FC2ブログ

リントンズの2018年の新作紅茶缶を発表!

今日は、どこよりも早い新着情報を速報でお知らせします!!!
このリントンズのブログを見てくださっている方限定の情報です。

日本橋三越本店「英国展2018」Part1で先行販売する新商品を発表!

英国の老舗紅茶商「リントンズ(RINGTONS)」の魅力の一つとして
有名なのが、毎年あらゆるデザインで登場する、限定の紅茶缶。

リントンズはおいしい紅茶を作るだけでなく、紅茶缶も素敵です。
紅茶メーカーにありがちな、決まりきったデザインの紅茶缶ではなく、
毎年あらゆるデザインで登場する紅茶缶は珍しい伝統です。
これはとても手間やコストがかかるものなので普通はやらないことです。

毎年楽しみにしている紅茶愛好家のリントニアンのために、
缶1つで、ティータイムが楽しくなるような紅茶缶を作り続けています。
毎回、イギリスの雰囲気が伝わってくるような素敵な缶です。

2018年の今年は、その名も「ハンパーティーキャディー」!!!

イギリスではバスケットのことを“ハンパー”と呼びます。
こんなに本場英国スタイルを感じられる紅茶缶は見たことがない!
というような、おしゃれすぎるハンパー型の紅茶缶の登場です!!

大きな紅茶缶で、サイズは高さ約14㎝×幅約18㎝×奥行約11㎝です。

実は、イギリスと日本、ほぼ同時発売となりそうな、ワクワク感。
イギリスから届いたばかりの2018年新作紅茶缶を
日本橋三越本店「英国展2018」Part1にて数量限定で先行販売します。
世界でも入手できるのは、イギリスと日本だけ!というレア商品。

どうしてもイギリスと同時期に発売したいという代表の熱い想いに、
4代目のサイモン・スミス氏を筆頭に、英国のリントンズ社の
スタッフ達の全面的な協力を得ることができ、実現しました。
日本橋三越「英国展2018」の広告掲載には間に合いませんでしたが、
リントンズブログを見てくださっている方へのどこよりも早い情報です!


20180818tin1.jpg


ジャパン代表の岡田は今年2月に行われた、イギリス本社の
商品会議でこの紅茶缶のサンプルを見て一目惚れしたほど!

英国スタイル満載のハンパーのデザインも気に入りましたが、
そのハンパーの編み目部分もエンボス加工で仕上げた
リアリティがあるからこそ、高級感もあります。

ヒンジで開け閉めするタイプなので、使い勝手も良く、
キッチンだけでなく、ダイニング、リビング、どこに置いても素敵。

蓋を開けた裏までエンボス加工のハンパー柄というから驚きです。
開けたままでもハンパー柄が見えて絵になるので、
フラワーアレンジメントなどお花を活けてみても素敵だと思います♪
紅茶缶としてだけでなく、ティータイムのテーブルで大活躍しそうです。

バスケットにアルファベットの「RINGTONS」の文字が
ペンキでペイントされたような美しいハンパー。
イギリスを感じずにはいられないデザインなんです。


20180816caddy1.jpg


さらには紅茶商リントンズのロゴや紋章が刻印されたペイント部分は
その擦れ具合がアンティークな雰囲気も醸し出しておしゃれです。

黒の革ベルトはイギリスのハンパーの伝統デザインでもあります。
英国伝統を取り入れた、こんな紅茶缶はリントンズしか作れません。


20180816caddy5.jpg


写真はイギリスのアンティークマーケットで見つけたハンパー達。

イギリスでは、ハンパーと呼ばれる素敵なバスケットが沢山あり、
とくにペイントでデザインされたハンパーは古くからあるもの。

見かけては欲しい!と思いながらも、古さからボロボロだったり、
大きすぎたりして、日本に持ち帰るには躊躇してしまうアイテム。
このリントンズの紅茶缶はそんな欲も満たしてくれます♪

英国アンティークやヴィンテージが好きな方も欲しくなる紅茶缶!


FMチズウィック

20180816hamper3.jpg

20180816hamper4.jpg


取っ手の革ベルトのデザインもきちんとエンボス加工に。
細部まで凝っている缶のクオリティはイギリス紅茶商のこだわり。


20180816caddy6.jpg


なぜ?リントンズの紅茶缶がハンパー柄のデザインなのか?
リントンズとハンパーの関係には伝統のストーリーがあるからです。

リントンズ(RINGTONS)は、創業以来100年以上いまもずっと
変わらず、紅茶をお客様のお宅へ届ける方法を守り続けています。
イギリスの日常で100年以上続けている伝統です。

創業から半世紀は、リントンズのロゴマークのように
馬車で1軒1軒お届けにまわっていました。
当時、街には200台のリントンズ馬車が走っていたそうです。

自分のおうちまで馬車で紅茶を届けてくれるのが
イギリスの、リントンズの、日常だったなんて!ワクワクしませんか。


ピクギフト1


そして、英国紳士がリントンズオリジナルの大きなハンパーに、
紅茶やビスケットを入れてお届けするのも伝統です。
これも昔から変わらない、リントンズのトレードマークでもあります。

100年以上の時の中で、移り変わる街の風景、人々、紅茶の歴史・・・
そのなかで変わらずにあり続けたのが、リントンズのハンパーです。


城リントンズ

20151016宅配


紅茶を届けてくれる彼らは“Tea Man”と呼ばれ、
いまも変わらず、ハンパーで大切な紅茶をお届けしているのです。

時代とともに、馬車からバン(車)に移動手段は変わったっものの、
「Your Tea Madam !」と変わらず1軒1軒のお宅へ。


910basha9.jpg


イングランド北部や湖水地方の街では、
よく見かけるイギリス紅茶の伝統の日常風景なんです。


921Ringtons_delivery_service_.jpg


この伝統のハンパーに、リントンズ紅茶や新商品の紅茶缶、
ビスケット等をたっぷり詰めて、各家庭にお届けしています。

紅茶はリントニアン各家庭、お気に入りのブレンドがあり、
それを届けてもらうことがほとんどですが、ビスケットや新商品等は、
予約取り寄せしたり、玄関ドアでハンパーの中をのぞきながら購入。
そして、最新の紅茶事情やちょっとした世間話など、
“Tea Man”とのおしゃべりを楽しみながら、
「今日はコレとコレちょうだい~」と購入するのです。

100年間、沢山のイギリス紅茶愛好家たちが
このリントンズのハンパーと繋がってきたのです。


20180408バスケットバッグ2


もう一つの伝統といえば、リントンズのオリジナルグッズ。
毎年デザインが変わる紅茶缶とともに、過去に販売されたものは、
アンティークマーケット等で出逢うしかないものであり、
英国老舗紅茶商のアンティークやヴィンテージグッズとして、
紅茶愛好家にコレクターも多い、人気があるグッズです。

そのグッズ製作の歴史も長く、いままで100年以上、
様々なオリジナルのグッズを製作してきました。
そして、リントンズグッズの中には、このハンパーもよく登場します。

例えば、これはイングランド北部のアンティークマーケットで見つけた
大きなリントンズのハンパー型のティーポットです。
英国陶芸家ポール・カーデュー氏のデザインにより製作されたものです。

ハンパーの中には、当時実際に販売されていた
紅茶や缶、グッズなどがリアルなミニチュアで再現されています。


20170323hamper2.jpg


同じく、ポール・カーデュー氏により製作された紅茶配達“Tea Man”の
ティーポットにも、片手には紅茶やグッズが詰まったハンパーが^^


20170323hamper4.jpg


これも、イギリスのアンティークマーケットで見つけたものですが、
過去には、こんなユニークな“Tea Man”の置物が登場したことも!
飼い犬のリードが配達員の足に絡まってしまっています。各家庭に
紅茶をお届けしていたら、こんなこともあるかも知れませんね^^
やはり片手に持っているのは、紅茶が詰まったハンパーです。


20170323hamper3.jpg


紅茶商の111年の歴史の中で、沢山のグッズとしても登場してきた
リントンズのハンパー。そんなリントンズ紅茶とハンパーは、
現在も、イギリスで愛され続けている、最高のコンビネーションです。


20180816caddy3.jpg


紅茶缶のデザイン1つに、こんなにストーリーが詰まっているのも、
リントンズがイギリスで1世紀以上の歴史ある紅茶商だからです。

この大きな紅茶缶を開けてみると・・・・・
中には、本物の英国ティータイムが丸ごと詰まっています。
なんと!日本では未発売の新商品も入っているんです!!!

紹介しきれないくらい素晴らしい、2018年のスペシャルな紅茶缶。
中身については、下記のブログで丁寧にご紹介します。

★ 「速報!2018年紅茶缶の中身を大解剖!」のブログはこちら♪



2016921ロゴ新
● 日本橋三越本店「英国展2018」

今年も9月5日(水)から2週間にわたって開催されます!
Part1が9月5日(水)~、Part2が9月12日(水)~と
どちらも“英国”がテーマの盛りだくさんの内容で、
催しや出店者が入れ替わり、また違った雰囲気を味わえます♪

リントンズはPart1 9月5日(水)〜10日(月)に出店します!

日本橋三越「英国展」で、リントンズの2018年紅茶缶を
数量限定で先行販売することが決定しました!

期間:2017年9月5日(水)~17日(月)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場

★ 日本橋三越本店「英国展2018」のスペシャルサイトはこちら♪


〈9月・10月の英国展&英国フェア情報!〉

東京・日本橋三越本店「英国展2018」に続き、
福岡・博多阪急、大阪・阪急うめだ本店でも「英国フェア」開催!
どちらもリントンズ出店します!取り急ぎ日程の発表です!

● 博多阪急「英国フェア2018」

期間:2018年10月3日(水)~7日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2018」

期間:2018年10月10日(水)~16日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR