FC2ブログ

イギリスで愛され続けるブラックティー

イギリスの紅茶といえば、パッと何を思い出しますか?

有名なものでは“イングリッシュブレックファスト”があります。
これは、紅茶メーカーが、各々の伝統レシピやブレンド技術で、
さまざまな産地の茶葉をブレンドした紅茶です。
各紅茶メーカーにより茶葉の産地や品質、ブレンド技術が違い、
同じブレンド名でも、メーカーごとに味わいは大きく異なります。
このように、イギリス紅茶といえば“ブレンド紅茶”が主流です。
世界で見ても、トップクラスのブレンド技術を誇るからです。

イギリスの紅茶愛好家は、国外ではなく、英国内の伝統レシピや
英国内の熟練ティーブレンダーによって作られた
“英国ブレンドの紅茶”のことを“英国紅茶”と呼ぶこだわり様です。
紅茶の食品表示に〈ブレンド国・英国〉と必ず書くのはそのためです。

そして、ダージリン、アッサム、ケニア等のように産地のみの茶葉も、
その産地の茶葉をブレンドしたものも、〈ブラックティー〉と呼びます。
ブラックティーとは、茶葉そのものを楽しむ“紅茶”のことなんです。

このブラックティー(Black Tea)がイギリスの人が
毎日のように楽しみ、何世紀も愛し続けている伝統のお茶です。

※イギリスの硬水で紅茶を淹れると色が濃いためブラックティーと
呼ぶのではなく、緑茶を発酵させて茶葉の色が濃く見えたため
ブラックティーと呼んだのが由来です。リントンズは日本と同じ
軟水地域の紅茶ですが、当たり前ですがブラックティーと呼びます。
完全発酵させた無着香の紅茶を、ブラックティーと呼ぶのです。

※茶葉にミルクや砂糖を入れないストレートティーをブラックティーと
呼ぶというのも違い、紅茶のことをブラックティーといいます。
そのブラックティーを98%がミルクティーにして飲むのがイギリス流。


20180127teatimes5.jpg


では、フレーバーティーは?
イギリスでは、フレーバーティーは紅茶の部類に入りません。
日本では、この違いがとても曖昧なことが多いです。
紅茶と緑茶が違うように、紅茶とフレーバーティーも違うのです。

紅茶は、茶葉本来の香りや味わい、水色を楽しむものです。
フレーバーティーは主に、着香した香りを楽しむものです。

紅茶の国・イギリスでは、長い間、高品質な茶葉が手に入りやすく、
紅茶の茶葉本来の香りや味わい、水色を楽しむ文化が発展しました。
このお茶の味わい方は、日本も緑茶を味わう時と同じですよね。
お茶業界では有名なお話ですが、イギリスや日本は
茶葉の香りや味わいを楽しむお茶文化があるといわれています。
だから日本人は本来、フレーバーティーの香りよりも、無着香の
ブラックティー(紅茶)の茶葉の香りを味わうのが上手なはずです。

そして、紅茶はミルクと相性がとても良いお茶です。
イギリスでは紅茶を飲む時、98%がミルクティーにしていますが、
その時でも、茶葉の香り、味わい、水色を楽しんでいるのです。
実は紅茶先進国のとても高度な紅茶の味わい方であり、
このおいしいミルクティーは高品質な茶葉でなければ味わえない
といいます。おいしいミルクティーを“完璧な紅茶”と語るほどです。

このように、イギリス紅茶といえば、
ブラックティー(紅茶)のミルクティーでもあります。


20180127teatimes2.jpg


何世紀も愛され続けているイギリス伝統のブラックティーですが、
おいしいミルクティーを楽しめるだけでなく、
自分の好みで活用して楽しむことができるのも魅力です。

高品質なブラックティーを基本に、お気に入りのミルクティーに、
自分でスパイスを調合してチャイにすることもあります。
イギリスの人は実はチャイも大好きです。
他にもフラワーやフルーツを調合してフレーバーティーを作ることも。

イギリスでは「Blend Your Own Tea Set」のようなブレンドキットも
売られていたりして、とても気軽にブレンドしています。
ブレンドと言っても、茶葉をブレンドすることは職人の技術がいるため、
ブラックティーに、香り付けをするブレンドのことをいいます。
これなら好みの材料を揃え、誰でも簡単に楽しむことができます。

そのために必要なものが、高品質なブラックティー(紅茶)です。

皆さんも、リントンズ熟練の職人によって作られたティーバッグ紅茶に、
寒い季節はジンジャーやシナモンを使って、
自分のお好みで自由にブレンドを楽しんでみませんか?
好みにより、1つまみ、2つまみと調整するとわかりやすいと思います。
カラダを温めるジンジャーティーやシナモンティーも、
もとの茶葉が新鮮でおいしいので、簡単においしくできますよ!
両方入れて濃いミルクティーにして、チャイにするのもおすすめです。


ジンジャー
20180114ginger.jpg

シナモン
20180114cinnamon2.jpg


いま英国本場のティールームで愛され続けているリントンズ紅茶を
お店で使ってみませんか?という特別企画をしていますが、
上質なブラックティーであるリントンズ紅茶が1つあれば、
お店の紅茶メニューや自宅の紅茶アレンジレシピの幅も広がります。

ミルクパンで牛乳を多めに使い、ロイヤルミルクティーも作れます。
自分でスパイスを調合して香り付けし、チャイもおいしく作れます。
フラワーやフルーツ、ハーブで香り付けしたらフレーバーティー
新鮮な季節のフルーツと一緒にフルーツティー、
夏はきれいな水色のアイスティーアイスミルクティーも簡単です。
オールマイティに紅茶の世界を楽しめます。

だから、イギリスの人は万能のブラックティーを愛し、
茶葉の味わいをとにかく大切にするのです。
ミルクティーでもフレーバーティーでも茶葉の味わいを重視します。
英国ティータイムの基本となるものがブラックティー(紅茶)なのです。

イギリス紅茶の歴史や伝統、茶葉を仕上げる技術を感じるなら、
まずは上質なブラックティー(紅茶)を深く味わってみてください。



20180109cafe5.jpg
【 英国ティールームの紅茶をお店で使ってみませんか? 】

英国老舗紅茶商の紅茶リントンズを、お店の紅茶として使いませんか?
日本と同じ軟水地域のイングランド北東部の家庭だけでも30万世帯に
愛されている英国紅茶であり、英国ティールームやホテルまで入れると、
1週間に億杯を超えるリントンズ紅茶が飲まれています。
リアルに紅茶の国・イギリスで選ばれている正真正銘の英国紅茶です。

イギリスのように、この日本でも、もっと気軽に美味しい紅茶が
楽しめるお店が増えたら嬉しいと思っています。

締め切り日は今週【1月31日(水)】となっております!
1つ1つのお店に合わせて、丁寧にご返信を心がけています。

★企画の募集要項・お申込みの詳細はこちらをご覧ください♪


20170524breakfastimage.jpg
イギリスで人気№1のブレンド「ブレックファスト」。
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
さらに新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時の味わいは「完璧な紅茶」です!

★「Breakfast」 100袋200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


コピー ~ new logo
110年続く英国老舗紅茶商リントンズの紅茶が購入できます。
イギリスで愛されている素敵なティーグッズもいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR