
「アールグレイのミルクティー」のおいしさもわかります。
英国熟練のティーブレンダーの真骨頂を見せる味わいです。


20180131blend2.jpg


■ ゴールド ( Gold )

グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の【GOLD】
ケニアのKTDA傘下の厳選契約農園のなかでも、特に、
上質な茶葉を生産している6つの小規模農園の最高級ケニア茶葉の
一番上の芽の部分のみを贅沢に使用した紅茶です。

日本ではまだあまり知られていませんが、アフリカの茶葉は
紅茶先進国であるイギリスの紅茶業界では注目の産地です。
そのため、イギリスの紅茶メーカーでよく見られる産地です。
産地アフリカの茶葉は、日本にとっては遠い国の味。
入手するのは難しい希少な農園の茶葉ばかりですが、
イギリスの紅茶商の人々のおかげで味わうことができます。

現在、英国老舗紅茶商リントンズの紅茶の85%位が
ケニアなどアフリカからの輸入茶葉を使っています。
なぜなら茶葉は土壌も命。アフリカは、インド、スリランカより
新しくきれいな土壌で、ミネラル豊富、若い茶木から上質な品質の
茶葉が採れるそうです。【ゴールド】の茶葉も、茶葉摘採後、
48時間以内に真空パックしてイギリスへ空輸し、
専属ティーブレンダーにより48時間以内に紅茶に仕上げられます。

イギリスの紅茶愛好家も、ケニアで飲んだあの素晴らしい紅茶の味
と同じだと語ります。リントンズの紅茶は、茶木から摘んだ茶葉
そのままの味わいをお客様のティーカップで楽しめるといいます。
それは、生産された現地で飲まれるのと同じ味わいだといいます。

【ゴールド】は本当に雑味のない、新鮮な茶葉の甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖なしのミルクティーで味わうのが
サイモン氏やスー夫人の“パートナーの紅茶”でもあります。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている最高品質の紅茶です。


20180131blend3.jpg


■ ブレックファスト( Breakfast )

昨年、リントンズで一番人気のブレンド「エクストラフレッシュ」が
新しいブレンド名【ブレックファスト(Breakfast)】になり登場!

イギリスでは19世紀の頃から朝食に濃く淹れた紅茶に
たっぷりミルクを入れるミルクティーが主流となり、
そんな紅茶習慣に合うようにブレンドされた紅茶が
“ブレックファストティー”です。
イギリスでは最も伝統的で、ポピュラーなブレンドですが、
いままで、リントンズにその名称のブレンドはありませんでした。

しかし、エクストラフレッシュは英国で毎朝ミルクティーとして
楽しむ紅茶として長年愛され続けており、このたび、
【ブレックファスト】になったことで、より、この紅茶に親しみがわき、
愛されていくことになるでしょう。

【ブレックファスト】は、リントンズ独自のリーフロック製法で、
インド産のアッサム茶葉とケニア産のナンディヒルズの茶葉を
とにかく新鮮な状態でブレンドし、お客様の元にお届けしています。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

リントンズブレンドの中では、一番ミルクティーに合うブレンドですが、
ストレートで淹れても、とってもおいしい紅茶なんです。
アッサムはミルクティーのイメージも強い茶葉ですが、
リントンズのように、新鮮なアッサム茶葉はストレートでもおいしい!
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時のコクのある味わいは「完璧な紅茶」です!

我が家は毎朝【ブレックファスト】のミルクティーで一日が始まります。
もう10年以上、毎日飲み続けても、全く飽きません。
飽きないどころか、日々おいしく感じる不思議な紅茶です。

【ブレックファスト】で朝食においしい英国ミルクティーを!


20180131blend1.jpg


この1番人気の【ブレックファスト】50包100杯の
スペシャルパッケージが本日から数量限定で入荷します!!!

イギリスの人は紅茶を飲む時、98%がミルクティーにして飲みます。
「茶葉をじっくり5分蒸らし、濃く淹れた紅茶のミルクティー」が大好き
ですが、〈渋くなった紅茶〉と〈濃く淹れた紅茶〉は全くの別物です。
新鮮で上質な茶葉は、多少蒸らし過ぎても、渋味やエグ味が出ません。
だから茶葉がしっかり味わえる“濃く淹れたミルクティー”を好み、
渋い紅茶は茶葉が古かったり、品質が良くない、と好まれません。

イギリスでは、紅茶にこだわる=ミルクティーにこだわる、
紅茶愛好家=ミルクティー愛好家、と言っても過言ではないほど。
ミルクティーは邪道なものではなく、
おいしい茶葉とは切っても切り離せない、とても奥が深いものです。

ミルクティーは、実は紅茶先進国のとても高度な紅茶の味わい方であり、
このおいしいミルクティーは高品質な茶葉でなければ味わえない
といいます。おいしいミルクティーを「完璧な紅茶」と語るほどです。

ぜひ【ブレックファスト】で本場ミルクティーを味わってみてください。
いままでのミルクティーの概念が変わる味わいです。
1袋で100杯分の紅茶が味わえて、なんと1,080円(税込)です!


20170922book3.jpg


そして!もうすぐバレンタインです!!
紅茶の国・イギリスでは、男性も紅茶は日常で飲むものなので、
大切な仕事や会議の前には、珈琲よりも紅茶を飲みます。

最近、紅茶の新しい研究が発表され、紅茶は脳が活性化され、
創造力が増すそうです。仕事をするうえでは、創造力が必要となる
場面が多く、いま、男性に飲んで欲しい飲み物№1が紅茶です!

バレンタインの贈り物に、男性におすすめしたい紅茶100杯分と、
チョコビスケットやジンジャービスケットなど老舗紅茶商リントンズが
紅茶に合うビスケットを厳選セレクトしたビスケットBOXがセットに!
「バレンタイン紅茶セット」がスペシャル価格1,980円(税込)で登場♥

英国伝統の紅茶宅配に使われているバスケット柄ギフトバッグに入った
期間限定!数量限定!の特別な紅茶セットです♥

いつも仕事を頑張っている男性のオフィスティータイム用の紅茶に、
2人の大切なティータイムを過ごすための紅茶に、いかがですか?

1人時間にも、2人時間にも、素敵なティータイムを過ごせますように☆


20180131set.jpg


イギリスの人は、自分にとって“お気に入りの紅茶”があることで、
日常にホッと豊かな時間が増えることが安らぎであり、
おいしい食事やお菓子にも必要なパートナーでもあります。
そして家族の時間、夫婦の時間、一人の時間、仲間の時間にも
毎日必要なコミュニケーションツールだと大切にしています。

自分のパートナーの紅茶を見つけ、毎日、何年も、何十年も
愛し続けられることに幸せを感じています。

これは何世紀にも渡り、ヴィクトリア時代からも変わらない精神で、
紅茶は日常の癒しであり、素敵な人生のためのツールなのです。


201649simonsue2.jpg


そんなイギリスでリアルに愛されている英国紅茶を
日本の日常でも気軽に楽しんで欲しいです。

送料無料!お試しセット1,000円、ブレックファスト100杯分1,080円、
バレンタインの紅茶&ビスケットセット スペシャル価格1,980円、
他にも、にわとり型ティーコジーのバレンタイン柄、他柄多数入荷!
すべて本日、2月1日(木)12:00から入荷します。

リントンズのオンラインショップをぜひチェックしてみてくださいね♪



コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




バレンタイン柄のティーコジー入荷します!

明日2月1日(木)、リントンズショップが盛り上がります!
リントンズ人気のお試しセット1,000円(送料無料)とともに、
バレンタインにおすすめの紅茶セットも特別価格で登場します。
さらに!にわとり型ティーコジーがたくさん入荷予定で、
とってもかわいい、バレンタイン柄も登場します~♥

リントンズのティーコジーは、クリスマス柄やハロウィン柄など
季節に合わせた貴重な生地で作られるのも特徴です。

イギリス家庭でティーコジーは一年中、毎日使うものです。
朝から晩まで、紅茶を淹れる時は必ずティーコジーをかぶせてます。
我が家もリントンズのにわとり型ティーコジーは何個か持っており、
季節に合わせて、ハロウィン柄、クリスマス柄、バレンタイン柄、
イースター柄と使っていくこともあり、とても楽しみなんです♪
毎日、季節も感じながら、美味しい紅茶を楽しめるアイテムです。

チョコの香りが漂ってきそうなバレンタイン柄ですが、
かわいい柄の生地なので、バレンタインに限らず使えます♥


20180130cosy1.jpg

20180130cosy3.jpg

20180130cosy2.jpg


「ティーコジーは紅茶が冷めないように保温しておくもの?」
思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、おいしい紅茶のために、もっと重要な役割があるんです!

イギリスでティーコジーは「茶葉をじっくり蒸らすためのもの」です。
紅茶をおいしく淹れるコツは“茶葉をじっくり蒸らしてあげること”です。
イギリスの人は、茶葉本来の香りやコク、水色を楽しむために、
紅茶は長めに蒸らす人がほとんどです。
リントンズのティーブレンダーも茶葉をじっくり蒸らすことは、
おいしい紅茶を味わうために、とても重要なことだと語ります。
良くも悪くも、茶葉本来の姿が現れるからです(^^)

じっくり3分以上蒸らして、渋味やエグ味が出るようであれば、
その茶葉は品質が良くなかったり、酸化していたりするからです。
日本の方は1~2分でライトに紅茶を淹れる方が多いようですが、
それでは、水色は紅茶色でも、茶葉の香りや味、深みが
足らないことも多いのではないでしょうか。
高品質な茶葉はじっくり蒸らしてこそ、茶葉の味わいが増します。

そのため、効率良く、茶葉をじっくり蒸らすために必要なアイテムが
ティーコジーなのです。紅茶を淹れる時、毎日使うアイテムであり、
紅茶とともにパートナーのような存在です。
イギリスではマグにそのままかぶせる人もいます。
このお話をすると、驚かれたり、冗談かと思われたりしますが、
ティーコジーは毎日のおいしい紅茶に必ず必要なアイテムです。
難しいことは何もなく、ティーコジーをかぶせるだけ、です!

優雅なティータイム用(飾り用)と思っている方も多いようですが、
その逆で、おいしい紅茶にはかかせない実用的なアイテムなんです。

もちろん!素敵なインテリアにもなりますし、おもてなし等で
たくさんのお客様にティーポットで紅茶を淹れた時、
残った紅茶を保温しておくものにも使えます!!
ですが、保温が目的のシーンは頻度はそう多くなく、
毎日、「茶葉をじっくり蒸らすためのもの」がティーコジーです。

同じ茶葉でも、じっくり蒸らすだけで紅茶のおいしさは変わります。


20180926teatime10.jpg


リントンズのティーコジーは、にわとりの形をしています。

なぜ、“にわとり”なのか?
ティーポットにかぶせた時に、たまごをあたためているみたいに、
丸みをおびて、とてもユニークでかわいいデザインになります。
これは、他のデザインにはない“お楽しみ”なのです。

にわとり型ティーコジーは、「cock-a-doodle-doo!!」ではなく
cuppa-doodle-doo!! 」と鳴くのです。
※“cuppa”とは、イギリスでは“1杯の紅茶”を意味します^^

寒い季節、ティーポットにかぶせたあと、紅茶と一緒に温まった
にわとりティーコジーをギュッと抱きしめると、
心も温まり、使う度に愛おしい存在になってしまいます。

そしていつしか、紅茶の相棒としてかかせない存在になっています。

ティーコジーは毎日のティータイムで大活躍してくれますし、
日常で使うものだから、飽きずに使えるデザインを選びたいものです。


20151018sue2.jpg


リントンズのにわとり型ティーコジーは生地やボタンにもこだわり、
日本ではあまり見ないような外国製の生地をマーケットで探し、
時には、イギリス出張でも大量に買い付けて、
この大きなにわとり型ティーコジーに贅沢に使用しています。

これは本当に手間と時間とコストがかかることですが、
自分たちが好きなことでもあるので、楽しんで買い付けています。

ボタンも、日本には売っていない、英国のアンティークマーケットや
外国のマーケットで見つけた貴重なボタンを使っています。

中のキルト芯は、目が粗いものでは軽く、保温性が弱いのですが、
リントンズは、目が詰まってしっかりした上質なキルト芯を
1枚や2枚ではなく、贅沢に6枚も使っているので、
にわとりは、本気で紅茶をあたためて、蒸らしてくれます^^
お客様でも、「このティーコジーの良さは使ったら分かるわ!」と
他のに比べて保温力が良いから、
こればかりをずっと使ってしまうとおっしゃる方も多いのです。

リントンズジャパン代表も私も毎回必ず製作の現場に関わり、
生地と裏地、ボタン、一羽ずつ組み合わせを丁寧に考えて、
すべてオーダーメイドで製作してもらっている“一点モノ”とも言える
ティーコジーです。大変な作業ですが、ずっとこだわってやっています。

生地を探すところから製作まで、時間と手間がたっぷりかかった、
デザインも生地も製作技術も、
他では作れない素晴らしいティーコジーだと自信を持っています!

リントンズジャパン創業から1000種類以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には1点や数点しか
作れないものも沢山あるので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!


94イギリス生地コジ2


1羽 3,241円(税込3,500円)です!

毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。
どうしても大量生産や海外生産で作れるような商品ではありません。

製造担当者からも「自分たちがやっている仕事の中でも、
ダントツに手間がかかり、製作が大変なものです。
材料の生地やボタン、キルト芯も良いものを使っているようなので、
1個8,000円前後に設定しても良いのではないでしょうか」と
ずっと言われ続けていますが、少しでも多くの方に、
“どんな日常でも、毎日のティータイムが
リントンズ紅茶やにわとり型ティーコジーなど素敵なパートナーに
囲まれることで、心豊かな日常になって欲しい”

という想いから、自信を持ってオススメできる価格にこだわっています。

英国ティータイムの必須アイテム「ティーコジー」。
とくに寒い季節は、このティーコジーがあるとないとでは、
紅茶の抽出が大きく変わります。
そのくらいイギリスの紅茶愛好家にとってはなくてはならない存在です。

お気に入りの一羽が見つかりますように☆



20180109cafe5.jpg
【 英国ティールームの紅茶をお店で使ってみませんか? 】

英国老舗紅茶商の紅茶リントンズを、お店の紅茶として使いませんか?
日本と同じ軟水地域のイングランド北東部の家庭だけでも30万世帯に
愛されている英国紅茶であり、英国ティールームやホテルまで入れると、
1週間に億杯を超えるリントンズ紅茶が飲まれています。
リアルに紅茶の国・イギリスで選ばれている正真正銘の英国紅茶です。

イギリスのように、この日本でも、もっと気軽に美味しい紅茶が
楽しめるお店が増えたら嬉しいと思っています。

締め切り日は本日【1月31日(水)】となっております!
1つ1つのお店に合わせて、丁寧にご返信を心がけています。

★企画の募集要項・お申込みの詳細はこちらをご覧ください♪


20170524breakfastimage.jpg
イギリスで人気№1のブレンド「ブレックファスト」。
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
さらに新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時の味わいは「完璧な紅茶」です!

★「Breakfast」 100袋200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




イギリスで愛され続けるブラックティー

イギリスの紅茶といえば、パッと何を思い出しますか?

有名なものでは“イングリッシュブレックファスト”があります。
これは、紅茶メーカーが、各々の伝統レシピやブレンド技術で、
さまざまな産地の茶葉をブレンドした紅茶です。
各紅茶メーカーにより茶葉の産地や品質、ブレンド技術が違い、
同じブレンド名でも、メーカーごとに味わいは大きく異なります。
このように、イギリス紅茶といえば“ブレンド紅茶”が主流です。
世界で見ても、トップクラスのブレンド技術を誇るからです。

イギリスの紅茶愛好家は、国外ではなく、英国内の伝統レシピや
英国内の熟練ティーブレンダーによって作られた
“英国ブレンドの紅茶”のことを“英国紅茶”と呼ぶこだわり様です。
紅茶の食品表示に〈ブレンド国・英国〉と必ず書くのはそのためです。

そして、ダージリン、アッサム、ケニア等のように産地のみの茶葉も、
その産地の茶葉をブレンドしたものも、〈ブラックティー〉と呼びます。
ブラックティーとは、茶葉そのものを楽しむ“紅茶”のことなんです。

このブラックティー(Black Tea)がイギリスの人が
毎日のように楽しみ、何世紀も愛し続けている伝統のお茶です。

※イギリスの硬水で紅茶を淹れると色が濃いためブラックティーと
呼ぶのではなく、緑茶を発酵させて茶葉の色が濃く見えたため
ブラックティーと呼んだのが由来です。リントンズは日本と同じ
軟水地域の紅茶ですが、当たり前ですがブラックティーと呼びます。
完全発酵させた無着香の紅茶を、ブラックティーと呼ぶのです。

※茶葉にミルクや砂糖を入れないストレートティーをブラックティーと
呼ぶというのも違い、紅茶のことをブラックティーといいます。
そのブラックティーを98%がミルクティーにして飲むのがイギリス流。


20180127teatimes5.jpg


では、フレーバーティーは?
イギリスでは、フレーバーティーは紅茶の部類に入りません。
日本では、この違いがとても曖昧なことが多いです。
紅茶と緑茶が違うように、紅茶とフレーバーティーも違うのです。

紅茶は、茶葉本来の香りや味わい、水色を楽しむものです。
フレーバーティーは主に、着香した香りを楽しむものです。

紅茶の国・イギリスでは、長い間、高品質な茶葉が手に入りやすく、
紅茶の茶葉本来の香りや味わい、水色を楽しむ文化が発展しました。
このお茶の味わい方は、日本も緑茶を味わう時と同じですよね。
お茶業界では有名なお話ですが、イギリスや日本は
茶葉の香りや味わいを楽しむお茶文化があるといわれています。
だから日本人は本来、フレーバーティーの香りよりも、無着香の
ブラックティー(紅茶)の茶葉の香りを味わうのが上手なはずです。

そして、紅茶はミルクと相性がとても良いお茶です。
イギリスでは紅茶を飲む時、98%がミルクティーにしていますが、
その時でも、茶葉の香り、味わい、水色を楽しんでいるのです。
実は紅茶先進国のとても高度な紅茶の味わい方であり、
このおいしいミルクティーは高品質な茶葉でなければ味わえない
といいます。おいしいミルクティーを“完璧な紅茶”と語るほどです。

このように、イギリス紅茶といえば、
ブラックティー(紅茶)のミルクティーでもあります。


20180127teatimes2.jpg


何世紀も愛され続けているイギリス伝統のブラックティーですが、
おいしいミルクティーを楽しめるだけでなく、
自分の好みで活用して楽しむことができるのも魅力です。

高品質なブラックティーを基本に、お気に入りのミルクティーに、
自分でスパイスを調合してチャイにすることもあります。
イギリスの人は実はチャイも大好きです。
他にもフラワーやフルーツを調合してフレーバーティーを作ることも。

イギリスでは「Blend Your Own Tea Set」のようなブレンドキットも
売られていたりして、とても気軽にブレンドしています。
ブレンドと言っても、茶葉をブレンドすることは職人の技術がいるため、
ブラックティーに、香り付けをするブレンドのことをいいます。
これなら好みの材料を揃え、誰でも簡単に楽しむことができます。

そのために必要なものが、高品質なブラックティー(紅茶)です。

皆さんも、リントンズ熟練の職人によって作られたティーバッグ紅茶に、
寒い季節はジンジャーやシナモンを使って、
自分のお好みで自由にブレンドを楽しんでみませんか?
好みにより、1つまみ、2つまみと調整するとわかりやすいと思います。
カラダを温めるジンジャーティーやシナモンティーも、
もとの茶葉が新鮮でおいしいので、簡単においしくできますよ!
両方入れて濃いミルクティーにして、チャイにするのもおすすめです。


ジンジャー
20180114ginger.jpg

シナモン
20180114cinnamon2.jpg


いま英国本場のティールームで愛され続けているリントンズ紅茶を
お店で使ってみませんか?という特別企画をしていますが、
上質なブラックティーであるリントンズ紅茶が1つあれば、
お店の紅茶メニューや自宅の紅茶アレンジレシピの幅も広がります。

ミルクパンで牛乳を多めに使い、ロイヤルミルクティーも作れます。
自分でスパイスを調合して香り付けし、チャイもおいしく作れます。
フラワーやフルーツ、ハーブで香り付けしたらフレーバーティー
新鮮な季節のフルーツと一緒にフルーツティー、
夏はきれいな水色のアイスティーアイスミルクティーも簡単です。
オールマイティに紅茶の世界を楽しめます。

だから、イギリスの人は万能のブラックティーを愛し、
茶葉の味わいをとにかく大切にするのです。
ミルクティーでもフレーバーティーでも茶葉の味わいを重視します。
英国ティータイムの基本となるものがブラックティー(紅茶)なのです。

イギリス紅茶の歴史や伝統、茶葉を仕上げる技術を感じるなら、
まずは上質なブラックティー(紅茶)を深く味わってみてください。



20180109cafe5.jpg
【 英国ティールームの紅茶をお店で使ってみませんか? 】

英国老舗紅茶商の紅茶リントンズを、お店の紅茶として使いませんか?
日本と同じ軟水地域のイングランド北東部の家庭だけでも30万世帯に
愛されている英国紅茶であり、英国ティールームやホテルまで入れると、
1週間に億杯を超えるリントンズ紅茶が飲まれています。
リアルに紅茶の国・イギリスで選ばれている正真正銘の英国紅茶です。

イギリスのように、この日本でも、もっと気軽に美味しい紅茶が
楽しめるお店が増えたら嬉しいと思っています。

締め切り日は今週【1月31日(水)】となっております!
1つ1つのお店に合わせて、丁寧にご返信を心がけています。

★企画の募集要項・お申込みの詳細はこちらをご覧ください♪


20170524breakfastimage.jpg
イギリスで人気№1のブレンド「ブレックファスト」。
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
さらに新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時の味わいは「完璧な紅茶」です!

★「Breakfast」 100袋200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




新鮮茶葉の紅茶を飲んだことはありますか?

イギリスでは、紅茶は毎日気軽に飲まれています。
紅茶は珈琲のように、淹れ方に難しい道具や技術がいらないうえ、
ホッとする美味しさから、いまも変わらず愛されているそうです。

紅茶を淹れるとき、98%がティーバッグで淹れるイギリス。
イギリスは紅茶先進国であり、この30年で大きく技術が進化し、
高品質なティーバッグ紅茶の技術が確立していきました。
簡単に、美味しい紅茶が淹れられるから、毎日飲めるんです。

そのため、家庭でもティールームでも、リーフで紅茶淹れる人は
ほとんどいませんが、ペットボトルや缶の紅茶も飲みません。
きちんと、上質なティーバッグで淹れたての茶葉を毎日楽しむのです。
いまでも、古くから愛されている茶の湯の文化を大切にしています。

美味しい紅茶で大切なのは、高品質な茶葉に出逢うこと。
これは何世紀にも渡って愛されている紅茶の永遠のテーマです。

いまイギリスの紅茶愛好家が口を揃えて語る高品質な茶葉とは、
それが“新鮮な茶葉”であるということ。


20180115tea1.jpg


消費者にとって、“新鮮な茶葉”とは?

紅茶の生産者がどんなに高品質な茶葉を育てても、
茶葉を摘採してからの保管状態、輸送方法、店頭に並ぶ
パッキングの状態で、茶葉の品質は著しく変わってしまいます。

茶葉酸化してしまった紅茶は、一口飲んだときは渋味がなくても、
二口、三口と飲み進めていくうちに、口に残るような渋味や
エグ味が強くなり、最後まで飲みきれないことが多くあります。
かと言って、その渋味やエグ味を恐れて、しっかり蒸らさずに
浅く淹れた紅茶は、茶葉の香りや味わいが足らなくなります。
淹れ方を工夫して何とかできるものでもありません。

たとえ高品質な茶葉であっても、もったいないことなのです。

美味しい紅茶は、茶葉が高品質であることは絶対条件ですが、
それが新鮮でなければ本来の味わいも失ってしまうのです。


20180115tealeaf2.jpg


イギリスの老舗紅茶メーカー「リントンズ」4代目社長であり、
熟練のティーブレンダーであるサイモン・スミス氏は
「これからの紅茶時代は、この茶葉の鮮度が重要だ」と語ります。

一般的に紅茶は、茶葉摘採後、製品化するまで、
1ヶ月から8ヶ月と紅茶メーカーにより幅広く、製品化してから
パッキングするまで、さらに時間がかかることもあります。
時間がかかれば空気に触れる時間も長く、茶葉酸化は進みます。

しかし、リントンズは高品質な茶葉を摘採後、48時間以内に
真空し空輸で輸送。そして、茶葉到着後48時間以内に
本物の専属ブレンダーにより紅茶に仕上げ、パッキングまで行います。
製造工程に実質、たった4日間しか費やされていないのです。
パッキングも茶葉酸化を防ぐ、特別なアルミ包装で管理しています。
お客様の手に届いてからも、新鮮な状態が続くよう考えられています。
いままでの紅茶業界の常識を覆すほどの高度な品質保持技術です。
そしてこれは、リントンズ独自のものなのです。

サイモン氏は「伝統ある紅茶の歴史の中で、英国の老舗紅茶商として、
新鮮で美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」とも。
世界中の農園を旅して、素晴らしい茶葉を新鮮な状態で、
保管・輸送・パッキングすることに何十年もこだわり続けた結果、
リントンズの紅茶は、茶木から摘んだ茶葉そのままの味わいを
お客様のティーカップで楽しめるといいます。
それは、生産された現地で飲まれるのと同じ味わいだといいます。

このイギリス老舗紅茶商リントンズ独自のリーフロック製法は、
茶葉が摘採され梱包された後、その茶園を離れる際も、
より茶葉の風味が損なわれないように品質保持された証です。
英国紅茶業界でも高く評価されている製法でもあります。

パッケージに、グレート・テイスト・アワード最高評価の3つ星金賞
のマークとともに、リーフロック製法のマークも印刷されています。


20180115goldpack.jpg


紅茶で難しいことは、淹れ方でも作法でもなく、
摘まれた上質な茶葉を新鮮な状態でお届けすることなんです。

イギリスでは、きちんと届けてくれる信頼できる紅茶メーカーを探し、
あとは、自分好みの淹れ方、飲み方で紅茶を楽しむのです。

新鮮茶葉は驚くほど滑らかで、飲みやすい味わいを楽しめます。
イギリスの人は紅茶の上質な味わいを「スムース」と表現します。
「その優れた茶葉の味わいは、お茶の専門家でなくても、
誰でも、この品質の違いを味わうことができるのです。」
これは、リントンズ4代目経営陣のスミスファミリーや
熟練ティーブレンダー達が強く伝えたいメッセージです。
イギリスで100年以上続く紅茶メーカーとして、真面目に紅茶と
向き合い続け、作り続けている、何よりも誇りの言葉なのです。


2016824サイモン紅茶シーン


イギリスでも日本でも紅茶愛好家にとって、
紅茶は毎日カラダに入るものだから、美味しいはもちろん、
それが新鮮で上質であることはとても大切です。

ぜひ、リントンズ紅茶で、新鮮な茶葉を一度味わってみてください。



20180109cafe5.jpg
【 英国ティールームの紅茶をお店で使ってみませんか? 】

英国老舗紅茶商の紅茶リントンズを、お店の紅茶として使いませんか?
日本と同じ軟水地域のイングランド北東部の家庭だけでも30万世帯に
愛されている英国紅茶であり、英国ティールームやホテルまで入れると、
1週間に億杯を超えるリントンズ紅茶が飲まれています。
リアルに紅茶の国・イギリスで選ばれている正真正銘の英国紅茶です。

対象店は、紅茶専門店に限らず、コーヒーがメインのお店でも、
他の紅茶も併用して使いたいというお店でも構いません。
リントンズをメニューの1つとして選んでくださるお店を募集します。

イギリスのように、この日本でも、もっと気軽に美味しい紅茶が
楽しめるお店が増えたら嬉しいと思っています。

★募集要項・お申込みの詳細はこちらをご覧ください♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
老舗紅茶商4代目社長のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している紅茶。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りとまろやかさと甘みを楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR