FC2ブログ

英国菓子とミルクティーのティータイム

イギリスの紅茶愛好家は一日に何度もティータイムをしますが、
ティータイムにいただく英国菓子の定番は「ビスケット」です。

ビスケットは古くからイギリスの家庭で愛されている英国菓子です。
イギリス人はお茶菓子のことを「ビスケット」といいます。
クッキーやティーケーキ、ショートブレットなどもです。日本で
想像する「ビスケット」より、もっと大きな枠でくくるイメージです。

私たちが“英国ティータイム”と聞いて思い出すのは、
迷うことなく“ビスケットとミルクティー”です。

イギリスのビスケットといえば、ジンジャービスケットも有名です。
私は初めて食べた時は慣れない味に戸惑いましたが、
いまでは無償に食べたくなる時があるほど大好きなものです。
このビスケットに、ミルクティーを組み合わせるのが英国伝統です。

紅茶商リントンズは、おいしい紅茶だけでなく、
伝統的な英国菓子のビスケットもオリジナルレシピで作っています。
どれもレビューで5つ星中、5つ星がつくほど評価が高いものです。

ジンジャービスケットも昔から大人気の商品です。
英国には「いままで色々なジンジャービスケットを食べてきたけれど、
紅茶商リントンズのジンジャービスケットはまた食べたくなる」
と言うファンが沢山いるほど、本当に愛され続けているビスケットです。

このリントンズのジンジャービスケットを味わうことができる
リントンズの〈英国菓子のビスケットBOX〉。日本の夏はイギリスより
高温多湿となるので、よりおいしく召し上がっていただくために、
夏期販売休止とさせていただいておりましたが…
「日本橋三越英国展2018」で販売が再開されることになりました!

ジンジャービスケットの他に、英国生まれシュルーズベリービスケット、
オーツビスケット、チョコチップビスケットがアソートでセットになり、
素敵なイギリスの紅茶宅配が描かれたBOXに入り、税込1,080円です。

● 日本橋三越本店「英国展2018」

期間:2017年9月5日(水)~17日(月)の2週間!
※Part1が9月5日(水)〜10日(月)←リントンズはPart1に出店
※Part2が9月12日(水)〜17日(月)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越 本館・新館7階催物会場


20180811ジンジャーブレッド4


イギリスのビスケット、味わい方に特に決まりはないのですが、
実は、暗黙の了解で?イギリス人が楽しむ味わい方が2つあります。

1つは、ミルクティーとビスケットのコンビネーション。
これはビスケットに限らず、英国菓子と最高の組み合わせです。
そのコンビの“味わい”に特別なものがあるからです。

「ニコイチ」で相乗効果があるのです。

おいしい紅茶は、それだけでおいしい。
おいしいビスケットは、それだけで本当においしい。
でも、2つを一緒に味わうと、さらに特別な味わいになるのです。

老舗紅茶商リントンズの伝統のレシピで作られたビスケットは、
「ニコイチ」相乗効果までを考えて作られた、珍しいものです。
日本のビスケットでそこまで考えたものはなかなかないと思います。
さすが紅茶大国ならではの紅茶商メイドのビスケットなのです。


20180127teatimes2.jpg


2つめは、ミルクティーにビスケットをダンクすること。

イギリス人はミルクティーを飲む時に、紅茶にビスケットを浸して
食べることが多く、そのことを“ダンク(Dunk)”といいます。
ダンクは、親しい間柄でなければあまりやらないそうです。
逆にイギリス人がダンクをすすめてきたら、仲良くなろう、
もっと親しくなろう、または心を許している証ともいえます♪

一度だまされたと思って、しっかり淹れたリントンズのミルクティーに、
リントンズのジンジャービスケットをダンクして食べてみてください。
私たちもかつて、紅茶商リントンズ4代目社長サイモン氏や
奥様スー夫人、熟練のティーブレンダー達に勧められて、半信半疑で
ダンクしてみたら、英国紅茶とビスケットの世界観が変わりました。

楽しい&おいしいティータイムの世界が広がります。


20170605dunk.jpg


ジンジャービスケットのように、イギリスには伝統のビスケットが
たくさんあります。イギリスにあるお菓子は、英国発祥のものが多く、
中には何百年の伝統のある英国菓子がいまでも愛され続けています。

もちろん、イギリスでも新しい味わいのビスケットも登場します。
ただそれは、全く新しいものではなく、伝統の味わいを進化させたもの。
古いものを守りながら、新しく進化させていくのも上手な国です。
紅茶がリーフから上質なティーバッグに進化したように。

例えば、イギリス人が大好きなヴィエニーズ。
オーストリア発祥と思われがちな名前ですが、イングランド東部にある
イーストアングリア地方で最初に作られた英国伝統菓子。
オーストリアのお菓子に発想を得たということで名付けられたそう。
バター多めのショートブレッドのような味わいのビスケット生地に、
甘酸っぱいラズベリージャム&バニラクリームがサンドされるのが定番。

今夏のイギリスで見つけた新作のヴィエニーズがあります。
なんと!ラズベリーの生地で作られたかわいいピンクのビスケットに、
プロセッコ風味のクリームがサンドされているもの。

イギリスではいまプロセッコが人気!アフタヌーンティーも
シャンパン付ならぬプロセッコ付も見かけるようになったほど。
トレンドのプロセッコの味わいは伝統の英国菓子にまで登場です。
英国菓子は歴史と時代の背景が見え隠れするのも魅力です。

★ 「イギリスで人気のプロセッコとは?」のブログはこちら♪


20180811teatime3.jpg


今回、イギリス土産にコーヒーウォールナッツケーキも買ってきました。

いままでブログで紹介したヴィクトリアサンドイッチケーキや
レモンドリズルケーキ、キャロットケーキ、チョコレートケーキと並ぶ、
英国ティールーム定番のケーキです。
コーヒー味なのに、間違いなくミルクティーに合う不思議なケーキ。
お茶大国の中国圏には、コーヒーとミルクティーをMIXした鴛鴦茶と
いうものが存在しますし、犬猿の仲ではなさそうです。

英国菓子は繊細じゃない!芸術的とも違う!伝統的なものばかりで
飾り気もなければ、真新しさもない!これだけ食べると甘いだけ!と
終わってしまうのはもったいない奥深さがあるんです。

その素朴な英国菓子と伝統のミルクティーと一緒に味わうと、
確かに心を豊かにしてくれる味わいがあることに気付きます。
それに大味ではなく、意外と真面目に絶妙な味わいを追求しています。


20180811teatime4.jpg


イギリスでティーといえばミルクティーというくらい、
紅茶を飲む時、98%がミルクを入れて飲むのが英国伝統です。
お腹を満たすためとか、惰性で飲んでいるわけでもなく、
子どもの頃から愛する伝統の味。おいしいから飲んでいるんです。

イギリスの紅茶愛好家は、英国菓子にストレートティーではなく、
しっかり淹れたミルクティーを一緒に合わせて楽しみます。
そして実は、お砂糖を入れない人も多いのがイギリス流。
そのほうが、ミルクティーの茶葉の甘みや香りが楽しめ、
お菓子の小麦本来の甘みも味わえるからです。
コーヒーではダメなんだ、というイギリス人もいます。

しっかり淹れたミルクティー(砂糖なし)と一緒に味わってみると、
“英国菓子の奥深さ”が伝わる、後を引くおいしさなのです。
これぞ皆さんに知って欲しい、英国ティータイムの真髄なんです。


20180811teatime1.jpg


イギリスの人がなぜ?紅茶を何世紀にも渡って愛しつづけるのか?
なぜ?長年に渡り、同じような英国菓子を愛しつづけるのか?
片方が愛され続ける限り、なくてはならない存在で在り続けるのです。

そして、イギリスのミルクティーは、なにげない日々のお茶の時間。
ホッとするひとときを総称しているものであり、
それと同じように、イギリスでは英国菓子やビスケットも
そんな存在のように感じます。



20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


チルアウト
暑い日が続きますが、リントンズのアイスティーはいかがですか?
紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ3包入れて、5~6時間冷やすだけで、
簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい。

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR