FC2ブログ

英国老舗紅茶商4代目サイモン・スミス氏直伝のミルクティーの淹れ方

2019年9月4日から9日の6日間、Part1限定でオープンする
日本橋三越本店「英国展」のリントンズ紅茶のミルクティースタンド。

英国老舗紅茶商である4代目兼ティーブレンダーでもある
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人も来日し、
イギリスで愛される英国ミルクティーを英国展限定で楽しめます。

紅茶も作り置きとかではなく、イチから丁寧に淹れて提供します。
茶葉をしっかり蒸らし、ミルクもフレッシュなまま使います。
そのために、たっぷり淹れられる紅茶商専用のティーポットも使います!

サイモン氏が持っているのがなんと!紅茶商のティーブレンダー室で
使われているという、リントンズ刻印入りの大容量の専用ティーポット。
持ち手が2つあるのわかりますか?このティーポットにも注目です!
イギリスのティーブレンダー室で使うことが多いティーポットで淹れる
本場の英国ミルクティーは紅茶好きならワクワクする1杯です♪


20190806淹れ方1


今日はイギリスで飲まれている紅茶の淹れ方を
4代目サイモン・スミス氏に直々に伝授してもらいます!
紅茶の淹れ方は難しくないので、
ぜひおうちでリントンズ紅茶を淹れる時の参考にしてください。

現代、紅茶の国・イギリスでは紅茶を淹れる時、リーフではなく、
98%がティーバッグで淹れるのは、とても有名なお話ですが、
では、ティーバッグを入れるタイミングは・・・・・?

英国紅茶商推奨は「ティーバッグが先、お湯が後」です。

日本ではカップに先にお湯を入れてその中に、後からティーバッグを
入れるという話も聞きますが、これは茶葉の味が抽出されにくいそう。
ある意味、茶葉本来の味が抽出されにくいため、茶葉酸化による
茶葉の品質(渋味やエグ味等)をごまかせてしまうものでもありますが、
それはおいしく飲める秘訣やコツとはいえず、水色は紅茶色でも、
茶葉本来の香りや味わいをしっかりと楽しめていないことになります。
この紅茶にミルクを入れても味気ないミルクティーになってしまいます。

ティーポットに先にティーバッグを入れてください。


20190806淹れ方2


サイモン・スミス氏は2015年に来日した時にこのように語っています。
「日本の水は素晴らしい!」「おいしいリントンズ紅茶が淹れられる」
「ホテルの部屋で飲んだ〈GOLD〉の味が忘れられない!」
「日本はもしかしら世界一おいしい紅茶が飲める国かもしれない!」と。
とても素晴らしい新鮮で良質な水が溢れている日本。

私たちも先日のロンドン旅でたくさんの紅茶を飲みましたが、
日本のお水で淹れるリントンズ紅茶が一番好きかもしれません。
茶葉の香りが豊かで、しっかり奥行きのある味わいは特別なものです。

汲みたての新鮮な水をケトルで沸かし、お湯に含まれる空気が
たっぷりある状態の沸きたてのお湯をティーバッグの茶葉を
めがけて注ぎます。紅茶葉は必ず沸騰したてのお湯を使います。
そして、リボイル(2度沸かし)したお湯は、お湯に含まれる
空気の量が減ってしまうため、絶対NGです。

空気をたっぷり含んだ沸きたてのお湯をすぐ注ぐことが、
ティーバッグ内の茶葉がジャンピングする秘訣なのです!


20190806淹れ方3


リントンズのティーバッグ紅茶1包に400ccのお湯が目安です。

あとは4分、しっかり蒸らしてあげてください。
紅茶葉はじっくり蒸らしてあげることもポイントです。

サイモン氏は4分蒸らしのリントンズ紅茶を
「TEA HEAVEN(極上の紅茶)が味わえる」と表現します。


20190806淹れ方4


4分待っている間に、カップに先にミルクを注ぎます!
これこそがイギリス紅茶愛好家に愛される“ミルクインファースト”です。

ただ最近はティーポットではなく、マグで紅茶を作るイギリス人も多く、
その場合はミルクは後に入れます。高品質で鮮度の高いティーバッグ
紅茶はどのように淹れてもおいしいというのが基本にあります。
自分の好きなように楽しんで良いのです。

そして、ここがポイント!ミルクは必ず冷たい新鮮なまま使います。
ミルクを温めると臭みが出てしまい、茶葉の繊細な味を損ないます。
本場の英国ティールームでもミルクは必ず冷たいままでサーブされます。

ミルクの量はお好みですが、マグで大さじ2~3程度のイメージです。

沸騰したてのお湯を使って淹れる紅茶の出来上がった時の温度は
人が飲むには熱すぎるくらいなので、
冷たいミルクを入れることで、アツアツの飲み頃の温度になります。
これらは、イギリス紅茶愛好家の間で有名なミルクティー理論です。


20190806淹れ方5


リントンズの熟練ティーブレンダーもサイモン・スミス氏も、
紅茶を淹れるうえで、ティーポットでもマグでも、
最後に出来上がった紅茶をティースプーン等で
“かき混ぜる”という行為は、とても大切なことだといいます。

均一に美しい水色になり、リントンズの紅茶なら
上質な紅茶の証“ブライトカラー”がミルクティーでも楽しめます。


20190806淹れ方6


ミルクが入ったカップに注ぎ分けます。
最後の1滴まで注ぎきるのもポイント。茶葉の旨みが詰まっています。


20190806淹れ方7


これで完璧な英国ミルクティーが楽しめます!

ミルクティーとは、渋い紅茶にミルクを入れるものでも、
茶葉の香りや味が消えてしまうものでもありません。
新鮮で高品質な紅茶の茶葉とミルクの相性はとても良く、
ミルクを入れることで、茶葉の水色、香り、深みが引き立つものです。

リントンズのミルクティーは茶葉の香りと味わいが深いです。
他との違いは、その余韻が続きます。
だから余韻を感じながらスルスルとあっという間に飲んでしまいます。
この感覚をぜひリントンズのミルクティーで感じてほしいです。


20190801cup2.jpg


日本橋三越本店「英国展2019」では、この特別なティーポットで
イギリス本場の英国ミルクティーを再現します。

太っ腹!サイモン氏お気に入りのジンジャービスケットも付いています!
イギリスで愛される完璧なミルクティーとジンジャービスケットの
黄金ペアリングをその場で楽しんでほしいからです。

サイモン氏はリントンズ紅茶の飲み方にもおすすめがあるそうです。

「リントンズの茶葉は鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶なので、
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないミルクティーで
新鮮な茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください!」と。


20190806淹れ方8


遂に今週21日(水)10:00に日本橋三越本店「英国展2019」の
専用サイトがオープンするそうです!全貌が明らかになります!!

それと同時に、リントンズでも、2019年新作の紅茶缶を発表!
紅茶好きにはたまらない素敵な紅茶缶なのでお楽しみに☆


20190801cup1
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場

★ 三越英国展のサイトは8月21日(水)10:00にオープン予定!


20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

ミルクティースタンドの隣には、リントンズショップがあり、
定番ティーバッグ紅茶や人気のビスケットも購入できます!

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪
夏のイギリス・ロンドン旅の様子はインスタグラムでUPしています!


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR