FC2ブログ

イギリス本場のミルクティーとはどんなもの?

イギリスに多くの愛好家がいるRINGTONS(リントンズ)社の紅茶。
9月の三越英国展には、定番紅茶の他に、2019年限定の新作紅茶缶や
イギリスらしい新商品が盛り沢山に登場する予定ですが、
2019年はなんと!いつものリントンズショップの他にもう一つ、
世界初!日本橋三越本店「英国展2019」限定!
英国老舗紅茶商リントンズのミルクティースタンド
が登場します!!

メニューは1つだけ!【 紅茶商直伝のミルクティー 】です。
テイクアウトで気軽にイギリスで愛され続けている
本場のミルクティーをお届けします。ぜひ味わってみてください!

ミルクティーは流行りや廃りというものではなく、英国の永遠の定番。
紅茶の国イギリスでは紅茶を淹れる時、その98%がミルクティーにして
楽しむといわれています。その理由は純粋に「おいしいから」です。

英国紅茶の歴史とともに、100年以上もの間、紅茶文化を築いてきた
老舗の紅茶商リントンズの4代目サイモン・スミス氏も
「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

ミルクティーとは、トレンドやブームだけでは簡単に語れない、
イギリスの紅茶文化を象徴する存在なのです。


20190801cup2.jpg


文化とは進化しつづけます。トレンドは次々に現れます。
イギリスにも日本茶やフレーバードティー等のトレンドもあり、
近年は中国茶の烏龍茶やジャスミンティーも流行っていますが、
サイモン氏はその移り変わりは驚くほど早いものだといいます。
ミルクティーは古いや新しいの土俵にすら乗らない深い存在。
イギリスにはミルクティーというお茶文化がしっかりと根付いています。

仕事中にも、休日にも、いつでもミルクティーを飲みます。
イギリスの人たちは紅茶とともに人生を歩んでいるのを感じます。
日本でも、イギリスのお茶文化のように、トレンドやブームではなく、
リントンズ紅茶は永遠の定番でありたい!と思っています。
イギリスで愛されている理由が“それ”だからです。

リントンズジャパンを創業当時、イギリスで愛され続けている紅茶を
リアルにお届けしようとした時、日本では、このイギリス=ミルクティー
を知らない方が多いことに本当にビックリしました。
イギリスの紅茶文化といえば「優雅、リーフ、アフタヌーンティー」の
ような偏ったイメージが強く「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」と
いう、リアルに愛され続けているお茶文化は知られていないことが
ありました。英国紅茶の文化はこの30年で大きく進化したといわれ、
より高品質な茶葉、より鮮度の高い茶葉が求められるようになり、
さらに、イギリス国民の98%が紅茶はティーバッグで淹れる時代へ。

実は、このリアルな紅茶文化こそ、イギリス人が紅茶を愛するために
求めてきた、日常にお茶を根付かせるための秘訣だったりもします。

最近はイギリスで愛される「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」という
素晴らしい紅茶文化が日本の多くの方に浸透してきているのも感じます。
お客様から「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」の魅力に気づいた、
何よりもおいしいから、我が家の定番になった、とよくいわれます。
紅茶が日常になって毎日幸せ!という言葉はとても嬉しい言葉です。
古くから茶の湯の文化がある日本だからこそ、
長く愛されるには理由がある、そのお茶の魅力が伝わるのだと思います。

そんなイギリスの紅茶文化も感じながら、
本場イギリスで愛されているミルクティーを気軽に楽しんでほしいです。

イギリスの紅茶文化の歴史に興味がある方はぜひこちらのブログを!
★ 「イギリスの紅茶文化は進化しています」のブログはこちら♪



20190806uk2.jpg


英国展や英国フェアで招聘されたイギリス人がリントンズの紅茶を
気に入って、休憩時に飲みに来ることがよくあるのですが、その時に
紅茶の試飲をストレートで出していると、不思議そうに
「どうしてミルクを入れないんだ?」と聞かれることもあります。

イギリスのリントンズ社の会議前も必ず紅茶を淹れますが、
サイモン氏もティーブレンダーも何も聞かずにミルクティーで出します。
イギリス人にとって、ミルクティーは“完璧な紅茶”です。
紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉にはミルクを入れることで、
茶葉の香りや甘みが増し、さらに完璧な紅茶になりおいしいと語ります。
国民の98%が紅茶をミルクティーで飲む理由はここにあります。

サイモン氏もいいますが、国民はミルクティーを惰性で飲んでいるわけ
ではなく、最高においしい紅茶の飲み方だから飲んでいると。

このおいしいミルクティーは、上質な茶葉であることが求められます。
だから、紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉を求めるのです。

高品質な紅茶の茶葉本来の鮮やかな水色、香り、甘み、コクを味わう
ために、それを引き立たせてくれるミルクを入れて楽しんでいます。
逆にいうと、ミルクティーでおいしい紅茶は上質な茶葉の証です。

英国紅茶商ではミルクティーでのテイスティングも必須です。


20190307ティーセッション


タピオカミルクティーでもない、ロイヤルミルクティ-でもない、
これぞ、イギリス本場で愛されているミルクティーを
サイモン氏により日本橋三越本店「英国展2019」で再現します。

日本でも世界でも珍しい!
「ミルクティースタンド」という形で登場します。

高品質で鮮度の高い茶葉を使ったリントンズのミルクティーは、
茶葉酸化による渋味やエグ味がないので、
驚くほどスルスルと飲みやすい味わいを感じられます。
イギリス人はそのスペシャルな味わいを「スムース!」と表現します。
上質なミルクティーで茶葉の水色、香り、味わいを感じてください。
それは、イギリス人が思う“おいしいミルクティー”の特徴です。

この1杯をきっかけに、イギリスで愛されているミルクティーを知り、
家庭やおもてなしでも、本場の英国ミルクティーを楽しんでほしいです。



20190801cup1
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場



20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「ゴールド」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪
夏のイギリス・ロンドン旅の様子はインスタグラムでUPしています!


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR