偶然出会った絵本とカップ。 

イギリスの絵本作家、ジル・バークレム。
代表作は「のばらの村のものがたり(Brambly Hedge)」です。

実は、全く知らなかったのですが、昔、お気に入りの古本屋さんで
“小川のほとりで”という絵本を見つけたのです。
中を開いてみると、丁寧に描かれた絵がとても素敵で、
読んでいると、森で暮らすねずみ達の様子が愛おしく思えてくるほど。
木の中の家の様子がとにかく細かくて、雑貨も可愛くて、ワクワクします。

「こうゆうの眺めるの、子どもの時、好きだったなぁ~」と思い出し、
購入しました。1冊50円だったと思います。

ねずみ達は、洋服を着て素敵な家に住み、パイやケーキを作って、
ピクニックやティーパーティーもする、イギリス的な生活をしています。


のばらキッチン


そして時が経ち、先日、子どもの学校のバザーで出会いました。
「のばらの村のものがたり(Brambly Hedge)」のカップ&ソーサーに!
新品で、値段を見たら、100円・・・。
それでも、家にカップ&ソーサー色々あるし・・・と買うのを一回やめました。
ですが、やっぱり、どうしても、気になったので購入。
売られている時は梱包されていて、裏印等わからないようになっていたので、
後で知ったのですが、イギリス老舗陶磁器メーカーのロイヤルドルトン社製。
いまは廃盤になってしまいましたが、コレクターもいるほど、人気のお品だとか。
中には1客2万円近いお値段をつけられていることも。

“小川のほとりで”は、
「のばらの村のものがたり(Brambly Hedge)」シリーズの2冊めで、
夏のお話なので、イギリスの花が咲き乱れ、美しい巻。
春・夏・秋・冬とあり、出会ったカップは
“小川のほとりで”つまり夏のイラストが描かれています。

偶然にも出会ったカップも同じシリーズの同じ巻でした。
このカップでイギリスで愛されているミルクティーを楽しみたいです。


ねずみカップ


どちらも探して手に入れたものではなく、
古本屋さんで出会ったのも、学校のバザーで出会ったのも“偶然”なのです。

ただ、この“偶然”をどこかで探して、楽しんでいるような気がします。


以前も、古本屋で“偶然”出会ったモノをご紹介しています。

★「古い絵本たち。」のブログはこちら♪

★「イギリスのおはなし」のブログはこちら♪

★「イギリスのグリムに出会う」のブログはこちら♪



新エクストラ
英国で1番人気のブルーパッケージ!エクストラフレッシュ!!
日本でもリピート率№1のブレンドです。
お得な100包200杯分(茶葉300g)入って、2,000円!!


コピー ~ new logo
英国の日常で100年以上愛され続けている紅茶「リントンズ」。
長い歴史で、英国以外では世界初!日本に上陸しました♪

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR