FC2ブログ

ティーポット用とマグカップ用があるんです

ワールド・ティー・フェスティバルでは、イギリスの紅茶愛好家たちが
毎日愛飲しているリントンズ専属の熟練ティーブレンダーにより
ブレンドされた定番ティーバッグ紅茶もすべて販売します。

近年の英国展や英国フェアでは、この定番ティーバッグ紅茶を目当てに
ご来店いただくことが多く、後半には完売してしまうことも。
「こんなに飲んだ?!と、気づいたらどんどんなくなっちゃう紅茶!」
「おいしいからスルスル飲んでしまい、最近はすっかり紅茶党!」
そう言っていただけるくらい、日本でも英国リントニアンのように、
“我が家の定番紅茶”として愛されているようで嬉しいです。


20190506teabag3.jpg


皆さんはリントンズのティーバッグ紅茶をどんな時に飲んでいますか?
我が家は、“どんな時にも”リントンズ紅茶を飲んでいます!
朝も昼も夜も、のんびりしている時も、忙しい時も淹れています。
そして、お客様が来た時には、自分が一番おいしい!と思える紅茶を
楽しんでほしいので、おもてなしにもリントンズ紅茶です。

自分もリラックスできる定番紅茶があると、お客様も自然と落ち着き、
紅茶を傍らに、日々のこと、たわいもない話で豊かな時間を過ごせます。
主役は紅茶ではなく、その時の会話や時間ですから。

イギリスでは、“普段使いの紅茶”という言葉を使いません。
なぜなら紅茶は“普段使い”しかないからです。価格云々よりも、
いつでも高品質で自分がおいしいと思える紅茶しか買わないので、
紅茶は自分のお気に入りの紅茶を普段にも特別な日にも飲みます。
おもてなしの時こそ、自信満々に我が家の定番紅茶を出すものです。

これは、そもそも紅茶の国イギリスには紅茶の良し悪しを決めるうえで、
ティーバッグかリーフかという概念がないからかもしれません。

リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏は「新鮮で上質な茶葉
(それはティーバッグ、リーフ関係なく)があれば、新鮮なお湯を
注ぐだけで、お客様は必ずおいしい紅茶に出逢える」といいます。

日本では“ティーバッグ”というだけで“普段使い”となりがちですが、
現代の紅茶は、新鮮で高品質な茶葉であるかどうかが大切です。
それはティーバッグでもリーフでも同じことです。
ぜひ、リントンズ紅茶を大切な方へ丁寧に淹れてあげてほしいです。


20190301ティーポット1 - コピー


イギリスには“普段使い用”と“特別な日用”という分類がなくても、
実は、ティータイムの選択肢がちゃんとあるんです!

それは、“ティーポット用”と“マグカップ用”という選択肢です。

たっぷり紅茶を淹れたい時の、ティーポット用ティーバッグ、
一人時間でマグで紅茶を淹れたい時の、マグカップ用ティーバッグ。
ティーバッグの中身の茶葉量が違い、ティーポット用はティーポットで、
マグ用はマグで上手に抽出されるよう計算されて入っています。
これは一日に何回もティータイムがある紅茶の国ならではの商品です。

イギリスの紅茶愛好家はこれを上手に使い分けています。
例えば、家庭で飲んだり、おもてなしの時にはティーポット用、
オフィスに常備する時や一人ティータイムの時にはマグカップ用と。
そのくらい自分のお気に入りの紅茶はどんな時も飲みたくなるものです。


teabag.jpg


英国老舗の紅茶商であるリントンズの定番ティーバッグ紅茶には、
〈ティーポット用のティーバッグ〉と〈マグカップ用ティーバッグ〉の
2種類があるのはご存知でしたか?
ティーポット用のティーバッグもあるなんてイギリスらしいですよね。

サイモン氏は「イギリスの人はこのティーポット用ティーバッグもマグで
淹れて楽しむ人も多いが、実際はティーポット用ティーバッグはきちんと
ティーポットを使って抽出したほうがおいしくなる」といいます。
※でも、私たちもマグで淹れてしまう日もありますがおいしいからOK!

いま日本で人気No.1の【ゴールド】はティーポット用です。
※他にもトラディショナルやブレックファストもティーポット用です。

ティーバッグ1包で大きなマグ2杯分の紅茶(400cc)を抽出できます。
パッケージ1袋にマグ200杯分(茶葉300g)の紅茶が入っています。
素晴らしいのは、浅いティーカップなら1包で4杯分は出る茶葉量。
計算しやすいので、おいしい紅茶をいつでもたっぷり淹れられます。


20190506teabag2.jpg


グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞の【ゴールド】。
ALLケニア茶葉の希少な部分のみを使用したレアティー。

日本では意外と知られていないことのようですが、実はいま、
イギリスで飲まれている紅茶の60%がアフリカ(ケニア等)の紅茶と
いわれています。紅茶愛好家にすごくマッチした高品質な茶葉だそう。

リントンズでも現代は70%以上がアフリカの紅茶。20~25%がインド、
5%がスリランカです。中国茶はティーバッグに適しておらず、
ティーバッグにしてしまうと渋味なども出て味も落ちてしまうので、
ラージリーフの希少な茶葉のみを少量仕入れているそうです。

なぜ、ケニアの茶葉がいまこんなにも注目されているのか?

ケニア紅茶が人気の理由は、1つ目は、ケニア茶葉がティーバッグに
最も適した茶葉だからです。イギリスでは家庭でもティールームでも
現代は紅茶を淹れる時、98%がティーバッグで淹れます。

そして、これはすごい事実ですが、ケニアの茶葉はリーフのままよりも、
ティーバッグのCTC製法にしたほうが、茶葉本来の香りや甘みが増し、
おいしく味わえるそうです!現代はリーフよりもティーバッグにしたほう
がおいしい茶葉が存在するほど世界の農園事情は進化しています。
「リーフとティーバッグ、どちらが良いのか」という概念は古いのです。

2つ目は、ケニア(とくにリフトバレー)は、ミネラル豊富な土壌で
若い茶木と赤土で、とても品質の良い茶葉が生産されるそう。
ケニアの立地が年間を通して、高品質な茶葉が取れる安定した土壌で
モンスーン気候の影響により、乾燥している時の茶葉は素晴らしく、
東のリフトバレー農園はとくに素晴らしい茶葉に出逢えるといいます。

アジア大陸からの害虫もいないため無農薬栽培、
そして手摘みによる収穫のため、茶木も傷まず、茶葉も高品質です。

さらにヘルシー志向のイギリス紅茶愛好家の間では、
ケニアの紅茶には、ミネラルが豊富なだけでなく、抗酸化作用の成分が
他の紅茶より多く含まれており、欧米の医療ではガンや心臓病に
ならない予防医学としても注目されているものです。
最近では、毎日4~5杯の紅茶を推奨している医者や専門家もいるほど。

イギリスで毎日のケニア紅茶の習慣は、ティーバッグで気軽に楽しめて、
美味しいうえに、健康&美容にいいので良いこと尽くめだといいます。
今イギリスでリアルに愛され、人気の紅茶であることは間違いないです。

このようにケニアは気候、地形、その他諸々の条件が質の良い、
ティーバッグのCTC製法に適した茶葉が育つ土壌にあるそうです。
何よりも港も近いので新鮮に茶葉を輸送するのに適しているのも魅力。

★ リントンズ紅茶がなぜおいしいのか?の公開ブログはこちら♪


2016117ケニア農園


いま世界中でも紅茶愛好家に注目されているケニアの紅茶ですが、
高品質なケニア茶葉は、標高も高い小規模農園の生産も多く、
紅茶商やプロのバイヤーでないと、新鮮で上質な茶葉を手に入れるのは
大変難しい農園ばかりなので、希少な茶葉でもあります。
イギリスの紅茶商の人々のおかげで私たちも味わうことができます。

リントンズの定番ティーバッグ紅茶は、農園で高品質な茶葉を摘採後、
48時間以内に真空にされ英国へ輸送。そして、茶葉到着後48時間以内に
専属ブレンダーにより紅茶に仕上げ、新鮮な状態でお客様のもとに
届けられるパッキングまで、すべて自社で行う徹底ぶりです。

そんなことができるのも、リントンズには100年以上受け継がれる伝統の
ティーブレンダーの技術があるからです。ティーブレンダーとは、
茶葉0.15g程度のわずかな味や香りの違いがわかる程奥が深い世界です。
一日に数百種類もの茶葉をテイスティング、鑑定、それを何年も何年も
毎日続けて、やっと正式にティーブレンダーと呼べる大変なものです。
お酒やたばこ、香辛料などの刺激のあるものも控えなければなりません。

ジャパン代表の岡田も、渡英の際には、テイスティングに何度も参加し、
届いたばかりの新鮮な茶葉から貴重な茶葉、珍しい茶葉も味わいます。
彼らは、そんな茶葉を含め、毎年、毎年、世界中の農園を訪れ、
産地の茶葉を知り、世界中の厳選農園の茶葉生産から茶葉鑑定、
テイスティング、ブレンドを毎日、一日中行っている紅茶のプロです。

新鮮で高品質な茶葉を生産し、新鮮な状態でお届けするだけでなく、
この紅茶に仕上げる技術を持つティーブレンダーは紅茶商の命です。

イギリスの紅茶愛好家も【ゴールド】はケニアで飲んだあの素晴らしい
紅茶の味と同じだと語ります。4代目CEOのサイモン・スミス氏も
「リントンズの紅茶は、茶木から摘んだ茶葉そのままの味わいを
お客様のティーカップで楽しめる」といいます。
それは、生産された現地で飲まれるのと同じ味わいだと。

高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている貴重な英国紅茶です。

サイモン氏や奥様のスー夫人もどんな時にも【ゴールド】を楽しむそう。
【ゴールド】は本当に雑味のない、新鮮な茶葉の甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖なしのミルクティーで味わうのが
サイモン氏やスー夫人の“お気に入りの紅茶”でもあるそうです。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている最高品質の紅茶です。

★ 「ゴールド」50包×2袋 ティーバッグ100包200杯分 2,130(+税)


20170912gold.jpg


そして、マグカップ用ティーバッグで人気の【アールグレイ】。
※他にカッパス、ルイボスティーもマグ用です。

マグ用といっても、1包で250~300cc抽出できる茶葉量です。
ティーカップなら1包で2杯分は楽しめます。それが50包入り!

なぜ?ゴールドやブレックファストは1袋に100包入っているのに、
アールグレイは1袋に50包しかないの??とよく聞かれますが、
サイモン氏は「イギリス人は1日に何回も紅茶を飲むが、その
ほとんどがゴールドやブレックファストのようなブラックティーを飲む」
といいます。「フレーバードティーはその頻度では飲まない」と。
だから、1袋にこの量のバランスがちょうど良いのだそうです。
すべて、英国ティータイムの頻度を考えてパッキングまでされています。

リントンズのアールグレイは人工香料や添加物を一切使わない
シンプルに上質な天然のベルガモットのみで丁寧に香りをつけたもの。
あれもこれもと混ぜないところに、素材へのこだわりを感じます。
定番ティーバッグ紅茶の中で唯一のフレーバードティーです。

紅茶商リントンズは、高品質で新鮮な茶葉にとことんこだわった
おいしい紅茶なので、この茶葉もしっかり味わっていただくために、
普通のフレーバードティーよりフレーバーの着香度をあえて低く設定。
なので、人工香料などで強く着香されたフレーバードティーが
苦手な方やアールグレイが苦手だったという方も、「はじめて
フレーバードティーをおいしいと思った」というお客様も多いです。
逆に強いフレーバーが好きな方には物足りなく感じるかもしれません。

天然ベルガモットの香りは優しいものです。イギリスの紅茶愛好家は、
リントンズの【アールグレイ】を飲んで、こんな風に例える人もいます。
「はじめは、着香されたベルガモットの香りも弱く感じた。
しかし、2週間飲み続けていたら、とても華やかなベルガモットの
香りに変わり、ブレンドされた茶葉の香りまで感じられるようになり、
このアールグレイの素晴らしさを深く知ることになった」と。
「いまでは、強く着香されたフレーバードティーや不自然なほど
人工的なフレーバードティーには敏感になってしまった」とも。

驚くほど香り高いわけではない、リントンズの【アールグレイ】ですが、
飲み続けていると、人間は嗅覚が研ぎ澄まされていき、
本当はフレーバーってこのくらいで良いんだと私たちも感じます。

国民の98%が紅茶はミルクティーにして楽しむイギリスらしく、
ミルクティーにしても絶品です。アールグレイに関しては、
イギリス人もほとんどがミルクティーにして飲んでいるそうです。
日本では意外と知られていないのですが、柑橘系のベルガモットの
香りはミルクに合わないと思われがちですが、ベルガモットは新鮮な
ミルクとの相性はとても良いものなので、永く愛され続けています。
人工香料のアールグレイだとミルクを入れてもおいしくありません。

リントンズの【アールグレイ】のミルクティーは、新鮮なケニア茶葉の
芳醇な茶葉の香りに、天然ベルガモットの上品なフレーバーも香ります。
そのうえで、茶葉本来の味わいも驚くほどしっかりと感じられ、
「アールグレイのミルクティー」のおいしさに気付いてしまいます。
英国老舗の熟練ティーブレンダーの真骨頂を見せる味わいです。

★ 「アールグレイ」 ティーバッグ50包約50杯分 1,112円(+税)


20190506teabag1.jpg


フェア限定のスペシャル紅茶セットもぜひチェックしてくださいね!

リントンズの定番ブレンドの中から“自分のお気に入りの紅茶”
を見つけたい!という方は、定番ティーバッグ紅茶全4種類を
すべて味わえてしまう「スペシャル紅茶セット」もおすすめです。

歴史が詰まったハンパー柄のペーパーギフトバッグに入った
リントンズ定番ブレンド全種類が楽しめてしまう特別なセットです。

毎回人気のブレンドセットですが、長年愛されてきたコノシュアが
リーフロック製法により、ゴールドと同じ味わいに進化したことで
引退し、リントンズの定番ブレンドは全4種類となりました。
その分、お値段も変更となり、税込1,200円とお安くなっています。
4ブレンド入っているので、ティーバッグ計40包約80杯分楽しめます。
ティーカップなら約160杯分楽しめてしまう茶葉量です。

こちらは、オンラインショップで入荷後即完売してしまう
リントンズお試しセットの2倍の紅茶が入っていてスペシャル価格。
※数量限定のため、なくなり次第終了となりますのでご了承ください。

★ スペシャル紅茶セット(ハンパー柄ペーパーギフトバッグ付き)
定番4ブレンド ティーバッグ40包約80杯分入り 1,112円(+税)



20170323hamper5.jpg


2016921ロゴ新
イギリス老舗紅茶商リントンズは馬車のロゴが目印です!

2019年は素敵な英国ティーセットやビスケットも届き、
おうちで本格的な英国ティータイムが楽しめる商品が盛りだくさん!
ぜひイギリスの紅茶商リントンズへ遊びに来てください♪

20190426ワールドティー2
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2019 〉

期間:2019年5月16日(木)~5月20日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「アジアのお茶」
● 催場 「世界のお茶」 ※リントンズはこちらに出店!

★ ワールド・ティー・フェスティバル2019のWEBサイトはこちら♪


コピー ~ new logo
ワールド・ティー・フェスティバル期間中も休まず営業しています♪
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR