FC2ブログ

ハノイのフランス料理屋さんで出逢ったラム酒

2020rum1.jpg


昔、フランス統治下にあったベトナムにはその影響が
街の建築のみならず、言語、食、生活などからも感じられます。

そして、ベーカリーやフランス料理店も多く見かけます。
ある日、タイ湖畔の隠れ家的なカジュアルフレンチのレストランへ。
何でもおいしかったのですが、とくにニョッキが絶品でした。

白壁にタイルデザインの床。ベトナムのレストランでよく見るスタイル。
夜は寒い冬のハノイで、暖炉の火が身体をあたためてくれました。


2020cousins1.jpg


ここではイギリスのパブ定番のアップルサイダーもありましたが、
ベトナム産のクラフトラム酒を注文。この!ハノイのフランス料理屋さん
で出逢ったラム酒が気になって、すぐ近くのリカーショップに
売っているというのでわざわざ買いに行きました。

ハノイはレストランでも雑貨屋さんでもすぐタクシーを呼んでくれて、
若い人だとスマホのアプリで行き先まで登録して呼んでくれるので、
乗車した時にはすでにナビに行き先が入っていて値段までも出ていたり。
流しのタクシーを捕まえるよりも便利で明朗会計で少し安いことも。
この気軽なタクシーコールは有り難く、色んな場所に行きやすいです。
そのおかげで、路地のわかりづらい酒屋さんにも迷わずに行けました。


20200104酒屋


余談ですが、ラムはイギリス系、フランス系、スペイン系とあり、
その違いは表記の「RUM」「RHUM」「RON」でわかるそうです。
ラム酒の味わいもそれぞれに違うとよくいわれています。

10月に阪急英国フェアで購入したロンドンのタクシードライバーが作る
クラフトラム酒は当たり前ですがイギリス系「RUM」でした。


20191017get3.jpg


そして、ありました~!ベトナム産のクラフトラム酒「RHUM MIA」。
このベトナム産のラム酒の表記はフランス系の「RHUM」でした。
表記の違いは植民地時代の影響を大きく受けるものだといいます。

この「RHUM MIA」は、とてもベトナムらしいラム酒だったのです。
糖蜜を原料とするトラディショナルなラム製法に対し、
サトウキビの絞り汁100%を発酵・蒸留するアグリコール製法で、
19世紀にフランス植民地で始まった製法なんだとか。
サトウキビの栽培地の近くでしか行えない製法であり、サトウキビの
収穫時期以外では醸造酒の製造が行えないなど、
限られた場所と時期でしか作られない貴重なラム酒のようです。
フルーティーな香りで甘さ控えめでおいしいです。


2020rum2.jpg


おいしかったハノイのフランス料理屋さんで使われているラム酒を
近くの酒屋さんに買いに行った・・・というのも旅の想い出の一つです。

どんな所で出逢いがあるのかわからないところが
旅の楽しみでもあります。



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

サイモン氏やリントンズ専属ティーブレンダーは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分 2,130円(+税)


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR