FC2ブログ

紅茶商推奨「ティーバッグは先、お湯は後」

現代、紅茶の国・イギリスでは紅茶を淹れる時、リーフではなく、
98%がティーバッグで淹れるのは、とても有名なお話ですが、
では、ティーバッグを入れるタイミングは・・・・・?

答えは、ティーバッグが先!お湯が後!です。

最近は、お湯を先に入れてから、ティーバッグは後に入れるという
お話もあるようですが、紅茶商リントンズ4代目のサイモン氏や
ブレンダーは必ず先にティーバッグを入れることを推奨しています。

紅茶の茶葉が上手に抽出されるには、
空気をたっぷり含んだ新鮮なお湯が必要だからです。


20170629tea7.jpg


汲みたての新鮮な水をケトルで沸かし、お湯に含まれる空気が
たっぷりある状態の沸きたてのお湯をティーバッグの茶葉を
めがけて注ぎます。紅茶葉は必ず沸騰したてのお湯を使います。
そして、リボイル(2度沸かし)したお湯は、お湯に含まれる
空気の量が減っているため、絶対NGです。

お湯の中に、後からティーバッグを入れると、茶葉が抽出されにくく、
ある意味、茶葉の渋味などをごまかせてしまうものでもありますが、
それはおいしく飲める秘訣とはいえず、水色は紅茶色でも、
茶葉本来の香りや味わいを楽しめていないことになります。

空気をたっぷり含んだ沸きたてのお湯をすぐ注ぐことが、
ティーバッグ内の茶葉がジャンピングする秘訣なのです!


20170629tea6.jpg


あとは、4分しっかり蒸らし、紅茶を最後の一滴まで注いでください。
紅茶葉はじっくり蒸らしてあげることもポイントです。
因みに、ミルクも先です。ただ最近はティーポットではなく、
マグで紅茶を作るイギリス人も多く、その場合は後に入れます。
しかもミルクは冷たいまま使います。
ミルクを温めると臭みが出てしまい、茶葉の繊細な味を損ないます。
本場の英国ティールームでもミルクは必ず冷たいままでサーブされます。

沸騰したてのお湯を使って淹れる紅茶の出来上がった時の温度は
飲むには熱すぎるくらいなので、
冷たいミルクを入れることで、アツアツの飲み頃の温度になります。
これは、イギリス紅茶愛好家の間で有名なミルクティー理論です。


20170629tea1.jpg


ティーバッグの形は、丸型、ピロー型、三角型といろいろありますが、
ティーバッグ紅茶の善し悪しは形状では決まりません!!!

まず、中身の茶葉が新鮮で高品質であることが一番!
あとはティーバッグの形状と中身の茶葉の形状が合っているか?が
とても重要なんです。いくら高品質なリーフでも、
ティーバッグにそのまま詰めてはおいしい紅茶になりません。

そして、入れる順番はティーバッグが先!お湯が後!です。

リントンズ4代目サイモン氏は、「おいしい紅茶を楽しむためには、
高品質な茶葉を育て、その茶葉を新鮮な状態で輸送し、
新鮮なままお客様に届ける、とてもシンプルなことなんだ」と。
「しかし、そのシンプルなことがとても難しい」といいます。

世界で見てもトップクラスの技術で作られる英国紅茶商の紅茶は、
生半可な知識や技術で作られているものではありません。
100年以上の伝統のレシピと技術、熟練ティーブレンダー達の
鍛錬な努力と情熱で、おいしいティーバッグ紅茶は作られています。

その英国の芸術品と呼べるティーバッグ紅茶を、
ティーバッグが先!お湯が後!で入れて、しっかり4分蒸らせば、
私たちは簡単においしい紅茶に出逢うことができます。



20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「ゴールド」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


チルアウト
紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ3包入れて、5~6時間冷やすだけで、
簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい。

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR