FC2ブログ

絶対欲しい!ユニオンジャックのマグカップ!

イギリス好きなら1つは欲しい人気アイテムの“ユニオンジャック”。

英国展や英国フェア等でも、このユニオンジャック柄の雑貨を
探しているお客様も本当に多いです。
このデザイン1つでその空間がブリティッシュになるから不思議です。

実はイギリス人もこのユニオンジャックのデザインは大好きです。
その優れた美しいデザインに誇りを持っているほどです。

2019年のリントンズショップでは、このユニオンジャックのマグ2個と
ブレックファストのティーバッグ100包200杯分がセットになった
その名もシンプルに「ユニオンジャックセット」が新発売になります!

このマグの面白いところは、1個でもユニオンジャックが
全面にデザインされ、とてもおしゃれなマグカップですが、
ペアで並べると、1つのユニオンジャック柄に!!!!!

これはキッチンに並べるだけでも英国インテリアになってしまいます。


20190822ユニオンジャックマグ


イングランド・ウェールズ・スコットランド・アイルランド
この4つの連合国を示す国旗が“ユニオンジャック”!

フラッグを注意深く見ると、実際にはそのクロス線の形状が
上下・左右ともに対称ではないことがわかります。
これは、セントアンドリュークロス(スコットランド)と
セントパトリッククロス(アイルランド)が重なり合わないように
設計された結果、セントパトリッククロスの傾斜を反時計回りに
ずらしてあることで上下左右が非対称になっているのです。

これが正式なユニオンジャックのデザインなんです!

イギリス人は意外とこのクロスの図形にこだわっています。
本物のユニオンジャックのデザインであるかはここをチェック!


20190817UK3.jpg


リントンズのマグも適当に作られたユニオンジャック商品ではなく、
きちんとイギリス人によりデザインされたマグなのです。

マグカップのモザイク部分をよーく見てください!
モザイクの数が2つと4つとちゃんとずらしてあります。

そして、何よりもこの“モザイク”のユニオンジャックがおしゃれ!
代表も私も「こんなおしゃれなユニオンジャックは見たことがない!」
と興奮したくらいです。先日訪れたロンドンでもたくさんの
ユニオンジャックデザインのグッズを見かけましたが
イギリスのトラディッショナルなユニオンジャック柄がタイルパターン
で彩られた上品で繊細なマグカップは出逢えませんでした。

しかも、タイル柄はプリントではありません!
ちゃんと凹凸がある、タイルのリアルな質感を再現しています。
英国本社で最初に見たときに、マグカップのタイルの仕上がりに
驚いたのですが、その時の商品担当者の「いいだろ?そこが
一番苦労したんだ!」という開発エピソードも印象に残っています。
それほど、こだわって製作された貴重なマグカップなんです。

ヴィクトリア時代からタイルワークはアートとして人気がありました。
イギリスの街を歩いていると、このモザイクタイルを並べて
文字や模様を作り出すデザインをよく見かけて素敵だなぁと思います。
イギリスには1枚のタイルに模様が描かれたものも多くありますが、
私はこのタイルを並べて模様を作り出すデザインが特に好きです。
それがユニオンジャック柄なんて最高です。

そのデザインをマグカップで楽しめるなんておしゃれすぎます。
ずーと眺めていられる素敵なユニオンジャック柄マグです。


20190817UK2.jpg


写真はイギリスのリントンズ社にあるモザイクアート。
リントンズ伝統の紋章がタイルを並べてデザインしてあります。
とてもイギリスらしいインテリアのスタイルなんです。


20190302モザイクタイル


マグの素材は、英国伝統のボーンチャイナです。

ボーンチャイナとは、18世紀にイギリスで開発された焼きものです。
古くから、多くの英国高級ブランドの食器に使われています。
一般の磁器に比べ、とても軽いのに強度があります。

ボーンチャイナは、紅茶の水色がわかりやすく見えるだけでなく、
飲む紅茶の口当たりもとても滑らかです。

マグカップの底には、リントンズ限定のオリジナルデザインの証、
リントンズの馬車のロゴもしっかりと刻印されています。


20190818uk4.jpg


上記の底の写真で、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
「FANCY A CUPPA ?」と書いてあります。

この言葉には、とてもイギリスらしい表現が含まれています♪
「紅茶でもどう?」という意味です。

“Fancy”は“Lovely”のようにイギリス人の会話でよく使う単語です。
主に楽しい!おいしい!というポジティブな気持ちを表す言葉。
「I fancy a biscuit !!」ならビスケットが食べたい!という風に。

“cuppa”は、cup of ~の略ですが、イギリスでは後ろに続く飲み物は
Coffeeではなく必ずTeaと決まっていて、あまりに当然なので
省略されているという徹底ぶり。紅茶は日常で当たり前にあるもの。

こんな素敵なマグカップでお茶でもどうですか?
「Fancy a cuppa ?」


20190806uk1.jpg


注目してほしいものには、外箱パッケージもあります!!!
パッケージにも大きく「FANCY A CUPPA ?」と書いてありますが、
これがとってもイギリスらしいパッケージだと大興奮。


20190818uk1.jpg


だって!紅茶とマグカップがこんな風にセットになっている
パッケージを見たことがありますか?
日本では珍しいザ・外国なパッケージが面白く、ワクワクします♪
イギリスで販売されているもの、そのまま直輸入しています!


20190818uk3.jpg


ユニオンジャック柄マグカップ2個とセットになっている紅茶は、
英国リントニアンに一番人気のブレンド【ブレックファスト】です。

イギリスでは19世紀の頃から貴族の間で朝食に濃く淹れた
紅茶にたっぷりミルクを入れるミルクティーが主流となり、
そんな紅茶習慣に合うようにブレンドされた紅茶が
“ブレックファストティー”です。
イギリスでは最も伝統的で、ポピュラーなブレンドです。

ブレンドの名前の由来は“ブレックファスト=朝食”からきていますが、
何も朝食にしか飲んではいけないわけではなく、
現代のイギリスでは、“ミルクティーに合うしっかりした味わいの
ブレンド紅茶”という認識で楽しんでいます。
だから家庭でもティールームでも一日中楽しんでいるブレンドです。


20180307ringtons-breakfast.jpg


リントンズの【ブレックファスト】のブレンドも、
ミルクティーとして楽しむ紅茶として長年愛され続けており、
紅茶は98%がミルクティーにして飲むイギリスで一番人気です。

ブレックファストは、リーフの時よりも、ティーバッグにすることで
茶葉の旨みが増すというインド産のアッサム茶葉とケニア産の
リフトバレー茶葉を、リントンズ独自のリーフロック製法で、
とにかく新鮮な状態でブレンドし、お客様の元にお届けしています。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

リントンズブレンドの中では、一番ミルクティーに合うブレンドですが、
ストレートで淹れても、とってもおいしい紅茶なんです。
アッサムはミルクティーのイメージも強い茶葉ですが、
リントンズのように、新鮮なアッサム茶葉はストレートでもおいしい!
新鮮で上質な茶葉は、どのように淹れてもおいしいと教えてくれます。
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、そして
ミルクティーにした時のコクのある味わいは「完璧な紅茶」です。

我が家はブレックファストのミルクティーで一日が始まります。
もう10年以上、毎日飲み続けても、全く飽きません。
飽きないどころか、日々おいしく感じる不思議な魅力ある紅茶です。


20190818uk2.jpg


イギリスで愛され続けている伝統のブレンド紅茶【ブレックファスト】は
なんと!英国製のティーポット用ティーバッグで100包入り!!

日本では珍しい1包にたっぷり3gの茶葉が入った2杯分を抽出できる
英国製ティーバッグになるので、マグ200杯分の紅茶が抽出OKです。
カップ&ソーサーなら1包で3~4杯抽出できる茶葉量なんです。

鮮度の高い上質な茶葉、100%英国製の正真正銘の英国紅茶が
300gという茶葉量入っています!これは信じられない太っ腹量です。


84リントンズティーバッグ


人気のブレックファストのティーバッグが100包、マグ200杯分と
ユニオンジャック柄マグカップが2個もセットで4,500円(+税)です!

英国雑貨ならマグ2個だけでも、この価格はしてしまうところを、
ブレックファスト2,000円の紅茶1袋が丸ごと入っての価格です。
英国タイルデザインのユニオンジャック柄で、ボーンチャイナの
イギリス直輸入のマグが1個1,300円という破格はさすがリントンズ!

アンティーク・ヴィンテージとしても今後価値の出る
イギリス老舗紅茶商リントンズのマグがこの価格は素敵です~!
ヴィンテージのリントンズマグはこの価格では購入できません。

数量限定の販売になります。ぜひGETしてくださいね!

★ 日本橋三越本店「英国展2019」にて全国先行販売!
数量限定!2019年新商品「ユニオンジャックセット」
ブレックファストティーバッグ100包約200杯分(茶葉300g)&
ユニオンジャック柄マグカップ2個セット 4,500円(+税)



20190822マグ&缶s新



20190822ミルクティー
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
4代目サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


イギリスに多くの愛好家がいるRINGTONS(リントンズ)社の紅茶。
三越英国展には、定番紅茶の他に、2019年限定の新作紅茶缶や
イギリスらしい新商品が盛り沢山に登場する予定ですが、
2019年はなんと!いつものリントンズショップの他にもう一つ、
世界初!日本橋三越本店「英国展2019」限定!
英国老舗紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場します!!
お買い物の合間に、英国ミルクティーでホッと一息ついてくださいね♪

★ 紅茶商リントンズ直伝の本場・英国ミルクティー
英国製の大きなジンジャービスケット付き 400円(+税)


2016921ロゴ新
● 日本橋三越本店「英国展2019」

日本橋三越「英国展」で、リントンズの2019年紅茶缶を
数量限定で全国先行販売することが決定しました!

そして、リントンズの豪華グッズが当たるキャンペーンが
始まっています!中には非売品アイテムも!
詳しくは英国展2019のサイトでチェックしてください♪

◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場

★ 日本橋三越本店「英国展2019」のスペシャルサイトはこちら♪


20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

ミルクティースタンドの隣には、リントンズショップがあり、
定番ティーバッグ紅茶や人気のビスケットも購入できます!

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR