FC2ブログ

ワールド・ティー・フェスティバル ①

「ワールド・ティー・フェスティバル2018」のメイン会場となる
“世界各国のお茶”をテーマにした祝祭広場には、
各国のショップごとに、その国のお茶の文化や飲まれ方等が
書かれた看板が設置される予定です。これを見ながら、
各国ごとのお茶の飲み比べを楽しめ、とても面白そうです!

リントンズのショップは、この祝祭広場に“英国ブース”として
出店しているので、ぜひ!ショップ横に書かれた
英国紅茶の飲まれ方が書かれた看板をチェックしてくださいね。

そして、ショップでは英国で愛され続けている定番紅茶はもちろん、
関西初登場アイテムや限定商品、プレゼント企画等もあるので、
今日からショップに登場するリントンズ商品を紹介していきます。


■ 先着100缶限定!限定紅茶缶「レシピティーキャディー」

リントンズ紅茶は関西初登場!限定紅茶缶も販売します!!

英国の老舗紅茶商「リントンズ」の魅力の一つとして有名なのが、
毎年あらゆるデザインで登場する、限定発売の紅茶缶。
イギリスの紅茶愛好家にコレクターも多く、人気のアイテムです。

イギリス老舗紅茶商の限定紅茶缶「レシピティーキャディー」。
欧米で愛用されているキッチン雑貨〈レシピBOX〉と
リントニアンに一番人気〈ブレックファスト100杯分〉のセットです。

〈レシピBOX〉とはインデックスをはさみながら、お料理やお菓子等
のレシピを書き留めたものをBOXの中に立てて保管する、
というファイルシステムです。イギリスのアンティークマーケットでも
たまに見かけたり、実は古くから愛されているアイテムなんです。

リントンズの〈レシピBOX〉の缶のデザインは、クラシックデザイン。
カジュアルさとシックさをあわせ持った、やわらかい雰囲気が特徴で、
いまイギリスで人気の高いインテリアのスタイルでもある
“シャビーシック”な雰囲気にもマッチするデザインなのです。
日本のインテリアにも馴染みやすいデザインだと思います。


20180509阪急1


このシャビーシックな雰囲気にあう〈レシピBOX〉のデザインは、
過去に発売されてきたティーグッズでも度々使われています。

これらの販売終了のアイテムは、紅茶商のグッズとして、
イギリスのヴィンテージ、アンティークとして価値があります。
歴史がある紅茶商だからこそ、そんな価値もあるのです。

どれも、イギリス暮らしを感じさせてくれるグッズばかり。


20180121レシピ缶

ミルク花束

20180436ringtonsuk.jpg

20180410biscuit.jpg

20180318レシピ4


今回も“イギリス暮らし”を感じさせてくれる限定グッズです。
本格的な〈レシピBOX〉で、中には、レシピカードが40枚入り!
検索しやすいように、様々なインデックスも入っています。
気になるレシピもカテゴリー毎にオーガナイズ。


20180507recipes1.jpg


自分の得意料理や好きな料理レシピを書き留めておいたり、
お気に入りの料理本やお菓子本のレシピを書き写してみたり、
素敵に自分好みのレシピ集が出来上がります。
紅茶レシピやパーティーレシピも書き留めておけば、
自分らしいおもてなしメニューに困ることもありません!


20180318レシピ2


このレシピBOXの素晴らしいところは、
蓋部分がレシピカードを立てておけるようになっているのです。
ちゃんと使うことまで考えられた凝った作りになっています。
キッチンに置いておくだけで素敵なアクセントに。

日本ではなかなか出逢えない貴重なイギリス雑貨ですし、
このような本格的な〈レシピBOX〉、結構高い代物なんです。
リントンズは紅茶100杯分もセットになっています♪


20180318レシピ3


自分の好きなメニューやお母さん、おばあさん達から教わった
秘伝のレシピなど、どんどん書いてBOXにストック。

購入されたお客様の中には「自分のレシピをまとめようと思いながら
時が過ぎてしまったけれど、このレシピ缶との出逢いをきっかけに、
娘のために、自分のレシピをまとめてみるわね!」という方も。

何もかもデジタルの時代ですが、
そんなアナログなものをいまでも愛用しているイギリス。
いずれ時が来たら、大事にしていたり、愛着のあるそのレシピを
大切な誰かに受け継ぐ・・・とてもイギリスらしい
素敵なアイテム〈レシピBOX〉です。

リントンズのティーグッズは、そんな豊かなイギリス暮らしの
背景が見えてくるストーリーのあるグッズばかりです。


20180315recipe-box.jpg


缶の中には、イギリスで一番人気のブレンド〈ブレックファスト〉、
ティーポット用ティーバッグ50個(1包2杯分合計100杯分)入り!
※パッケージは写真と異なる場合がございますが、
中身は〈ブレックファスト50〉になっております。

ブレックファストは新鮮なケニア茶葉とアッサム茶葉のブレンドです。
先日の紅茶商リントンズのティーセッションで聞いた話ですが、
いま、イギリスで飲まれている紅茶の60%がケニア紅茶だそう。
リントンズは70%以上がケニア、20~25%がインド紅茶です。
アフリカの紅茶は紅茶愛好家にすごくマッチしているそう。

ワインと一緒で、産地の土壌や気候によってできる茶葉に
特徴があり、紅茶商リントンズ4代目オーナー・サイモン氏は、
ケニアはファンタスティック、アッサムはストロング、といいます。
アッサムは土壌も豊かで、最もストロングな紅茶といいます。

ブレックファストは、リントンズブレンドの中で最もストロング、
40~50%がアッサム茶葉、ケニア茶葉も西と東をブレンドしていて、
フルボディのしっかりとした深みのある味わいにしています。

これがイギリスの紅茶愛好家が愛して止まないミルクティーにすると
新鮮なアッサム茶葉のコクと深みが、一緒にブレンドされている
ケニア茶葉のフレッシュな茶葉の甘みと芳醇な香りと相まって、
毎日飲んでも飽きないおいしさです。それがマグ100杯分入り!


20180317breakfast50.jpg


■ 先着30個限定!創業110周年記念BOX「ヒストリー・オブ・ティー」

ラストチャンスです!!!
創業110周年記念スペシャルBOX「ヒストリー・オブ・ティー」は、
ワールドティーフェスティバル2018での販売が最後となる限定グッズ。
他フェア、オンラインショップ分はすでに完売となっています。
買い逃した方、気になっている方はぜひこの機会をお見逃しなく!

紅茶の伝説や歴史が描かれた貴重なブック型ボックスには、いま
イギリスの紅茶愛好家の間では、持っているとちょっぴりステイタス
にもなってしまう?“ティーバッグスクイーザー”が入っています。
日本では入手困難なものでもあり、見たことがない方も多いため、
「どうやって使うモノ?」「スプーンですよね?」とよく聞かれます。

これは、紅茶の国・イギリスで98%ティーバッグで紅茶を淹れる
ティースタイルに合わせて生まれた、とても可愛いティーグッズです。

★ 限定BOX〈ヒストリー・オブ・ティー〉 3,519円(税込3,800円)


20180317名古屋2


リントンズの熟練ティーブレンダーは、紅茶を淹れるうえで、
ティーポットでもマグでも、最後に紅茶をティースプーン等で
“かき混ぜる”ということは、とても大切なことだといいます。

そのため、ティーバッグスクイーザーはスプーン型になっています。
そして、紅茶は最後の一滴に茶葉の旨みがギュッと詰まっています。
ティーバッグを取り出す時に、その旨みをギュッと絞りながらも、
液だれせずに、上手にティーバッグを取り出せてしまう優れモノです。

高品質な茶葉は、軽くギュッと絞っても渋味やエグ味がありません。

そして、取り出す時に、ティーバッグの茶葉の濃い色味により
浮き出す“TEA”の文字にワクワクして満足する逸品です^^
ティーポットでもカップでも使える、おしゃれなティーグッズです。


20171029teabag.jpg


そして、このティーバッグスクイーザーが大活躍すること間違いなしの
イギリスでも日本でも人気ナンバー1の紅茶「ブレックファスト」の
ティーバッグが50個×2袋、なんと100個も入っています!
しかも、イギリスのティールームやご自宅でも愛される英国定番品、
〈大きなマグ1包2杯分のティーポット用ティーバッグ〉なので、
たっぷりマグ200杯分(茶葉300g)の英国紅茶がBOXに入っています。


20170922book3.jpg


「実物を見たほうが、もっと欲しくなる!」とよく言われますが、
それもそのはず、紅茶好きにはたまらない“あれこれ”が
1つのBOXに思いっきり詰まっているからです。

大きなブック型の収納ボックス“ TEA BOOK ”の表紙には、
イギリスで古くから語られている紅茶の伝説が描かれています。

いまから約4800年前、中国の神農皇帝がカメリア(椿)の木の下に
座っていた時、召使が持ってきたお湯に乾燥した葉が落ち、
その葉から抽出された香りと味を
皇帝が気に入ったことが“お茶の始まり”といわれています。
その風景が描かれています。
これはイギリスでもよく知られている紅茶の歴史でもあります。

紅茶商リントンズの創業110周年記念限定で発売された
とても美しいデザインの紅茶本のBOXです。

入手できるのはワールドティーフェスティバルのみとなりました。


20170922book1.jpg


関西初登場!先着100個の限定紅茶缶〈レシピティーキャディー〉、
ラスト販売となる限定BOX〈ヒストリー・オブ・ティーBOOK〉の
他にも、「ワールドティーフェスティバル2018」では、
イギリスでは完売してしまったレアアイテムなど、
魅力的なティーグッズが盛りだくさんで登場予定です。

リントンズでは、イギリスで愛されている紅茶の
おいしさ、楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
ジャパン社長・岡田が毎日ショップで
おいしい紅茶を淹れてお待ちしております!

紅茶のこと、イギリス流のおいしいミルクティーの淹れ方等
ご質問があれば、何でも気軽にお尋ねください。


20180308teatasting1.jpg


紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
新鮮なお湯で、毎回ティーポットから丁寧に淹れています。
そんなことができるのも、リントンズが上質なティーバッグだからです。
リントンズの試飲の淹れ方はイギリス紅茶愛好家の淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、参考にしやすいかと思います。

紅茶を楽しむお茶文化がブームやトレンドとかではなく、
イギリスのように日常で愛されるようになったら嬉しいです。
リントンズは、どんな日常にも溶け込み、紅茶に癒やされる
幸せな時間を作ってくれる、おいしくて、素敵な紅茶です。

イギリスで100年以上変わらず愛され続けている紅茶です。

100年以上前の創業当時は馬車で紅茶をお届けしていた
リントンズは、馬車のロゴが目印です!


2016921ロゴ新


ワールドティ2018ロゴ
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2018 〉

リントンズショップからスペシャルなご案内!
先着100名様!ショップで5,400円(税込)以上お買い上げのお客様に、
紅茶商リントンズのハンパー柄ショッピングバッグをプレゼント♥

期間:2018年5月17日(木)~5月21日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「世界各国のお茶」
※リントンズは“英国ブース”として祝祭広場に出店します!
● ギャラリー 「英国の紅茶」
● アートステージ 「アジアのお茶」

★ ワールド・ティー・フェスティバル2018のWEBサイトはこちら♪

※本日10:00から募集開始となったリントンズ紅茶セミナーは、
募集開始後5分で満席となったそうです!ありがとうございます。
参加される方は、一緒に英国ティータイムを楽しみましょう♪



20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
老舗紅茶商4代目社長のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している紅茶。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


20180414napkiss4.jpg
★母の日スペシャルプレゼント企画★

現在、オンラインショップで商品合計3,240円(税込)以上
お買い上げの方先着100名様に、
フランス製「NAPKISS」1箱(定価1,296円)をプレゼント中!!

※3,240円以上の方は、必ずプレゼント商品(0円)をカートに入れて
決済へ!カートになくなり次第プレゼント終了となります。

★プレゼント商品「NAPKISS」のページはこちら♪


コピー ~ new logo
母の日プレゼントの在庫も残り僅かとなっております。
→9日(水)在庫がなくなりました。素敵な母の日なりますように☆

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR