FC2ブログ

にわとりが紅茶をあたためる英国デザイン!

イギリスといえば紅茶。一日に何回もティータイムする紅茶大国です。
そんなイギリスには紅茶を淹れる時に便利なグッズが色々あります。

そのうちのひとつは・・・ティーコジー(Tea Cosy)です!

イギリス家庭でティーコジーは一年中、毎日使うものです。
朝から晩まで、紅茶を淹れる時は必ずティーコジーをかぶせてます。
我が家も紅茶を淹れる時は毎日必ず使います。

そのためリントンズのにわとり型ティーコジーは何個か持っており、
季節に合わせて、ハロウィン柄、クリスマス柄、バレンタイン柄、
イースター柄と使っていくこともあり、それも楽しみなんです♪
毎日、季節も感じながら、おいしい紅茶を楽しめるアイテムです。

そして、リントンズのティーコジーは、にわとりの形をしています。

なぜ、“にわとり”なのか?
昔、英国家庭でにわとりの形の古いティーコジーを使っているのを見て、
なんてかわいい!なんてイギリスらしいデザイン!と一目惚れ。
探してもみましたが「古いものでいまはもう売っていないかも?」と。
にわとりが紅茶をあたためる、英国では古くからあるデザインなんです。
ティーポットにかぶせた時にたまごをあたためているみたいに、
丸みをおびて、とてもユニークでかわいいデザインになります。
これは、他のデザインにはない“お楽しみ”なのです。

リントンズのにわとりは、「cock-a-doodle-doo!!」ではなく
cuppa-doodle-doo!! 」と鳴くそうですよ♥
※“cuppa”とは、イギリスでは“1杯の紅茶”を意味します。

ティーポットにかぶせたあと、紅茶と一緒にあたたまった
にわとりティーコジーをギュッと抱きしめると、
心も温まり、使う度に愛おしい存在になってしまいます。

そしていつしか、紅茶の相棒としてかかせない存在になっています。


20180831teacosy1.jpg


「ティーコジーは紅茶が冷めないように保温しておくもの?」
思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、おいしい紅茶のために、もっと重要な役割があるんです!

イギリスでティーコジーは「茶葉をじっくり蒸らすためのもの」です。
これは知らない方も多いのですが、目的はまさに“コレ”です。
紅茶をおいしく淹れるコツは“茶葉をじっくり蒸らしてあげること”です。
イギリスの紅茶愛好家は、茶葉本来の香りやコク、水色を
楽しむために、紅茶はしっかり蒸らす人がほとんどです。

リントンズの熟練ブレンダーも、紅茶の茶葉はじっくり蒸らすことが
とても大切なことだとはっきりいいます。

日本では紅茶を浅く淹れる傾向にあり、水色が薄いことも多いです。
それでは、茶葉の味がしっかり味わえないことも多いです。
高品質な茶葉はじっくり蒸らしてこそ、茶葉の味わいが増します。
もし蒸らして渋味が出てしまうのなら、茶葉の品質に関係があります。

そして、イギリスでは紅茶を飲む時に98%がミルクティ-にします。
紅茶の茶葉と新鮮なミルクは相性がとても良いからです。
ミルクティーにする紅茶は“4分蒸らし”がベストだそう。
1~2分はもとより、3分でも茶葉のしっかりした味わいが出る前に
引き上げてしまうことになるそう。
5分以上は「すべて出し切ったあと」という表現をします。

“4分蒸らし”がその茶葉本来が持つ香り、味わい、水色が
バランス良く抽出されるベストな時間だといいます。

リントンズ4代目サイモン氏はこの4分蒸らし状態の紅茶を
「Tea Heaven (極上の紅茶)」と表現しています。
是非、リントンズ紅茶をティーコジーでじっくり4分蒸らしして、
ミルクティーにしてみてください。
イギリス紅茶愛好家が楽しみにしているミルクティーの水色も含めて
「Tea Heaven」を味わえます。


20170601Rミルクティー


このように、効率良く、茶葉をじっくり蒸らすために必要なアイテムが
ティーコジーなのです。紅茶を淹れる時、毎日使うアイテムであり、
紅茶とともにパートナーのような存在です。
イギリスではマグにそのままかぶせる人もいます。
このお話をすると、驚かれたり、冗談かと思われたりしますが、
ティーコジーは毎日のおいしい紅茶に必ず必要なアイテムです。
難しいことは何もなく、ティーコジーをかぶせるだけ、です!

優雅なティータイム用(飾り用)と思っている方も多いようですが、
その逆で、おいしい紅茶にはかかせない実用的なアイテムなんです。

もちろん!素敵なインテリアにもなりますし、おもてなし等で
たくさんのお客様にティーポットで紅茶を淹れた時、
残った紅茶を保温しておくものにも使えます!!
ですが、保温が目的のシーンは頻度はそう多くなく、
毎日、「茶葉をじっくり蒸らすためのもの」がティーコジーの役割です。

同じ茶葉でも、じっくり蒸らすだけで紅茶のおいしさは変わります。


20180831teacosy2.jpg


いよい今週から開催される日本橋三越本店「英国展2018」には、
リントンズの大人気商品〈にわとり型ティーコジー〉が
新柄を含めて、なんと約150種類の柄が登場!すべて違う柄です!

150種類、一つ一つご紹介したい、こだわって買い付けた生地ばかり。
注目は、ハロウィン柄のティーコジーまで登場します。
このリントンズのハロウィン柄が入手できるのは英国展だけです。

我が家は夏休みが終わった、9月から10月31日まではハロウィン柄、
11月から12月いっぱいはクリスマス柄を使うのが毎年の恒例です。
子ども達もティーコジーを変えると「もうそんな季節?」となります。
季節柄は毎年使えるアイテムなので大切な想い出も詰まっていきます。


20180831teacosy3.jpg


リントンズのにわとり型ティーコジーは生地やボタンにもこだわり、
日本ではあまり見ないような外国製の生地をマーケットで探し、
時には、イギリス出張でも大量に買い付けて、
この大きなにわとり型ティーコジーに贅沢に使用しています。

これは本当に手間と時間とコストがかかることですが、
自分たちが好きなことでもあるので、楽しんで買い付けています。

ボタンも、日本には売っていない、英国のアンティークマーケットや
外国のマーケットで見つけた貴重なボタンを使っています。

中のキルト芯は、目が粗いものでは軽く、保温性が弱いのですが、
リントンズは、目が詰まってしっかりした上質なキルト芯を
1枚や2枚ではなく、贅沢に6枚も使っているので、
にわとりは、本気で紅茶をあたためて、蒸らしてくれます^^
お客様でも、「このティーコジーの良さは使ったら分かるわ!」と
他のに比べて保温力がすごく良いから、
こればかりをずっと使ってしまうとおっしゃる方も多いのです。
そのため、毎年買い足してくださるリピーターもとても多い商品です。

リントンズジャパン代表も私も毎回必ず製作の現場に関わり、
生地と裏地、ボタン、一羽ずつ組み合わせを丁寧に考えて、
すべてオーダーメイドで製作してもらっている“一点モノ”とも言える
ティーコジーです。大変な作業ですが、ずっとこだわってやっています。

生地を探すところから製作まで、時間と手間がたっぷりかかった、
デザインも生地も製作技術も、
他では作れない素晴らしいティーコジーだと自信を持っています。

リントンズジャパン創業から1000種類以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には1点や数点しか
作れないものばかりなので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!


花畑養鶏場


1羽 3,241円(税込3,500円)です!

毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。
どうしても大量生産で作れるような商品ではありません。

そして現状、生地や材料、製作費等の価格高騰も必至です。

製造担当者からも「自分たちがやっている仕事の中でも、
ダントツに手間がかかり、製作が大変なものです。
材料の生地やボタン、キルト芯も上質なものを使っているようなので、
現状の倍以上の価格設定にしても良いのではないでしょうか」と
ずっと言われ続けていますが、少しでも多くの方に、
“どんな日常でも、毎日のティータイムが
リントンズ紅茶やにわとり型ティーコジーなど素敵なパートナーに
囲まれることで、心豊かな日常になって欲しい”

という想いから、自信を持ってオススメできる価格にこだわっています。

英国ティータイムの必須アイテム「ティーコジー」。
このティーコジーがあるとないとでは、紅茶の抽出が大きく変わります。
そのくらいイギリスの紅茶愛好家にとってはなくてはならない存在です。

皆さんにとって、お気に入りの一羽が見つかりますように☆


20170110ティーコジー


「英国展」のショップでは、イギリスで愛されている紅茶の
おいしさ、楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
リントンズジャパン代表・岡田が毎日ショップで
おいしい紅茶を淹れてお待ちしております!

紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
新鮮なお湯で、毎回ティーポットから丁寧に淹れています。
リントンズの試飲の淹れ方はイギリス紅茶愛好家の淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、参考にしやすいかと思います。

他にも紅茶のこと、英国伝統のおいしいミルクティーの淹れ方等
ご質問があれば、何でも気軽にお尋ねください。


20180308teatasting1.jpg



2016921ロゴ新
● 日本橋三越本店「英国展2018」

今年も9月5日(水)から2週間にわたって開催されます!
リントンズはPart1 9月5日(水)〜10日(月)に出店します!

日本橋三越本店「英国展2018」のリントンズショップでは、
一番売れている定番ブレンドのティーバッグ紅茶がすべて並びます!
1袋にティーバッグ100個200杯分の紅茶が入って2,000円前後なので、
新鮮で高品質な紅茶が1杯約10円前後で楽しめるのが魅力です。
そして日本初上陸!2018年新作紅茶缶が数量限定で登場!!
他にも今年は完売必至の限定紅茶缶が3種類も並ぶ貴重な機会。
英国展限定!定番ブレンド・スペシャル紅茶セットや
紅茶商のビスケットBOX、新柄のにわとり型ティーコジーなどなど、
魅力的な“イギリス”がたくさん登場予定です!
初日には英国展オープニング記念〈三越スペシャルセット〉を販売!

商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、なんと!
もれなく、リントンズのハンパー柄ショップバッグをプレゼント!!
※先着順の数量限定100個のため、なくなり次第終了となります。

ぜひイギリスの紅茶商リントンズへ遊びに来てください♪

期間:2017年9月5日(水)~17日(月)
※リントンズはPart1 9月5日(水)〜10日(月)に出店!
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場

★ 日本橋三越本店「英国展2018」のスペシャルサイトはこちら♪


〈9月・10月の英国展&英国フェア情報!〉

東京・日本橋三越本店「英国展2018」に続き、
福岡・博多阪急、大阪・阪急うめだ本店でも「英国フェア」開催!
どちらもリントンズ出店します!取り急ぎ日程の発表です!

● 博多阪急「英国フェア2018」

期間:2018年10月3日(水)~7日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2018」

期間:2018年10月10日(水)~16日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR