FC2ブログ

古い紅茶缶をフラワーベースに。

イギリスではお花を気軽に手に入れやすいので、
マーケット等で花を買って、部屋中に飾っている家庭も多いです。
カフェやティールームでも、各テーブルにかわいい一輪のお花が♪

英国ティールームでは、ティーポットやミルクジャグ、シュガーポット
等を花瓶にして飾っていることもあります。時には、紅茶缶までも!
花瓶ではないものも、花瓶として使うアイデアは必見です。

おしゃれなデザインのものが多いリントンズの紅茶缶も、
フラワーベースの代用におすすめです。
写真右は、1938年に発売されたリントンズのトラディショナル缶。
アンティークマーケットで見かけても、80年も経過した古い紅茶缶
なので、サビやキズもあります。それも味わい深いものです。
イギリスで100年以上の歴史がある、現存する紅茶商だからこそ、
80年前のモノを大切に使うようなイギリスの文化があるからこそ、
存在している紅茶缶なのだと思うと、感慨深いものがあります。

紅茶缶にお花を活けてブリティッシュスタイルに。


20181019フラワーtin


ただ、紅茶缶は耐水のつくりになっていないことが多く、直接、
水を入れると漏れる危険性があるので、必ず中にコップや空き瓶を入れ、
そこに水を張ると良いです。新作紅茶缶のハンパーティーキャディーも、
蓋を開けた裏までもバスケット柄になった凝った作りなので、
セロハンで保護したオアシス(バスケットに合わせてカット)に
お花を活けて、フラワーアレンジを楽しんでも!

イギリスのおいしい紅茶も楽しめて、空き缶になったら、
花瓶としても使える^^イギリス流の素敵な再利用アイデアです。

お花を無造作に活けるのも意外と似合う紅茶缶の花瓶です。


20181112花瓶


実は1938年に発売された人気の紅茶缶〈トラディショナル缶〉を
そのままのデザインや色で完全復刻したものが、現在もオンライン
ショップで販売中の〈トラディショナルティーキャディー〉です。
新品なのにアンティーク感がある紅茶缶なのはそのためです。

英国展等でも「こんな凝った作りの紅茶缶は見たことがない!」と
一目惚れされるお客様も多く、この紅茶缶に隠されるストーリーまでも
お話すると、目をキラキラさせて、紅茶缶を眺めていることも。

〈トラディショナルティーキャディー〉に隠れているストーリーとは、
1938年に発売された当時は、この缶にリントンズの茶葉を詰めて、
馬車で専属ティーマンが「Your Tea Madam !」とお届けしていました。
それがイギリスの紅茶の日常だったなんて、ワクワクしませんか。
そして、紅茶缶に使われているカラーは“リントンズグリーン”と呼ばれ、
リントンズ創業者サミュエル・スミス氏が考案したカラーなんです!
写真にもありますが、馬車に使われているのもリントンズグリーン。
世界に一つしかない、紅茶商オリジナルのカラーがあるなんて素敵!

歴史ある存在感もたっぷりで、それだけでインテリアにもなる紅茶缶に、
紅茶が100杯分(茶葉150g)も入っているのがリントンズの魅力です。

★ トラディショナルティーキャディー(紅茶缶)
Goldティーバッグ50個約100杯分入り 2,300円(+税)


20180822缶2

20180930basha.jpg


イギリス紅茶商リントンズは、毎年の限定紅茶缶もそうですが、
英国ティータイムを彩るオリジナルのグッズ製作も
目が離せない伝統があります。紅茶商の中でも他にはない伝統です。

トラディショナル缶は1938年発売以降、80年間の間にも過去の
リントンズグッズにあらゆる形で度々登場しています。
時には、写真のようなマグカップが製作されたこともあります。
こちらはイングランド北部のアンティークマーケットで見つけたもの。

アンティークマーケットの中でも、リントンズのグッズは
イギリスの老舗紅茶商としても長い歴史があり、
珍しいティーグッズもオリジナルで製作している歴史もあるので、
魅力的なストーリーが生まれ、価値が出るのです。
イギリスにはコレクターがいるほどの人気グッズです。

しかも手に入れることが出来るのも、リントンズの販売地域の
イングランド北東部等のアンティークマーケットのみなので、
ロンドン中のアンティークマーケットでもなかなか出逢えません。
なおさらヨーロッパ中探しても出逢えない希少な紅茶商グッズです。

長い歴史の中で、遂に完璧ともいえる復刻紅茶缶として登場したのが、
この〈トラディショナルティーキャディー〉なのです。
2018年現在も根強い人気があり、毎年登場する新作紅茶缶とは別に、
リントンズを象徴する、アイコンともいえる紅茶缶です。

入手できるのは、本場イギリスと日本だけ。


20181109teawithmilk.jpg


紅茶ギフトにもよく使われる〈トラディショナルティーキャディー〉。
中身の紅茶もイギリスで愛されている歴史のある本物の英国紅茶で、
外の紅茶缶もストーリーがたっぷり詰まった素敵な紅茶缶なので、
ギフトにしても、きっと喜ばれること間違いなし!です。



20170912gold.jpg
イギリスで100年以上愛され続けている“我が家の紅茶”のリントンズ。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

〈トラディショナルティーキャディー〉の中に入っている
ブレンド紅茶もこの「Gold」です。

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


20181019wicker-hamper-style-tea-caddy-.jpg
10日(土)に全国発売となった新作紅茶缶ハンパーティーキャディー。
発売直後からご注文が殺到したため物流が間に合っておらず、
一旦、在庫切れとなっており、申し訳ございません。
再入荷日は11月14日(水)を予定しております。
商品ページ上の〈入荷連絡を希望〉に登録していただくと、
入荷と同時に連絡させていただくようになっております。
ハンパーティーキャディーをお求めの予定の方は、ぜひご利用ください。

★ 2018年新作紅茶缶「ハンパーティーキャディー」 税込2,970円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR