FC2ブログ

イギリスで愛されるアンティークのビスケットバレルも届きました。

リントンズのオンラインショップ限定の大人気企画
「英国アンティークマーケット」2月22日(土)10:00~開催決定!


今回のテーマは「史上最大のバリエーション」
なかなか出逢えない100年前のアンティークからヴィンテージグッズ、
初登場の激レアグッズも盛り沢山。多くのリントニアンの皆様に
楽しんでいただける品揃えだと思います!史上最大120点以上です!

すべて紅茶商オリジナルのリントンズグッズというのが魅力です。

******************************

12月にクリスマスの新商品として発売した「ビスケットバレル」。
日本では珍しい「ビスケットバレル」ということもあり、
発売日のたった1日で完売してしまった幻の新商品でした。

今回は、リントンズの「アンティークのビスケットバレル」をご紹介。
こちらは100年前の創業当時、馬車で紅茶をお届けしていた
限られた英国家庭しか入手できなかった激レアなティーグッズです。

イギリスのアンティークやヴィンテージにある「ビスケットバレル」。
名前の通りビスケット用の入れ物です。

アフタヌーンティー用の「3段のケーキスタンド」などは持っていたり、
見たことがある方も多いと思いますが、
この「ビスケットバレル」も英国の紅茶とともに歴史があるものです。

今回、リントンズから届いたビスケットバレルは、新商品ではなく、
約100年前に発売されたアンティークとも呼べるバレルです。

※以前も販売したことがあります。その時は“ティーキャディー”
として販売していましたが、イギリス市場ではアンティークの
“ビスケットバレル”や“ビスケットジャー”としても販売されています。


20200216バレル1


イギリスのアフタヌーンティーの始まりは、ヴィクトリア時代
前期の1840年頃といわれています。
7代目ベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリアによって
広められたというのは有名なお話です。

最初はこっそり寝室で楽しんでいたそうですが、専用のお茶室で
友人たちと楽しむ社交の場として発展し、
ヴィクトリア時代後期にはこのアフタヌーンティーが大流行。

ビスケットバレルが使われ出したのも後期頃といわれています。
その習慣が一般的になった頃といえるのかもしれません。
紅茶と共にビスケットの入ったバレルが供されたテーブルで
マダム達が楽しい会話で、優雅なひとときを過ごしていたのですね。

NHKで「ダウントン・アビー」という華やかな英国貴族の生活を
描いたドラマがありますが、メイドのデイジーがお嬢様の部屋の
ビスケットバレルからビスケットを食べているシーンもありました。


20191115アンナマリア


古い時代のビスケットバレルは、装飾用で密封性がないものが
ほとんどで、ティータイムの度にビスケットを保存している容器から
このビスケットバレルに移し替えてテーブルに運んでいたそうです。

英国の紅茶文化の中で、3段のケーキスタンドのように、
ビスケットバレルもおしゃれに登場していました。


20190726アート


約100年前に誕生したリントンズの〈キャッスル柄〉。
チンツ、ウィローとともにリントンズを代表するヘリテージデザイン。

キャッスル柄はイギリスのお城や橋、大聖堂、修道院が描かれています。
ブルーの色合いが日本にはない独特な雰囲気を醸し出して素敵です。

日本人にはあまり馴染みのない英国デザインなのですが、
こちらのキャッスル柄はイギリス人のコレクターや
アンティーク専門家などに大変人気が高い玄人向きのデザイン。
私たちもじわじわと好きになっていった不思議な魅力があります。

アンティークのキャッスル柄はスー夫人のお気に入りでもあるので、
一生懸命探して買い付けてくれています。
スー夫人からも「貴重なものだと伝えてほしい」といわれています。
そのため、キャッスル柄のビスケットバレルもたくさん届きました。


20200216バレル2


昨日ご紹介した200年続いた老舗陶磁器ブランド「メイリング」が
リントンズのために特別に製作した「キャッスル・デザイン」。
メイリングの陶磁器図鑑にもしっかり紹介されています。


20190522chinz2.jpg

2019052216330665cキャッスル


図鑑には年代別の刻印も掲載されているのですが、
オリジナルの底の刻印と同じものがありました!本物です!


20190716sue1.jpg

20190716sue30.jpg


スー夫人が手に持っているこちらの陶磁器図鑑本の表紙も
人気のキャッスル柄&チンツ柄がなんです!


20200215まとめて

20200214本


実は、チンツ柄もキャッスル柄も100年前にオリジナルが登場した後
半世紀後~2000年までに復刻版も販売されていました。

オリジナルと同じ大きさのものから、オリジナルをミニチュア化して
復刻したものまで、今回イギリスからまとめて届きました。

向かって左から100年前のオリジナル品、復刻ミニチュア、復刻版。
復刻版のミニチュアは、ティーキャディーとして登場しています。
ビスケットバレル型の紅茶入れなんてかわいすぎますよね♪
こちらも小さなビスケットバレルとしても楽しめそうですね。


20200216バレル5

20200216バレル7


私たちもリントンズのアンティークグッズの中で初めて手にしたのが
この約100年前に誕生したブルーウィローのビスケットバレル!

ブルーウィローはアンティークの中でも、イギリスでも日本でも
人気の高いデザインでもあります。ブルーウィローは18世紀に
イギリスで生まれ、19世紀にかけてウィローパターンとして
世界へ広がり、日本にも江戸末期に伝わってから今日まで、
大変人気のあるイギリスを代表するデザインの陶磁器です。
東洋のデザインのように思えますが、英国のデザインなんです。

いまから100年近く前の1920年代、リントンズからも
このブルーウィローの陶磁器が誕生しました。

しかも!リントンズは正統派のブルーウィローをアレンジした
オリジナルデザインのウィローパターン“Two-man”なんです。
橋の上には娘と使用人が描かれているのが特徴です。

写真のウィローが、1762年から200年続いた英国の老舗窯元
「メイリング」により、紅茶商「リントンズ」のためだけに特別に
描かれたウィローパターンで”Two - man”のオリジナルです。

★ 「英国で100年前に誕生したリントンズのために描かれた
  ブルーウィロー」の紹介ブログはこちら♪


20202016バレル3


このリントンズのブルーウィローの誕生から約70年後に
ウェイド社により復刻版ティーキャディーが発売されました。

アンティークのビスケットバレルと同じ形のミニチュア版
ティーキャディー(紅茶入れ)、眺めるだけでワクワクしますよ!


20202016バレル4


紅茶商のリントンズは紅茶に合うオリジナルのビスケットも
定番で作り続けており、どちらも長く愛され続けています。
いまでも、イギリス文化に紅茶&ビスケットはかかせない存在です。

アフタヌーンティーの3段ケーキスタンドも素敵ですが、
イギリスで愛されてきたアンティークのビスケットバレルに
ビスケットを入れて、伝統のミルクティーでティータイムしてみては?

ふたを開けると、甘いビスケットの香りが立ち上がってくるような、
イギリスの豊かなティータイム風景が思い浮かぶアイテムです。

リントンズの紅茶を、リントンズのティーポット&カップで、
リントンズのビスケットを、リントンズのビスケットバレルで・・・
そんなことが出来てしまうのも、英国紅茶商リントンズだけのお楽しみ!

日本では英国のビスケットバレルは入手困難なアイテムです。
アンティーク、しかも、老舗紅茶商リントンズのオリジナルの
ビスケットバレルでティータイムする機会はまだまだ希少かも?



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR