FC2ブログ

在庫切れの人気紅茶缶が再入荷します!

リントンズ紅茶缶でよく聞く言葉「Tea caddy(ティーキャディー)」。
「Tea caddy(ティーキャディー)」とは何かご存じですか?
一言でいうと、紅茶を保存しておくための専用容器のことです。

かつて、茶(Tea)というのは、イギリスの貴族階級の人しか
口にすることが出来ない、大変高価なものでした。
18世紀後半、そんな貴重な茶葉を、使用人に盗まれないように、
家具のような、鍵付き木製の茶箱(ティーキャディー)を作らせるのが
貴族の間で流行しました。“おしゃれ”の意味もあったようです。

その後、時代と共に、ティーキャディーも木箱から陶磁器、缶と
形や素材、役割が変わっていきました。

1900年代には主流となっていった紅茶缶のティーキャディー。
リントンズの紅茶缶も古いものは100年近く前のものから、
1953年のエリザベス女王戴冠式のものまでいろいろです。
その時代ごと、デザインも変えて、様々な紅茶缶を製作してきました。
アンティークマーケット等では缶だけなのに中身の紅茶が
入っていた時よりも高く売られていることもよくあることです。

リントンズはイングランド北東部や湖水地方等の地域限定で
伝統の紅茶宅配を守り続けている紅茶商なので、
昔のリントンズの紅茶缶やグッズは、こういった地域で開催される
アンティークマーケットでしかなかなか出逢えないんです。
「ロンドンのマーケットでリントンズグッズを探したけれど、
全然見つからなかった」というお客様もいたほどです。

そして、イギリスでいまも変わらず英国紅茶商として現存する
老舗紅茶商も希少なので、紅茶愛好家の間ではリントンズグッズの
コレクターがいるほど、毎年登場するグッズも人気があるものです。

リントンズの紅茶缶が、古いものも、現在発売されているものも、
いずれアンティーク・ヴィンテージとして価値が出る理由は、
リントンズの紅茶商としての歴史が長く、毎年あらゆるデザインで
登場する紅茶缶は、他にはない珍しいイギリスの伝統だからです。
英国内の博物館に飾られているものもあるほどです。

実は紅茶缶だけでも、イギリスを感じられる価値ある存在なのです。


20190409缶


様々な英国ストーリーの込められたリントンズの人気の紅茶缶ですが、
在庫切れ&販売終了していた紅茶缶がまとめて再入荷します!
イギリスのストーリーとともにご紹介していきます。

昨日もお知らせしましたが、イギリスでも日本でも販売終了した
幻の紅茶缶〈レシピティーキャディー〉を同じデザインで登場の
ティーポット&マグの英国ティーセットの新発売に合わせて、
数量限定でイギリスから特別にお取り寄せしました。

この缶は昨年完売・販売終了後にも沢山のお問合せを頂きました。
名古屋の英国展でも探しているお客様もいましたが、
「買っておけば良かった」「もう一つ娘に欲しかった」という声も。
今回が最後のチャンスになりますので、
気になっていた方はこの機会に是非GETしてくださいね!

レシピティーキャディーの紅茶缶に採用された〈レシピ缶〉とは、
欧米で愛用されているキッチン雑貨で、インデックスをはさみながら、
大切にしているお料理、お菓子レシピ等を書き留めたものを
缶の中に立てて保管する、というファイルシステムです。
イギリスのアンティークマーケットでもたまに見かけたり、
実は古くから愛されている英国雑貨なんです。
素敵なアイテム〈レシピ缶〉と紅茶100杯分のセットで販売します。

★ レシピティーキャディー(紅茶缶)
レシピ缶(インデックス6種類、レシピカード48枚)
Breakfastティーバッグ50個約100杯分入り 3,000円(+税)


20180121レシピ缶


本格的な〈レシピ缶〉で、中には、レシピカードが48枚入り!
検索しやすいように、様々なインデックスも入っています。
気になるレシピも6つのカテゴリー毎にオーガナイズ。


20180507recipes1.jpg


このリントンズ製のレシピ缶の素晴らしいところは、
蓋部分がレシピカードを立てておけるようになっているのです。
ちゃんと使うことまで考えられた凝った作りになっています。

日本ではなかなか出逢えない貴重な英国雑貨ですし、
このような本格的な〈レシピ缶〉、買うと結構高い代物なんです。
自分の好きなメニューやお母さん、おばあさん達から教わった
秘伝のレシピなど、どんどん書いて缶にストック。


20180318レシピ3


購入されたお客様の中には「自分のレシピをまとめようと思いながら
時が過ぎてしまったけれど、このレシピ缶との出逢いをきっかけに、
娘や孫のために、自分のレシピをまとめてみるわね!」という方も。

何もかもデジタルの時代ですが、
そんなアナログなものをいまでも愛用しているイギリス。
紅茶やお菓子もそうですが、そこにある想いや精神もまとめて
受け継いでいこうとするのが英国文化なんです。
いずれ時が来たら、大事にしていたり、愛着のあるそのレシピを
大切な誰かに受け継ぐ・・・とてもイギリスらしい
素敵なアイテム〈レシピ缶〉です。

リントンズの紅茶缶は、そんな豊かなイギリス暮らしの
背景が見えてくるストーリーのある唯一無二の紅茶缶です。


20180315recipe-box.jpg


そのストーリーのある紅茶缶が製作されるのはリントンズならでは。
毎年、毎年、テーマに合わせて、紅茶缶の造形やデザインなど
一から考えて、オリジナルで製作していくことは、
とても時間や手間がかかり、コストも驚くほどかかるものです。
それを妥協せずに発売していくのが、英国老舗紅茶商のプライドです。

こちらの紅茶缶〈ハンパーティーキャディー〉は、
イギリスでも日本でベストセラーの人気紅茶缶です。
オンラインショップ分がしばらく在庫切れとなっておりましたが、
イギリスから届いたレシピティーキャディーとともに再入荷します!

ハンパーとは、ヴィクトリア時代に普及したバスケットのことです。
イギリスの上流階級の間で、ハンパーを持ってピクニックへ行ったり、
ハンパーに荷物を詰めて、旅行へ出かけるのがステイタスでした。
限定紅茶缶のハンパーティーキャディーの缶は
その英国伝統の“ハンパー”をイメージした紅茶缶なんです。

豊かな英国を象徴するハンパー柄のおしゃれなストック紅茶缶に、
イギリスで1番人気のブレンド・ブレックファスト紅茶が100杯分と
英国ティータイムにかかせないショートブレッドが1袋丸ごと入った
〈ハンパーティーキャディー缶〉は3,000円でおつりがきてしまいます!

この缶1つで、英国ティータイムがおうちでも楽しめてしまう紅茶缶!

★ ハンパーティーキャディー(紅茶缶)
リントンズ伝統のレシピ・英国菓子ショートブレッド200g
Breakfastティーバッグ50個約100杯分入り 2,750円(+税)



20181019wicker-hamper-style-tea-caddy-.jpg


缶は紅茶やお菓子のストック缶としても使いやすく、
キッチンに置いておくだけでも素敵な英国インテリアになります。

英国伝統“ハンパー”をイメージしたイギリスならではのバスケットが
“缶になっている”というのがたまらない魅力だと思います。


20190313キッチン


ハンパーティーキャディーに刻印されている紋章は、古くは100年前、
リントンズ紅茶を宅配していた、馬車にも刻印されています。

しかも!!!このハンパーティーキャディーの中に入っている
ショートブレッドまで、このリントンズ伝統の紋章の焼き型で
焼かれているというこだわり!おしゃれすぎます♥

馬車や紋章のストーリーはイギリスに実在している紅茶の歴史であり、
そのストーリーが商品にも繋がっていくのがリントンズの面白さ!


910basha7.jpg


ハンパーティーキャディーの中にもお楽しみがいっぱい!
その紋章の型で丁寧に焼かれたリントンズのショートブレッド入り。
先日のイギリス出張でもたくさんのショートブレッドを見ましたが、
紅茶商の焼き型のショートブレッドが食べられるのはリントンズだけ。
普通のショートブレッドより、ちょっぴりおめかししています。

紅茶缶の中には紅茶だけ、という固定概念を思いっきり覆し、
ティータイム菓子も一緒に楽しんで欲しいから詰めてしまう発想!
とても真面目にティータイムを考えているから出てくる発想なんです。

実はリントンズは紅茶だけでなく、ビスケットもとてもおいしいと有名。
伝統のレシピで英国で1枚1枚丁寧に焼かれた本場の味わいです。
イギリスの紅茶愛好家の間でも好評なリントンズのショートブレッドは、
“クリーミーなショートブレッド”といわれています。
それもそのはず。イギリスならではの高級バターたっぷり32%の
贅沢な配合で作られたクラシックなショートブレッドです。

紅茶の国で愛され続けている、紅茶商レシピの、紅茶に合う、
大きなショートブレッドが1枚2枚ではなく、たっぷり12枚入り!


20180811ショートブレッド3


もう一つ、紅茶商リントンズのトレードマークともいえる紅茶缶
〈トラディショナルティーキャディー〉もイギリスから届きました!

実はこちらの紅茶缶、イギリスから「もう販売終了になります」と
告知がきて、名古屋の英国展では入荷・販売できませんでした。
とても人気の定番ロングセラー商品だけに残念に思っていたのですが、
先日「再生産することになった」との報告が来て喜びました。
無事に今回オンラインショップにて、全国の皆様にお届けできることに!

この〈トラディショナルティーキャディー〉は、1938年に発売された
紅茶缶をそのままのデザインで復刻している紅茶缶です。
よくアンティークの紅茶缶みたい!といわれるのはそのためです。
英国展では「こんな紅茶缶、見たことがない!」とよくいわれます。

紅茶缶に使われているカラーは“リントンズグリーン”と呼ばれ、
リントンズ創業者サミュエル・スミス氏が考案したカラーなんです。
世界に一つの英国紅茶商オリジナルのカラーがあるなんて素敵ですよね。

★ トラディショナルティーキャディー(紅茶缶)
GOLDティーバッグ50個約100杯分入り 2,300円(+税)


20180822缶2


写真は1938年発売当時のトラディショナル紅茶缶です。
この紅茶缶に茶葉を詰めて「Your tea madam !」と馬車で
ティーマンと呼ばれる配達員が各家庭にお届けしていました。

当時も大変人気の紅茶缶で、発売後、80年間の間にも
過去のリントンズグッズに度々登場!
遂に復刻紅茶缶として、毎年登場する紅茶缶とは別に、
リントンズを象徴する、アイコンともいえる紅茶缶なのです。


20190106紅茶缶


どの紅茶缶も、中にはイギリスの紅茶愛好家たちが毎日愛飲している
老舗紅茶商「リントンズ」専属の熟練ティーブレンダーにより
ブレンドされた定番ティーバッグ紅茶が50個100杯分入っています。

現代、イギリスでは98%が紅茶はティーバッグで淹れるそうです。
理由は「手軽でおいしい紅茶が一番だから!」です。
同じおいしいなら、リーフよりティーバッグを選ぶそうです。
むしろ、“ティーバッグでおいしい紅茶”でないと売れないそうです。
紅茶商のリントンズでは、フレーバードティーや中国茶、緑茶など
トレンドにも合わせて様々なお茶も生産していますが、
結局イギリス人が飲み続けているのはこの定番ティーバッグ紅茶だそう。
だから日本での販売も定番ティーバッグ紅茶を主力にしています。

高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている英国紅茶です。

紅茶缶の中にはティーバッグをそのままガサッとは入れておらず、
アルミパック袋に梱包されてティーバッグが50個入っています。
これもお客様から「珍しい!」とよくいわれることです。
リントンズ紅茶は、新鮮で高品質な茶葉を新鮮な状態でお客様に
お届けできるよう、独自の技術でアルミパックに保存されています。
これは紅茶缶や紙箱、袋と比べものにならない保存力だそうです。
最近は似たようなアルミパック保存を目にすることもありますが、
リーフロック製法と窒素充填でパック内の酸素濃度をほぼゼロにして、
新鮮茶葉のままお届けしている技術は唯一無二のものです。
アルミの封を開けたての新鮮な紅茶の香りは特別なものです。
保管するときも必ずアルミの袋で少し空気を抜いて保存してください。
最後の1杯まで新鮮な紅茶が楽しめるように考えられています。


20190409パッケージ


英国展等でリントンズのお客様に紅茶缶についてよくいわれるのは、
「紅茶缶目当てで買ったけれど、中身の紅茶もおいしかった!」です。
紅茶缶がかわいくて買っても、中身の紅茶は余ることもよくあるけれど、
リントンズの紅茶はあっという間に飲みきってしまった!と。

紅茶缶も紅茶も他にはない、驚くほどのこだわりが詰まっています。
リントンズは、“1粒で2度おいしい”紅茶缶です。

4月13日(土)10:00~新発売のティーポットやマグカップとともに、
今日ご紹介した3種類の限定紅茶缶が同時に揃います!
これはとても珍しい機会ですので、
ぜひオンラインショップでのお買い物を楽しんでください!



20170912gold.jpg
イギリスで100年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞のブレンド「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも愛する紅茶です。

サイモン氏はいつも「Gold」のアルミの封を開封したときに、
「この香りが素晴らしいんだ!」と誇らしげに語り始めます。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR