ロンドン・マーケットの幻の店

ロンドンにある“オールド・スピタルフィールズ・マーケット”。
1638年、チャールズ一世から正式に承認された歴史あるマーケットです。
いまは曜日毎にストールが変わり、私は木曜のアンティーク市に行きました。


スピ2


「何かを買う!」つもりで行ったものではなく、
普通のお店はまだ閉まっている時間だし、「朝の散歩」で行ったマーケット。
テーマのない美術館のようで、あれこれ見るのが楽しいです。


スピ1


こちらのストールでは、SALEコーナーがあり、
1周、2周しているうちにどんどん商品が売れていました~。
掘り出し物を狙いに行くなら、朝早いほうが良さそうです。
写真は最後のほうに撮りました。
手描きの薔薇のシュガーポットは蓋がないのですが、
Midwinter社のもので£1、猫足が可愛く、花瓶にしても良さそうです。


スピ3


ここで幻?のストールに出会いました。
ずっと、この紫色の布がかかったままのお店でしたが、
たまたま通りがかったら、この紫色の布が取られ、商品があらわに!
その途端、すごい勢いで人だかりが!!
お店の開店時間はたったの15分でした(笑)。
その後はまたこのように紫色の布をかけ、
何もなかったかのように、お店の人もいなくなりました。


スピ4


皆知ってか知らぬか、15分の開店時間でもすごい人の人気ストール。
「何か買う!」つもりはなかったのですが、
このストールで、銀のティーセットとカトラリー等いくつか購入しました。
大きな銀のスプーンは、ボウル部分に立体的な装飾があり、
インテリアとして飾るだけでも、雰囲気があります。
下に敷いてあるアンティークのボビンレースは、
100年?200年?前のものだそうです。額装しても素敵です。


スプーン大


もしロンドンの“オールド・スピタルフィールズ・マーケット”に
行く機会がある方は、幻のストールで掘り出し物が見つかるかも?です。



トラディショナル80
リントンズ社ロングセラーブレンドの“TRADITIONAL”!
英国の紅茶といえば、ブレンドのブラックティー
英国らしいブレンド感が味わえ、英国らしいミルクティーにも合うように、
リントンズ専属のプロのブレンダーにより絶妙に配合されています。
ティーバッグの気軽さとクオリティを兼ね備えた、
英国老舗のリントンズ紅茶をたっぷりとお楽しみください!


ringtonsLogo.gif
英国の日常で100年以上愛され続けている紅茶「リントンズ」。
長い歴史で、英国以外では世界初!日本に上陸しました♪
日本で買えるのは「リントンズジャパンのオンラインショップ」だけです。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
Ringtons Japanのfacebookページを作成しました!
ブログには書いていない、ちょっとした“こぼれ話”も
ご紹介していきます♪皆様のご参加を心よりお待ちしております!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR