FC2ブログ

イギリスのハウス型ティーポット勢揃い!

20190524ハウス型


リントンズのオンラインショップ限定の大人気企画
6月1日(土)10:00~「英国のアンティークマーケット」開催です!

リントンズジャパンの岡田代表やリントンズ4代目の奥様スー夫人自ら、
イングランド北東部のアンティークマーケットやアンティークショップで
一つ一つ丁寧に見つけて買い付けた、レアなグッズを大放出します。

当たり前のことですが、アンティーク・ヴィンテージは現在は
作られておらず、奇跡的な出逢いによって巡り合うことができます。
だからこそ一つ一つの出逢いも大切に買い付けをしています。

リントンズジャパンを立ち上げた時から、リントンズ紅茶と同じように、
ずっと皆様に“リントンズグッズの魅力”はお届けしたかったものです。
それはアンティーク・ヴィンテージとなったリントンスグッズも、です。

「歴史のあるイギリスのアンティークを、イギリスの人々が
日常で気軽に楽しむように、楽しんで欲しい!」という想いは、
「リントンズのような本物の英国紅茶を、イギリスの人々が
日常で気軽に楽しむように、楽しんで欲しい!」という想いと一緒です。

そのため、レアなリントンズのアンティーク・ヴィンテージグッズですが
リントニアンにお買い求め頂きやすい価格でお届けします。
そして、今まで1点限りの販売ばかりでしたが、スー夫人の協力もあり、
なかには同じティーポットが2点、ティーキャディー3点と
販売できるものもあります。多くの方に楽しんでいただけますように☆


20190416market.jpg


リントンズは、イギリスに現存している老舗の紅茶商として
伝統のレシピと信頼の専属の熟練ティーブレンダーにより、
100%英国ブレンドのおいしい紅茶にこだわり続けている
イギリスで第一線を走り続ける老舗紅茶商(Tea Merchants)です。

高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている貴重な英国紅茶です。

それはグッズも同じです。創業当時は馬車で紅茶をお届けしていた
限定された地域の英国家庭のみ入手することができた貴重なもの。
ロンドンを訪れたお客様がリントンズの紅茶やグッズを探してみた
けれど、全然出逢えなかったというのは、そんな理由です。

そして、リントンズの魅力として、ティーグッズの楽しさも注目です。
グッズとして、毎年デザインの変わる限定紅茶缶は有名ですが、
オリジナルの英国ティーグッズを製作していくのも伝統なんです。
そのティーグッズを製作する歴史もなんと100年以上!
これは世界中の紅茶商を探しても、なかなか見ない伝統です。

英国老舗紅茶商リントンズのグッズはイギリス紅茶の中でも
特別なストーリーが存在し、だからこそデザインも唯一無二のものに。
簡単には見つからない、特別な場所にだけ眠っている
リントンズグッズは虜になってしまう不思議な魅力があります。

今回はかつてないくらいにバラエティに富んだグッズ三昧です。
これもぜーんぶリントンズグッズなんです!


20190414アンティーク1


例えば、「WADE窯」の英国ハウス型のコレクターズティーポット。

1900年代後半、リントンズがよくコラボレーションしていた
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、
英国老舗の窯元「WADE窯」に製作してもらった特注品です。

残念なことにWADE窯は2010年に工場を完全閉鎖しました。
人気があった窯元なので、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。
今後ますます価値も出てくる窯元作品だと思います。

イギリスの街に紅茶宅配のリントンズがある風景をモチーフに
デザインしたティーポットがこの〈リントンズハウス〉シリーズです。
1920's、1950's、1960's、1980'sと全4種類発表され、
今回のマーケットのように全種類揃っての登場は初めてです!
こんな機会は二度とないかもしれません!!!


20190414rg4.jpg


リントンズが100年もの間、紅茶をお届けしている風景を描いた、
希少なコレクターズティーポット。両面ともに描かれた繊細なデザイン。


20190414rg1.jpg


1920年の馬車の時代。英国紳士のティーマンがハンパーに紅茶や
ビスケットを入れて「Your Tea Madam !」とお届けしていた風景です。
当時、街には200台のリントンズ馬車が走っていたそうですよ。


20161128ハウス2


写真は4代目CEOのサイモン・スミス氏本人が日本のTVに出演した時、
本物のリントンズ馬車で1920年代の様子を再現しています。
受け取っているのもお屋敷のメイドさんというリアルな設定なんです。
まさにティーポットに描かれている、リアルな英国の日常だったのです。


103TV3.jpg


こちらのティーポットは、1960年代のリントンズ紅茶が
英国日常にあるシーンが描かれています。
時代ごとに変わる英国ハウスの雰囲気にも注目して欲しいです。

この頃になると、リントニアンとのお付き合いも長いお客様だと
半世紀になるロイヤルリントニアンもいるような時代です。

そして、音楽界ではビートルズが旋風を起こし、若者を中心に、
ロンドンの服飾文化=ファッションも、世界的な注目を集めた頃。

なんとなくフランクで、ファッショナブルな時代を感じさせます。
実はこのティーポット、当時の英国マダムのファッションも楽しめます♪


20161128ハウス6


時代が移り変わり、馬車からバンに変わっていく中でも、変わらず
在り続けたのが、リントンズの紅茶宅配ということがよくわかります。
それは2019年のいま現在もイギリス紅茶の日常に存在しています。

馬車だけでなく、これらバンも、リントンズのアイコンともいえるもの。
あらゆるリントンズグッズにたびたび登場する人気者です。
インテリアに1つ飾っておくだけで、リントンズの世界観が広がります。


20190414rg3.jpg


アンティークマーケット開催は2019年6月1日(土)10:00~です。

イギリスの人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。スー夫人や
ジャパン代表が直接買い付けているからこそ伝えられるストーリー!
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。



20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR