FC2ブログ

阪急英国フェア2018のおいしい見どころ!

今日は英国老舗紅茶商リントンズの独断と偏見で、
阪急英国フェア2018で楽しめる“おいしい見どころ”を紹介します!

よく英国フェアの販売に立っていると、「紅茶は買ったのだけれど、
あとは何がおすすめですか?」「紅茶に合うお菓子は何ですか?」
と聞かれるので、今日はそんな視点で英国フェア2018をご紹介します。
どちらかというと、自分達が個人的に楽しみたいものでもあります。

紅茶の国・イギリスで愛されているティータイムは
目からウロコの味わいがたくさんあります。

例えば、英国ティータイムにおいて紅茶とお菓子はセットです。
紅茶だけをじっくり味わったり、お菓子だけを味わうというよりは、
この2つのペアリングを楽しむのがイギリス流なんです。
粉っぽいから、紅茶がすすむわけではなく、
ペアリングがおいしくて、紅茶もお菓子もすすんでしまうのです。

英国菓子は繊細じゃない!芸術的とも違う!伝統的なものばかりで
飾り気もなければ、真新しさもない!これだけ食べると甘いだけ!と
終わってしまうのはもったいない奥深さがあるんです。
その素朴な英国菓子と英国伝統のミルクティーと一緒に味わうと、
確かに心を豊かにしてくれる味わいがあることに気付きます。
それに大味ではなく、真面目に絶妙な味わいを追求しています。

自然と笑顔になってしまう、幸せな気分になってしまう、
それが、英国ティータイム=おいしい紅茶とお菓子です。

ぜひ、英国フェア2018では“この魅力”にも注目してほしいです。


20180811ショートブレッド9


まず、英国ティータイムにかかせないものは紅茶です。

イギリスでティーといえばミルクティーというくらい、
紅茶を飲む時、98%がミルクを入れて飲むのが英国伝統です。
お腹を満たすためとか、惰性で飲んでいるわけでもなく、
子どもの頃から愛する伝統の味。おいしいから飲んでいるんです。

イギリスの紅茶愛好家は、英国菓子にストレートティーではなく、
しっかり淹れたミルクティーを一緒に合わせて楽しんでいます。
イギリス本場のティールームでも、英国家庭でも、
英国リントンズ本社の会議でも、ティーブレンダーとの休憩でも、
紅茶をミルクティーで飲んでいるところしか見たことがないくらいです。
ティールームで紅茶のおかわりをお願いすると、
必ず紅茶と一緒にたっぷりのミルクも持ってきます。

高品質な紅茶の茶葉には、新鮮なミルクを入れることで、
より茶葉の香りやコクが増し、味わいに深みがでるのです。

これだけははっきりとお伝えしたいのですが、ミルクティーは、
濃く淹れすぎたとか渋味やエグ味を消すためのものではありません!
上質な茶葉をより深く味わうためにミルクティーは存在します。

そして実は、お砂糖を入れない人も多いのがイギリス流。
そのほうが、ミルクティーにした時の茶葉本来の甘みや香りが楽しめ、
お菓子の小麦の甘みも引き出して味わえるからです。
コーヒーではダメなんだ、というイギリス人もいます。

しっかり淹れたミルクティー(砂糖なし)と一緒に味わってみると、
“英国菓子の奥深さ”が伝わる、後を引くおいしさなのです。
これぞ皆さんに知って欲しい、英国ティータイムの真髄なんです。

一度、英国菓子にはミルクティーを合わせてみてください。


20180127teatimes2.jpg


その英国菓子の代表格といえば、ビスケット。

ビスケットは古くからイギリスの家庭で愛されている英国菓子です。
イギリス人はお茶菓子のことを「ビスケット」といいます。
クッキーやティーケーキ、ショートブレットなどもです。日本で
想像する「ビスケット」より、もっと大きな枠でくくるイメージです。

イギリスではお店ごとに伝統の絶妙な配合で作られています。

紅茶商リントンズは紅茶だけでなく、実はビスケットも有名です。
紅茶に合うビスケットを伝統のレシピと配合で作り続けています。
写真のリントンズのショートブレッドは、日本初上陸!
100年前から伝わる紅茶商伝統の紋章の型で焼いたショートブレッド。
英国フェア先行販売の2018年新作のバスケット柄紅茶缶の中に
紅茶100杯分とセットになって、たっぷり200gも入っています。

後ろにあるイギリスの紅茶愛好家に一番人気のジンジャービスケットは、
ミルクティーに最高に合います。ジンジャーと相性がとても良いのです。
紅茶商が作る紅茶に合うビスケットなんてなかなか味わえません。
他にも、英国発祥の伝統菓子シュルーズベリービスケットや
チョコチップビスケット、オーツクランブルビスケットとセットになり
紅茶商リントンズセレクトのビスケットBOXで味わえます。

新作紅茶缶もビスケットBOXも、英国フェアで数量限定で登場します。


20180811ショートブレッド4


そして、英国フェアでは毎年、イギリスから多くの招聘者が
やってきて、お店の味を会場内で再現してくれます。
今年も、イギリスでしか味わえないお菓子がたくさんやってきます。
2018年限定でやってくるお店ばかりなので、この機会お見逃しなく!

湖水地方を代表する英国菓子といえば、ジンジャーブレッド。
カンブリアの美しい自然に囲まれたコニストン村で
エリザベスさんとご主人のアンソニーさんが伝統の製法を守り、
ご夫婦で作り続けている味です。地元でも人気の味だとか。

しっとりとした食感が特徴の英国菓子。

英国菓子研究家の砂古玉緒さんが阪急百貨店のバイヤーと共に
イギリスを訪れて、英国フェアに持ってきてくれた味です。
砂古さんとエリザベスさんとアンソニーさんで製作実演するそうです。

去年、砂古さんはビクトリアサンドイッチケーキを実演していましたが
これもとてもおいしくて、何回購入したか覚えていないほどです^^
今年も早く味わってみたくてウズウズしています。

冬寒い季節、エリザベスさんのご自宅でジンジャーブレッドを
一緒に作って味の確認もしたそうです。
ミルクティーと合うのよ。とエリザベスさんのおすすめだそうです。


20180917チラシ2


定番のスコーンもやってきます。
今年はどこかなぁ?と楽しみにしている方も多いはず!!

2018年は、1897年創業の五ツ星ホテル「ザ・コノート」のスコーン
がやってくるそうです。イギリスから職人もやってきて製作実演も。

我が家は毎年英国フェアのスコーンも何回か購入します。
買った翌日の朝、いつものミルクティーと一緒にスコーンを楽しみます。
それだけで朝起きるのが楽しみになったり、HAPPYな気分になります。
実際、イギリスでも朝のティールームでミルクティーとスコーンを
楽しむ人もいますし、現地でも愛されているティータイムシーンです。

日本の方のスコーンのイメージは、モサモサして水分が・・・という方も
多いようですが、ぜひ本場イギリスのスコーンを味わってみてください。
明らかに日本のイメージするスコーンとは違います。

これに水分が必要だからとかではなく、英国ミルクティーを合わせると
最高の味わいなんです。イギリスにはこの組み合わせのセットが
〈クリームティー〉というメニューで、英国ティールームに実在します。

クリームティーとは、英国ティールームの定番メニューであり、
スコーン&クロテッドクリーム&ジャム、
そして、紅茶のミルクティーのセットのことをいいます。
※イギリス流に拘るならミルクティーを合わせるのがポイントです!


20180917チラシ1


そしてなんと!英国フェアの会場では、そのクリームティーが味わえる、
とっておきの英国ティールームもやってきます。

今年はピーターラビットの故郷・湖水地方がクローズアップ。
ウィンダミア湖のほとりに、ピーターラビットの作者である
ビアトリクス・ポターが『りすとナトキンのおはなし』を描き、
後に彼女の母親が暮らした邸宅をそのまま利用したホテル
「リンデス・ハウ・カントリーハウス」があります。その湖に佇む
人気ホテルのクリームティーが世界観とともに日本で味わえます。

日本でも味わえるのは阪急の英国フェアの会場だけ、です。


20180912ティールーム2


ピーターラビットもそうですが、今年の阪急「英国フェア2018」は
「英国のファンタジーワールド」をテーマに、
英国文学にも焦点を当てた内容になっています!

そこで!!ハリーポッターのファンには必見のニュースが。

スコットランド・エディンバラには、ハリーポッターシリーズの
作者J.K.ローリングが第一作『ハリーポッターと賢者の石』を
執筆した有名なカフェ「ザ・エレファント・ハウス」があります。
世界のハリーポッターのファンの聖地ともいわれているカフェ。

私も数年前にエディンバラを訪れた時に行きたいと思っていて
時間切れで行けなかった、そのカフェが日本に来てくれるのです。
大阪と博多に!阪急百貨店の英国フェア、本当に凄いです。

スコットランド伝統のパンケーキを日本で再現してくれるそうです。


20180917チラシ3


他にも、ハリーポッターのシリーズにも度々登場したこともある
イギリスの伝統的なクリスマスケーキでもある
ドライフルーツを贅沢に使ったクリスマスプディングもやってきます。
しかも!幸運の6ペンスコイン付のクリスマスプディング。

我が家は今日ご紹介した英国フェア2018のイギリス菓子は
すべて味わう予定です♪それが毎年の楽しみでもあります。
早くあたたかいミルクティーと一緒に英国ティータイムしたいです♪

20180818ショートブレッド3

そして、今年の英国フェアには、ハリーポッターの映画に登場する
小道具などのデザインを手がけたミナさんとリマさんのギャラリー
「ハウス・オブ・ミナリマ」も登場し、ブラック家の家系図など
ファンにはたまらないハリポタの雑貨などが楽しめるそう。
ロンドンまで行かなくても、大阪と博多でGETできるチャンスです。

阪急うめだ本店ではミナさんとリマさんご本人達が初来日し、無料の
トークショーも開催されるとか!もう募集も始まっているみたいですよ!

★ 阪急うめだ本店「英国フェア2018 」限定!
ミナさんとリマさんの初来日記念 トークショー参加者募集はこちら♪


ロンドンや湖水地方からスコットランドのエディンバラまで
これらの話題のショップがすべて、阪急うめだ本店の「英国フェア」
だけでなく、先に開催される博多阪急の「英国フェア」にも揃います!

● 博多阪急「英国フェア2018」

期間:2018年10月3日(水)~7日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

★ 博多阪急「英国フェア2018」サイトはこちら♪

★ 数量限定!リントンズの2018年新作紅茶缶の紹介ページはこちら♪


● 阪急うめだ本店「英国フェア2018」

期間:2018年10月10日(水)~16日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店「英国フェア」サイト(予告)はこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月31日(水)から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2018」

期間:10月31日(水)~11月5日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は15:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

新鮮で高品質な茶葉はストレートでももちろんおいしいですが、
「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。
さらに紅茶の茶葉の深い味わいが楽しめます。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR