FC2ブログ

おうちで簡単!リントンズのアイスミルクティーのレシピも公開しています!

皆様の日常ティータイムのアイデアが増えますように、
おうちで楽しめるリントンズ紅茶レシピをどんどん紹介しています。

先日、リントンズの〈水出しアイスティー〉をご紹介しましたが、
今日は、ミルクティーに合うリントンズ紅茶だからこそ、
簡単に、おいしく作れる〈アイスミルクティー〉をご紹介します。
おうちが本格的なカフェになったようなおいしさです。

日本ではアイスティーに後でミルクを追加で入れたりすると、
ミルクの味ばかりで、茶葉の味や香りが全くしないものだったり、
ちょっとアレンジされているアイスチャイであったり。
なかなかシンプルでコクのある、おいしい“ザ・アイスミルクティー”に
出逢うのも、作るのも、意外と難しいイメージがあります。

でも〈アイスミルクティー〉を好きな方は多いと思います。
なぜなら、おもてなしで登場すると本当に喜ばれることが多いので!
必ずといってもいいくらい飲んだ後に作り方を聞かれます。

目からウロコのリントンズのアイスミルクティー、ぜひお試しください。


20200504ミルクティー


このレシピは、紅茶の特徴を逆転の発想で活かした作り方です。
新鮮で高品質な茶葉のリントンズだからこそ出来ることなんです。

水にティーバッグを入れるだけ、という水出しアイスティーより
少し手間はかかりますが、工程は何一つ難しくないので、
慣れてしまうと驚くほど簡単です。

本場英国ブレンドのアイスミルクティー(たっぷり2~3杯分)

●準備するもの

・ティーポット(2カップ用以上の大きさ)
・リントンズのティーバッグ3包(今回はゴールド使用)
※お湯は、ティーバッグ1包に100ml。3包なら300mlです。
・保存容器(ピッチャー等でOK)
・ミルク(市販の牛乳)
※ガムシロップ等はお好みで準備してください。

① ティーポットにティーバッグを3包全てを入れて、
沸かしたての新鮮なお湯300mlを注ぎ15分じっくり蒸らす。
※この時に、にわとり型ティーコジーを使うのもオススメです。


20170707milk3.jpg


② ティーポット内をかき混ぜ、保存容器に全ての紅茶を注ぎ移す。
※これがアイスミルクティー用の濃い紅茶液になります。


20170707milk7.jpg


③ ある程度冷めたら、冷蔵庫に入れて冷やす。
※このとき、紅茶液が白濁します。ここがポイント。


20170707milk6.jpg


④ グラスに氷を入れ、冷たくなった紅茶液を半分程度注ぐ。


20170707milk5.jpg


⑤ 冷たい牛乳をたっぷり注ぎ、混ぜて完成!簡単です!
※お砂糖を入れなくても、茶葉の甘みが楽しめます
※お好みでハチミツやシロップをどうぞ
※子どもたちにはあま~いアイスミルクティーが大好評です


20170707milk4.jpg


このリントンズ紅茶のアイスミルクティーの作り方は、
「クリームダウン」しても気にしないでいいところが魅力なんです!

クリームダウンとは、よくアイスティーの失敗例として紹介されます。
美しい透明感のある水色のアイスティーを作る難しさはここにあります。
茶葉に含まれるカテキン類とカフェインが冷える過程で
結合して結晶化し白く濁ってしまう現象のことです。
茶葉の濃度が高すぎたり、冷やす速度が遅い場合にも起こります。
しかしここでは、クリームダウンさせても、濃厚でコクのある
ミルクティー色になるのでOKなのです。逆転の発想ともいえます。

ただ、この方法は、茶葉酸化してしまった質の良くない茶葉を使うと、
クリームダウンした時に、口に残る渋味やエグ味、雑味が出てしまい、
牛乳を注いでも、その渋味やエグ味でおいしく出来上がりません。
どんな茶葉でもこの方法でできるわけではないので注意です。

リントンズは、新鮮で高品質な茶葉だからこそ、この方法でも、
渋味やエグ味がなく、茶葉のコクや甘みを楽しめる
おいしい&美しい水色のミルクティーが出来上がります!


20170707milk1.jpg


見てください!この美しいブライトカラーのミルクティー色!!

前回ご紹介したレシピの水出しアイスティーは、美しい透明感の
ある水色と、スッキリとした味わいが特徴。こちらはストレートで。
今回ご紹介したレシピのアイスミルクティーは、優しいミルクティー
色で、濃厚でコクのあるミルクティーを味わえるのが特徴です。
アイスミルクティーにしても、ホットで飲む時と変わらない
茶葉の香りと甘み、味わいを存分に楽しめます。

失敗を活かすレシピなので、失敗がなく、
驚くほど簡単なので、ぜひ作ってみてください!

今日ご紹介したレシピの量で、このボトル、ピッタリ2本分(約600cc)。
2本で氷を入れたガラスコップ5~6杯分は楽しめます。
大きなカフェのようなグラスなら2~3杯分です。
本当においしい!英国紅茶のアイスミルクティーです!!


20200504ミルクティー2


子どもたちも、このリントンズで作るアイスミルクティーが大好きです。
昨年はこのレシピでよく“タピオカミルクティー”を作っていました。

誰でも簡単においしく作れるリントンズのアイスミルクティー。
こんなに万能なティーバッグ紅茶はなかなか出逢えません。


20200504ミルクティー3


リントンズの紅茶は、お客様のもとに高品質な茶葉を鮮度の高い状態で
お届けしているので、ホットティーをストレートでもミルクでも、
水出しアイスティーでも、アイスミルクティーでも、
結局、どのように飲んでもおいしい!ということがわかります。

それがティーバッグであるのは最高に嬉しいことです。
よく「サボってティーバッグで淹れてしまう」という話も聞きますが、
イギリスではティーバッグ紅茶にそんなネガティブなイメージを持つ人は
いません。かと言って、リーフだから丁寧という発想もありません。

紅茶は世界一気軽に楽しめるお茶ですから。
イギリスの紅茶専門家は、どのように淹れてもおいしい紅茶は
紅茶の品質、鮮度、製法が良くなければ出逢えないと断言します。

★ 「紅茶は世界一気軽に楽しめるお茶です!」のブログはこちら♪

このおいしさ、この便利さ、を知ってしまったら
イギリス人のように紅茶が日常にかかせなくなってしまいます。



20200424パンフ
現在、リントンズをご注文の方すべてに、おうち時間で
イギリスで愛される完璧なミルクティーを淹れていただくために
「ミルクティーの淹れ方」が書かれたリーフレットをプレゼント中。
外出もなかなか思うように出来ない日々が続きますが、
ぜひおうちで、完璧な英国ミルクティーを淹れてみませんか?


20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
リントンズは送料全国どこでも一律600円+税でお届けします。
7,500円以上お買い上げで全国どこでも送料無料サービスしています。

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパン公式オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で110年以上愛され続けている紅茶です。販売は高品質を守るために、100年間もの間イギリスのみでした。それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。リントンズジャパンの公式ブログでは、お店の情報やリアルな英国の紅茶事情を中心に、日常のティータイムに役立つ情報などもご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR