FC2ブログ

紅茶ファンにはたまらないリントンズグッズ

ご紹介している商品は2019年7月27日(土)10:00~開催される
オンラインショップ限定「英国アンティークマーケット」に登場!


イギリス老舗の紅茶商「リントンズ」は1907年に創業。
アンティークの定義は100年以上の物なので、
110年続く紅茶商であること自体がアンティークのような希少な存在。
そのリントンズが創業から100年もの間、ずっとこだわって製作している
オリジナルのグッズは、いつの時代も紅茶ファンの心を掴みます。
イギリスのように、昔のものも、いま販売&発売されるものも
ストーリーを感じながら紅茶商のグッズを思いっきり楽しんでください♪

******************************

“ティーポット”のモチーフは紅茶好きにはたまらないアイテム。

しかし!このリントンズのティーキャディーに描かれている
ティーポットはタダのティーポット柄ではありません!!
紅茶商のリントンズが過去に英国陶磁器メーカーに特注して、
歴代で製作した実在するリントンズのティーポットが描かれています。

今回のマーケットにも登場するチンツ柄のティーポットや
ウィロー柄のティーポットも描かれているのがすごいですよね。

その繋がっていくストーリーが存在するのが、
リントンズのアンティーク・ヴィンテージグッズの魅力なんです。
こちらは以前にも販売したことがありますが人気のティーグッズです。


20190715sue17.jpg


リントンズがWade Ceramics社に依頼して製作したものです。
Wade Ceramics社(ウェイド社)は、1810年創業の
ストーク・オン・トレントにある、英国の陶磁器メーカーです。
1950年代に小さい陶器製の動物シリーズを発売し、
これが大ヒットし、英国には動物シリーズのコレクターも沢山います。

以降、その巧みな技術をもって、コミックスやテレビ番組の
ミニフィギュアを次々に製作・販売しています。
その技術は欧州でも比にならない美しさと言われているほど。

フィギュアが得意な“Wade Ceramics社らしい”コラボレーション!
ミニチュアのリントンズティーポットが蓋のつまみ?になっています。


20190715sue20.jpg


しかも!このミニティーポットのデザインは、リントンズの
アンティークの有名デザインのVINE(葡萄)柄です。

先日ご紹介した「Maling」社が1930年代に生み出した作品です。

写真を見てもらうと、実物のティーポット、ミニティーポットのつまみ、
そして、歴代ティーポットが描かれている一番右下のティーポット、
ティーポットの形こそ違いますが、すべてVINE(葡萄)柄です。

実際にリントンズが過去に製作し、販売されたティーポットの
ミニチュアなんです!!謎解きのように繋がっていくストーリー。
ティーキャディーに描かれているティーポットを眺めていると、
イギリスのアンティークマーケットで探してみたくなります^^


20190715sue19.jpg


人気のWADEの英国ハウス型のコレクターズティーポットも登場!

1900年代後半、リントンズがよくコラボレーションしていた
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、
英国老舗の窯元「WADE窯」に製作してもらった特注品です。

残念なことにWADE窯は2010年に工場を完全閉鎖しました。
人気があった窯元なので、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。
今後ますます価値も出てくる窯元作品だと思います。


20190716sue7.jpg


イギリスの街に紅茶宅配のリントンズがある風景をモチーフに
デザインしたティーポットがこの〈リントンズハウス〉シリーズです。
1920's、1950's、1960's、1980'sと全4種類発表され、
買い付けてくれているスー夫人もお気に入りのグッズです。

リントンズが100年もの間、紅茶をお届けしている風景を描いた、
希少なコレクターズティーポット。両面ともに描かれた繊細なデザイン。
今回はお揃いのマグカップも全種類イギリスから届きました。


20190716sue8.jpg

20190716sue6.jpg

20190716sue3.jpg

20190716sue10.jpg


1920年の馬車の時代。英国紳士のティーマンがハンパーに紅茶や
ビスケットを入れて「Your Tea Madam !」とお届けしていた風景です。
当時、街には200台のリントンズ馬車が走っていたそうですよ。


20161128ハウス2


写真は4代目CEOのサイモン・スミス氏本人が日本のTVに出演した時、
本物のリントンズ馬車で1920年代の様子を再現しています。
受け取っているのもお屋敷のメイドさんというリアルな設定なんです。
まさにティーポットに描かれている、リアルな英国の日常だったのです。


103TV3.jpg


こちらのティーポットは、1960年代のリントンズ紅茶が
英国日常にあるシーンが描かれています。
時代ごとに変わる英国ハウスの雰囲気にも注目して欲しいです。

この頃になると、リントニアンとのお付き合いも長いお客様だと
半世紀になるロイヤルリントニアンもいるような時代です。

そして、音楽界ではビートルズが旋風を起こし、若者を中心に、
ロンドンの服飾文化=ファッションも、世界的な注目を集めた頃。

なんとなくフランクで、ファッショナブルな時代を感じさせます。
実はこのティーポット、当時の英国マダムのファッションも楽しめます♪


20161128ハウス6


時代が移り変わり、馬車からバンに変わっていく中でも、変わらず
在り続けたのが、リントンズの紅茶宅配ということがよくわかります。
それは2019年のいま現在もイギリス紅茶の日常に存在しています。

馬車だけでなく、これらバンも、リントンズのアイコンともいえるもの。
あらゆるリントンズグッズにたびたび登場する人気者です。
インテリアに1つ飾っておくだけで、リントンズの世界観が広がります。


20190414rg1.jpg


今回はお揃いのマグカップも初めて全種類集まりました!!
イギリスに住んでいないとこんなに買い付けるのは不可能です。
英国ハウス柄のマグでたっぷりミルクティーを楽しんでくださいね。


20190716sue2.jpg


そして、英国好きなら1個は欲しい“エリザベス女王グッズ”。
紅茶好きなら1個は欲しい“エリザベス女王のティーグッズ”。

リントンズ社では110年以上の歴史の中で、ご紹介してきたように、
オリジナルデザインを生みだし、紅茶缶やティーポット、マグ等の
ティーグッズにこだわり、製作されていく珍しい伝統があります。

実は、「王室のコロネーショングッズ」も伝統で作り続けています。

コロネーショングッズとは、英国王室のお祝い行事の記念グッズ。
このコロネーションの陶磁器を製作するのは、英国陶磁器ブランドの
誇りと伝統でもあります。リントンズは紅茶商でありながらも、
本格的なティーウェアを販売する陶磁器ブランドのような存在です。
そのため、コロネーショングッズにも歴史と価値があります。

2002年エリザベス女王ゴールデンジュビリーのティーキャディー。
1867年にウェイド一族によって創業された窯元・英国Wade社製。


20190716sue20.jpg


同じ年2002年、エリザベス女王ゴールデンジュビリーのマグカップ。
こちらもリントンズと英国Wade社がコラボレーションしたものです。
ゴールデンジュビリーの女王マグは全部で4個集まりました。


20190716sue32.jpg


写真は、2003年エリザベス女王即位50周年記念の限定ティーポット。
金彩も凝っており、とても美しい英国Wade社製ティーポットです。
紅茶商らしく、素敵なコロネーションのティーグッズが製作されます。


20190416rm5.jpg


これは女王コレクションの1つとして展示されたこともある名品。
英国王室史上の歴代王在位期間最長となったエリザベス女王の
50周年記念のティーポットをぜひコレクションに加えてくださいね!
これからますます価値の出るコロネーショングッズです。


20190418エリザベス


最後は、英国の紅茶商ならではのグッズをご紹介します。

1950年代以降、紅茶の宣伝に多く利用されたのがピクチャーカード。
紅茶を購入すると、カードが1枚ついてきて、
これを集めて楽しむものでした。
1950~60年代、英国のさまざまな紅茶商が作っていたものです。

英国老舗紅茶商リントンズも、このピクチャーカードを作っていました。
紅茶商のものは〈ティーカード〉とも呼ばれていました。
カードにはテーマが決められており、植物シリーズ、動物シリーズ、
歴史シリーズ、船や車など乗り物シリーズ等など、
ひとつのテーマの作品を全部コレクションすると
25枚のセットになるというものでした。

ピクチャーカード(ティーカード)は英国紅茶愛好家にも、
コレクターが多い、紅茶商にまつわるアンティークグッズです。


20161129カードジャグ2


こちらは、英国紅茶商「Brook Bond(ブルックボンド)」のカード。
ブルックボンドは、1869年にマンチェスターに紅茶の小売店
「ブルックボンド商社」を開いたのが始まりです。
ブルックボンド社といえば、PG Tipsの生みの親です。
残念ながら、1968年にブルックボンド社は紅茶商ではなくなり、
総合ホームメーカー・ユニリーバ社の傘下となりましたが、
引き続き、PG Tipsの生産を続けて今日に至ります。
ちなみに、同じユニリーバ社の傘下にリプトン社もあります。

その紅茶商ブルックボンド社時代に紅茶のパッケージに付けていた
ピクチャーカード。こちらはシリーズ50枚ごとに専用アルバムに
貼り付けると小さな図鑑本になるという趣向でした。

イングランド全体で比較的数多く出回っていたものなので、
ロンドンから北部のアンティークマーケットまで、1枚から
見つけやすいものですが、50枚コンプリートしたものは珍しいです。


20170609カード


リントンズはイングランド北東部限定でお届けしていた紅茶なので、
まず、このリントンズのピクチャーカード(ティーカード)も
北東部のアンティークマーケットでしか出逢えず、
その北東部のアンティークマーケットでも、いままで、
1枚でも見つけるのが貴重なくらい滅多に出逢えません。

写真は、そんな英国老舗紅茶商リントンズから実際に作られていた
50~60年代のピクチャーカードが描かれた楽しいジャグです。
紅茶商の紅茶宣伝用のピクチャーカード柄の食器は珍しいと思います。
長い歴史、現存する紅茶商としてグッズ製作に拘り続けている
リントンズならではのティーグッズです。
歴史があるからこそ、ストーリーがあるグッズが出来上がります。

その中でもリントニアンに人気があったテーマ
〈ワイルドフラワー・シリーズ〉のティーカードをちりばめたデザイン!

このジャグも本当になかなか出逢えないものです。
アンティーク・ヴィンテージとは、運良くまた出逢えることもありますが
二度と出逢えないかも知れない、不思議な縁しかないのです。


20190716sue23.jpg


このジャグは、ピクチャーカード登場から約30年後、
1980年代にリントンズがEastgate Potteryに
ピクチャーカードをもとに特注し、製作してもらったものです。

Eastgate Potteryは、60年代後期になり会社が急成長した
ホーンジーの生産も任された陶磁器メーカーです。
リスやウサギや鹿など可愛い野生動物を、森の木や花と組み合わせて
ジオラマのように表した「Fauna」や「Fauna Royal」のシリーズで
人気を博したホーンジーからその型や生産を受け継ぎ、
1967年以降、Eastgate Potteryが製造していました。

そのホーンジー傘下であったEastgate Potteryにより製作された
ワイルドフラワーのピクチャーカード柄のジャグ2個セットです。
ウォータージャグやミルクジャグとして使えるものですが、
大きさもあるジャグなので、カトラリー入れとして使ったり、
お花をいけて、フラワーベースとして使っても素敵ですよ。

大(高さ14cm)と小(高さ11cm)の2つセットでの登場です!!


20190716sue22.jpg


もう一つご紹介するジャグセットは、昔のリントンズの紅茶パッケージや
広告宣伝に使われていた紙もの等、様々なリントンズのアンティーク
&ヴィンテージデザインがちりばめられた陶磁器製ジャグ。

こちらは、リントンズがWade Ceramicsに特注依頼したものです。
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、
英国老舗の窯元「Wade Ceramics(ウェイド窯)」は、
1900年代後半、リントンズと多くのコラボ製作をしていました。
残念なことにWADE窯は2010年に閉鎖し、現在は存在しないのですが、
人気があった窯元で、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。

このジャグ、見たことがある方もいらっしゃるかも?
4代目CEOのサイモン・スミス氏と奥様のスー夫人が来日し、
ティーレッスンを開催した時に使っていたジャグとお揃いなんです。
アンティークマーケットでは、バラバラで1個ずつ見つかることが多く、
セットで見つかることは珍しいので、大小の2個セットで販売します。


20190525jug.jpg


英国アンティークマーケット開催は2019年7月27日(土)10:00から。

イギリスの人々の古いものを大切にし、代々受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
興味深いイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。



20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR