FC2ブログ

リントンズは王室グッズも魅力的!

20190524女王マグ


リントンズのオンラインショップ限定の大人気企画
6月1日(土)10:00~「英国のアンティークマーケット」開催です!

リントンズ社では110年以上の歴史の中で、ご紹介してきたように、
オリジナルデザインを生みだし、紅茶缶やティーポット、マグ等の
ティーグッズにこだわり、製作されていく珍しい伝統があります。

実は、「王室のコロネーショングッズ」も伝統で作り続けています。

コロネーショングッズとは、英国王室のお祝い行事の記念グッズ。
このコロネーションの陶磁器を製作するのは、英国陶磁器ブランドの
誇りと伝統でもあります。リントンズは紅茶商でありながらも、
本格的なティーウェアを販売する陶磁器ブランドのような存在です。
そのため、コロネーショングッズにも歴史と価値があります。

リントンズジャパン所有のコロネーショングッズで一番古いものは、
1935年ジョージ5世のシルバージュビリーの記念品。
ウィンザー朝の初代君主ジョージ5世は、ヴィクトリア女王のお孫さん。
現在のエリザベス女王にとってはお祖父様に当たる方です。

こちらのコロネーションティーポットは「Maling」の特注品。
コロネーショングッズ製作も、もう100年近い歴史があるのです。


20190522コロネーション2


隣にあるのは1937年に発売された映画「英国王のスピーチ」で
有名なジョージ6世戴冠式の陶器製ティーキャディーです。

このコロネーションのティーキャディーも「Maling」に
リントンズの紅茶を入れるために特注したものです。
「Maling」の陶磁器図鑑にも掲載されている貴重な代物です。


20190522chinz2.jpg

20190522コロネーション


写真は、2003年エリザベス女王即位50周年記念の限定ティーポット。
金彩も凝っており、とても美しい英国Wade社製ティーポットです。
紅茶商らしく、素敵なコロネーションのティーグッズが製作されます。


20190416rm5.jpg


これは女王コレクションの1つとして展示されたこともある名品。
英国王室史上の歴代王在位期間最長となったエリザベス女王の
50周年記念のティーポットをぜひコレクションに加えてくださいね!
これからますます価値の出るコロネーショングッズです。


20190418エリザベス


写真は2016年エリザベス女王90thバースデー記念マグカップです。
当時リントンズジャパンのオンラインショップでは発売後10分で
完売となり、再販売も致しましたが、再販売はもっと早く数分で
在庫切れとなってしまった幻?の完売商品です。

イギリスでも商品担当者が「もの凄いスピードでストックが
なくなっている!」と驚いていたほどのコロネーションマグでした。

余談ですが、マグカップと同じデザインの限定紅茶も発売されました。
1952年2月6日、父ジョージ6世が崩御し、エリザベス女王は
25歳の若さで王位を継承しました。その時にケニアに滞在していたこと
から、“エリザベス王女は、ケニアでプリンセスからクイーンになった”
というのは、有名なお話です。ケニアで即位した女王にとって、
ケニアはとても縁のある土地だといわれています。
リントンズの“ロイヤル・ブレンド”は、1952年、女王が即位した
大切な場所・ケニアの茶葉をベースに特別にブレンドしたものでした。

紅茶商では次から次に新しいブレンドが生まれることはありません。
1度生まれたブレンドは、何年も何十年も愛されていくものだからです。
そのくらい最高のブレンド紅茶をお届けすることは簡単ではないのです。

しかし、王室の記念紅茶を作るのもリントンズの長年の伝統です。
“ロイヤル・ブレンド”のように、王室記念ごとにブレンドされる
紅茶は、数年に一度、味わえるか味わえないかというレアな逸品です。

紅茶商やティーブレンダーの技術により作られたブレンド紅茶は、
英国の芸術品と呼べるほど素晴らしいものです。


ブログUP2016330女王セット


このマグカップも特別なものです。女王のシルエットも周りのデザイン
にも、多くの22カラット金の装飾が丁寧にほどこされた贅沢なカップ。
本物の22金の飾りつけで仕上げるのはイギリス伝統の手法です。


ブログマグ2016330女王セット


リントンズの90thバースデーのマグカップに描かれている女王の
横顔モチーフは、王冠や横顔のシルエットがとても繊細で美しいです。

なんと!これは英国王立造幣局(ロイヤルミント)から発行されている、
2016年の記念貨(コイン)をモチーフにされたものです。
ロイヤルミントファンのコイン収集家にとってもたまらない逸品です。


コピー ~ 女王90thコイン本物



このエリザベス女王の記念貨(コイン)をモチーフに使用する場合は、
バッキンガムパレス、英国王立造幣局の証明書が必要なのです。
長年、英国で伝統ある紅茶商として王室グッズを作っているからこそ。

写真はその内容がリントンズ本社からコピーで送られてきたものです。
お土産屋さんに売られているものや無許可で作っているものではなく、
とても価値のある、貴重なエリザベス女王の記念マグなのです。

もちろん!リントンズのアンティークマーケットで販売します!


2016330証明書


25歳で即位したエリザベス女王。とてもチャーミングです。
女王の変わらない美しさと健康の秘訣に、
一つは毎日の紅茶だといわれています。
女王も普段はマグカップで紅茶を楽しんでいるのは有名なお話。


若き エリザベス女王


そして、これはなかなか出逢えないコロネーショングッズです。

英国王室の行事で有名な“ストリートパーティー”をモチーフにした
限定ティーポットなんです。とても珍しいコンセプトです。

ストリートパーティーとは祝賀行事の後に開催されるパーティーのこと。
その名の通り一般道路を締め切り、ご近所一体で行われます。
公道を占領することになるのですが、予め役所に申請すればOK。

近年は、英国王室の行事が行われる前には、百貨店やスーパーで
英国伝統のハンパー(バスケット)に紅茶やビスケット等を詰めた
ストリートパーティー用のハンパーが販売されていることも!


ストリートパーティー


リントンズでは2012年のエリザベス女王ダイヤモンドジュビリー記念に
行われるストリートパーティーをテーマにデザインした
〈ストリートパーティー柄〉の限定商品のティーポット、マグカップ、
ティータオル等を販売し、日本でも即完売の人気者でした。
こちらのストリートパーティー柄のティーポットも登場します。
王冠に、ユニオンジャック、フラッグなど英国ストリートパーティーの
楽しい雰囲気が伝わってくるような、ラブリ~なデザインです。

「英国のティータイムにはかかせない」といわれている、
伝統的な厚手のティーポットです。コロンと丸いぽってりした形は、
おいしい紅茶に最適な形といわれています。
厚手なので、一度温まれば冷めにくいのも特徴です。
これは、再入荷予定の新商品のEverydayティーポットも同じです。


20190523pot1.jpg


写真はエリザベス女王のダイヤモンドジュビリー記念の紅茶イベントに
参加している左からキャサリン妃、カミラ夫人、エリザベス女王。
1707年に創業した王室御用達といわれる老舗百貨店で行われました。


3people.jpg


エリザベス女王即位60周年記念に発売されることになった
ダイヤモンドジュビリー記念の紅茶「ジュビリー・ブレンド」の
ブレンド内容の説明を聞き、テイスティングしたキャサリン妃。

この時にその「ジュビリー・ブレンド」のブレンド・製造を担当した
紅茶商を代表して立ち会ったのがリントンズ4代目CEOの
サイモン・スミス氏でした。実は、このロンドンにある王室御用達の
百貨店の紅茶のブレンド・製造を任されているのもリントンズです。

英国内でもブレンドの技術と信頼が高い紅茶メーカーなのです。
とても光栄であり、興奮するニュースでした。


201642325ansキャサリン&サイモン


サイモン氏、若かりし頃にはサッチャー元首相にも会っています。
1979年ですから、彼女が首相になった年のことです。
なんと、サッチャー元首相がリントンズのテイスティングチームに
参加して大きなニュースとなりました。ちょうどその頃は、現在の
経営陣である第4世代がリントンズの経営に参画し始めた頃です。

リントンズはイングランド北東部・ニューカッスルの紅茶商ですが、
その時代にはすでに紅茶商としての評判はイギリス中に広く
知れ渡っていました。そんな評判を聞き、彼女が興味を持ったことが
キッカケだったのかは分かりませんが、リントンズ社には
「茶葉の芳醇な香りと味を経験するために参加した」と記録があります。

イングランド北東部・ニューカッスルの紅茶商でありながら、
時の首相までも魅了した、リントンズ紅茶。
品質に対するこだわりをうかがい知ることのできるエピソードです。


201633サッチャー女史


リントンズとロイヤルファミリーの繋がりはこんなところにも!

イギリスでは、北東部の家庭だけでも30万世帯に愛されている
リントンズ。英国ティールームやホテル等の数まで入れると、
1週間に億杯以上飲まれている、イギリスで愛される定番紅茶です。
リントンズ紅茶が楽しめる英国ティールームやホテル等は
SNS等で度々ご紹介していますが、2017年、リントンズ紅茶を
楽しめる英国ティールームの一つに、
ロイヤルファミリーのチャールズ皇太子が訪れました。

ストーク・オン・トレントのバーレイ併設のティールームです。

日本でも人気の「Burgess & Leigh (略してBurleigh-バーレイ)」は、
ストーク・オン・トレントで1851年にWilliam Leighによって設立され、
約150年もの間、熟練した職人たちの技術と素晴らしいデザインを
受け継いできました。ビクトリア朝から続く伝統技法の銅版転写方法で
いまもなお職人たちが昔のままの手作りで陶磁器を作り続けています。
現在、チャールズ皇太子が代表を務めるプリンス・トラストの傘下です。

そのストーク・オン・トレントにあるバーレイのファクトリーには、
ティールーム「Totally Delicious - Middleport Pottery」が併設。
このバーレイ直営のティールームでもリントンズ紅茶を使用しており、
チャールズ皇太子はここでリントンズ紅茶を楽しんだそうです。


20171203tearoom1.jpg

20171203tearoom2.jpg


ここではバーレイの食器で出てくるアフタヌーンティーも楽しめます。


20171201tearoom1.jpg


バーレイの食器は日本でも大変人気がありますよね!

このバーレイ(Burleigh)とも、リントンズは過去にコラボしています。
バーレイが、リントンズのあるイングランド北東部のカントリーサイドを
特別に描いたオリジナルデザインの限定プレートです。
周りの銅版転写の濃淡のフラワーモチーフもバーレイらしく素敵です。
バーレイ皿は2種類あり「英国アンティークマーケット」で販売します。


20180617バーレイ


我が家もこのバーレイのプレートは2種類とも持っており、
お菓子を載せたり、ティータイムに登場することが多いです。


20190317クリームティー2


裏には特別製作の証に、リントンズとバーレイのWネームの刻印。


20170315バーレイ5


100年続く老舗紅茶商リントンズのグッズは、このように、
イギリス紅茶や陶磁器の歴史、ロイヤルファミリーの歴史までも
読み取ることができて面白いのです。そんな所も、
アンティーク愛好家が魅了されてしまう所なのかもしれません。

過去、現在、未来と販売されていくリントンズグッズは、
「イギリスで愛される老舗の紅茶商グッズ」として、
ゆくゆくはヴィンテージ、アンティークと育つ価値あるものです。

アンティークマーケット開催は2019年6月1日(土)10:00~です。

イギリスの人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。スー夫人や
ジャパン代表が直接買い付けているからこそ伝えられるストーリー!
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。



20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR