FC2ブログ

イギリスの夏を思い起こさせるグーズベリーのティーポット。

20200530ema2.jpg


英国の夏の人気フルーツ・ストロベリーやラズベリー、ブルーベリーなど
ベリー系のフルーツは、そのまま食べたり、実を摘んでジャムにしたり、
スイーツやパイに入れたり、伝統的な夏の英国菓子も沢山存在します。

今日は、そんなイギリスのベリーを楽しめる
人気の夏のレジャーをご紹介します。

数年前、イギリスのニューカッスルの郊外にある小さな村、
コーブリッジ(Corbridge)に立ち寄った代表。
ニューカッスルのような大きな地方都市と違い、
都会の喧騒から離れた趣のあるかわいい街です。

そこで訪れたオーガニックファームハウス。
イギリスの夏といえば「Pick Your Own(略してPYO)」。


20200528pyo1.jpg


「Pick Your Own」とは、簡単に言うと、収穫体験です。
イギリスの夏はベリーが豊富なので、“ベリー狩り”が楽しめます。

このハンパーに摘んで、あとは量り売りです。
ハンパーごと家に持ち帰って、そのまま食べたり、調理したり。


20200528pyo2.jpg


日本では珍しい“グーズベリー”もイギリスらしいベリーです。
ベリー類のなかでも、特に店頭に出回る期間が短いベリーなので、
見かけるだけでもラッキーなのに、この日は収穫もできました。


20200528pyo3.jpg


木には鋭いとげがあるので 結構危ない!!!
グーズベリーもイギリスの夏を思い起こさせるベリーです。


20200530グーズベリー2


時間がない!という方でも、オーガニックファームハウスでは、
摘みたての“グーズベリー”や“ストロベリー(イギリスでイチゴは
夏のフルーツ)”などパックされて売っています。
新鮮なベリーは、あま~い香りが高く、おいしいです。

紅茶の茶葉もそうですが、野菜も果物もやはり“新鮮”は特別です。

イチゴが夏?と思いますが、よく考えたら日本は温室のハウスで
育てているからなんですよね。自然の光の下で育ったイチゴは
粒が不揃いなのですが、「生きている!」て感じがしませんか。


20200528pyo4.jpg


我が家にはイギリスの夏を思い出す
グーズベリー柄のティーポットがあります。

イギリスの陶磁器メーカー「BRIDGE WATER」のもの。
日本ではエマ・ブリッジウォーターとして知られています。
スポンジのようなスタンプ状のものでペタペタと絵付けを
している“スポンジウェア”が代表的な作品です。

「イギリスの小さな村の丁寧な暮らし」を思わせる器たち。
まさにコーブリッジにある英国家庭で愛されているようなイメージ?

余談ですが、イギリスの人は「本当のイギリスを知りたいのなら、
ロンドンではなく、地方の都市に行かないと!」とよくいいます。
「ロンドンはイギリスではなく、ロンドンという一つの国だ」と。
多国籍な人々が集まり、独自の文化を作ってきたといいます。
確かにお茶文化に関しても、イギリスとは少し違うものを感じます。

写真のティーポットは、イギリスで愛される“グーズベリー柄”。
スージークーパーも過去にグーズベリーをデザインに取り入れたり、
イギリスの陶磁器らしいデザインともいえます。

このエマ・ブリッジウォーターの魅力は、デザインはもちろん、
スポンジウェアの微妙なかすれ具合や濃淡の味わいだと思います。
グーズベリーの葉っぱまでリアルにスポンジでペタペタと。


20200530ema3.jpg


実はこのグーズベリーのティーポットは、いまから約20年前、
イギリスの陶磁器メーカー「BRIDGE WATER」と
日本の「アフタヌーンティー」がコラボした貴重な限定品です。

昔はこのようなスポンジウェアが特徴だった「BRIDGE WATER」も
最近はスポンジウェア以外の転写印刷のものも増えました。
そして、技術も上がり、正確な仕上がりで絵付けも行われるようになり、
特徴的だったスポンジウェアの微妙なかすれ具合や濃淡も減りました。

ただ「BRIDGE WATER」の手作り感も魅力的だったと思うので、
渡英したら訪れる「BRIDGE WATER」のショップでは、
印刷ではなく、スポンジでペタペタ絵付けしたデザインに魅かれます。
他のデザインではなかなか味わえないお楽しみですから。

夏はこのティーポットで英国ミルクティーを淹れて楽しみます。


20200530ema1.jpg


明日から6月です。梅雨入りももうすぐですね。

写真は我が家のジューンベリーの木。スクスクと育っており、
食卓や階段から毎日眺められる、お気に入りの木です。

英名「6月になる果実」を意味する“ジューンベリー(Juneberry)”。
市場には出回らないという、食べられるベリーです。
ブルーベリーのように濃く紫色になったら食べ頃です。

木の上の実は、小鳥たちのレストランにもなっています。
よくメジロの親子でやってきて、親が子どもに口移しで木の実を渡す
様子を見るのですが、なんとも愛おしい姿です。
子ども3羽連れてやってくるのですが、いつも木の上でぼーっとしている
子が1羽いるんです。個性って本当にかわいいですよね。


20200528ジューンベリー


イギリス流にスイーツやジャム作りにも使える、
初夏の訪れを知らせてくれる、かわいいベリーです♪



20200504ミルクティー
これからの暑い季節におすすめのザ・アイスミルクティー!
シンプルでコクのある、おいしいアイスミルクティーに出逢うのは
意外と難しいイメージがあります。

今夏の定番に決定!アイスミルクティーのレシピもご紹介。

高品質な茶葉を鮮度の高いままお届けしているリントンズなら
誰でも簡単においしいアイスミルクティーが作れます。
こんなに万能なティーバッグ紅茶はなかなか出逢えません。

★ おうちで簡単!リントンズのアイスミルクティーのレシピ 


20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 2,130円+税


20200424パンフ
現在、リントンズをご注文の方すべてに、おうち時間で
イギリスで愛される完璧なミルクティーを淹れていただくために
「ミルクティーの淹れ方」が書かれたリーフレットを同封します。
ぜひおうちで、完璧な英国ミルクティーを淹れてみませんか?


コピー ~ new logo
リントンズは送料全国どこでも一律600円+税でお届けします。
7,500円以上お買い上げで全国どこでも送料無料サービスしています。

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパン公式オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で110年以上愛され続けている紅茶です。販売は高品質を守るために、100年間もの間イギリスのみでした。それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。リントンズジャパンの公式ブログでは、お店の情報やリアルな英国の紅茶事情を中心に、日常のティータイムに役立つ情報などもご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR