FC2ブログ

ティーコジーは英国ティータイムの必需品

お気に入りの紅茶、ティーポット、マグカップ、ティーコジーは、
イギリスの紅茶愛好家にはなくてはならない必需品です。

紅茶を上手に抽出するのにかかせない〈にわとり型ティーコジー〉。
イギリスでは紅茶をじっくり蒸らすことはとても大切なポイントで、
紅茶の茶葉はじっくり蒸らすことで、茶葉本来の香りや味わい、水色が
あらわれてくれます。そのためにかかせないのがティーコジーです。

リントンズジャパン創業からずっと愛され続けている人気商品です。
最近はリピーターやまとめ買いのお客様も多く、品薄の時もありますが、
どうしても大量生産できない、オーダーメイド商品なので、
毎回、数量限定販売のアイテムになってしまいます。

英国定番の6カップのティーポットにもOKの大きなティーコジー。
中のキルト芯は、目が粗いものでは軽く、保温性が弱いのですが、
リントンズは、目が詰まってしっかりした上質なキルト芯を
1枚や2枚ではなく、贅沢に6枚も使っているので、
大きな or 小さなティーポットでも、保温性はバッチリなんです!
イギリスではマグカップにティーコジーをそのままかぶせることも!

名古屋タカシマヤ「英国展2019」にはたくさんの新柄が並びます!
どれも日本では珍しいデザインの生地で、迷ってしまうかわいさです。
他にも、名古屋の英国展限定のイースター柄にも注目です。
かわいい柄ばかりなので、イースターに限らず使えると思います。
インテリアにもなって、実用性もある〈にわとり型ティーコジー〉です。


20190318ティーコジー1


リントンズのティーコジーは、なぜ、“にわとり”なのか?
昔から英国家庭ではにわとりの形のティーコジーは愛されています。
ティーポットにかぶせた時にたまごをあたためているみたいに、
丸みをおびて、とてもユニークでかわいいデザインになります。
そこまで考えられた、英国では古くからあるデザインなんです。

このかわいさは、他のデザインにはない“お楽しみ”なのです。

リントンズのにわとりは、「cock-a-doodle-doo!!」ではなく
cuppa-doodle-doo!! 」と鳴くそうですよ♥
※“cuppa”とは、イギリスでは“1杯の紅茶”を意味します。

我が家もにわとり型ティーコジーはいくつか持っています。
定番で使える柄とハロウィン柄、クリスマス柄等季節ものを使い分けて、
いまはイースター柄をインテリアとしても楽しんでいます。
これが意外と毎日のティータイムがHAPPYな気分になれるものです。

生地やボタンも日本では珍しいもので、それぞれの柄によって
にわとりの表情も違うので、選ぶのに時間がかかってしまう商品です。
でも、不思議なことですが、だいたい皆さん、アレコレと悩んだ末に
結局、第一印象で手に取ったものを選ぶ傾向にあります。
感覚ってスゴイなぁといつも思ってしまいます。


20190318ティーコジー2


リントンズのにわとり型ティーコジーは見た目のかわいさだけでなく、
生地やボタンにもとことんこだわり、
日本ではあまり見ないような外国製の生地をマーケットで探し、
時には、イギリス出張でも大量に買い付けて、
この大きなにわとり型ティーコジーに贅沢に使用しています。
3月のイギリス出張でも代表の岡田自ら丁寧に買い付けていました。

これは本当に手間と時間とコストがかかることですが、
自分たちが好きなことでもあるので、楽しんで買い付けています。
その楽しさがティーコジーの雰囲気にも出ていると思います。

ボタンも、日本には売っていない、英国のアンティークマーケットや
外国のショップ、マーケットで見つけた貴重なボタンを使っています。

中のキルト芯は、上質なキルト芯を贅沢に6枚も使っているので、
大きなor小さなティーポットやマグでも、保温性はバッチリなんです!
その使い勝手の良さもリピーターの多い理由です。
お客様でも、「このティーコジーの良さは使ったら分かるわ!」と
他のに比べて保温力がすごく良いから、
こればかりをずっと使ってしまうとおっしゃる方も多いのです。
そのため、毎年買い足してくださるお客様もとても多い商品です。

リントンズジャパン社長も私も毎回必ず製作の現場に関わり、
生地と裏地、ボタン、一羽ずつ組み合わせを丁寧に考えて、
すべてオーダーメイドで製作してもらっている“一点モノ”とも言える
ティーコジーです。大変な作業ですが、ずっとこだわってやっています。

生地を探すところから製作まで、時間と手間がたっぷりかかった、
デザインも生地も製作技術も、
他では作れない素晴らしいティーコジーだと自信を持っています。

写真は限定のイースター柄(今年は4月21日がHappy Easter)です。
春らしい花柄の中に、イギリスの大英博物館のラバーダックスのような
かわいいアヒルさんがかくれんぼしています。とても珍しい生地です。

リントンズジャパン創業から1000柄以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には1点や数点しか
作れないものばかりなので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!


20190318ティーコジー3


どれも1羽 3,241円(税込3,500円)です!

毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。
どうしても大量生産で作れるような商品ではありません。

製造担当者からも「自分たちがやっている仕事の中でも、
ダントツに手間がかかり、製作が大変なものです。
材料の生地やボタン、キルト芯も上質なものに拘っているようなので、
現状の倍以上の価格設定にしても良いのではないでしょうか」と
ずっとアドバイスを頂いておりますが、少しでも多くの方に、
“どのような日常でも、毎日のティータイムが
リントンズ紅茶やにわとり型ティーコジーなど素敵なパートナーに
囲まれることで、心豊かな日常になって欲しい!”
という想いから、自信を持ってオススメできる価格にこだわっています。

英国ティータイムの必需品「ティーコジー」をぜひ使ってみてください。
このティーコジーがあるとないとでは、紅茶の抽出が大きく変わります。
そのくらいイギリスの紅茶愛好家にとってはなくてはならない存在です。

皆さんにとって、相棒となってくれる一羽に出逢えますように☆



2016921ロゴ新
イギリス老舗紅茶商リントンズは馬車のロゴが目印です!

今年はイギリスから素敵な英国ティーセットやビスケットも届き、
おうちで本格的な英国ティータイムが楽しめる商品が盛りだくさん!
ぜひイギリスの紅茶商リントンズへ遊びに来てください♪

名古屋タカシマヤ「英国展2019」のリントンズショップにて
商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、なんと!
先着でリントンズのハンパー柄ショップバッグをプレゼント!!

■ ジェイアール名古屋タカシマヤ「英国展2019」

期間:2019年3月27日(水)~4月1日(月) 6日間
時間:午前10時~午後8時 ※最終日は午後5時
場所:名古屋高島屋 10階催会場

★名古屋タカシマヤ「英国展2019」のサイトはこちら♪


20180308teatasting1.jpg
名古屋タカシマヤ「英国展2019」のリントンズショップでは、
イギリスで愛されている紅茶のおいしさ、楽しさ、素晴らしさが
皆さまに届きますように、リントンズジャパン社長・岡田が
毎日ショップでおいしい紅茶を淹れてお待ちしております!!

リントンズでは紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをしません。
新鮮なお湯で、毎回ティーポットから丁寧に淹れています。
このリントンズの試飲の淹れ方はイギリスのリアルな淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、ぜひ参考にしてください!

紅茶は淹れ方が難しくないので、世界一気軽に楽しめるお茶
として愛されています。淹れ方はその人の好み、嗜好ですから。
イギリスの紅茶愛好家は「それが紅茶の魅力だよ!」と語ります。

★ 「紅茶は世界一気軽に楽しめるお茶」のブログはこちら♪

ただ、おいしく淹れる簡単なコツは存在します。お水の種類、
お湯の温度、抽出時間、ティーバッグや牛乳を入れるタイミングや量、
イギリスで愛され続けているおいしいミルクティーの淹れ方等
気になることがあれば、どなたでも、何でも気軽にお尋ねください!


コピー ~ new logo
2018年10月1日から送料が全国一律600円+税になりました!
全国の皆様に気軽にご注文していただける配送料に変わりました。
英国展開催中もオンラインショップは休まず営業中です。

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
2019年から公式のインスタグラムを始めました!
リアルなイギリスのティータイム事情をお届けします。

★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR