FC2ブログ

約100年前に誕生したリントンズ最古の花柄。

リントンズのオンラインショップ限定の大人気企画
「英国アンティークマーケット」2月22日(土)10:00~開催決定!


今回のテーマは「史上最大のバリエーション」
なかなか出逢えない100年前のアンティークからヴィンテージグッズ、
初登場の激レアグッズも盛り沢山。多くのリントニアンの皆様に
楽しんでいただける品揃えだと思います!史上最大120点以上です!

すべて紅茶商オリジナルのリントンズグッズというのが魅力です。

******************************

1920年代に誕生したのがリントンズ最古の花柄〈チンツ〉です。

チンツとは、インド更紗の大流行をきっかけに、イギリスで誕生した柄。
はじめはインド更紗を模倣したような柄だったそうですが、イギリスの
花や草など自然を題材にロマンティックで気品に富んだ文様が使われ、
イギリス独自の柄に進化していきました。ウィローの誕生に似ています。

リントンズのチンツ柄が誕生したのは、いまから約100年前のこと。
このような古いチンツ柄は現代のイギリスでも大変人気が高いそうです。

私たちもスー夫人もこのリントンズのチンツ柄が大好きです。
いつ見ても美しく素敵なデザインです。
世の中にあるチンツ柄の中で一番好きかもしれません。


20200214c1.jpg


このリントンズのチンツ柄を誕生させた「メイリング(Maling)」。
16世紀にイギリスに定住したフランス人のMalinファミリーが、
イングランド北東部のニューカッスルで立ち上げたブランドです。
1762年~1963年まで200年以上生産を続けた老舗です。

いまから半世紀以上前の1960年代に閉鎖してしまったものの、
それまでに2世紀にわたり16,500種類もの作品を生み出した、
イギリスを代表する名門陶磁器ブランドでした。

写真はイギリス陶磁器ブランド「メイリング」の陶磁器図鑑に
載っている1790年(いまから230年前)に製作されたマリッジマグ。
200年以上前のマグ・・・このブランドの歴史の長さを感じられます。


20200214c11.jpg


下の写真がその「メイリング」の陶磁器図鑑です。

この図鑑にリントンズのアンティークとも呼べるアイテムが
たくさん載っており、深く関わっているものなのです。

「メイリング」は20世紀前半に作品の最盛期を迎えています。
その最盛期、同郷ニューカッスルにて1907年に創業された
紅茶商リントンズが“チンツ”のデザインを依頼しました。

このリントンズオリジナルの花柄チンツデザインが
200年以上続いた「メイリング」の陶磁器図鑑の表紙になっています!
もしかしたら「メイリング」を代表するデザインなのかもしれません。


20190522chinz1.jpg


約100年前に登場したリントンズのティーポットは当時大人気でした。

アンティークのメイリング陶磁器は、欧州のアンティークコレクターに
人気があるものですが、メイリング製作のリントンズのティーポットは、
その中でも馬車で紅茶をお届けしていた販売地域も限られており、
数量も限定だったため、貴重なコレクターズ・アイテムとなっています。

今回はめったに出逢えない!本当に貴重な100年前の「メイリング」社
製造のオリジナルのチンツ柄ティーポットが2点も届きました。


20200214c2.jpg


さらに!さらに!今回ははじめて見たティーポットも届きました!!!
10年以上、リントンズグッズを買い付けていますが見たことないです。
この形のチンツ柄ティーポットがあるなんて知りませんでした。


20200214c3.jpg


注ぎ口まで丁寧に絵付けしてあります。細かな所までおしゃれです。
現代の技術でここまでの作品を作ろうと思ったら、
どれだけの時間とコストがかかるのだろう・・・と考えてしまいます。

100年前に作られた作品がこの現代に奇跡的に残っていて、
ずっとイギリスにあったものが日本に届けられたことも不思議です。


20200214c4.jpg


今回は、アンティークのリントンズのチンツ祭りです。
それもこれも、買い付けているスー夫人が大好きなグッズだからです。

約100年前に誕生したアンティークのチンツ柄ジャグも数点届きました。
しかも・・・一番大きいものは、ティーポットよりも大きい特大サイズ。
20㎝以上はあるティーポットより大きいので実物を見てビックリです。


20200214c6.jpg


図鑑の中にも、しっかりと掲載されているチンツ柄のジャグ。


20190716sue16.jpg

20190716sue17.jpg


アンティークジャグの大きさは3種類。特大、大、中といった感じです。
こちらは素敵なシェイプやデザインなので、美術品としてインテリアに。
もちろん、フラワーベースとしてお花を飾っても素敵です。


20200214c5.jpg


そして、リントンズのチンツ柄ストーリーはまだまだ続きます。

1920年の発売から半世紀以上経った1980年代、
ずっと眠っていたリントンズの美しいチンツ柄が蘇りました。

販売予定のチンツ柄の復刻版ティーポットは、マグ2カップ用。
チンツ柄を誕生させたメイリングは1963年に閉鎖しているので、
この復刻版は1882年創業の老舗の英国陶磁器ブランド、
ブラウンベティの製造で有名な「James Sadler and Sons」のもの。

今回はお揃いの「James Sadler and Sons」製造の
チンツ柄の復刻ジャグもスー夫人から届きました。

復刻版も発売されるたびに完売するほどの人気デザインです。
1920年代のオリジナルと1980年代の復刻版を並べてみました。
なんと!復刻版ティーポットは2点、ジャグは3点あります!!


20200214c8.jpg


復刻版のティーポットやジャグの他に、
チンツデザインのマグカップも2点届きました。


20200214c7.jpg


我が家もコツコツ集めた復刻版チンツ柄のティーセットでよく
ティータイムします。マグはたっぷりミルクティーが楽しめるサイズ!


20190315グッズ2


100年前に誕生したリントンズ最古の花柄チンツ柄が、
半世紀後に復刻し、またイギリスの人々に愛されていく・・・
そして100年後のいま、日本の皆様にまた愛されますように☆

いかにリントンズのグッズ製作の歴史が長いか、
そして紅茶と共に愛され続けているかが分かります。

リントンズは紅茶商ですが、それだけではない
陶磁器窯元のような深い魅力もあります。

「大好きなリントンズの紅茶」を「大好きなリントンズグッズ」で
楽しんでいるだけなのに、イギリス人も日本人も気づいたら
リントニアンになってしまう不思議な魅力がある紅茶商だと思います。



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR