FC2ブログ

珍しいリントンズグッズに出逢いました!

今夏訪れたアンティークマーケット。ニューカッスル郊外にあり、
そこは歩いて行けばすぐ北海が眺められる素敵な場所。
マーケットでは、リントンズのグッズにいくつか出逢いました。

リントンズは世界中の紅茶商で、唯一といえる伝統があります。

それは、おいしい紅茶を作るだけでなく、ティーグッズの面白さ!
紅茶メーカーにありがちな、決まりきったデザインの紅茶缶ではなく、
毎年あらゆるデザインで登場する紅茶缶は珍しいです。
これはとても手間やコストがかかるものなので普通はやらないことです。

毎年楽しみにしている紅茶愛好家のリントニアンのために、
缶1つで、ティータイムが楽しくなるような紅茶缶を作り続けています。
どれもイギリスの雰囲気が伝わってくるような素敵な缶です。

他のティーグッズに関しても、新商品が発表される度に驚きのある、
次に何が出るのかワクワクする、お楽しみもあるのです。

その楽しすぎる伝統もなんと!100年以上も続いています!!
グッズがアンティークやヴィンテージになるということは、
それだけグッズ製作の伝統や歴史の長さがあるということです。

そんなティーグッズは、発売当時、イングランド北部限定で、
馬車やバンで、各家庭に紅茶を宅配をしていたリントンズが
数量限定で販売していたので、購入できたのは限られた人達です。
このようなリントンズのアンティーク・ヴィンテージグッズは、
いまでも宅配地域である北部のアンティークマーケットでしか、
なかなか見つけられないレアなグッズばかりです。

写真は、リントンズオリジナルのウィロー柄の食器が描かれた
額入りのアーティスト作品。作品名は「On Display」。
過去には、アーティスト作品まで発売していたリントンズ!
リントンズ伝統のRTの紋章が入った正真正銘のグッズです。


20180728uk8.jpg


リントンズジャパンのオンラインショップでは、年に1・2回、
一つ一つイギリスのアンティークマーケットやアンティークショップで
丁寧に見つけて買い付けた、リントンズのレアなグッズを大放出する
「アンティークマーケット」を開催。6月23日(土)にも開催され、
毎回、即日完売してしまう、とても人気のマーケットです。

先日オンラインショップで販売したウィロー柄のソルト&ペッパーや
朝食のエッグスタンド&トーストラックのセットも描かれています。

いままで買い付けて、販売したことがあるティーポットやマグカップ、
カップ&ソーサー、プレート、ティーキャディー等描かれています。
描かれているものすべて、過去にリントンズから発売されたもの!


20180728uk9.jpg

2016512ウィローいろいろ


実は、もう一つの作品も見つけました!
作品名は「Afternoon Tea」です。
リントンズオリジナルのウィロー柄デザインの食器を使って、
午後のティータイムを描いた作品。
イギリスらしい英国菓子やスコーン、ビスケットとともに、
もちろん!英国伝統のミルクティーでティータイムしています。


20180728uk7.jpg


ウィローパターンは東洋デザインに見えますが、実は英国デザイン。
ブルーウィローは18世紀に英国で生まれ、19世紀にかけて
ウィローパターンとして世界へ広がり、日本にも江戸末期に伝わった
当時、大変人気のある英国を代表するデザインの陶磁器です。

いまから100年近く前の1920年代、リントンズからも
ウィローパターンの食器が誕生しました。

リントンズのウィロー柄は、1762年から200年続いた老舗の
英国窯元Maling Pottery社が、紅茶商リントンズのためだけに
特別にデザインしたウィローパターン“Two - man”なんです。
橋の上には二人の男性が描かれているのが特徴です。
一言に「ウィローパターン」と言っても、
メーカーによって微妙にデザインが異なるところも興味深く、
見ているだけでも飽きないデザインです。

リントンズグッズを代表するデザインでもあるので、
過去には、“Two - man”のウィロー柄の紅茶缶まで発売!

リントンズの紅茶缶のデザインは他では見られない楽しさがあり、
そのため英国紅茶愛好家にも人気があり、コレクターがいるほど。

ウィロー柄の紅茶缶のように、過去に発売された紅茶缶は、
アンティークマーケットで見つけるしか入手する方法はないもの。


20180728uk10.jpg


100年以上の英国紅茶商として築き上げたコネクションで、
英国のあらゆる陶磁器メーカーとコラボレーションして
グッズを作り続けている歴史もあります。
過去にはウェッジウッドやバーレイ、コールポート、メイソンズ等
英国の名立たるブランドとリントンズはコラボしています。

そしてなんと!1960年代には、パイレックスともコラボしていました。
パイレックスの耐熱ガラスはアメリカのコーニング社が開発。
1921~73年までイギリスのJames A.Jobling & Co.Ltd.略して
JAJという会社と契約を結び「JAJパイレックス」という通称で
“Made in England”のパイレックス製品を製造していました。

JAJのミルクガラスは1953年から1970年代までに作られたものが、
オールドパイレックスと呼ばれており、
いまではコレクタブルアイテムにもなっている人気者。

写真は、JAJがリントンズのために特別にデザインした“Tally ho”。
1960年代に発売された作品で、この当時のリントンズグッズには、
パッケージには、オリジナルであることが書かれていても、
グッズ自体にリントンズのロゴが刻まれていないものも多くあり、
パッケージがないと、リントンズのものとわからないグッズもあります。

このJAJの“Tally ho”もその一つですが、リントンズの作品です。


20180728uk11.jpg


“Tally ho”とは、キツネ狩りで猟師が獲物を認めて、
犬にかける掛け声です。犬はジャック・ラッセル・テリア。
ジャック・ラッセルといえば、キツネ狩り用の猟犬として有名です。
実にイギリスらしい、古式ゆかしい狩りのようすが描かれています。

アメリカ製のパイレックスのポップさとはまた違う
イギリス製ならではの上品で、落ち着きのあるデザインが特徴です。
このミルクガラス製品は現在、製造終了となっているので貴重です。

プレートの他にも、キャセロールやボウル、カップ&ソーサー等も
発売され、リントンズの名が語られぬまま市場に並んでいることも
ありますが、正真正銘、リントンズのオリジナルグッズです!

そういう意味では知る人ぞ知る、珍しいリントンズグッズです。


20180728uk12.jpg


最近はイギリスのアンティーク市場で、リントンズグッズに
出逢う機会も、少なくなってきているような気がします。
アンティーク・ヴィンテージは現在は作られておらず、
奇跡的に出逢うしかないものです。
だからいまは、1つの出逢いも大切にしています。

いままでいろいろなリントンズグッズに出逢ってきましたが、
それでも初めて出逢ったグッズがまだありました。
そして、数年ぶりに出逢えたグッズもありました。

創業者のサミュエル・スミス氏の時代から、現第4世代まで、
100年以上もグッズを製作し続けているんですから、
いろいろなティーグッズが存在するのは当然かもしれません。

ここまで長年に渡り、こだわってグッズを製作しているのを見ると、
英国リントンズ社が100年以上続く老舗の紅茶メーカーというのを
忘れてしまいそうですが、英国製の紅茶やビスケットに限らず、
日常で楽しむティーグッズまでこだわって製作することは、
お客様が“イギリス日常のティータイムを楽しむこと”に
第5世代に受け継がれるいまでも、真面目に取り組んでいる証です。

そこがリントンズの魅力だと感じています。



20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


チルアウト
紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ3包入れて、5~6時間冷やすだけで、
簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい。

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR