FC2ブログ

ベトナム・ハノイ発祥のエッグコーヒーとは?

2020eggcoffee5.jpg


ベトナム・ハノイには、定番のベトナムコーヒーの他に
ヨーグルトコーヒーなど興味深いコーヒーもあります。
なかでも、今日はおいしかった“エッグコーヒー”を紹介します。

エッグコーヒーは第二次世界大戦後の1946年、牛乳が手に入りにくく、
カプチーノを牛乳の代わりに卵とコンデスミルクで
代用して作ったのがはじまりだそうです。

そこで、エッグコーヒーの元祖「CAFE GIANG」へ。

エッグコーヒーを考案したのはハノイの5つ星ホテル
「ソフィテル・レジェンド・メトロポール」のバーテンダーを務めていた
グエン・ザン(Nguyen Giang)氏で、店名は名前が由来だとか。
その後、ザン氏の息子であるグエン・トリホアン氏があとを継ぎ、
ハノイで70年以上にわたって愛され続けているコーヒーです。

エッグコーヒーは、上に卵とコンデンスミルクをカスタードクリーム状に
泡立てたふわふわのエッグクリームと下の方にエスプレッソコーヒーと
2層構造になっています。このエッグクリームを作るのが難しそう。
はじめは甘いふわふわのエッグクリームを食べてみたり、
スプーンを使って下のエスプレッソと合わせて飲んでみたりして、
最後はスプーンでしっかりと混ぜて合わせて飲みます。

コーヒーとスイーツの間のようで、とてもおいしかったです。
旅の間にもハノイの街で“Egg coffee”の文字をよく目にしました。
「CAFE GIANG」以外のカフェでも何度か楽しみましたが、
お店によってエッグコーヒーの味わいが全く違うので面白いです。
この写真を見ていたら、また飲みたくなってきました・・・。


2020egg1.jpg


濃いコーヒーが苦手な子どもでも楽しめる
エッグチョコ(エッグココア)やエッグ抹茶なんてものもあります。


2020egg2.jpg


他にも、エッグコーラ、エッグビールもありました。
ここでは、飲み物系になんでも“Egg”がアリのようです。
今度は飲んでる人も多かったエッグビールにチャレンジしてみたい!

エッグコーヒーは1杯30.000VND(約130円)です。


2020egg3.jpg


この「CAFE GIANG」の入り口が面白い!
「怪しいよ~」「でもなんかワクワクするね~」といいながら
細い入り口を突き進むと・・・


2020cafe-giang.jpeg


1階と2階と吹き抜けの素敵な空間に人がいっぱい!
あの細い入り口でタイムスリップしてしまったような
レトロな喫茶店の雰囲気も漂っています。


2020eggcoffee4.jpg


低いテーブルに低い椅子がベトナム感いっぱい!
ベトナムのバインミー屋さんやプリン屋さんでも、
この低い椅子に座って食べるのが醍醐味なのです。


2020eggcoffee2.jpg


国土や文化の違いなどからお茶やコーヒー等の飲み方は
様々な工夫がされている、とても興味深いものでもあります。
同じコーヒーでも、その国ならではの楽しみ方があります。

そして、ハノイでも「THE ALLEY」や「TIGER SUGAR」等の
トレンドのタピオカミルクティー屋さんや流行りのお茶もあります。
ですが、トレンドと定番は違います。
ベトナムコーヒーやエッグコーヒーのような存在は、
日常に根付き、変わらず長く愛され続けていたりします。

イギリスでもトレンドのコーヒーやお茶が沢山ありますが、
英国ミルクティーというのは永遠の定番なんだと感じます。
色んな国で愛され続けている定番を知るたびに、
歴史や文化、人々の想いが深く関わっているのだとわかります。

そして何よりも、その国ならではの“永遠の定番”は
やはりおいしいものが多いです。



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

サイモン氏やリントンズ専属ティーブレンダーは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国定番で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分 2,130円(+税)


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR