FC2ブログ

本場イギリスではアールグレイはミルクティーで飲まれています。

7月1日(水)10:00~リントンズのオンラインショップで発売される
「英国ティータイム紅茶缶」に入っている紅茶は〈アールグレイ〉です。

イギリス生まれで、イギリスの伝統であり、イギリスを代表する
フレーバードティーが〈アールグレイ〉です。

リントンズのアールグレイを飲んだことがある日本のお客様から
「一般的なアールグレイと全然違う!」「概念が変わった!」
「フレーバードティーが苦手だったのに、毎日飲んでしまいます!」と
よく驚かれますが、これぞイギリスで愛されるアールグレイです。

私たちもフレーバードティーはあれこれ飲むことはあっても、
継続して飲み続けたいと思えるものに出逢えませんでした。
リントンズのアールグレイに出逢うまでは!

世界では様々なブレンド紅茶が生まれは消えていきます。
しかし、アールグレイはイギリスでなんと!約200年もの間、
愛され続けているブレンドです。いかにイギリス人にとって重要な
フレーバードティーなのか、その歴史からも分かります

今日はリントンズのアールグレイの特徴をご紹介します。
目からウロコの紅茶のお話もたくさん!


20200625アールグレイ


① 天然のベルガモットのみ使用している

ベルガモットは柑橘系の果物です。
果実は生食や果汁飲料には使用されず、
精油を採取し、フレーバーとして使用されることがほとんどです。

アールグレイとはその“ベルガモット”で香り付けしたお茶のこと。
近代では、ベルガモットの他にもあれこれと混ぜて着香する
紅茶メーカーも増えていますが、“ベルガモット”が重要な存在です。

そして、リントンズは天然のベルガモットのみで香りをつけています。
実は天然のベルガモットは高級品です。
ベルガモット一本で勝負しているので、逃げも隠れもできません。

そもそも天然のベルガモットとは香りがとても優しいものです。
香りが優しい分、茶葉に香りがつきにくいなどの特徴があります。

その、ほのかに優しい本物のベルガモットの香りを知ってしまうので、
人工的に着香されたフレーバーに敏感になってしまいます。
例えば、本物のイチゴを食べたことがあると、
人工香料のストロベリーの香りをわざとらしく感じてしまいませんか?

柑橘系の果物だからストレートティーで、という印象もあるようですが、
本物のベルガモットは上品でミルキーな柑橘系の香りがします。
そのため、ベルガモットはミルクと相性がとても良いといわれています。


20200625ベルガモットjpeg


② フレーバーの着香度をあえて低くする熟練ティーブレンダーの技術

リントンズは茶葉が新鮮で高品質であることが最大のウリです。
フレーバーに負けることなく、その上質な茶葉の味わいも
しっかりと味わっていただくために、老舗紅茶商の
熟練ティーブレンダーの技術で着香度をあえて低くしています。

天然のベルガモットの香りと、渋味やエグ味のない新鮮な茶葉の
香り、コクや甘み、スムースな味わいを楽しんでほしいからです。

香りの強いフレーバードティーに慣れている方だと、
リントンズのアールグレイは香りが弱いとビックリすると思います。
なかには「香りがわからない」という方もいるほどです。
それがしばらく飲み続けていると、驚くほど香り高いベルガモットの
存在に気付くようになります。人間の嗅覚は研ぎ澄まされていくので、
フレーバーは強く着香しなくても、このくらいで良いんだとわかります。

リントンズのアールグレイを愛飲しているお客様からは
「こんなに良い香りのアールグレイは珍しい!」といわれるほど。

茶葉を味わいながら、フレーバーと茶葉とのペアリングを楽しむ、
〈英国発祥のフレーバードティーの真髄〉を感じられます。


20200625ブレンダー


③ 茶葉の味がしっかり味わえるからミルクティーに合う

このようにフレーバーは天然のベルガモットのみに絞り、
熟練のティーブレンダーの技術で着香度を低くしたことによって、
紅茶の茶葉の味もしっかりと味わえるようにブレンドしているので、
リントンズのアールグレイはミルクティーが本当においしいです!

アールグレイはミルクティーにしてこそ本領発揮です。
ストレートティーでもおいしいですが、ミルクを入れることで
天然のベルガモットがミルクに合う!という意味がわかると思います。

ただし、全部のアールグレイがミルクティーにあうわけではないのが
ポイントです。香水のように香り重視のフレーバードティーは
茶葉の味わいがほとんど感じられないこともあり、
このようにブレンドしたアールグレイにミルクを入れると、
香りのついたミルク入りのお湯のような味わいになってしまいます。

上質な茶葉はミルクを入れても負けないコクや味わいがあります。
ミルクは隠されていた紅茶の茶葉の本質を引き出す力もあるそうです。
茶葉もしっかりと味わえるフレーバードティーはまた飲みたくなります。
同じアールグレイでも、ブレンド内容によって味わい方が異なります。


20181109砂糖1


④ 簡単でおいしい!が実現するティーバッグである

イギリスでは、98%がティーバッグで紅茶を淹れる現代、
リントンズのアールグレイは、厳しい目で選び抜かれた新鮮な茶葉と
天然のみのベルガモット香料にこだわって作られた逸品といえます。

もともとは中国茶を使うアールグレイが伝統的ではありましたが、
いま販売中のリントンズのアールグレイは、中国茶を使用しません。
4代目のサイモン・スミス氏や専属ティーブレンダーたち曰く、
使わない理由として、中国茶はティーバッグにしてしまうと
渋味や苦味が強くなってしまうことがあるからだそう。
中国茶はあまりティーバッグに適している茶葉ではないそうです。

現在アールグレイに使っているケニアの茶葉はティーバッグに合う
CTCにすることで、リーフの時より茶葉の香りが増し、茶葉の甘みも
増すそうです。リーフよりティーバッグにしたほうがおいしいそうです。
そこまでを考えて作られているのが老舗紅茶商のティーバッグです。

だから現代のお客様は、淹れる技術なんて必要ありません!
新鮮なお湯を注ぐだけで必ずおいしい紅茶に出逢えます。

イギリスで98%がティーバッグで紅茶を淹れる理由はここにあります。


20200625ティーバッグ


素晴らしい茶葉が新鮮な状態で届き、ティーバッグになっているから
茶葉を淹れる細かい技術も、計る必要もなく、こす必要もありません。
だから、アイスミルクティーも誰でも簡単においしく作れるのです。

リントンズのアールグレイをアイスミルクティーにすると、
濃厚な茶葉の味わいの中に、上品なフレーバーの柑橘系ベルガモットが
ほのかに優しく香り、夏のアイスティーにピッタリです!

新鮮な驚きを感じられると思います。


20200624英国ティータイム3


⑤ お手軽に買いやすい!50包パーケージ!!

リントンズの定番ティーバッグの紅茶(ブラックティー)は
ティーポット用ティーバッグで100包200杯分入っています。

しかし、定番ティーバッグの中で唯一のフレーバードティーである
アールグレイは、唯一の50包パッケージと半分量になっています。

「どうして、定番は100包なのに、アールグレイは50包なの?」と
よく聞かれますが、ここにははっきりとした理由があります。

イギリスの紅茶愛好家のほとんどは、茶葉に着香されていない、
茶葉本来の味わいをそのまま楽しめる紅茶(ブラックティー)を飲みます。
しかもイギリスの人はティータイムに合わせて、あれこれと
紅茶の種類を変えて飲むこともなく、自分のパートナーの紅茶を
一日に何杯も楽しみます。例えばゴールドを一日に7杯など。
1日に1杯、または数日に1杯はフレーバードティーという感じです。

フレーバードティーはそんなに頻繁には飲むものではないので
リントンズでは他の紅茶(ブラックティー)の100包に対して、
アールグレイは半分の50包のパッケージになっています。
リアルな英国ティータイムを考えてパッキングされている商品です。

リントンズのフレーバードティーを飲んだことがないという方も
定番の100包に比べて半分量であることから買いやすいと思います。
ティーバッグが50包も入って1,000円ちょっとなのがリントンズの魅力♪

★ リントンズのアールグレイ 50包50杯分 1,112円(+税)
※マグ50杯分、ティーカップなら100杯分の茶葉量入っています。


20190506teabag3.jpg


イギリス発祥の〈アールグレイ〉に関しては、イギリスの
フレーバードティーの中では圧倒的に日常で愛されているもの。
私たちの中ではフレーバードティーの中でも別格なイメージです。

フレーバードティーを積極的に飲まないイギリス人でも、
アールグレイに関しては、紅茶のように愛しているように感じます。
だから、リントンズの定番ティーバッグ紅茶の中でも、
唯一のフレーバードティーにアールグレイが存在しています。

実際に、英国ホテルやラウンジ等に置いてあるティーバッグ紅茶は
イングリッシュブレックファストとアールグレイが定番です。

イングリッシュブレックファストをミルクティーにするのはもちろん、
アールグレイもミルクティーで楽しむ人がほとんどです。
以前、ニューカッスルの空港ラウンジで朝食を食べようとしたら、
ドリンクコーナーに山積みのアールグレイのティーバッグが!
次から次と、老若男女が当たり前のようにアールグレイを
ミルクティーにしていて、ドリンクカウンターがミルクティーだらけに。
写真を撮りたいくらい圧巻でした。これぞ英国、と感じた一瞬。

「フレーバードティーにミルクを入れるなんて信じられない!」
「ストレートで飲むものでしょう?!」と思っていた方はぜひ
リントンズのアールグレイをミルクティーで楽しんでみてください。
英国紅茶の世界が広がると思います。

そして、このリントンズのアールグレイをアイスミルクティーにすると
本当に簡単でおいしい!おうちで味わう味ではないと思うほど!!

日常で飲み続けたい!!と本気で思えるフレーバードティーです。
フレーバードティーが苦手な方にもぜひ味わってみてほしいです。
〈アールグレイ〉の概念が変わるかもしれません。



20200504ミルクティー
7月1日(水)~リントンズをご注文の方すべてに、おうち時間で
イギリスで愛される完璧なミルクティーを淹れていただくために
「ホットミルクティーの淹れ方」「アイスミルクティーの淹れ方」が
書かれたリーフレットをそれぞれ1枚ずつ同封します。
ぜひおうちで、完璧な英国ミルクティーを淹れてみませんか?

高品質な茶葉を鮮度の高いままお届けしているリントンズなら
誰でも簡単においしい英国ミルクティーが作れます。
こんなに万能なティーバッグ紅茶はなかなか出逢えません。

★ おうちで簡単!リントンズのアイスミルクティーのレシピ 


コピー ~ new logo
リントンズは送料全国どこでも一律600円+税でお届けします。
7,500円以上お買い上げで全国どこでも送料無料サービスしています。

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパン公式オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で110年以上愛され続けている紅茶です。販売は高品質を守るために、100年間もの間イギリスのみでした。それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。リントンズジャパンの公式ブログでは、お店の情報やリアルな英国の紅茶事情を中心に、日常のティータイムに役立つ情報などもご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR