FC2ブログ

イギリス陶芸家がリントンズのために製作したティーポットが全種類登場!

ご紹介している商品は2019年12月1日(日)10:00~開催される
オンラインショップ限定「冬の英国アンティークマーケット」に登場!


今回のアンティークマーケットは記念すべき第10回目!ということと、
リントンズのお客様に一年間の感謝の気持ちを込めて、
「冬の英国アンティークマーケット」のリントンズグッズはすべて
スペシャルな価格でお届けすることに決定しました~!!!!!

リントンズのグッズを集めている方も、リントンズは大好きだけれど
アンティークやヴィンテージはなかなか手が届きにくいと思っていた方も
この機会に気軽に“リントンズグッズの出逢い”を楽しんでみてください!

******************************

紅茶の国イギリスで、日常で使うティーポットは必須アイテムですが、
“コレクタブルティーポット”といって、イギリスに存在する様々なものを
モチーフにした、芸術的な美しいティーポットもたくさんあります。
なかには有名なアーティストが限定で制作した貴重なものもあります。
コレクタブルティーポットはあくまで観賞用として考えられています。
この英国ティーポットは“誇らしげに飾る”のがポイントです。

今日は、リントンズ社が自他ともに認めるお宝アイテムでもある
英国の陶芸アーティストの Paul Cardew (ポール・カーデュー氏)に
特注で製作依頼したコレクタブルティーポットを紹介します。

CARDEW (カーデュー)は、1991年にイギリスで創設されました。
窯元の作品というよりは、陶芸アーティストの作品という位置づけです。
陶芸アーティストの Paul Cardew (ポール・カーデュー氏)による
収集して楽しむコレクタブルティーポットはイギリスでも人気です。

リントンズは、このCARDEW (カーデュー)のアーティストである
ポール・カーデュー氏とも過去にコラボしており、全6種類、
コレクタブルティーポットを特注で製作してもらっています。
今回はイギリスから製作された全6種類、すべてが届きました!

イギリスでも簡単には出逢えない、コレクターがこぞって探す
リントンズのレアグッズをスペシャル価格で大放出!

******************************

■ No.1 THE TEA MERCHANT TEA POT

リントンズのコレクタブルティーポットの魅力は、ティーポットの中に
精巧に作られた紅茶や紅茶缶、ティーポット、プレート等の
グッズのミニチュアが装飾されていて、そして、それらすべてが
リントンズから当時販売されていた商品ということです!

復刻版で現在販売中のトラディショナルティーキャディー(紅茶缶)や
ウィロー柄のティーポットやカップ、昔の紅茶パッケージなどなど、
もう眺めているだけでも幸せな気分になれるティーポットです。


20190715sue1.jpg


高品質を守るために創業から100年以上イギリスでしか販売して
こなかった紅茶商リントンズ。いまでも、イギリス国内でも
スーパーや量販店で簡単に購入できる紅茶ではなく、確実に
リントニアンのもとに、厳選してお届けしている希少な英国紅茶です。

創業当時から半世紀は、リントンズのロゴマークのように
馬車で1軒1軒お届けにまわっていました。
当時、街には200台のリントンズ馬車が走っていたそうです。

自分のおうちまで馬車で紅茶を届けてくれるのが
イギリスの、リントンズの、日常だったなんて!ワクワクしませんか。


コピー ~ モンティラストラン


なんと!馬車型のコレクタブルティーポットにシュガーポット付。
こちらは〈ティーチェスト〉をイメージしたものです。

昔、紅茶の茶葉をインドや中国から輸入する時、100ポンド(約45㎏)
の茶葉が入る四角い木箱に入れていました。
この箱をティーチェストと呼び、このティーチェストだけで、
紅茶の宣伝にもなったといわれています。

もともと紅茶缶が四角なのは、このティーチェストの形からきており、
ティーチェストの四角は“憧れの紅茶の香り”の象徴だったのです。

その上にのっているのは、1920~30年代に使われていた天秤量り。
ブラックティー(紅茶)の茶葉が計られています。
このように、茶葉を発酵させると茶葉の色が黒く見えたため
ブラックティーと呼んだのが由来です。
シュガーポットからそんなストーリーまでも感じられるのです。


20190715sue3.jpg


オンラインショップでは、新商品の2019年新作紅茶缶の
「ティーチェストキャディー」が発売されたばかり!
リントンズで昔から使われていたティーチェストの紅茶缶です。

★ 2019年新作紅茶缶「ティーチェストキャディー」はこちら♪


20191116ティーチェスト


蓋にはこれらリントンズグッズや紅茶をお届けするために使われた
創業からずっと伝統でもあるのが“ハンパー”とよばれるバスケット。

“ハンパー”とはヴィクトリア時代に普及したバスケットのことです。
イギリスの上流階級の間で、ハンパーを持ってピクニックへ行ったり、
ハンパーに荷物を詰めて、旅行へ出かけるのがステイタスでした。

このイギリス伝統のハンパーで紅茶やグッズをお届けするのも
紅茶商リントンズの110年以上続く素敵な伝統です。


20190715sue2.jpg


実は、このヴィクトリア時代に普及したバスケットをイメージした
紅茶缶「ハンパーティーキャディー」もオンラインショップで発売中!

★ 2019年版紅茶缶「ハンパーティーキャディー」はこちら♪


20190301ハンパー新キャディー


■ No.2 THE RINGTONS “MONTY” BASKET TEAPOT

そのリントンズオリジナルのハンパー型のコレクタブルティーポット。
写真では伝わりにくいですが、想像を超える大きさのティーポットです。

バスケットの中にも、当時実際に販売されていた
紅茶や缶、グッズなどがリアルなミニチュアで再現されています。


20190715sue4.jpg


“TEA MAN”とよばれるリントンズの配達員が大きなハンパーに、
紅茶やビスケットを入れてお届けするイギリス紅茶の伝統風景。
これも昔から変わらない、リントンズのトレードマークでもあります。

なんと!2019年現在も受け継がれている英国紅茶の伝統です!!

100年以上の時の中で、移り変わる街の風景、人々、紅茶の歴史...
そのなかで変わらずにあり続けたのが、“リントンズのハンパー”です。


城リントンズ

20151016宅配


阪急うめだ本店「英国フェア」に本物の馬車とともに来日した、
リントンズ4代目サイモン・スミス氏と奥様のスーザン・スミス氏。

このときに実際お会いした紳士なサイモン氏と素敵なスー夫人、
お二人のファンになったリントニアンがたくさんいます。
スー夫人はイギリスでリントンズグッズを買い付けてくれています。


20190715英国フェア


お二人が開催したティータイムレッスンでは、
馬車全盛期1920年代のマダムファッションで登場した日もあれば、
写真のように、現代の“TEA MAN”のファッションで登場した日も!

スー夫人が実物大のリントンズの大きなバスケットを持って、
ハンパー(バスケット)の歴史を紹介していました。
このハンパーも実際にイギリスから届けてもらい、馬車だけでなく、
本物のシーンを見てもらうことにとことんこだわりました。
リントンズロゴの入った“TEA MAN”の帽子、ポロシャツ、本革の
斜めがけバッグまで全てイギリスの紅茶宅配で使われているもの!


フェア10096


時代とともに、馬車からバン(車)に移動手段は変わったっものの、
「Your Tea Madam !」と変わらず1軒1軒のお宅へ。

宅配地域である、イングランド北東部や湖水地方の街では、
よく見かけるイギリス紅茶の日常風景なんです。

100年以上、たくさんのイギリス紅茶愛好家たちが
このハンパーと繋がってきたのです。


20190715ハンパー


このハンパーそのものがティーポットになるなんて!
これが繋がっていくストーリーのあるリントンズの面白さでもあります。

写真は1920~30年代のリントンズのハンパーの中身。
本革の斜めがけバッグもあります。これも100年以上続く伝統スタイル。
他にも、リントンズグッズの代表的なデザイン、ウィロー柄の
ティーキャディーやチンツ柄のティーポット等もあります。
このウィロー柄やチンツ柄グッズも今回のマーケットに登場します。


20190715sue5.jpg


■ No.3 THE RINGTONS DELIVERY VAN TEA POT

1950年代から馬車とともに、初代バンも登場しました。
馬車もあるなら、デリバリーバンのコレクタブルティーポットも!

リントンズのコレクタブルティーポットはどれも
シリアルナンバーがついている数量限定で販売されたもの。


20190715sue6.jpg


この初代バンは、馬車と並ぶ、リントンズのアイコン的存在。
ストーリーまでおしゃれすぎます!リントンズ!!


20190719Ringtonsバン


■ No.4 THE RINGTONS MAURICE TEAPOT

“TEA MAN”とよばれるリントンズの配達員までティーポットに!
リントンズの伝説?!紅茶配達員“Maurice(モーリス)氏”の
スペシャルなスマイルが見られるリントンズらしいティーポットです。
サイモン氏の情報では、モデルとなった伝説のティーマンの
モーリス氏、まだまだお元気でご健在だそうです。

大きさは高さ25センチ以上はあるので、存在感あります。


20161128配達2


ティーマンのモーリス氏の頭にはリントンズ伝統のボウラーハット!

ボウラーハットとは、1849年に英国のウィリアム・ボウラー氏が
開発しました。ボウラーハットの名前の由来は開発者の名前とも、
その形がボールに似ているからとも言われています。
英国では上流階級でも労働者階級でもかぶれる男性用の帽子として
19世紀末に大流行し、チャップリン等を通じて世界中に広まりました。


20161128配達3


手に持っているのはハンパー。ハンパーの中に入っている商品も、
当時、実際にリントンズから販売されていたもののミニチュアです。
新発売のティーバッグ紅茶、紅茶缶、ウィロー柄ティータオル等など。


20161128配達4


ミニチュアではグリーンの色が強いですが、ハンパーにある紅茶缶は、
1938年に作られた「トラディショナルティーキャディー」です。
現在、リントンズジャパンのオンラインショップでも販売している
「トラディショナルティーキャディー」を復刻した貴重な紅茶缶です。

★ 復刻紅茶缶「トラディショナルティーキャディー」はこちら♪


2016425トラ缶


この紅茶缶にもストーリーがあります。

紅茶缶のカラーは“リントンズグリーン”といわれています。
創業者サミュエル・スミス氏が考案したカラーなんです。
リントンズの馬車に使われているのも、リントンズグリーン。
グリーンのような、イエローのような、この絶妙なカラーが
4代目社長サイモン・スミス氏もお気に入りの紅茶缶なのです。

リントンズのあらゆるグッズにもたびたび登場しています。

そのため、毎年デザインの変わる紅茶缶とは別に、
リントンズではアイコンともいえる、特別な紅茶缶でもあります。


910basha6.jpg


このティーマンのティーポットにもまだまだストーリーがあります。
実は...ティーポットの取っ手になっている部分は、
紅茶を配達する時の集金に使われる、革の斜めがけバッグなんです。
これも、ずっとずっとリントンズ配達員の伝統スタイルです!


20161128配達5


ハンパーと同じく、創業当時、馬車で配達していた時から続く、
リントンズのティーマンのトレードマークなんです。


103TV2.jpg


余談ですが、これが現在のリントンズ配達員の集金バッグ。
リントンズティーマンの長年の相棒として活躍するほど、
しっかりとした作りになっており、
英国らしい質実剛健な革バッグです。
長く付き合っていける一生ものという感じが素敵です。


20151018R5.jpg


そして、このティーマンのティーポットで注目して欲しいのは、
足元にいる可愛らしいホワイトテリア^^
ここにもストーリーが隠されているのです。

英国のリントンズのお客様は親しみを込めて“リントニアン”と
呼ばれています。リントンズの顧客は、イングランド北東部の
英国家庭だけでも30万世帯いるといわれています。
そのため、親子代々リントンズ紅茶という家庭や一生涯、リントンズ
紅茶しか飲まないという家庭、トラディショナルしか飲まない等、
英国紅茶愛好家は、各家庭ごとに、“我が家の紅茶”がしっかりあり、
その紅茶をティーマンが「Your tea madam !」とお届けしています。

スーパーの棚に置かず、紅茶の宅配にこだわり続ける理由について、
「高品質を守り、確実にリントニアンの元にお届けするため」と
サイモン・スミス氏は語ります。「スーパーなどお店で買う人は商品を
棚から取るだけに対し、リントンズはティーマンとお客様一人一人が
1対1の関係にあること。だから深い繋がりが続き、お客様の生の声が
常に届けられる」と英国の老舗紅茶商として大切にしていることです。

だからこそ、いつも紅茶を届けてくれるリントンズのティーマンに
“我が家の犬”までも懐いているのです。思わずニッコリしてしまう、
とても温かい気持ちになるリントンズらしさが伝わるティーポットです。


20161128配達6


細かいことですが、ティーマンが持っているリントニアン新聞。
紅茶愛好家のために、最新の紅茶情報もお届けしていますが、
新聞のタイトル名が“RINGTONS TEA TIMES”なんです。
“TEA TIMES”と新聞を意味する“TIMES”をかけているのです^^
こんなニクイところも、英国らしくって素敵が詰まったティーポット。


201611128配達7


■ No.5 THE RINGTONS MILLENNIUM CELEBRATION TEAPOT

こちらは2000年のミレニアム記念に数量限定で製作された
リントンズの英国カップボードのコレクタブルティーポットです。

高さは25cm以上はある、かなり大きなティーポットです。
リントンズとカーデュー氏がコラボしたコレクタブルティーポットは、
一つずつシリアルナンバーの入った貴重なもの。
さらには、ポール・カーデュー氏の直筆サインも刻印されています。


20190715sue7.jpg


リントンズグッズの魅力は、100年以上の老舗紅茶商であり、
創業当時から紅茶缶やグッズの製作にも拘ってきた歴史が
あるからこそ、ストーリーが繋がるグッズであることです。

これは他のアンティークやヴィンテージグッズでは楽しめない
“リントンズグッズ”ならではの魅力なんです。だから、はまります。

カップボードにあるミニチュアは、すべて過去にリントンズから実際に
発売されたティーグッズや紅茶缶、紅茶パッケージが並んでいます。

本当にイギリス家庭のカップボードを見ているみたい!!!
そんなリントンズグッズが忠実に再現された、精巧なミニチュアです。
ここにある実物のアンティークもいくつか販売するのでお楽しみに。


20190715sue11.jpg


カップボードのティーポットの蓋がまたとても可愛いんです。

リントニアン新聞の上で、猫が丸まっています^^
こちらの新聞も「RINGTONS TEATIMES」!!!!!


20161124食器棚1


■ No.6 THE RINGTONS TEA TIME TEAPOT

英国ファンにはたまらない、ティータイムとテディベアのコラボ!
リントンズのあれこれがいっぱい詰まった素敵なティーポットです。

どれが?どこが?ティーポットなの??といわれそうですが、
テディベアが座っている部分が蓋で、向かって左側が注ぎ口です。
ゆっくりソファに座りながら、ミルクティーでティータイムしています。

ミルクティーというのが、イギリスらしいですよね!


20190715sue8.jpg


傍らには、イギリス人にはかかせないミルクティーと
紅茶愛好家のために創業から配られている「リントニアン新聞」。
そして、ティープレートの上には、リントンズ紅茶と共に、
ずっと愛されているリントンズのビスケットやティーケーキがあります。


20190715sue9.jpg


イギリスの定番菓子の“ティーケーキ”。この金色の紙に包まれた
“MALLOWS TEA CAKE”は、リントンズオリジナルです。

リントンズのジンジャービスケットやショートブレッドと共に、
いまでも紅茶と同じく、愛され続けている英国菓子です。
そのリントンズのMALLOWSまでもミニチュアで再現される徹底ぶり!


20161126mallows.jpg


テディベアが座っているソファの柄にも注目してほしいです。
描かれている柄は、リントンズオリジナルデザインの
ウィローパターンでお洒落です。使われている食器もウィロー柄。

正直、全部欲しくなってしまう、リントンズのお宝ティーポットです。
スー夫人から届いた箱にも「RARE !!」と書かれていました^^
ずっとずっと大切に代々受け継いでほしいようなアイテムです。


20190715sue10.jpg


このリントンズオリジナルデザインのウィロー柄のティーポットも
今回のアンティークマーケットで沢山登場するので、お楽しみに☆

イギリスの伝統デザインでもあるウィロー柄ですが、
このウィロー柄はリントンズのために描かれた“Two - man”です。
リントンズだけのウィロー柄が存在するのは、さすが老舗紅茶商です。


20191119ウィローポット


英国アンティークマーケット開催は2019年12月1日(日)10:00から。

イギリスの人々の古いものを大切にし、代々受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
興味深いイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。

今回はすべてリントンズのお客様に一年間の感謝の気持ちを込めて、
スペシャルな価格でお届けします。



20190822マグ&缶s新
遂にリントンズ公式オンラインショップに新商品が入荷!
2019年新作紅茶缶、ユニオンジャック柄のマグカップ2個&
紅茶の特別セット、イギリス直輸入のジュートバッグ等
英国展でも大人気だった商品を全国の皆様にお届けします。

★ リントンズの公式オンラインショップはこちら♪


20191101ビスケット3
HAPPYプレゼントキャンペーン開催中!
1注文の商品合計1万円(税込)以上お買い上げの方に
日本未発売!貴重なリントンズのチョコビスケットを先着プレゼント。
たっぷり入った、丸ごと1箱をプレゼントしちゃいます-!!!

★ プレゼント商品「激レア!チョコビスケット」のページはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR