FC2ブログ

リントンズジャパン誕生秘話。

もうすぐリントンズが全国販売されます!
イギリス以外での販売は世界初!日本だけ!!という紅茶です。

今日は、英国で100年以上歴史ある老舗の紅茶メーカー
「リントンズ(RINGTONS)」と繋がり、
「リントンズジャパン」を設立するまでの秘話を語ります。

代表の姉がイギリスの方と結婚し、イギリスの実家では
親子代々、毎日リントンズティーを愛飲していました。
リントンズバンの宅配ティーを利用していたのです。
キッチンの戸棚にはリントンズ紅茶がいつもいっぱい!
そして姉夫妻がお土産に、とくれたのがリントンズとの出逢い。

元々ティータイムが好きで、他にもイギリスの紅茶メーカーの
紅茶をお土産で貰ったり、自分でも購入して、色々な紅茶を
試しましたが、ここ数年は必ずリントンズティーに戻ってしまうほど、
英国紅茶リントンズが日常に溶け込んでいました。
でも旅行ではなかなか買えない、入手困難な英国紅茶。

「こんなに美味しい紅茶を日本で毎日飲めるようにしたい!」
「周りの皆に飲んで欲しい!」という思いが日に日に強くなり、
思い切って、何のつてもないまま
リントンズ英国本社宛にメールしました。

全てはココから始まりました。
行動を起こさなければゼロのまま、
行動を起こせば、ゼロのままの理由が知れるか、
何か前進するか、なのです。

メールを送った数週間後、なんとリントンズ4代目である
サイモン・スミス氏から直接連絡が来ました。
「君たちが本気なら、日本でのビジネスプランを出して、
 私たちを説得してくれ」と。
試行錯誤で作り上げたビジネスプラン。
とにかく「イギリスで愛され続けている紅茶をイギリスで愛されるように
日本の日常でも同じように楽しみたい!」という思いを伝えました。
「日本は古くから茶の湯の文化があるからきっと魅力が伝わる!」と。
これを4代目スミスファミリーに見てもらうことになり、
返事を待つ間は落ち着かない日々を過ごしました。
ただ、私たちのビジネスプランをイギリスの老舗紅茶商に見てもらえる
ことになっただけでも、なんて幸運なこと!とも感動していました。
結果、このビジネスプランを「興味深く読ませてもらった!」と
気に入って頂き、英国本社で会わないかという話も出てきました。

鉄は熱いうちに打て、とばかりに
今春、代表が単身渡英し、直談判へ。

会長や社長とともに直々に本社や工場見学、テイスティング、
オフィスで沢山語り、プライベートでもバーへ行き、また語り、
次第に会長の口から出るのは「Good!」の言葉。
気持ちが繋がった瞬間を感じた、と代表談。

そしてリントンズの長い歴史の中で、英国以外世界初となる
日本でのリントンズ紅茶の販売権を得ることが出来ました。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった瞬間でもあります。

簡単に述べると、トントン拍子に来たように見えますが、
ここまで来るのに、英国という日本とは違う文化、違う言葉、
行き違い等もあり、苦戦した時期も長くありました。

いま思うのは、失敗を恐れず、自ら行動を起こし、
その全てに全力を尽くす情熱には
何かしらの結果がついてくるのだと。

何かをしたい情熱があるならば、
一度きりの人生で使わなければ、勿体ないです。

情熱は、万国共通です。

情熱は、集まれば集まるほど大きな力になります。
リントンズジャパンも、そんな熱い想いを持った沢山の方の
協力のおかげでここまで来られました。

2011年、リントンズジャパンを設立し、
9月、福岡限定で三越や阪急の「英国フェア」でデビューし、
10月、もうすぐ始まる日本全国のオンラインショップ。
難しい作法はいらず、英国の日常で愛されるように、
誰でも「手軽に、簡単に、美味しい紅茶が淹れられる」
リントンズ紅茶が日本の皆様の日常ティーになり、
毎日のティータイムが楽しい時間になりますように!

それがリントンズジャパンの情熱です。


20180308teatasting1.jpg


もうすぐ日本全国のオンラインショップが始まります!
詳細が決まりましたら、HPやブログで紹介します。
「メールマガジン」や「入荷連絡を希望」に登録して頂きますと
いち早く入荷情報が届きます。


リントンズのHP・オンラインショップはこちら★


※現在、ショップHPはオープンしております。
 各商品ページの中の「入荷連絡を希望」をクリックし
 メールアドレスを登録して頂きますと、
 ご希望の商品が入荷次第ご連絡させて頂きます!
 こちらは予約やお取り置きではございません。
 販売開始は10月中旬を予定しています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フェアトレード製品

初めまして。
逗子フェアトレードタウンの会(逗子市内でフェアトレードを推進)の名女川と申します。
先日、湖水地方を旅行した際に、コッツウェルズの古城ホテルで、RINTONSのフェアトレードの紅茶、コーヒー、砂糖などを見つけました。
RINTONS社のフェアトレードの取り組みと、日本でもフェアトレード製品の購入が可能かを知りたいと思っております。
よろしくお願いします。

Re: フェアトレード製品

> 初めまして。
> 逗子フェアトレードタウンの会(逗子市内でフェアトレードを推進)の名女川と申します。
> 先日、湖水地方を旅行した際に、コッツウェルズの古城ホテルで、RINTONSのフェアトレードの紅茶、コーヒー、砂糖などを見つけました。
> RINTONS社のフェアトレードの取り組みと、日本でもフェアトレード製品の購入が可能かを知りたいと思っております。
> よろしくお願いします。

名女川様

お問い合わせありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ございません。

ご質問の件ですが英国リントンズ社の取り組みとしては、
茶園や農園等とのフェアトレードも含めたエシカルな取り組みを実施しております。

本国のホームページにより具体的な内容が記載されております。
英語になりますが、ご確認いただければ幸いに存じます。

日本国内で販売しているリントンズ社の紅茶・ビスケットは
全て英国で販売されている物を輸入しております。

商品内容につきましては、弊社ホームページをご確認ください。
よろしくお願いします。

https://ringtons-japan.jp/

それでは失礼致します。

リントンズジャパン
代表 岡田直也
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で110年以上愛され続けている紅茶です。販売は高品質を守るために、100年間もの間イギリスのみでした。それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。リントンズジャパンの公式ブログでは、お店の情報やリアルな英国の紅茶事情を中心に、日常のティータイムに役立つ情報などもご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR