英国展ご報告&出店情報!

昨日で日本橋三越本店「英国展2017」 Part1は終了しました。
本当に毎年、沢山のお客様にお越し頂きまして、初日は行列になり、
お忙しい中の多くのご来店、誠にありがとうございました。

日本初上陸のリントンズのビスケットは初日で完売してしまったり、
数量限定の完売商品に関しましては、申し訳ありませんでした。
リントンズに年々お客様が増えていることは心から嬉しいことです。
たくさんのお買い上げ、お言葉、感謝の気持ちでいっぱいです。

リントンズのお客様は、イギリスの紅茶愛好家のように、
毎日の日常に紅茶がかかせない紅茶愛好家の方が多いようです。
「いつも飲んでいます」「この紅茶がないと生きていけない~」と
お気に入りのリントンズ紅茶のブレンドを何パックも
購入していく様子は、本当に紅茶が大好きなことが伝わります。

そして、初めてリントンズ紅茶を口にしたお客様の反応も
老若男女問わず、「美味しい!!」とビックリさせることも多く、
まさに紅茶商リントンズの4代目スミスファミリーが語る
「その優れた味わいは、お茶の専門家でなくても、誰でも、
この品質の違いを味わうことができるのです。」を
見事に目の当たりにする瞬間でもありました。


20170912三越新


私たちはリントンズ紅茶に出逢って15年ほどになります。
それまでは、自分が“コレ”と思える紅茶に出逢えず、
言葉はおかしいかも知れませんが、こだわりながらも、
あらゆる紅茶を飲みあさるような状態でしたが、
もう10年以上、リントンズ紅茶が“我が家の紅茶”です。
飽きない味で、飲めば飲むほど美味しく、毎年大好きになります。
この紅茶があれば、自分の人生が豊かになると思えるくらい
すっかり“リントニアン(Ringtonians)”です。

イギリスではリントンズ紅茶愛好家のことを親しみを込めて、
“リントニアン(Ringtonians)”と呼んでいます。
イングランド北部だけでも30万世帯のリントニアンがいます。

今回、三越英国展のリントンズショップのお客様に、
「私は毎日紅茶を飲むの。でも、5杯とか6杯とか飲むわけでも、
紅茶に詳しいわけでもないから、リントニアンとは言えないと
思うのだけれど、リントンズ紅茶が美味しくて大好きなのよ。
家にリントンズがなくなってしまったら、落ち着かないの。
こんな紅茶は初めて」といわれました。

はっきり申し上げたいのですが、立派なリントニアンです!
紅茶は1日5杯飲むとか、たくさんの種類の紅茶を飲んだから、
素晴らしい紅茶愛好家というわけではありません。
人それぞれライフスタイルもありますから。
自分が心から美味しいと思える紅茶に出逢え、
その紅茶がリントンズ紅茶であれば“リントニアン”
です。

自分の紅茶は“コレ”とはっきり言えるくらい
美味しくて、大好きな紅茶があることは、とてもHAPPYなことです。
むしろ紅茶の国・イギリスでは誇らしいことと思っているくらいです。

「70年以上、リントンズ紅茶しか飲んだことがないのよ」
と誇らしげに語ったのは、100歳のリントニアンのおばあさま。
とてもイギリスらしい、紅茶のお話です。


1980リントンズ

新201601121156278bb


紅茶の魅力は、不思議と日常に溶け込む飲み物であることです。

イギリスでは、淹れ方に技術がいるコーヒーとは違い、
紅茶は淹れ方が難しくないから、日常で誰からも愛されています。

ホッと一息つきたい時に淹れて、疲れている時にも淹れて、
家族や夫婦、友人とのおしゃべりの間に淹れて、
“紅茶を淹れる”を意識しないくらい自然と淹れてしまうもの。
それが紅茶です。これはリントンズだから、かもしれません。

私たちは忙しいと、リントンズ紅茶を朝しか飲めない日もあれば、
のんびり家にいると、1日7杯くらい淹れてしまう日もあります。
淹れてしまう・・・というくらい、自然とそこにあるものです。

最近は、我が家の子ども達も成長し、小さな頃から飲んでいる
リントンズ紅茶の美味しさを実感して、話題になることも多いです。
「紅茶、飲む?」と聞くと、「飲む!」ということも増えています。
子ども達もたっぷり飲むので、10年以上毎日大切に使っていた
ティーポットも遂には小さくなり、いまはもっと大きなティーポットに。
そんな風にリントンズ紅茶とともに、家族の成長も感じています。

紅茶は家族にとってパートナーのような存在なのです。
“我が家の紅茶”があれば、日常がちょっぴり楽しくなるものです。
この魅力は、イギリスの紅茶愛好家であれば皆思うことのようです。

紅茶をいっぱい淹れてしまう日もあれば、そんなに淹れない日もある、
あまり意識しないで暮らしていますが、
リントンズがなければ自分の紅茶ライフが始まらない、
日常にかかせない、とはっきり言えるのがリントンズ紅茶です。

大げさでなく、紅茶とともに人生を歩んでいる感覚でもあります。

英国のティータイムはイベントでもステイタスでも何でもなく、
毎日の日常でかかせないものが紅茶であり、ティータイムです。
どんな日常でも、紅茶やティータイムを大切にしている人が
紅茶愛好家であり、そんな人達が“リントニアン”なのです。
イギリスでは親子代々“リントニアン”という家庭も多くあります。

イギリスの人々が紅茶を飲むとホッとするのは、
そんな“我が家の紅茶”の味が、小さな頃から家族と楽しんだ
ティータイムを蘇らせ、あたたかい気持ちになったり、
人生を共に過ごしてきた存在だからかも知れません。


毎年、日本にもリントニアンと呼べる紅茶愛好家が増えていることは、
4代目スミスファミリーもとても感動していることです。
日本にも古くから茶の湯の文化があり、イギリスと同じように
お茶の時間を必要とするDNAが存在しているように感じています。

日本に来日したことのある現4代目社長サイモン・スミス氏も、
そんな日本のリントニアンは特別な存在と感じ、いつか一緒に
ティータイムをして、素敵な紅茶時間を共有したいと考えています。

★サイモン・スミス氏による「イギリス流ティーレッスン」


20151117simonsue コピー


イギリスと日本、お茶の時間の共通点は他にもあります。

お茶業界ではとても有名なお話だそうですが、
“イギリスと日本は茶葉本来の香りや味わいを楽しみ、
フランスは香水のように着香した香りを楽しむ”
とお茶の楽しみ方の違いが語られているそうです。
だから、英国紅茶の良さは日本人には伝わりやすいと思います。
実際、フレーバーの香りが苦手という方も多いです。

イギリスは古くから、高品質な茶葉に恵まれた国です。
紅茶の文化が発展し、紅茶の国と言われるまでになりました。
イギリスで愛飲されているお茶のほとんどは、
フレーバーティーではなく、この紅茶(ブラックティー)です。
そのため、小さな頃から茶葉を味わうことに慣れています。
ロンドンは硬水ですが、実はイギリスは軟水地域が多く、
リントンズのあるイングランド北部も軟水です。ヨーロッパでは
「イギリスは軟水だから紅茶がおいしい」といわれています。
茶葉本来の香り、コクや甘みを楽しむ文化があるのです。

日本もイギリスと同じように茶葉を楽しむ文化といわれています。
例えば、緑茶にフレーバーの香りをつけて楽しむよりは、
やはり茶葉本来の香りや水色、旨味を味わいたい文化があります。
日本もイギリスも軟水で“茶葉”に合う良質な水がある国で、
美味しい茶葉が味わえる、茶の湯の文化が根付いた国なのです。

日本やイギリスの軟水で、上質な紅茶(ブラックティー)を淹れると、
茶葉の繊細な風味を味わえ、口あたりが柔らかく、飲みやすく、
紅茶の茶葉本来の美しい水色が楽しめます。
硬水地域のヨーロッパ諸国も憧れてしまう、贅沢な環境なのです。

そして、美味しい茶葉を味わうと、
ホッと幸せな気分になるのは、イギリスも日本も一緒です。


20170913tea.jpeg


2017年、リントンズ紅茶のブレンド名やパッケージが変わりました。
でも英国展では皆さん、“我が家の紅茶”を色で覚えている方も多く、
迷わず買われていきます。イギリスのリントニアンも、宅配時、
「ブルーパッケージ」「ゴールドパッケージ」とカラーで言うことも。

英国〈Great Taste Awards 2016〉で最高評価3つ星金賞を
受賞したゴールドカラーの「ケニアゴールド」は、
ブレンド名が「GOLD(ゴールド)」に変わりました!!!
金賞をとった紅茶がゴールドって覚えやすいですね^^

3つ星を受賞したのは、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーと
ありますが、紅茶部門で3つ星を受賞したのは、リントンズともう1社、
たった2社だけです。しかも!両社ともティーバッグ紅茶です。
英国紅茶業界でも、1つ星を取るだけでも栄誉なことと言われ、
3つ星になると、10.000件ある食品エントリーの中から僅か1%。
パッケージに〈Great Taste Awards〉の貴重な3つ星マークの入った
紅茶を購入できるのは、日本では紅茶商リントンズだけです。

紅茶の国・イギリスの食通のプロフェッショナルな方々によって、
最高に美味しい紅茶に選ばれた「GOLD(ゴールド)」。

スミスファミリーも“我が家の紅茶”として、
自宅でもオフィスでもおもてなしでも毎日楽しんでいる紅茶です。

ティーポットのティーバッグにお湯を注いだ瞬間、
ゴールドの芳醇で新鮮なケニア茶葉の香りが広がります。
そして、新鮮茶葉の上質な甘みは特別な味わいです。
ぜひ多くの方に味わっていただきたい素晴らしいブレンドの紅茶です。


20170912gold.jpg


そして、今週末のリントンズ出店情報です。

リントンズは2017年、創業110周年になる英国老舗の紅茶商です。
長年の伝統レシピと世界中を旅して、素晴らしい茶葉をお届けする
スミスファミリーの伝統を受け継いで、丁寧に大切に作られた
「GOLD(ゴールド)」等の定番ブレンド紅茶、
今年しか手に入らない110周年記念の限定グッズとともに、
西宮阪急に初出店します!

西宮阪急「英国物語」は本日から開催されています♪
リントンズは週末の16日(土)~19 日(火)の期間限定出店です。
16日(土)1600~、2階トップステージにて
ジャパン社長岡田によるトークショーもあります。参加費無料です。

リントンズは日本に上陸するまでは、英国内のみの販売でした。
販路を世界に拡大することは高品質を保持するのが困難です。
そのため、いまでも100年以上続く伝統の紅茶宅配にこだわり、
確実に美味しい紅茶を“リントニアン”に届けています。

日本でも、ジャパン創業からずっと大切にお届けしている紅茶です。
今回多くのご縁があり、西宮阪急に初出店させていただきます。

リントンズでは、紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから1杯1杯、丁寧に淹れています。
そんなことが出来るのも、リントンズが誰でも、美味しく淹れられる
高品質なティーポット用ティーバッグだからです。
どんな人数でも、丁寧に美味しい紅茶を淹れられます。
「リントンズが紅茶商として、美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯(軟水)を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」
と語り、英国老舗紅茶商として誇りを持って紅茶を作っています。
私たちは紅茶商に甘えられる贅沢を感じながら紅茶を淹れています。

新鮮な茶葉本来の香り、甘みをじっくり味わってみてください。

リントンズの試飲の淹れ方はイギリス日常の淹れ方であり、
皆さんのご自宅での淹れ方と同じになるので、
参考にしやすいかと思います。
皆さんも、必ず美味しい紅茶を淹れられる紅茶です。

神戸の皆様に、英国で100年以上愛され続けている紅茶や
110年の伝統の貴重なグッズ達をお届け致します。
お近くの方も、少し遠い方もぜひ英国気分を味わいに来てください!

100年前の創業から半世紀は馬車で紅茶をお届けしていた
英国紅茶商リントンズは、馬車のロゴが目印です!



2016229ロゴ



● 西宮阪急「英国物語」

本日から開催されている英国展です!
開催期間は9月13日(水)~19日(火)になりますが、
リントンズは期間限定16日(土)~19 日(火)で初登場!
2階 トップステージに定番紅茶や限定商品がたくさん並びます。

リントンズジャパン社長・岡田による対談式トークショー
「美味しい紅茶の淹れ方」は、16日(土)16:00~となっております。

期間:2017年9月13日(水)~19日(火)
時間:10:00~20:00 ※催し最終日は17:00終了
場所:1階 催場 ・2階 トップステージ

★西宮阪急のサイトはこちら♪


10月に開催される「英国フェア2017」
※英国老舗紅茶商「リントンズ」が出店予定の英国展情報です。
※イベント内容、営業時間等の詳細は各店のサイトでご確認ください。

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
場所:9階催場・祝祭広場

● 伊勢丹新宿店「英国展2017」
期間:2017年10月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~20:00
場所:新宿伊勢丹 本館6階・7階=催物場 



コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR