FC2ブログ

記念のアニバーサリーグッズも充実!

リントンズのオンラインショップ限定の大人気企画
6月1日(土)10:00~「英国のアンティークマーケット」開催です!


リントンズは110年以上の歴史あるイギリスの紅茶商なので、
貴重なアニバーサリーグッズも度々発表されています。

今回の注目は、100周年記念のアニバーサリーで発売された
ティーポット&マグ2個、そして、ティーキャディーのセット。
100周年限定のフルセットで出逢えることはなかなかないのです。

これは4代目CEOのサイモン・スミス氏がお気に入りのアイテムで、
イギリスオフィスのティータイムでもよく登場するティーセットです。
やはりイギリスに現存する紅茶商として100周年記念は特別なのです。
リントンズのシンボルである馬車と、100年前から使用されている
「Ringtons Tea」の意味である「RT」の紋章が映えるデザインです。
ちなみに「RT」の紋章部分は、リントンズグリーンというこだわり!

新発売の商品でもわかると思いますが、リントンズから発売されている
ティーセットは、ティーポットとマグのセットが定番です。
イギリスの百貨店等で売られているティーセットも、
デザインがお揃いのティーポットとマグが人気です。
これぞ!現代の英国スタイルのティーセットです。

リントンズは陶磁器製のティーキャディーまでセットでおしゃれです。


20190524100周年


イギリスのリントンズ社を訪れると、
“Welcome cup of tea and discussion”から仕事が始まります。
必ず一杯のミルクティーを淹れてからスタートします。

社内には“お給仕ルーム”のようなものがあり、ちょっとしたカフェの
ように、リントンズの紅茶や珈琲、ジャーに入ったリントンズの
ビスケットが置いてあります。もちろん!リントンズのティーセットも。
そこから、CEOのサイモン氏だったり、ティーブレンダーだったり、
各々が紅茶を作りに来たり、ビスケットをチョイスしたりします。
社長だとかスタッフだとかティーブレンダーだとか上下関係なく、
“お給仕ルーム”で雑談を楽しみながら、各自がお茶の準備を進めます。

大切なミーティング等では同席したスタッフの分の紅茶もすべて、
CEOであるサイモン氏自ら淹れてくれることが多いです。
100周年記念セットは、サイモン氏のお気に入りのアイテムなので、
お客様をおもてなしする時も、このティーセットがよく登場します。


0312ウェルカムティー


ティーポットの中には〈Gold〉のティーポット用ティーバッグ。
これもサイモン氏がいつも飲んでいる紅茶なのでよく登場します。

テイスティングルームでは、紅茶に限らず緑茶、黄茶、黒茶、中国茶等
飲むこともありますが、オフィスのミーティングは必ず〈Gold〉です。
〈Gold〉は茶葉が新鮮で高品質、雑味のない甘みの深い紅茶です。
サイモン氏は「上質な紅茶の茶葉と牛乳はとても相性が良いものだから
ぜひミルクティーで!そして、この新鮮な茶葉の甘さを損なわないよう、
ミルクティーにはお砂糖を入れないで楽しんでほしい」と語ります。


2016824サイモン紅茶シーン


100周年のティーポット&マグ2個、ティーキャディーのフルセットは、
なかなか出逢えないので、限定1セット限りの販売となりますが、
今回は奇跡的にティーポットとティーキャディーだけでも
さらにそれぞれ2点ずつ出逢えたので販売予定です。

いままで1点限りの販売ばかりでしたが、スー夫人の協力もあり、
100周年のように同じティーポットが2点、ティーキャディー2点と
販売できるものもあります。多くの方に楽しんでいただけますように☆

100周年のアニバーサリーで発売された特別なアイテムなので、
イギリスのリントンズ社オフィスのショールームにも飾ってあります。
もし英国のアンティークショップやアンティークマーケットで
見つけたら、絶対GETしたいリントンズの限定アイテムです。


1118100周年本社ショールーム


75周年のアニバーサリーに発売された陶磁器製ティーキャディー。

リントンズのトレードマーク“馬車”のデザインが素敵です。
蓋の形も素敵で、上品な佇まい、シンプルながらオーラがあります。
バックスタンプには、Royal Victoria Pottery Wadeの刻印があり、
リントンズ75周年記念の1982年に特注されたものです。


20190416rm1.jpg


今日はリントンズのアンティークについても語ります。

リントンズのアンティークのアイコンとなるデザインは3つあります。
1つは、〈チンツ柄〉
もう一つは、マーケットでも大人気のグッズ〈ウィロー柄〉
そして、今日ご紹介する〈キャッスル柄〉です。

これら3つのデザインを生み出したのは、
1762年~1963年まで生産を続けた英国老舗窯元「Maling」。
16世紀にイギリスに定住した、フランス人Malinファミリーが、
リントンズと同郷のニューカッスルで立ち上げたブランドです。
いままでのブログでも度々ご紹介しています。

キャッスル柄はMaling陶磁器図鑑にもしっかり紹介されています。


20190522chinz2.jpg

20190522キャッスル


キャッスル柄はイギリスのお城や大聖堂、修道院が描かれています。
ブルーの色合いが日本にはない独特な雰囲気を醸し出して素敵です。
英国では100年経ったものをアンティークという考え方がありますが、
200年続いた英国の名門陶磁器ブランドとリントンズのコラボ商品、
そして、半世紀前に閉鎖し、いまは入手困難な窯元であることを
考えると、“アンティーク”と呼べる逸品だと思います。

実際、アンティークの「Maling」の陶磁器は、日本では
あまり知名度はないのですが、欧州のアンティークコレクターに
大変人気があるもので、リントンズCEOサイモン氏やスー夫人も認める、
アンティークとも呼べるリントンズグッズの代表的なものです。


2016428ティーキャディー3


キャッスルデザインに描かれている代表的なものは
「ヨークミンスター(大聖堂)」です。

1220年から1472年にかけて、ヨークで建設された、
イングランド北部を代表する最大のゴシック教会です。
大聖堂の鐘はいまでもヨークの街に響き渡ります。


812yorkminster.jpg


英国リントンズ社のあるニューカッスルから電車で1時間の街・ヨーク。
14世紀に建てられた家々が趣きある“シャンブルズ通り”。

このシャンブルズ通りは、映画ハリーポッターに登場する
ダイアゴン横丁のモデルとなったことでも有名です。

映画のセットのような街並ですが、これが映画のセットではなく、
歴史とともに築かれた、日常の街であることが素敵です。

★ 「ニューカッスルからヨークへぶらり旅」のブログはこちら♪


IMG_1509.jpg

20180620diagon-alley-harry-potter.jpg


ヨークに向かう途中駅、ニューカッスルから電車で15分のダラム。
キャッスル・デザインには、そのダラムのシンボルでもある
世界遺産にも登録されている「ダラム大聖堂」も描かれています。
1000年の歴史を感じさせる雰囲気は美しく、心洗われる時間に。


20170612ダラム2


ダラムは、ダラム城を中心に街が形成されており、
英国の名門大学「ダラム大学」があることでも知られています。
ダラム城は選抜された優秀な学生の寮にもなっているみたいです。
お城が寮なんて、またまたハリーポッターの世界観ですね!


IMG_1970.jpg


実際、ダラム大聖堂の回廊は、
ハリーポッターのホグワーツ魔法魔術学校として登場しています。


20170612ダラム1

IMG_1940.jpg


そんなイングランド北東部を代表するお城や大聖堂、修道院が
描かれた、とても珍しくも美しい英国デザインだと思います。

このキャッスル柄も「Maling」の1920年代のヘリテージな
デザインそのままに、リントンズ80周年アニバーサリーに復刻!

リントンズが1900年代後半、多くのコラボ製作をしていたのは
1810年創業の英国老舗の窯元「Wade」。
復刻したリントンズ社×Maling×Wadeという
興味深いトリプル・コラボの貴重なティーキャディーも存在します。

このキャッスル柄は、リントンズの歴代、陶器製ティーキャディー
コレクションプレートの真ん中にもドーンと大きくと描かれています。
一番上に描かれているティーキャディーもキャッスル柄です。
人気のウィロー柄も2つ描かれていますね。

このプレートも販売します。ティーキャディーコレクションとジャグ
コレクションの2種類あります。1796年に設立された英国の陶磁器
ブランド「MASON'S」に特注して、作ってもらったものです。
MASON'Sは1973年には、ウェッジウッドグループとなっています。
他社とコラボしてきた陶磁器を、MASON'Sが描き製作しています。

細かいことはいわず、イギリスで愛されてきた伝統のある陶磁器として
楽しく商品が製作されていくことは素敵だなぁと思います。
これも英国で知られている真面目な企業姿勢と英国陶磁器メーカーと
築き上げた歴史がリントンズにはあるからではないでしょうか。


20190416rm2.jpg


1番はじめに紹介した100周年記念のティーセットと一緒に
発売された100周年記念の限定紅茶缶はなんと!
リントンズ伝統のアンティークデザインのキャッスル柄だったのです!
しかも、ビックリしてしまうくらい大きな紅茶缶なんです!!

以前、リントンズジャパン所有のこの缶をディスプレイしていたら、
沢山のお客様に「この缶、買えませんか?」「譲ってもらえませんか?」
といわれたこともあります。そのくらいインパクトがある紅茶缶です。

その貴重な100周年記念限定紅茶缶をGETするチャンスです。


20190524tin1.jpg


2000年のミレニアム記念に発売された限定紅茶缶も登場!
このような限定紅茶缶はリントニアンにとても人気があります。
今回のアンティークマーケットには、リントニアン垂涎の
完売してしまった紅茶缶がいくつか登場しますのでお楽しみに!


20190524tin2.jpg


アンティークマーケット開催は2019年6月1日(土)10:00~です。

イギリスの人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。スー夫人や
ジャパン代表が直接買い付けているからこそ伝えられるストーリー!
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。



20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の新鮮茶葉。
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR