FC2ブログ

新柄豊富!にわとり型ティーコジー販売!

イギリスの紅茶愛好家にはかかせないアイテム“TEA COSY”。

三越本店「英国展2017」の老舗紅茶商リントンズのショップでは、
今年、定番紅茶や創業110周年記念限定グッズ、新商品とともに、
新柄のにわとり型ティーコジーがいままでに見たことがない
豊富なラインナップで登場します!!!
日本では珍しい素敵な柄がいっぱいで、早く皆様にお見せしたいです。

大人気で、一度使うと手放せない、にわとり型ティーコジー。
毎年買い足すのを楽しみにしてくださる方も多いと思います。

三越英国展に入荷予定の新柄をご紹介します。
ヨーロッパ生地のシノワズリデザインのような、素敵なパターン。
リントンズのヴィンテージグッズのブルーウィローの食器にも
合いそうな上品で美しく、珍しい生地です。


20170901teacosy.jpg


他にも、今回は50種類以上の柄があるので、
生地のデザインを見るだけでも楽しいです!

リントンズジャパン創業から1000種類以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には数点しか
作れないものも沢山あるので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!


20170901teacosy2.jpg


皆さんは紅茶を淹れる時にティーコジーを使いますか?

イギリスでは、紅茶は日常にかかせないパートナーのような存在です。
そして、そんな紅茶を美味しくしてくれる必須アイテムが
ティーコジー(TEA COSY)なのです。
紅茶の国・イギリスでは一家に一個というほどの存在です。

日本では“とっておきの時間”に使うイメージもありますが、
98%がティーバッグで紅茶を淹れるのと同じように、
英国ティータイムでは、普段にもとっておきの時間にも使うものが
ティーバッグ紅茶であり、ティーコジーなのです。

美味しい紅茶を淹れるには、茶葉の質やお水の質(軟水)は大切ですが、
実は“じっくり蒸らしてあげること”も、とっても重要なポイントです。
茶葉を味わうことに重きを置いた英国紅茶では、
この“蒸らす”ことは、とても大切なことだと考えています。
高品質な茶葉はじっくり蒸らしてあげると、茶葉本来のコクや香り、
きれいな水色がしっかり出て、美味しい紅茶になります。

“じっくり蒸らしてあげること”は、難しいことは何もなく、
ティーポットの中で茶葉が紅茶になるのを、ゆっくりと待つだけです。
この時間は、紅茶愛好家が愛する時間でもあります。

ただ、更に効率良く、じっくり蒸らせるアイテムがティーコジーであり、
それは簡単!ティーコジーをティーポットにかぶせるだけ、です。
イギリスではマグカップに直接かぶせる人もいます。
美味しく紅茶を淹れるための、ちょっとしたコツのようなものです。
それを知っているので、紅茶の国では一家に一個なのです。

英国ティータイムのように、日本の日常でも
ぜひ気軽に愛用して欲しい美味しい紅茶の必需品です。

毎日の我が家のティータイムにかかせないものは、リントンズ紅茶と
ティーポット、マグ、そして、ティーコジーです。


2016930teacosy1.jpg


リントンズのティーコジーは、にわとりの形をしています。

なぜ、“にわとり”なのか?
ティーポットにかぶせた時に、たまごをあたためているみたいに、
丸みをおびて、とてもユニークでかわいいデザインになります。
これは、他のデザインにはない“お楽しみ”なのです。

にわとり型ティーコジーは、「cock-a-doodle-doo!!」ではなく
cuppa-doodle-doo!! 」と鳴くのです。
※“cuppa”とは、イギリスでは“1杯の紅茶”を意味します^^

ティーポットにかぶせたあと、紅茶と一緒に温まった
にわとりティーコジーをギュッと抱きしめると、
使う度に愛おしい存在になってしまいます。

そしていつしか、紅茶の相棒としてかかせない存在になっています。

ティーコジーは毎日のティータイムで大活躍してくれますし、
日常で使うものだから、飽きずに使えるデザインを選びたいものです。


20151018sue2.jpg


リントンズのにわとり型ティーコジーは生地やボタンにもこだわり、
日本ではあまり見ないような外国製の生地をマーケットで探し、
時には、イギリス出張でも買い付けて、
この大きなにわとり型ティーコジーに贅沢に使用しています。

これは本当に手間と時間がかかることですが、
自分たちが好きなことでもあるので、楽しんで買い付けています。

ボタンも、日本には売っていない、英国のアンティークマーケットや
外国のマーケットで見つけた貴重なボタンを使っています。

中のキルト芯は、目が粗いものでは軽く、保温性が弱いのですが、
リントンズは、目が詰まってしっかりした上質なキルト芯を
1枚や2枚ではなく、贅沢に6枚も使っているので、
にわとりは、本気で紅茶をあたためて、蒸らしてくれます^^
お客様でも、「このティーコジーの良さは使ったら分かるわ!」と
他のに比べて保温力が良いから、
こればかりをずっと使ってしまうとおっしゃる方も。

リントンズジャパン代表も私も毎回必ず製作の現場に関わり、
生地と裏地、ボタン、一羽ずつ組み合わせを丁寧に考えて、
すべてオーダーメイドで製作してもらっている“一点モノ”とも言える
ティーコジーです。大変な作業ですが、ずっとこだわってやっています。

生地を探すところから製作まで、時間と手間がたっぷりかかった、
デザインも生地も製作技術も、
他では作れない素晴らしいティーコジーだと自信を持っています!


20170321teacosy2.jpg


1羽 3,241円(税込3,500円)です!

毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。
オンラインショップでも入荷してもすぐ売り切れてしまい、
品切れが続いてしまう商品でもありますが、
どうしても大量生産や海外生産で作れるような商品ではありません。

製造担当者からも「自分たちがやっている仕事の中でも、
ダントツに手間がかかり、製作が大変なものです。
材料の生地やボタン、キルト芯も良いものを使っているようなので、
1個8,000円前後に設定しても良いのではないでしょうか」と
ずっと言われ続けていますが、少しでも多くの方に、
“どんな日常でも、毎日のティータイムが
リントンズ紅茶やにわとり型ティーコジーなど素敵なパートナーに
囲まれることで、心豊かな日常になって欲しい”

という想いから、自信を持ってオススメできる価格にこだわっています。

英国ティータイムの必須アイテム「ティーコジー(TEA COSY)」。
三越本店「英国展2017」のリントンズのショップでは、
定番紅茶や人気のトラディショナル缶、創業110周年記念限定グッズ、
新商品のマグカップやビスケットBOXとともに、
50種類以上の新柄のにわとり型ティーコジーが並びます!

お気に入りの一羽が見つかりますように☆



日本橋三越本店「英国展2017」

毎年パワーアップしている日本橋三越「英国展」。
今年はなんと! Part1(9/6~12)・ Part2(9/13~18)で
出店者が大きく入れ替わり、2週間にわたって開催されます。
それぞれに違った雰囲気で英国を楽しめます。
リントンズは Part1(9/6~12)に出店します。

期間:2017年9/6(水)~9/18(月)
※ Part1(9/6~12)・ Part2(9/13~18)で開催
時間:午前10時30分~午後7時30分
場所:日本橋三越 本館・新館7階催物会場

★三越英国展スペシャルサイトはこちら♪


20170524breakfastimage.jpg
英国人気№1のブレンド「エクストラフレッシュ」が
新しいブレンド名「ブレックファスト」になりました!
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
イギリスで最も親しみのある名前になって登場です。
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。

お得な100包200杯分(茶葉300g)入って、税込で2,000円!
大きなマグカップに淹れて、1杯10円なので、
本場の英国紅茶をデイリーに楽しめるのが魅力です♪

★「Breakfast」 100包200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR