リントンズの英国ティータイム

我が家は一年中毎日ミルクティーを飲みますが、
ミルクティーが格段に美味しい季節になったと感じます。
毎朝、マグにたっぷりのミルクティーを飲むのが楽しみです♪

創業110周年記念の老舗紅茶商Ringtonsから発売された
2017年限定の新商品は、“英国ティータイム”そのままです。

リントンズは、英国で愛され続けている紅茶を作るだけでなく、
英国で愛されるティーグッズを製作するのも伝統です。
むしろ、リントンズ紅茶やグッズから、いまのイギリスの紅茶事情が
見えてくるといえるほど、リアルな英国ティータイムです。

今日はそんな“英国ティータイム”の視点から商品をご紹介します。


20170926teatime3.jpg


新商品のマグ2個と紅茶(ティーバッグ50袋100杯分)のセット。

いまイギリスのティータイムでは、紅茶はリーフではなく、
98%がティーバッグで淹れますが、
紅茶を楽しむ器も、ティーカップではなくマグカップです。
ティーポットとマグのティーセットは、現代の英国定番品です。

なぜマグカップなのか?
答えはシンプルに、美味しい紅茶をたっぷり楽しみたいから。

ティーカップも使いますが、毎日のティータイムはやはり
マグ愛用が英国流です。イギリスでは、おもてなしにも
マグカップで紅茶をお出しすることも多いんです。
美味しい紅茶はお客様にたっぷり楽しんで欲しいからです。

イギリスの紅茶愛好家は必ず“マイマグ”を持っています。

今回、リントンズから発売された紅茶商のマグカップは、
英国スタンダードなサイズのマグカップです。
リントンズ紅茶は、ティーバッグ1袋でマグ2杯分抽出できる
ティーポット用ティーバッグですが、そのマグ2杯分に、
ピッタリのサイズのマグカップ2個セットです。

ゴールデンブラウンの英国ミルクティーによく似合います。


20170926teatime4.jpg


リントンズオリジナルデザインの“VICTORIANA”は、
蝶や花々、フルーツをモチーフに、英国伝統の美しい自然から
インスピレーションを受けたデザインです。
イギリスの人が大好きなイングリッシュガーデンのデザイン。

蝶や蜂、てんとう虫は、古くからアンティークジュエリーにも
使われるほど、イギリスで愛されている幸せのモチーフです。


20170926teatime7.jpg


マグの素材は、英国伝統のボーンチャイナです。

ボーンチャイナとは、18世紀にイギリスで開発された焼きものです。
古くから、多くの英国高級ブランドの食器に使われています。
一般の磁器に比べ、とても軽いのに強度があります。
器の底の刻印に、ブランド名と一緒に、“Bone China”と
入っているので、購入する時に指標にする方も多いと思います。

リントンズのマグにも、紅茶商リントンズブランドのロゴと、
“Bone China”の刻印が入っています。


20170926teatime1.jpg


先日、先行販売した日本橋三越「英国展2017」でも大人気で、
「英国デザインのボーンチャイナのマグ2個に、
ティーバッグが50袋もセットになって、4,500円なの?!」
「マグカップだけのお値段ではなくって?!」と
英国紅茶や器に詳しいお客様にとても驚かれました。

私たちも昔から器が大好きで、日本の焼きものから西洋の食器まで
いろいろ集めて楽しむので、食器棚も和食器用、洋食器用とあり、
おうちにもオフィスにも、大きな食器棚は必需品です。
その中で、いつも紅茶に使ってしまうのは、リントンズのマグです。
英国紅茶商のデザインなので、驚くほど持ちやすく、飲みやすいです。
そして、とても滑らかな飲み心地なんです。
不思議ですが、リントンズのマグばかり愛用してしまいます。

私のマイ紅茶もマイマグも“リントンズ”です。

今回の新商品の“VICTORIANA”のマグも、デザインや色が可愛く、
こんな形のマグカップは珍しく、凝っているなぁと思いながら、
毎朝、ブレックファストのミルクティーをこれで飲んでいます。


20170926teatime8.jpg


この紅茶&マグの英国ティータイムで一緒に味わいたいのが、
紅茶商リントンズのビスケットです!

紅茶と同じくらい、私たちが大好きなのが、
リントンズのビスケットです。本当に美味しいんです。
2017年、遂にビスケットも日本初上陸です!
一番テンションが上がっているのは、自分たちかも知れません(笑)

先に開催された日本橋三越英国展でも西宮阪急英国イベントでも
初日で完売してしまう人気ぶりです。

老舗紅茶商のリントンズが、数ある英国ビスケットの中から、
“紅茶に合うビスケット”として厳選したビスケットアソートです。

英国定番ビスケットのチョコチップやオーツクランブルビスケット、
ヴィクトリア時代も愛されていたといわれるジンジャービスケット、
英国伝統のお菓子シュルーズベリービスケットも入っています。

紅茶に合うように1枚ずつ丁寧に英国老舗菓子メーカーで焼かれた
リントンズレシピの大きめのビスケットが1箱にたっぷり入っています。

★紅茶商リントンズのビスケットBOX 1個 1,000円(税込1,080円)


20170828biscuit.jpg

20170914bis2.jpg


この「紅茶とビスケット」2つのコンビには、
英国ティータイムの知られざる深い味わいが存在しています。
この味わいを知ってしまうと、なぜ、イギリスでこんなに
紅茶が、ビスケットが、愛され続けているのか
はっきりわかってしまいます。ちょっと驚くほどです。

新鮮茶葉のリントンズの紅茶は、ストレートでも美味しいです。
紅茶そのもののコクや香りが豊かです。
ミルクを入れると、さらに茶葉の甘みが引き出されます。
これはよく、ミルクの甘みと思われている方も多いのですが、
ミルクティーにすると茶葉の深い甘みが増します。
イギリスの人は、この茶葉の甘みを好きな方が多く、
だから、98%がミルクティーにするということもあります。
この茶葉の甘みを味わうために、お砂糖は入れない人も多いです。

そして、そのミルクティーとリントンズのビスケットを
一緒に味わうと、もっと茶葉の香りと味わいが増すのです!
ビスケットは、小麦の香りと味わいが増します。
互いに素材の良い部分が引き立てられるのです。
紅茶の茶葉の香りが増すなんて、信じられないような本当の話です。


20170926teatime9.jpg


そして、英国ティータイムの必需アイテム、ティースプーンも
創業110周年記念限定で6本セットで発売されました。
これも本当に拘りの逸品だと感動してしまいます。

先行販売した英国展では、まず「大きい!」と言われます。
実は、日本でよく見る小さなスプーンは、ティースプーンではなく、
シュガー or コーヒースプーンのサイズであることも多いです。
日本で思っているティースプーンより少し大きめですが、
これが、イギリスで愛用されている本物のティースプーンです。

英国のティースプーンは計量スプーンの役割もあります。
リーフを購入した時も「茶葉はティースプーン2杯」など
ティースプーンで茶葉を計量するよう記されていることも。
小さなコーヒースプーンでは、量が違うということもよくあります。
リーフで淹れる場合、茶葉の計量はとても大切なことです。

英国老舗紅茶商のティースプーンは、
イギリスで愛されているティースプーンのサイズそのままです。
後にも先にもいましか手に入らない
紅茶商の創業110周年記念の本物のティースプーンです。
ずっと使えるものだから、良い物でそろえてみませんか。

紅茶商グッズとして、アンティークマーケットでも人気があり、
コレクターがいるほどのリントンズグッズは、
大切に使っていれば、この創業記念のティースプーンセットも、
ゆくゆくはヴィンテージ、アンティークになっていくもの。
紅茶商のリントンズグッズには、そんなお楽しみもあります。

★創業110周年記念限定ティースプーン
6本セット(ギフトBOX入り) 3,241円(税込3,500円)


20170816Rspoon1.jpg


創業記念限定のものなので、ティースプーン一本一本に、
紅茶商リントンズの「Ringtons Tea」の「RT」の紋章、
そして、裏側には、“JUNE.2017(2017年6月)”と
創業110周年記念の年月まで刻まれています。

最高級ステンレススチールのミラー仕上げなので、
高級感ある素材の厚みと重さがクラシカルな雰囲気です。

マグにミルクや砂糖を入れて混ぜるのにも便利な大きさです。
計算されたカーブが持ちやすく、美しいデザインです。

ゴージャスなギフトBOXにも、メモリアルな刻印がされています。


20170926teatime5.jpg


リントンズグッズだけで英国ティータイムを彩れます。
老舗紅茶商として、100年以上、紅茶シーンを見てきて、
真面目に“英国ティータイム”を考えているからです。

最近、我が家の英国ティータイムに仲間入りしたのが、
リントンズのティーバッグスクイーザーです。

イギリスでは、ティーバッグをマグに入れて紅茶を淹れる人も多く、
私たちも一人時間や忙しい時は、マグで紅茶を淹れることもあります。

そしてマグで抽出後、このティーバッグスクイーザーが役立ちます。
スプーン型なので、かき混ぜることも出来て、
上手にティーバッグを取り出せるので、驚くほど便利です。
ティーポットなどの、おもてなしのティータイムにも使えます。
“TEA”の文字でくりぬかれているのが、おしゃれです。

紅茶の国で98%ティーバッグで紅茶を淹れるティースタイルに
合わせて生まれた、とても可愛いティーグッズです。


20170926teatime2.jpg


英国のティーバッグスクイーザーは、紅茶の歴史が描かれた
110周年記念限定ヒストリーブック型BOXにセットになっています。
しっかりした作りの大きなBOXは、収納BOXとして楽しめます。

読み応えのある紅茶の歴史は本の裏表紙に描かれています。
これは、美しいヒストリーブックを開けてからのお楽しみです♪

イギリスの老舗紅茶商から数量限定で発売される
創業110周年記念限定「ヒストリー・オブ・ティー」BOOK
収納BOX、ブレックファスト50袋×2(100袋200杯分)、
ティーバッグスクイーザー1個 全てセットで税込3,800円。

入手できるのは、世界でもイギリスと日本のみです。

阪急百貨店「英国フェア2017」で全国先行販売します!

● 博多阪急「英国フェア」 限定50個
● 阪急うめだ本店「英国フェア」 限定350個(各日限定50)

※うめだ本店では、2017年限定商品はすべて、各日限定です。
数に限りはございますが、毎朝、商品は補充されますので、
週末しか来られないお客様も、ぜひ商品を手に取ってみてください。


20170922book1.jpg


“英国ティータイム”というと、優雅なイメージがあるようです。
紅茶商リントンズ4代目社長サイモン氏も、初来日した時に、
「日本では紅茶はとても特別なもののようだ」と話していました。

イギリスの人は、毎日、一日に何回も紅茶を淹れて楽しみますが、
日常で“優雅”なイメージで紅茶を楽しんでいる感覚はありません。
私自身も、バタバタしてしまって、余裕がない時にこそ、
お気に入りのリントンズ紅茶を淹れて、一息ついています。
この一杯がどれだけ自分の心を豊かにしてくれるか知っています。
忙しい時、疲れている時、イライラしている時、、そんな時でも
気軽に美味しく淹れることができるリントンズ紅茶が
我が家にあることで、どれだけ助けられたことか。

もちろん、美味しそうなビスケットと早くティータイムしたい~と
ワクワクしたり、おもてなしのHAPPYなティータイムにも、
友人やお客様とコミュニケーションを楽しむための
素敵なツールになってくれたりもします。
そんな風に、おもてなしなどちょっと特別なティータイムを
したい時にもリントンズ紅茶です。

リントンズ紅茶を優雅なティータイム用や、
普段使いのティータイム用と分けて考えたことはありません。

ただシンプルに、自分にとってのお気に入りの一杯です。
そして、美味しい紅茶は自分のお気に入りとしてだけでなく、
おもてなしでも、友人やお客様にも楽しんで欲しくなります。
自分が心から美味しいと思う紅茶をおもてなしに使うのは
とっても自然な流れのように思います。

自分の日常にも、おもてなしにも使いたい紅茶がリントンズです。
いまでは“パートナー”とも言える存在です。

英国のティータイムでも、紅茶は“特別なもの”ではなく、
このように“パートナー”として愛されています。
どんな日常にも寄り添えるのが紅茶の素晴らしさだと思っています。


201649simonsue2.jpg


第50回記念!阪急百貨店「英国フェア2017」に出店します!!

「今年もリントンズさんに逢えますか?」と
先日から阪急さんにもオフィスにもお問合せをいただきます。
楽しみにしている、と言っていただくと、
嬉しい気持ちになり、こちらこそ、と心からお返事したくなります。
うめだ本店も博多店も出店させていただきます。

リントンズでは、英国で愛されている紅茶の美味しさ、
楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
ショップで美味しい紅茶を淹れてお待ちしております!

紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから1杯1杯、丁寧に淹れています。
新鮮な茶葉本来の香り、甘みをじっくり味わってみてください。

リントンズの試飲の淹れ方は英国ティータイムの淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、参考にしやすいかと思います。

もうすぐ第50回記念!阪急百貨店「英国フェア2017」が始まります!!
先日、阪急うめだ本店「英国フェア」のスペシャルサイトもオープンし、
英国フェア専属バイヤーでもある桑原渉氏が衣装を着て登場し、
今年の見所をあれこれご紹介しているので、ぜひご覧ください。
見ているだけでも楽しくなってしまう素敵なサイトです♪

★ 阪急百貨店「英国フェア2017」のスペシャルサイトはこちら♪

★ リントンズ紅茶の掲載ページはこちら♪


20170922title.jpg


● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

【リントンズから大切なお知らせです】

いつもリントンズのオンラインショップをご利用いただき
誠に有難うございます。
リントンズでは、阪急「英国フェア」期間をオンラインショップの
お問合せ対応と配送業務の臨時休業とさせていただきます。

●阪急「英国フェア2017」出店のため、配送休業期間
2017年10月4日(水)~10月18日(水)の2週間

なお、通常のご注文は土・日・祝を除いた営業・発送となっております。
休業中も24時間ご注文は受付けておりますが、
臨時休業、土・日・祝の休業中の発送業務ならびにお問合せへの対応は
行っておりませんので、ご注文に関しましては、十分お気をつけ下さい。
この期間のご注文は、10月19日(木)以降順次対応となります。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


コピー ~ new logo
イギリスから届いたブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しています!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR