阪急百貨店「英国フェア2017」

2017年の今年、阪急の伝統催事「英国フェア」は50回記念です!
阪急うめだ本店の「英国フェア」は、1970年から続いています。
売り上げも日本一!という、いわば阪急百貨店の顔とも言えるフェア。

普通の催事と何が違うのかというと、この英国フェアのために、
一年間、英国フェア専属バイヤーが存在して、イギリスに何度も渡英し、
探し求めた商品やお客様に届けたいものを厳選して揃えているのです。
業界では話題にもなり、専属バイヤー・桑原氏は本も出版しています。

そのため毎年、この日を楽しみにしているファンも多く、遠方の方は
ホテルを予約してまで、全国から訪れるテーマパークのような存在。
初日は毎朝ダッシュ!長時間の行列必至!のとにかくスゴイ催事です。

全国ではうめだ本店博多店の2ヶ所のみで開催されています。

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)


20170922title.jpg


実は、博多店オススメです^^

福岡では、博多阪急が2011年にオープンしてからの開催なので、
今年で7回目。知名度もこれからで、比較的ゆったりとスタートします。
というよりも、うめだ本店が全国の催事で見たことがないくらいの
普通ではない盛り上がりなので・・・そんな大人気の催事がそのまま
博多にやってくることは、本当に、本当に、衝撃的なことなのです!!

ただ、ここ数年はこれを知ってか、関西方面からホテルを予約したり、
新幹線などで先に開催される博多店にも訪れるお客様も増えています。
うめだ本店では買えなかったとか食べられなかったとかもあるからです。
そのくらい熱烈なファンがいるほどの人気催事なんです。
年々博多店でも「普通の催事とは何かが違う」と
毎年この英国フェアだけは必ず訪れるというリピーターも増えています。

博多店の規模はうめだ本店級とはいかないまでも、
阪急百貨店の伝統催事「英国フェア」そのものです。
この日のためにイギリスを何度も訪れた桑原氏もやってきます。
英国関連の著名人が「英国フェア」限定でお店を出したりもします。
今年は写真のキャサリン妃がカレッジ時代に通ったティールームも
2017年全英No.1店のフィッシュ&チップスも英国からの招待者も、
メインとなるものは、うめだも博多も両店舗に揃います!!

こんなに素晴らしい大人気の催事が、福岡でも開催されることは
ワクワクします。福岡の方も、少し遠い方も、一年に一度のレア催事
阪急百貨店「英国フェア2017」はぜひ訪れてほしい催事です。
とくに今年は50回記念!スペシャルな企画、お店が集まります。
うめだ本店は言うまでもなく、皆さん楽しみにされていると思います!


20170922tea_03_01.jpg


2017年の今年、創業110周年記念の紅茶商リントンズは、
うめだ本店も博多店もどちらも出店します。
阪急百貨店「英国フェア」先行販売の限定グッズも登場します!

リントンズでは、毎年、あらゆるデザインで登場する紅茶缶が
今年は110周年記念のスペシャルBOXに!

なんと、リントンズ創業からの110年の紅茶の歴史とともに、
英国紅茶の歴史が描かれたヒストリーブック型のBOXです。
読み応えのある紅茶の歴史が裏表紙に描かれています。
これは、美しいヒストリーブックを開けてからのお楽しみです♪


20170922英国フェアBOOK


とてもしっかりした作りの、収納BOXの中には
リントンズ1番人気のブレンド、ブレックファストの
ティーバッグが100袋も入っています!
1包カップ2杯分抽出できる茶葉量なので、200杯分の紅茶入り。

2017年、「進化しつづける紅茶」であるリントンズ紅茶の
定番ブレンドはすべて、【 Leaf Lock True Taste 】になっています。
紅茶の茶葉が確実に、さらに美味しくなっています。

セットの「Breakfast(ブレックファスト)」は、リーフロック製法で
インド産のアッサム茶葉とケニア産のナンディヒルズの茶葉を
とにかく新鮮な状態でブレンドし、お客様の元にお届けしています。

リントンズブレンドの中では、最もミルクティーに合うブレンドで、
98%がミルクティーにして紅茶の茶葉を味わうイギリスで
人気No.1のブレンドです。日本でもリピーターの多いブレンドです。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

新鮮なアッサム茶葉は、ティーポットにお湯を注いだ瞬間、
驚くほど香り豊か。コクがあって、甘みもあり、美味しいんです。
それが一緒にブレンドされているケニア茶葉のフレッシュで
芳醇な香りと相まって、毎日飲んでも飽きない美味しさです。
「ブレックファスト」で朝食に美味しい英国ミルクティーを!


20170922book3.jpg


さらに!いま英国ティータイムの必需品?日本では
入手困難な英国のティーバッグスクイーザーも入っています!!

英国紅茶を見てもらうと、その嗜好がわかりやすいのですが、
今回、英国フェアにやって来るティールームの紅茶等も、
英国紅茶はティーバッグ紅茶の販売が多いのです。

イギリスでは、国民の98%がティーバッグで紅茶を淹れるからです。
紅茶の国は時代とともに、紅茶はリーフからティーバッグに、
楽しむ器もティーカップからマグカップに、変化しています。
このように、古くからある紅茶の歴史の中で、
様々なティーグッズが時代とともに登場しています。
イギリスはティーもティーグッズも大切に考えています。
そこで、いまイギリスの紅茶愛好家の間で注目されているのが、
ティーバッグスクイーザーです。

実は、私も以前、どうしても欲しくてイギリスで買ったことがあります。
その名の通りティーバッグを絞る道具です。

イギリスの人は、リントンズのように茶葉がたっぷり入った
紐なしティーバッグで紅茶を淹れる人がほとんどです。
そんな時に役立つのが、このティーバッグスクイーザー。

ティーポットやマグのティーバッグを取り出す時に、
このティーバッグスクイーザーでギュッと絞って取り出します。
日本ではティーバッグを絞ると渋味やエグ味が出てしまうと
思われていますが、美味しい良質な茶葉はギュッと絞ったくらいで、
渋味もエグ味も出ません。イギリスでは思いっきり絞っています。
イギリスの人は茶葉の旨みが大好きですから、絞り出す人も^^
でも本当は、ギュッとつかんで取り出すくらいが理想です。
ティーバッグを取り出すのは、ティースプーンでも良いのですが、
つかみやすく、液だれもしにくく、何よりも、イギリスの人は
このようなティー周辺のグッズが大好きです。
ティータイムがちょっとHAPPYに楽しくなりますから。

紅茶の国で98%ティーバッグで紅茶を淹れるティースタイルに
合わせて生まれた、とても可愛いティーグッズです。

しかも!“TEA”の文字にくりぬかれた、
スプーン型ティーバッグスクイーザーで素敵です。


20170922book2.jpg


イギリスの老舗紅茶商から数量限定で発売される
創業110周年記念限定「ヒストリー・オブ・ティー」BOOK
収納BOX、ブレックファスト50袋×2(100袋200杯分)、
ティーバッグスクイーザー1個 全てセットで税込3,800円。

入手できるのは、世界でもイギリスと日本のみです。

阪急百貨店「英国フェア2017」で先行販売します!

● 博多阪急「英国フェア」 限定50個
● 阪急うめだ本店「英国フェア」 限定350個(各日限定50)


20170922book1.jpg


英国紅茶商として110年の歴史があるからこその商品です。

2015年の英国フェアでは、カントリーサイドがクローズアップされ、
リントンズでは、英国紅茶商リントンズの世界観が
まるごと「英国フェア」にやってきたような、素敵な空間でした。

110年前の1907年創業当時から半世紀は
馬車で各家庭に紅茶をお届けしていた紅茶商。

創業者のサミュエル・スミス氏は故郷のリーズをでて、
ニューカッスル・アポン・タインで馬車で紅茶の販売を始めました。
200台のリントンズ馬車が街を走り、紅茶をお届けしていました。

1954年、たった1台の馬車を除いてリントンズ配達は全てバンに。
リントンズ最後の馬「モンティ」は1962年まで現役で走り続けました。
白黒写真は、その「モンティ」のラストランの日です。

そのように、イングランド北部限定で、紅茶宅配に実際使われていた
本物のリントンズ馬車がはるばるイギリスからやってきたのです!
紅茶商の紋章が入った馬具なども、全て本物です。
いまではイギリスでもなかなか見られない、それが海を越えて日本へ。


コピー ~ モンティラストラン

20151016blog4.jpg


この阪急百貨店の「英国フェア」の凄さはここにあるのです。

舞台裏をお話すると、英国フェアの会場に、紅茶を宅配していた
本物の馬車を簡単にポンッと置いてディスプレイできるものではなく、
馬車は特殊な乗り物なので、配送するのにも、わざわざ梱包する
入れ物を職人さんに特注で作ってもらわないといけないですし、
大きさもあるので、百貨店の会場までどうやって運ぶのか...
何よりも、イギリス内に大切に保管されているような貴重なものを
英国フェアのために国外に持ち出してもらえるように交渉もします。
いろいろな課題を少しずつクリアして持って来なくてはいけないので、
とても大変ですし、それだけの膨大なコストもかかるので、
普通やらない、というか、出来ないことだと思います。

それを実現させる!こだわってとことんやってしまう!というところが、
阪急「英国フェア」に虜になるファンの多さなんだと思います。


921新聞JS72265889


そして、馬車だけでなく、英国紅茶商リントンズ現4代目代表の
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人ご本人達も初来日しました。

ティーブレンダーでもあるサイモン・スミス氏は、とても忙しい方なので
実際、英国フェアに来日する直前までケニアの農園にいました。

イギリスの長年のリントニアンでも、お目にかかれない人達が
「英国フェア」のリントンズショップにずっといました!
遠く東京や福岡から会いに来てくれた日本のリントニアンもいました。
2人の存在感に感動して、泣いているお客様もいました。
毎日リントンズショップに通って、ほとんどの時間を過ごすという方も。

英国では有名な紅茶商だと感じたエピソードもありました。
当時、英国総領事館・総領事だったマイケル・シアラー氏が会場で
スミス夫妻に「私はずっとリントニアンです」と嬉しそうに、
お話しされていました。本当に会えるのは貴重な機会だったようです。


20151117simonsue コピー


リントンズショップでは、お洒落が大好きなスー夫人が、
馬車で紅茶を宅配していた時代の英国マダムのファッションを
再現イメージして、楽しませてくれました。
ヴィンテージショップを探してみたり、あれこれ悩んだのよ、と。
サイモン氏も身長が190cm以上ある長身で、雰囲気のある方です。

馬車の隣で、スミス夫妻が2人並んで、話している様子を眺めて、
英国映画のワンシーンを見ているみたいとお客様も大喜びでした。
まさに紅茶をお届けする「Your tea madam !」の世界観です。


20151023smithnew.jpg


創業110周年記念のリントンズショップは、
今年はいままでに見たことがない豊富なラインナップで、
魅力的な売り場になる予定です!

2017年の今年しか手に入らない限定グッズがイギリスから届き、
他にも定番紅茶、紅茶缶、新柄にわとり型TeaCosyとともに、
英国フェアにたくさん並びます。

阪急百貨店「英国フェア2017」には、うめだ本店、博多店ともに
ジャパン代表も私も揃って販売に立つ予定でいます。
また沢山の初めてのお客様や久しぶりのリントニアンと
お話できること、お会いできることを楽しみにしております。
美味しい紅茶を淹れて、お待ちしております。

もうすぐ第50回記念!阪急百貨店「英国フェア2017」が始まります!!
先日、阪急うめだ本店「英国フェア」のスペシャルサイトもオープンし、
英国フェア専属バイヤーでもある桑原渉氏が衣装を着て登場し、
今年の見所をあれこれご紹介しているので、ぜひご覧ください。
見ているだけでも楽しくなってしまう素敵なサイトです♪

★ 阪急百貨店「英国フェア2017」のスペシャルサイトはこちら♪

★ リントンズ紅茶の掲載ページはこちら♪


20151105阪急集合


リントンズは“馬車のロゴ”が目印です!
馬車のロゴは最後の馬“モンティ”がモチーフになっています。


2016921ロゴ新


また博多阪急、阪急うめだ本店と商品の詳細等は
後日ゆっくりとお知らせします。
取り急ぎ、日程のチェックを宜しくお願い致します^^

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

【リントンズから大切なお知らせです】

いつもリントンズのオンラインショップをご利用いただき
誠に有難うございます。
リントンズでは、阪急「英国フェア」期間をオンラインショップの
お問合せ対応と配送業務の臨時休業とさせていただきます。

●阪急「英国フェア2017」出店のため、配送休業期間
2017年10月4日(水)~10月18日(水)の2週間

なお、通常のご注文は土・日・祝を除いた営業・発送となっております。
休業中も24時間ご注文は受付けておりますが、
臨時休業、土・日・祝の休業中の発送業務ならびにお問合せへの対応は
行っておりませんので、ご注文に関しましては、十分お気をつけ下さい。
この期間のご注文は、10月19日(木)以降順次対応となります。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


コピー ~ new logo
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しています!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR