Xmasツリーのオーナメント 

世界中、クリスマスツリーに飾るオーナメントは
各家庭のこだわりが見えて楽しいものです。

クリスマスツリーやオーナメントの発祥地である、ドイツ。
イギリスへ伝わったのは、ヴィクトリア女王の時代。
夫のアルバート公がドイツ出身だったため、
ウィンザー城にクリスマスツリーを飾ったことから広まったそうです。
歴史あるドイツのオーナメントの種類とは比にならないですが、
イギリスにも面白いオーナメントが沢山売っています。

ロンドンの「リバティ」内クリスマスショップのオーナメントコーナーです。
ほんの一部で、この面の10倍くらい商品があります!
お気に入りを少しずつ&一つずつ集めて、ツリーに飾るのもいいですね!


リバティオーナメント1


素敵なオーナメントがいっぱい!素材もいろいろ。
私はガラス製のオーナメントに魅かれます。


リバティオーナメント2


イギリスのアンティークマーケットでも
ヴィンテージのガラス製オーナメントが気になります。

アンティークが大好きなイギリス人の中には、
ヴィンテージのガラス製オーナメント収集家も多くいるとか。
この時期、アンティークマーケットでは1個から箱入りのものまで、
可愛いオーナメントが見つかることがあります。


ヴィンテージオーナメント


写真のガラス製オーナメントは日本で購入したものです。
近所の高級な輸入雑貨屋さんの閉店セールで見つけました!
どこの国のものかは分かりませんが、“ガラス製”とだけ書いてありました。
ヴィンテージのような?箱は傷んでいましたが、中身は美しいままでした。
ずーと倉庫で眠っていたもののようです。1箱100円と破格でした。


IMG_0482.jpg


下のオーナメントは昔の「ザ・コンランショップ」のものです。
ガラス製で、大きさは1つ10センチあります。


IMG_0483.jpg


今年購入したハンドペイントのガラス製オーナメント。
24個、全てデザインの違うオーナメントです。
現行品なので、比較的しっかりとした作りのガラスです。


IMG_0005.jpg


そして先日いただいた“ハンドメイドのオーナメント”。
友人がクリスマス生地の柄を一つずつ切り取り、手作りしたものです。
20歳年の離れた友人は、料理やお菓子作り、ハンドメイド作品から
面白い会話まで何でも出来る人。
いつも沢山の元気と刺激を貰っています。
ずっと大切にしたい宝物です♪


手作りオーナメント


飾るオーナメントで印象がガラッと変わるクリスマスツリー。
ツリーに飾らなくても、ガーランドのようにして飾ったり、
パーティーでテーブルに置いたり、窓辺にぶら下げても素敵です♪



IMG_0452.jpg
新発売!リントンズ限定紅茶缶がついに登場!!
毎年デザインが変わり、イギリスにはコレクターもいる限定缶。
缶の中にはコノシュア80包160杯分(茶葉240g)が入っています。
ギフトセットも販売中♪
イギリスから届いたばかりの紅茶缶、冬のギフトにいかがですか♪


ringtonsLogo.gif
英国の日常で100年以上愛され続けている紅茶「リントンズ」。
長い歴史で、英国以外では世界初!日本に上陸しました♪
日本で買えるのは「リントンズジャパンのオンラインショップ」だけです。


★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR