FC2ブログ

紅茶缶というよりはインテリア雑貨!

リントンズの紅茶缶は、 紅茶缶のイメージや常識を覆すデザイン。
私たちもまず紅茶とともに魅了されたのが紅茶缶でした。

一般的には、紅茶缶のデザインは毎年変わるものではありません。
しかし!リントンズの紅茶缶は、他にはないこだわりが!
毎年テーマやストーリーに合わせて製作・発売されていくのが伝統。
これはとても手間やコストがかかるものなので普通はやれないことです。
それを妥協せずに製作していくのが、英国老舗紅茶商のプライドです。

日本とイギリス問わず、リントンズの紅茶缶のファンは多いです。
リントンズの〈ハンパーティーキャディー〉を気に入ってくださっている
イギリスのアンティーク専門家の方がいるのですが、その方は
製缶印刷業界で仕事をされていたこともあったため、缶を見ると
すぐに製造工程や印刷のあれこれを考えてしまうといいます。

その専門家の方が〈ハンパーティーキャディー〉のことを
「ハンパーの刻印でバスケットの風合いを出している技術、フタの内側
の巻き、蝶番の美しさにいつもうっとりしてしまう!」と語ります。
紅茶缶のこだわりがそのまま伝わっているようで嬉しかったお言葉。

他にも昔から紅茶が大好きというお客様が「私は紅茶缶のデザインには
人一倍細かいのよ。ちゃんと印刷なのか?シールを貼っただけなのか?
紙を巻いただけなのか?を見てしまうのよ」と。その方がリントンズの
紅茶缶を購入して「こんな紅茶缶は見たことがないわ。この缶だけでも
雑貨として売れるんじゃないかしら!」といわれたこともあります。

私たちの中でも、リントンズの紅茶缶は紅茶缶の枠を超えた
インテリア雑貨として見ている部分もあります。
アンティークマーケットやインテリアショップで出逢うBOXのように、
缶だけでも、インテリアのディスプレイや入れ物として大活躍します。


20190511缶1


そして、アンティーク専門家の方がおっしゃっていたように、ハンパーの
凹凸をエンボス加工。フタの裏側までもハンパーで刻印は、リントンズ
のデザイン担当者もとても大変だったし、こだわったと語っていました。

さらに、フタを開けたままにできる蝶番も美しいだけでなく、
実際に使い勝手もよいもので、かなり凝った作りのデザイン缶です。


20190511缶2


取っ手の革ベルトのデザインもきちんとエンボス加工に。
細部まで凝っている缶のクオリティは見れば見るほど魅了されます。


20180816caddy6.jpg


そして、何よりイギリスのストーリーを感じさせてくれるデザインです。
これはいつでも英国紅茶商リントンズのテーマでもあります。

“ハンパー”とはヴィクトリア時代に普及したバスケットのことです。
イギリスの上流階級の間で、ハンパーを持ってピクニックへ行ったり、
ハンパーに荷物を詰めて、旅行へ出かけるのがステイタスでした。
限定紅茶缶のハンパーティーキャディーの缶は
その英国伝統の“ハンパー”をイメージした紅茶缶なんです。

バスケットにアルファベットの「RINGTONS」の文字や
英国紅茶商の紋章がペンキでペイントされたような美しいハンパー。
このペンキペイントのバスケットは、英国アンティークのハンパーでも
よく見るデザインなので、英国アンティーク好きにもたまらないもの!

この缶すべてが、“イギリス”を感じずにいられないデザイン!

リントンズの紅茶缶が、古いものも、現在発売されているものも、
いずれアンティーク・ヴィンテージとして価値が出る理由は、
リントンズの紅茶商としての歴史が長く、毎年あらゆるデザインで
登場する紅茶缶は、他にはない珍しいイギリスの伝統だからです。
英国内の博物館に飾られているものもあるほどです。


20190511缶7


豊かな英国を象徴するハンパー柄のおしゃれなストック紅茶缶に、
イギリスで1番人気のブレンド・ブレックファスト紅茶が100杯分と
英国ティータイムにかかせないショートブレッドが1袋丸ごと入った
〈ハンパーティーキャディー缶〉は3,000円でおつりがきてしまいます!

イギリスでも日本でもベストセラーの人気紅茶缶は、
ワールド・ティー・フェスティバル2019でも販売します!

缶もかわいい!紅茶もおいしい!ビスケットもおいしい!
リントンズの紅茶缶は1粒で2度、3度おいしい素敵な紅茶缶です。

★ ハンパーティーキャディー(紅茶缶)
リントンズ伝統のレシピ・英国菓子ショートブレッド200g
Breakfastティーバッグ50個100杯分(150g)入り 2,750円(+税)


20181019wicker-hamper-style-tea-caddy-.jpg


もう一つ、紅茶商リントンズのトレードマークともいえる紅茶缶
〈トラディショナルティーキャディー〉もイギリスから届きました!

実はこちらの紅茶缶、イギリスから「もう販売終了になります」と
告知がきて、名古屋の英国展では入荷・販売できませんでした。
とても人気の定番ロングセラー商品だけに残念に思っていたのですが、
先日「再生産することになった」との報告が来て喜びました。
無事にワールドティーフェスティバルでも販売できることに!!!

この〈トラディショナルティーキャディー〉は、1938年に発売された
紅茶缶をそのままのデザインで復刻している紅茶缶です。
よくアンティークの紅茶缶みたい!といわれるのはそのためです。
この缶も「こんな紅茶缶、見たことがない!」とよくいわれます。

紅茶缶に使われているカラーは“リントンズグリーン”と呼ばれ、
リントンズ創業者サミュエル・スミス氏が考案したカラーなんです。
写真は本物のリントンズ馬車ですが、馬車に使われている色です。
世界に一つの英国紅茶商オリジナルのカラーがあるなんて素敵ですよね。

★ トラディショナルティーキャディー(紅茶缶)
GOLDティーバッグ50個100杯分(150g)入り 2,300円(+税)


201510181リントンズグリーン

20180822缶2


写真は1938年発売当時のトラディショナル紅茶缶です。
この紅茶缶に茶葉を詰めて「Your tea madam !」と馬車で
ティーマンと呼ばれる配達員が各家庭にお届けしていました。

復刻紅茶缶の秘話ですが、実はこの1938年の紅茶缶の形、
少し湾曲したデザインは現代の技術で再現するのは大変難しいそう。
出来たとしても、とても手間やコストがかかるものだと。
そして、創業者サミュエル・スミス氏が考案したオリジナルカラー
“リントンズグリーン”を再現するのにも長い年月がかかったそう。

満を持して登場したのが1938年のトラディショナル紅茶缶の
完全復刻版 トラディショナルティーキャディーなんです。


20190511缶5


遂に復刻紅茶缶として登場したトラディショナルティーキャディーは
毎年登場する限定紅茶缶とは別に、
リントンズを象徴する、アイコンともいえる紅茶缶なのです。

1938年発売当時も大変人気の紅茶缶で、発売後、80年間の間にも
過去のリントンズグッズに度々登場しています!

写真はイギリスのアンティークマーケットで見つけたリントンズグッズ。
実際に販売されていた紅茶箱や缶、ティーポット等をモチーフに
“リントンズのあるインテリア棚”をイメージした古いビスケット缶。
その中(中央下)に、トラディショナル紅茶缶を発見!

発売から数十年もの間は、このようにグッズの中でしか
出逢えなかった紅茶缶が、いまは完全復刻して
手に取ることができるのは、不思議な感覚もあります。


8anビスケット缶


どちらの紅茶缶も、イギリスの紅茶愛好家たちが毎日愛飲している
老舗紅茶商「リントンズ」専属の熟練ティーブレンダーにより
ブレンドされた定番ティーバッグ紅茶が50個100杯分入っています。

現代、イギリスでは98%が紅茶はティーバッグで淹れるそうです。
理由は「手軽でおいしい紅茶が一番だから!」です。
同じおいしいなら、リーフよりティーバッグを選ぶそうです。
むしろ、“ティーバッグでおいしい紅茶”でないと売れないそうです。
紅茶商のリントンズでは、フレーバードティーや中国茶、緑茶など
トレンドにも合わせて様々なお茶も生産していますが、
結局イギリス人が飲み続けているのはこの定番ティーバッグ紅茶だそう。
だから紅茶缶の中身も必ず“定番ティーバッグ紅茶”です。

紅茶缶の中にはティーバッグをそのままガサッとは入れておらず、
アルミパック袋に梱包されてティーバッグが50個入っています。
一般的に缶の中にはリーフやティーバッグがそのまま入っている場合が
多いため、これもお客様から「珍しい!」とよくいわれることです。

ここに、リントンズの新鮮な紅茶への情熱が詰まっています。

リントンズ紅茶は、新鮮で高品質な茶葉を新鮮な状態でお客様に
お届けできるよう、独自の技術でアルミパックに保存されています。
これは紅茶缶や紙箱、袋と比べものにならない保存力だそうです。
最近は似たようなアルミパック保存を目にすることもありますが、
リーフロック製法と窒素充填でパック内の酸素濃度をほぼゼロにして、
新鮮茶葉のままお届けしている技術は唯一無二のものです。
アルミの封を開けたての新鮮な紅茶の香りは特別なものです。
保管するときも必ずアルミの袋で少し空気を抜いて保存してください。
お客様が常温で安心して茶葉保管できるように取り組んだ技術です。

新鮮な紅茶は、茶葉酸化による渋味やエグ味がなく、
驚くほど滑らかで、スルスルと飲みやすい味わいを楽しめます。
イギリスの人はその鮮度の高い上質な紅茶の味わいを
「スムース」「ベリースムース」という言葉で表現します。

最後の1杯まで新鮮な紅茶が楽しめるように考えられています。


20190409パッケージ


さらに!今日はリントンズから嬉しいお知らせがあります!!
「ワールドティーフェスティバル2019」のリントンズショップにて
商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様には、
なんと!リントンズのハンパー柄ショッピングバッグに
商品を入れてお渡しします♪先着のプレゼントになります!

紅茶商リントンズのトレードマークでもある
ハンパー柄のデザインのショッピングバッグ。

このハンパー柄はただの柄ではなく、現在も実際に
各家庭に紅茶やビスケットをお届けする時に使われている
本物のハンパーからデザインをおこしたバッグなんです!
イギリス紅茶商の紅茶をお届けしている様子が伝わり、
バッグから「Your Tea Madam !」と聞こえてきそうですね。

紅茶商の歴史の中で、沢山のグッズとしても登場してきた
リントンズのハンパー。そんなリントンズ紅茶とハンパーは、
現在も、イギリスで愛され続けている、最高のコンビネーション。
普段のお買い物やピクニック等のレジャーにも大活躍のバッグです。

このおしゃれなハンパー柄バッグは、ワールドティーフェスティバルで
終了となります。後にも先にも手に入れるのは今回がラストチャンス!
ぜひお買い物を楽しんで、貴重なショップバッグをGETしてくださいね!

★ 「ワールドティーフェスティバル2019」のリントンズショップにて
商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、なんと!
素敵なリントンズのハンパー柄ショップバッグをプレゼント!!
※先着順の数量限定のため、なくなり次第終了となります。


20180408バスケットバッグ

20190222宅配


2016921ロゴ新
イギリス老舗紅茶商リントンズは馬車のロゴが目印です!

2019年は素敵な英国ティーセットやビスケットも届き、
おうちで本格的な英国ティータイムが楽しめる商品が盛りだくさん!
ぜひイギリスの紅茶商リントンズへ遊びに来てください♪

20190426ワールドティー2
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2019 〉

期間:2019年5月16日(木)~5月20日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「アジアのお茶」
● 催場 「世界のお茶」 ※リントンズはこちらに出店!

★ ワールド・ティー・フェスティバル2019のWEBサイトはこちら♪



20170912gold.jpg
イギリスにお茶文化として根付いている“ミルクティー”。
そのイギリスで100年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞のブレンド「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも愛する紅茶です。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
ワールド・ティー・フェスティバル期間中も休まず営業しています♪
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR