FC2ブログ

英国ティールームで飲まれている紅茶

リントンズは、イギリスの軟水地域で楽しまれている紅茶です。
日本と同じ軟水のイングランド北東部や湖水地方等では、
家庭に限らず、高級なホテルや老舗ホテル、街のティールーム
などでも、リントンズのティーバッグ紅茶が楽しまれています。
特にイギリス人が集う英国ティールームでは多く使われています。
いま日本で販売されている定番ティーバッグと、全く同じものです。

先日の英国フェアでも、最近英国に行かれたお客様たちがいらして
「湖水地方のホテルで、リントンズ紅茶に出逢って嬉しかった!」
「英国のティールームでいただいた紅茶がすごく美味しかったから、
お店のスタッフにどこのメーカーのものかをたずねたら、
“リントンズのティーバッグ”と教えてくれたのよ!」と、
英国で愛されているリアルな声も聞くことができました。

写真は、リントンズ社のあるニューカッスルの人気ティールームで、
実際、リントンズ紅茶が楽しめるアフタヌーンティーです。
そして、メニューにはあえて「Ringtons Tea」と謳うこだわり様。

イギリスの紅茶愛好家の間では、ある説があるそうです。
〈アフタヌーンティーで、紅茶が美味しいお店はフードも美味しい〉
紅茶にこだわるお店はフードにもこだわるということのようです。


20171109英国ティールーム2


そして、そんなイギリスの高級ホテルやティールームでも、
ティーバッグで紅茶を淹れることがほとんどです。

紅茶の国・イギリスでは、現在は紅茶を淹れるとき、
98%がティーバッグで淹れるのです。この数字、驚きますよね?
これは紅茶の歴史を見てきた英国紅茶商リントンズ
4代目社長サイモン・スミス氏から直接聞いた数字です。

この数値、家庭に限らず、ティールームやカフェを含めても、です。
イギリスは、紅茶=ティーバッグと言っても良いと思います。

昔、旅行でホテルやティールームでアフタヌーンティーをした時に、
「ティーポットの中の紅茶がティーバッグだったことにガッカリする」
という日本の方も多かったと聞きました。そこに固執してしまうと、
せっかくのイギリス旅行の紅茶の世界が広がず、もったいないです。
98%ティーバッグで紅茶を淹れる、真の英国のおもてなしですから。
イギリスでは美味しい紅茶(茶葉)は絶対条件ですが、
それがリーフかティーバッグか?にこだわる概念はありません。
これは紅茶愛好家にも紅茶商の熟練ティーブレンダーにもありません。
むしろ「観光客(外国人)はリーフが好き」というイメージから
観光客の多い地域やホテルでは、あえてリーフで出すこともあります。
逆に、紅茶にとてもこだわっているお店では、観光客が多かろうと
お店こだわりのティーバッグ紅茶を出すこともあるくらいです。

たとえティーバッグだったしても、それがホテルやティールームの
こだわりの紅茶であり、美味しい!ということが多いと思います。
実は、リアルな英国紅茶のおもてなしに出逢えたということです。

紅茶の国・イギリスでは、いま、気軽に簡単に美味しい紅茶が
淹れられるような“上質なティーバッグ”であることを求められます。
高品質なティーバッグ紅茶は、素人には作れない職人技です。
だから、紅茶商のレシピと英国熟練のブレンダーの技術で作られる
“英国ブレンド”“MADE IN ENGLAND”の紅茶を選ぶのです。
紅茶にこだわる紅茶愛好家ほど、ここには驚くほどこだわります。
そうすれば、神経質にならず、必ずおいしい紅茶に出逢えるからです。
いまや紅茶を淹れるのは難しいという概念すら過去のものなのです。

写真は、イギリスのカフェのアフタヌーンティーで出てきた
リントンズ紅茶の「GOLD」です。ティーバッグが入っています。
イギリスで飲んでも、日本で飲む「GOLD」の味と一緒です!


20170303hon6.jpg

20170310cafe213.jpg


自分が心から美味しいと思える紅茶であれば、
それがリーフかティーバッグかは関係ないことだと思います。
むしろ、ティーバッグであれば、ラッキーなことですよね。

そして、丁寧に紅茶を淹れる=リーフのイメージもあるようですが、
丁寧に淹れることは行為であり、リーフでなくても、
ティーバッグでも、丁寧に心を込めて紅茶は淹れられます。
イギリスでも、おもてなし等の大切な時間には、
丁寧に紅茶を淹れています。98%がティーバッグで^^

高品質な紅茶に出逢えれば、紅茶を淹れるのに神経質にならず、
自分が好きなように淹れてもおいしい!
それが、紅茶の国で愛されている紅茶の楽しみ方だと伝えたいです。

リントンズは、英国ティールームでリアルに飲まれている紅茶で
それが、この日本のお水(軟水)にとても合う希少な紅茶です。
本場・英国ティールームの紅茶が、この日本でも
気軽に美味しく楽しめるなんて、ワクワクしませんか♪

★イギリスのアフタヌーンティー事情はこちら♪



● 熊本鶴屋百貨店「英国フードフェア」出店中!

リントンズ紅茶、熊本初出店!本日11月8日(水)~14日(火)まで、
熊本の鶴屋百貨店「英国フードフェア」に出店中です!
オンラインショップでも発売されたばかりの新商品や限定グッズ、
スペシャル紅茶ギフトバッグ、ティーコジー等もショップに並びます。
ジャパン代表の岡田が美味しい紅茶を淹れて、お待ちしております!

期間:11月8日(水)~14日(火)
時間:10:00~19:00 ※金・土は~19:30
場所:鶴屋本館地下1階中央イベントスペース


20170912gold.jpg
ケニアゴールドがブレンド名「GOLD」に生まれ変わりました。
老舗紅茶商4代目のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している「GOLD」。
もちろん!英国ティールームでも飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りとまろやかさと甘みを楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
オンラインショップは休まず営業中!
イギリスから届いた素敵なティーグッズがいっぱいです!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR