FC2ブログ

英国のクリスマスでも楽しまれるミルクティー&ジンジャービスケットのペアリング!

9月にイギリスから老舗紅茶商「リントンズ」の4代目である
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人が来日し、
日本橋三越本店「英国展」で期間限定のティースタンドが登場!

そこで、スミスご夫妻が愛して止まないゴールドのミルクティーと
ジンジャービスケットのティーセットを楽しんでいただきました。
サイモン氏は1日に1000杯近く淹れていたこともあるほど好評でした。

商品を渡す時に、スー夫人がお客様一人一人に、イギリスで愛される
“ダンク(ミルクティ-にビスケットを浸すこと)”を教えていたので、
日本のリントニアンにもこの“ダンク”が広く認知されたように感じます。

イギリス人がおいしいと推奨する英国ティータイムです。


20101021dunk.jpg


このリントンズのミルクティー&ジンジャービスケットのペアリングを
楽しんだ多くのお客様が驚きの声で隣接のショップにやってきました。

「おいしくて飲みやすいから、スルスル、ゴクゴク、飲めてしまった!」
「初めてこんなにおいしい紅茶に出逢って心臓がバクバクしてます!」
「渋味やエグ味なくってビックリ!飲めば飲むほどおいしい紅茶!」
「ジンジャービスケットは初めて食べた味なのに、どこか懐かしい!」
「ダンクしてカリッ、ジュワッのビスケットの食感は生まれて初めて!」
「紅茶はすっきりなのにコクがあって、香りや甘みを感じられる!」
「砂糖入っていますよね?」「牛乳は半分くらい入れているんですか?」

実は、砂糖や牛乳の甘みではなく、それが新鮮茶葉の甘みなんです。
そして、牛乳はカップに半分も入れず、大さじ3程度です。
イギリスのミルクティーは、牛乳を入れることで、
茶葉の水色、香り、甘み、コクを引き立たせているからおいしいのです。
これは、高品質で鮮度の高い茶葉でないと味わえないものです。

このティースタンドで提供された、イギリス本場のミルクティーの淹れ方
はこちらのブログで紹介しているので、ぜひ参考にしてください!
阪急の英国フェアでリントンズを初めて購入された方も要チェックです!

★ 4代目サイモン・スミス氏直伝のミルクティーの淹れ方はこちら♪


20190910サイモンスー


その好評ぶりから、日本橋三越本店の英国展のリントンズショップでは、
このゴールドやジンジャービスケットの他にも、すべての定番紅茶や
ビスケットが金曜日には完売。土・日・月と来られた多くのお客様が
リントンズ紅茶やビスケットを購入することができず申し訳ありません
でした。完売してしまって出逢えなかった方も多い定番紅茶や
ビスケットを伊勢丹英国展でぜひ手に取ってご覧ください。


20190827ジンジャービスケット


この組み合わせ、英国のクリスマスでも定番なんです。

ジンジャービスケットは実際には年柄年中食べられているのですが
よくクリスマスの手土産やプレゼントに使われます。
イギリス発祥のギフト「クリスマスハンパー」の定番品でもあります。
ギフトに使われる理由はわかりやすくいうと2つあります。

① 英国民なら子どもから大人まで大好きなビスケットであるから。

② ジンジャービスケットは古くから病気予防、魔除けのような意味合い
もあり、風邪にきくショウガを食べて、寒い冬の無病息災を願ったとも。

とにかく家族の集まるクリスマスのティータイムの定番でもあります。
英国クリスマスでは、ジンジャーやシナモンといったスパイスは
食べ物に入れると日持ちがするため、ビスケットをはじめ、
プディングやミンスパイなどに多く使用されているのが特徴です。

シンプルに焼き上げたジンジャービスケットなので、
クリスマス仕様にデコレーションしてもかわいいですよ!
ビスケットにジンジャーブレッドマンの顔を描いても楽しいです♪
いつも食べ慣れた大好きな味だと安心してアレンジも楽しめます。


20181124ジンジャーデコ2


イギリスの百貨店等では、この時期クリスマスティーも販売されており、
こちらもショウガやシナモン等やドライフルーツを使った紅茶です。
さすが98%が紅茶はミルクティーで楽しむイギリス人らしく、
クリスマスティーも主にミルクに合うようにブレンドされているそう。
どちらかというと、その味わいはチャイのミルクティーに近いです。

そして!リントンズのジンジャービスケットはミルクティーと味わうと
チャイのような味わいでクリスマスにもピッタリのコンビネーション!
このペアリングを味わうだけで、クリスマスティーのような楽しさ♪

リントニアンの家には紅茶とビスケットは必ず常備されています。
英国ミルクティーと一緒に味わうとジンジャーの香りがより華やかに。
ジンジャーの香りとともにクリスマスを感じてみませんか?


20191021ジンジャー


実は英国の家庭では、クリスマスティーを自分達で作ることも多いそう。
毎年オリジナルのクリスマスティーを作り、それが我が家の味だったり。
「やっぱりママが作るクリスマスティーが一番ね!」といわれたり♪

私も昔は市販のクリスマスティーを購入していたこともありますが、
紅茶は毎日飲んでも、クリスマスティーは毎日は飲まないので
クリスマスを過ぎても余らせてしまうことも多く、ここ数年は
いつもの定番紅茶にスパイス等を入れて自分で作っています。
茶葉のブレンドではないので難しいこともなく気軽に誰でも楽しめます。

普段はブラックティー(フレーバーで着香していない茶葉)を愛して、
あまりフレーバードティーやアレンジティーを好まないイギリス人も、
この時期だけは、いつもの“我が家の定番紅茶”に、好きな
ドライフルーツやドライジンジャー、シナモン、クローブ等を入れて、
オリジナルのクリスマスティーにして楽しむこともあります。

自宅においしいブラックティーのベースがあれば、
クリスマスティーは難しくありません!今日はジンジャーを使った
ベーシックな英国クリスマスティーをご紹介します!
人工的なフレーバーが苦手な方にもおすすめです。

手作りのクリスマスティーでおもてなししてみませんか?


★「ベーシックな英国クリスマスティー」の作り方

【材料】
リントンズのティーバッグ1包(ゴールドがおすすめです)、
砂糖、ジンジャースライス、シナモン、クローブ(※写真のもの全て)

1、鍋に水400ccを沸騰させ、リントンズのティーバッグ1包と
  写真の材料を全て入れます。

2、よく抽出しながら3~4分。砂糖が完全に溶けたら出来上がりです。

3、お好みで、オレンジやレモンなどのスライスを浮かべたり、
  水の量を減らし、その分牛乳を入れてチャイにしても美味しいです。

※紅茶の代わりに、鍋にワイン(ハーフボトル)と一緒に入れて、
ゆっくり温めたら、おいしいクリスマスのグリューワインにもなります。
冬の時期など、おいしく飲んでココロもカラダもポカポカです。


20181109砂糖1

2016118ジンジャーティー


イギリス家庭のクリスマスは、家族や親戚、友人が集まる機会も
多い時期なので、いつもの“我が家の定番紅茶”で
変わらずにおもてなしすることが多いのも事実だそう。

スパイスを多く使ったクリスマス菓子にも合わせやすいのです。

そして何よりも、イギリス人は“我が家の定番紅茶”を
大切なコミュニケーションツールと考えています。
ミルクティーでティータイムしながら、久しぶりの再会にも、
リラックスして話したいこと、聞きたいこと、いっぱいだからです。
そのためにいつもの定番紅茶は一役買ってくれるのです。


20190806uk1.jpg


ミルクティーは流行りや廃りというものではなく、英国の永遠の定番。
紅茶の国イギリスでは紅茶を淹れる時、その98%がミルクティーにして
楽しむといわれています。その理由は純粋に「おいしいから」です。

英国紅茶の歴史とともに、100年以上もの間、紅茶文化を築いてきた
老舗の紅茶商リントンズの4代目サイモン・スミス氏も
「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

ミルクティーとは、トレンドやブームだけでは簡単に語れない、
クリスマスの時でもイギリスの紅茶文化を象徴する存在なのです。


20190820ミルクティー


ミルクティーとジンジャービスケット、
我が家はこのコンビが家にないとクリスマスを迎えられません・・・。

リントンズが出店する2019年の英国展は伊勢丹が最後です。
クリスマスや冬の定番紅茶もビスケットもこの機会にGETしてください。


20191018伊勢丹3
2019年の伊勢丹の英国展は「英国のクリスマス」がテーマ。
まだハロウィンも終わっていないのに?と思う方もいらっしゃるかも
しれませんが、イギリスでは9月頃からハロウィングッズとともに
クリスマスグッズが並ぶんですよ。何ヶ月も前からクリスマスの
準備をしている人もたくさんいます。料理やテーブルセッティング、
プレゼントのこといろいろです。その時間もHAPPYだと語ります。
そのくらい“クリスマス”はイギリス人にとってHAPPYなイベントです。

「英国のクリスマス」を楽しめる場所はなかなかないと思います。
ぜひ伊勢丹の英国展で体感してみませんか。

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場

★ 伊勢丹新宿店「英国展2019」の公式サイトはこちら♪


20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%の希少な存在。

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


20191017ロゴ
オンラインショップは全国一律送料600円+税です!

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR