FC2ブログ

入荷待ち続出!お試しセット入荷です!

リントンズからお知らせが続きます!お待たせ致しました!!
大人気の「リントンズ紅茶のおためしセット」が遂に入荷です。
かなり多くの方が入荷待ち連絡希望をされており、
入荷数にはどうしても限りがございますので、
なりなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
不定期入荷の商品となりますので、次の入荷は未定となります。

送料無料なので、一度リントンズ紅茶を飲んでみたかったという方、
リントンズ定番ブレンドの中からお気に入りを見つけたいという方、
イギリスで愛され続けている定番紅茶を飲み比べすることができます。

もし、前にリントンズ紅茶を飲んだことあるけれど...という方も
久しぶりに味わってみてください。どんどん拘っておいしくなる、
進化している紅茶なので、前よりももっとおいしくなっています!

リントンズ紅茶の定番5ブレンド1袋4包入り、計20包入って1,000円。
アールグレイ以外の4ブレンドは、ティーポット用ティーバッグなので、
1包で2カップ分(約400cc)も抽出できる茶葉量が入っています。
合計約40杯のいろんな味わいの英国紅茶が楽しめて、
全国どこでも送料無料で1,000円はお得!とても人気のセットです。

明後日、4月20日(金)12:00に入荷します。
商品ページの〈入荷連絡を希望〉に登録していただくと、
入荷と同時に連絡させていただくようになっております。
おためしセットをお求めの予定の方は、ぜひご利用ください。

★ 「送料無料!リントンズおためしセット」の商品ページはこちら♪


20180131newtasting.jpg


このおためしセット、リントンズ定番ブレンドの中から
“自分のお気に入りの紅茶”を見つけたいと買われる方も多いんです。

それは、イギリスの紅茶愛好家と同じ気持ちなんです。

紅茶の国・イギリスは、紅茶には厳しく、好みもはっきりしているので、
沢山のメーカーの紅茶をストックする紅茶愛好家はごく僅かであり、
選び抜いた“これ”という自分のお気に入りの紅茶を見つけたがります。
多くの紅茶をストックしどんどん開封してしまうと、好みでなくても、
毎日飲まなければ、どうしても茶葉が酸化し、古くなるからです。

だから自分がおいしいと思う紅茶に出逢うことにこだわっているのです。

リントニアンは、リントンズの中でも自分のお気に入りブレンドがあり、
リントンズ紅茶が切れてしまうのは困るので、キッチンのストックに
お気に入りのブレンド紅茶が何袋もストックされているのが普通です。
それでも、あっという間に飲みきってしまうのですが・・・。

我が家では、毎日ブレックファストとゴールドを気分で飲み分けて、
たまにアールグレイやルイボスティーも飲みます。
コノシュアは、一年中アイスティーにして常備しています。
なので、これらの紅茶は常にキッチンにストックされています。
オフィスでは、カッパスを常備し、マグで飲むことも多いです。
このように、いくつかのブレンドをストックしている家庭もありますが、
それは沢山のメーカーではなく、“リントンズ”のストックになります。

もちろん他メーカーのフレーバーティーやハーブティーだったり、
烏龍茶、緑茶、珈琲等を飲むこともありますが、
必需品と嗜好品の違い、という感じです。

イギリスで、高品質でおいしい紅茶は日常にかかせない必需品です。
毎日おいしい紅茶を楽しみ、ホッとする豊かな時間を過ごすためにも、
自分のお気に入りの紅茶メーカーに出逢い、その紅茶を
何年も、何十年も、中には親子代々愛し続けるのです。
これは頑固とかそうゆうものではなく、自分が心からおいしいと思う
紅茶は、毎日楽しい時も辛い時も寄り添うパートナーになるのです。
イギリスの人は「それが紅茶の魅力だ」と口を揃えて語ります。

リントンズは、紅茶の国・イギリスで、100年以上もの長い間、
“パートナーの紅茶”として、リアルに愛されているような紅茶です。
“自分のお気に入りの紅茶がある”...それこそが英国紅茶です。


1980リントンズ


どのリントンズ紅茶にも共通して言えるのが「Smooth」であること。
イギリスの人はおいしい紅茶に出会うと、
面白いくらいに「Very smooth !」と表現します。

新鮮で高品質な紅茶は一目見て、一口飲めば、すぐ分かります。
茶葉本来の明るく美しい水色と、茶葉本来の優雅な香りに満ち、
甘みとコクのバランスが絶妙で、まろやかで、喉ごしの良い後味です。
それが「Very smooth !」。
新鮮茶葉は、驚くほどクセがなく、飲みやすいのが特徴です。
ぜひ、リントンズ紅茶で「Very smooth !」を味わってみませんか?

今日は、リントンズ専属の熟練ティーブレンダー渾身の
ブレンド紅茶をすべてご紹介します!


820Tasting-Room.jpg


■ トラディショナル ( Traditional )

100年以上続く英国老舗紅茶メーカー「リントンズ」の
ロングセラーブレンドは【トラディショナル】です。
長年のイギリスの味を守るために、代々伝わる長年のレシピと
ノウハウを基に熟練ティーブレンダーによりブレンドしています。
現在は、新しくきれいな土壌で、若い茶木から上質な品質の茶葉が
採れるアフリカの茶葉を中心に、ブレンドされています。

イギリスで何十年も変わらない味、長年、愛され続けているブレンドの
味ですが、茶葉の製法、専属ティーブレンダーの技術の進化により、
リントンズの紅茶は間違いなく、どんどんおいしくなっています。

以前、リントンズの本社に保管してある社外秘の「トラディショナル」の
レシピを見せてもらったことがありますが、その分厚さに驚いた程です。
長年の知識と経験、そして先人からの伝統を感じたものでもありました。
とてもではないですが、一朝一夕にできるような代物ではないことを
強く実感したことを思い出します。
これが英国老舗の「Tea Merchants(紅茶商)」の伝統紅茶なのだと。

この伝統のブレンド感が“イギリスらしくって好き”という方も多いです。
ティーポット用ティーバッグで、1包で大きなマグカップ2杯分の
紅茶(400cc)を抽出できます。1袋に200杯分の紅茶が入っています。

【トラディショナル】と同じブレンドである【カッパス】は、
マグ用ティーバッグで、1包1杯用です。茶葉の量が異なります。
【カッパス】はオフィスや自宅で1人ティータイムするのにピッタリ!


20180131blend5.jpg


■ コノシュア ( Connoisseur )

このブログでも度々ご紹介したことがある、
リントンズ歴70年のロイヤルリントニアンの素敵なおばあさま!
100歳のおばあさまが愛飲しているのは、この【コノシュア】です。
以前、リントンズが取材された番組のインタビューで、
「リントンズ紅茶と他の紅茶との違いは何ですか?」と聞かれて、
おばあさまは「その質問には答えられないわ!
なぜなら70年間、リントンズ紅茶しか飲んだことがないんだもの!」
と答えていました。まさに“自分のパートナーの紅茶”なんです。

コノシュア=目利き、とブレンド名を名付けるほど、
茶葉の強みを深く味わえるブレンドです。
ALLケニア茶葉使用の紅茶で、KTDA(ケニア茶業開発機構)に属する
紅茶のプロ集団による希少な厳選農園の高品質な茶葉使用。
ストレートでこそ良く分かる茶葉品質の良さも特徴ですが、
ミルクティーにしても、スッキリした味わいの紅茶になります。

アイスティーにしても色が美しくおいしい紅茶で、我が家では一年中、
夏でも冬でも【コノシュア】のアイスティーを毎日欠かさず作ります。
和食でも、洋食でも、食事には、このコノシュアティーが登場します。

ちなみに、リントンズの専属ティーブレンダーのジャームズ氏は、
【コノシュア】のミルクティーがお気に入りだそうですよ^^
おいしい茶葉はストレートでもミルクでも間違いなくおいしいのです。


20180131blend4.jpg


■ ブレックファスト( Breakfast )

昨年、リントンズで一番人気のブレンド「エクストラフレッシュ」が
新しいブレンド名【ブレックファスト(Breakfast)】になり登場!

イギリスでは19世紀の頃から朝食に濃く淹れた紅茶に
たっぷりミルクを入れるミルクティーが主流となり、
そんな紅茶習慣に合うようにブレンドされた紅茶が
“ブレックファストティー”です。
イギリスでは最も伝統的で、ポピュラーなブレンドですが、
いままで、リントンズにその名称のブレンドはありませんでした。

しかし、エクストラフレッシュは英国で毎朝ミルクティーとして
楽しむ紅茶として長年愛され続けており、このたび、
【ブレックファスト】になったことで、より、この紅茶に親しみがわき、
愛されていくことになるでしょう。

【ブレックファスト】は、リントンズ独自のリーフロック製法で、
インド産のアッサム茶葉とケニア産のナンディヒルズの茶葉を
とにかく新鮮な状態でブレンドし、お客様の元にお届けしています。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

リントンズブレンドの中では、一番ミルクティーに合うブレンドですが、
ストレートで淹れても、とってもおいしい紅茶なんです。
アッサムはミルクティーのイメージも強い茶葉ですが、
リントンズのように、新鮮なアッサム茶葉はストレートでもおいしい!
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時のコクのある味わいは「完璧な紅茶」です!

我が家は毎朝【ブレックファスト】のミルクティーで一日が始まります。
もう10年以上、毎日飲み続けても、全く飽きません。
飽きないどころか、日々おいしく感じる不思議な紅茶です。

【ブレックファスト】で朝食においしい英国ミルクティーを!


20180131blend1.jpg


■ ゴールド ( Gold )

グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の【GOLD】
ケニアのKTDA傘下の厳選契約農園のなかでも、特に、
上質な茶葉を生産している6つの小規模農園の最高級ケニア茶葉の
一番上の芽の部分のみを贅沢に使用した紅茶です。

日本ではまだあまり知られていませんが、アフリカの茶葉は
紅茶先進国であるイギリスの紅茶業界では注目の産地です。
いま、イギリスで飲まれている紅茶の60%がケニア紅茶だそう。
そのため、イギリスの紅茶メーカーでよく見られる産地です。
産地アフリカの茶葉は、日本にとっては遠い国の味。
入手するのは難しい希少な農園の茶葉ばかりですが、
イギリスの紅茶商の人々のおかげで味わうことができます。

現在、英国老舗紅茶商リントンズの紅茶の85%位が
ケニアなどアフリカからの輸入茶葉を使っています。
なぜなら茶葉は土壌も命。アフリカは、インド、スリランカより
新しくきれいな土壌で、ミネラル豊富、若い茶木から上質な品質の
茶葉が採れるそうです。【ゴールド】の茶葉も、茶葉摘採後、
48時間以内に真空パックしてイギリスへ輸送し、
専属ティーブレンダーにより48時間以内に紅茶に仕上げられます。

イギリスの紅茶愛好家も、ケニアで飲んだあの素晴らしい紅茶の味
と同じだと語ります。リントンズの紅茶は、茶木から摘んだ茶葉
そのままの味わいをお客様のティーカップで楽しめるといいます。
それは、生産された現地で飲まれるのと同じ味わいだといいます。

【ゴールド】は本当に雑味のない、新鮮な茶葉の甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖なしのミルクティーで味わうのが
サイモン氏やスー夫人の“パートナーの紅茶”でもあります。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている最高品質の紅茶です。


20180131blend3.jpg


■ アールグレイ ( Earl Grey )

リントンズのブレンドの中で唯一のフレーバーティー。
紅茶商リントンズは、高品質で新鮮茶葉にこだわった
おいしい紅茶なので、この茶葉もしっかり味わっていただくために、
普通のフレーバーティーよりフレーバーの着香度をあえて低く設定。
そして、フレーバーはシンプルに天然のベルガモットのみです。

イギリスの紅茶愛好家は、リントンズの【アールグレイ】を飲んで、
こんな風に例える人もいます。
「はじめは、着香されたベルガモットの香りも弱く感じた。
しかし、2週間飲み続けていたら、とても華やかなベルガモットの
香りに変わり、ブレンドされた茶葉の香りも感じられるようになり、
このアールグレイの素晴らしさを深く知ることになった」と。
「いまでは、強く着香されたフレーバーティーや不自然なほど
人工的なフレーバーティーには敏感になってしまった」とも。

驚くほど香り高いわけではない、リントンズの【アールグレイ】ですが、
飲み続けていると、人間は嗅覚が研ぎ澄まされていき、
本当はフレーバーってこのくらいで良いんだと私たちも思います。

国民の98%が紅茶はミルクティーにして楽しむイギリスらしく、
ミルクティーにしても絶品です。新鮮茶葉の風味もしっかり味わえ、
ケニアの芳醇な茶葉の香りに、ベルガモットの上品なフレーバーも香り、
「アールグレイのミルクティー」のおいしさもわかります。
英国熟練のティーブレンダーの真骨頂を見せる味わいです。


20180131blend2.jpg


イギリスの人は、自分にとって“お気に入りの紅茶”があることで、
日常にホッと落ち着ける時間があることが安らぎであり、
おいしい食事やお菓子にも必要なパートナーでもあります。
そして家族の時間、夫婦の時間、一人の時間、仲間の時間にも
毎日必要なコミュニケーションツールだと大切にしています。

「紅茶を淹れようか」という紅茶で囲むティータイムは、
家族や仲間が自然と集まる、豊かな時間も作ります。
そして、たわいもないおしゃべりが始まると、
紅茶のおかわりがかかせなくなることだってあります。
時には、紅茶を淹れることで、励ましたり、喜びを分かち合ったり。
ケンカをしていたら、仲直りのツールに使うことも^^
だから、紅茶はコミュニケーションツールとしてもかかせないのです。

自分のパートナーの紅茶を見つけ、その紅茶が日常にあること、
毎日、何年も、何十年も愛し続けられることに幸せを感じています。

これは何世紀にも渡り、ヴィクトリア時代からも変わらない精神で、
紅茶は日常の癒しであり、素敵な人生のためのツールなのです。


201649simonsue2.jpg


そんなイギリスでリアルに愛されている英国紅茶を
日本の日常でも気軽に楽しんで欲しいです。
お茶を楽しむDNAがある日本の人もきっと好きになる紅茶です。

送料無料!お試しセット1,000円(税込)が入荷します。
同時に、人気のにわとり型ティーコジーも50柄以上入荷予定です。
すべて明後日、4月20日(金)12:00に入荷します。

リントンズのオンラインショップをぜひチェックしてみてくださいね♪

※リントンズの通販ショップでは、 通常、ご注文から配送まで
決済入金確認後2営業日以内で対応させていただいておりますが、
今回、入荷連絡待ちやお問い合わせもかなり多い状況であり、
注文の混雑が予想されるため、通常よりも発送にお時間を
いただくこともありますが、予めご了承ください。

郵便振替や銀行振り込みの場合、入金確認後の発送になります。
ご注文後、数日経っても入金の確認がない場合は
キャンセルとなる場合もございますので、予めご了承ください。



ワールドティ2018ロゴ
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2018、出店情報! 〉

5月中旬、英国フェアでお馴染みの阪急うめだ本店9階に、
イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、
アメリカ、ニュージーランド、フィンランド、スリランカ、トルコ、
インド、マレーシア、ベトナム、中国、台湾、日本などなど
各国の人気ティーブランドが一堂に集結します!
伝統あるティーブランドから新進気鋭のティーブランドまで
世界の様々なお茶や飲み方のスタイルが楽しめます♪
ぜひ各国の違いにも注目してほしい貴重なお茶イベントです。

期間:2018年5月17日(木)~5月21日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場&ギャラリー


20170518セミナー代表
〈 イギリスで愛される紅茶とティータイム雑貨の魅力 〉

速報! ワールド・ティー・フェスティバル 英国紅茶セミナー情報!!
阪急うめだ本店「ワールド・ティー・フェスティバル2018」内で、
去年好評だったリントンズのティーセミナーを内容を変えて、
初日17日(木)と18日(金)の午後に開催予定です。

今年は、イギリスの紅茶愛好家たちに、リアルに愛されている
紅茶の淹れ方や飲み方、選び方、愛されているティータイム雑貨を
リントンズジャパン代表・岡田がご紹介していきます。

阪急うめだ本店のイベント予約の申し込みサイトにて、
5月より先着で募集が始まるそうです。
募集日時等の詳細は、また日が近くなりましたらお知らせ致します。

参加費は無料です。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
老舗紅茶商4代目社長のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している紅茶。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りとまろやかさと甘みを楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
リントニアンに大人気の限定紅茶缶、好評発売中!
イギリス紅茶商から届いた新鮮な紅茶やグッズも揃います。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR