リントンズ紅茶セミナー⑤紅茶と健康

朝紅茶


7月に開催している無料のリントンズ紅茶セミナーも、
本日の第5回セミナー「紅茶と健康」で最後となりました。

第1回でご紹介した〈リントンズ紅茶の淹れ方の基本〉をもとに、
第2回でご紹介した〈英国紅茶商直伝のコツ〉をプラスした、
ミルクティーを用意してから、ラストセミナーに参加してくださいね!

「美味しい紅茶を淹れるのは難しい」と考えていた方も、
現代は、紅茶の専門家でなくても、難しい技術がなくても、
誰でも、簡単に、美味しい紅茶が淹れられる時代であること、
その理由や背景を知ることができたと思います。
これは、イギリスの紅茶商の人達もはっきりと言っていることです。

そして、新鮮で高品質な美味しい紅茶の特徴「スムース」も
自分の舌でストレートティーでもミルクティーでも味わえたでしょうか?

セミナーでは必ず、リントンズを味わいながら参加してほしいのです。
“百聞は一見にしかず”、人から何度も聞くよりも、
自分で体験し、舌で実際に味わいながら増やした知識や技術は、
習得が早く、そして深く自分のものになるのです。


20170629tea1.jpg


第5回のテーマは「紅茶と健康」です。

紅茶は毎日かかさず飲むことで、カラダに嬉しい飲み物です。
健康に関係なく、美味しいから飲んでいる方も多いと思いますが、
実は、毎日の紅茶習慣は、自然と健康体を作ってくれる嬉しいものです。

紅茶は、茶葉に含まれている酵素によって、葉を酸化発酵させたもの。
完全発酵の紅茶(ブラックティー)の発酵茶パワーはすごいのです。
ここ数年、色んなメディアなどでも「体を温める」「内臓を温める」と
取り上げられていますが、紅茶に含まれる酵素がとても良いそうです。

人はそれぞれ、平熱が35℃台~36℃台と幅がありますが、
臓器は体内温度37℃で順調に働くようになっています。
外から計った体温は体内温度より0.5度低くなりますので、
人の体温は36.5℃が健康な状態なのです。

体温が1℃下がると免疫力は約37%下がってしまいます。
基礎代謝は約13%下がります。体の中で様々な代謝を担っている
体内酵素もおよそ50%減ってしまいます。

それにより、肥満、イライラ、便秘、肌荒れ、ムクミ、頭痛、
生理不順など・・・色んな不調がカラダや心にまで現れていきます。

一方、体温を1℃上げると免疫力は500%(5倍)になり、
代謝もよくなり、冷えが無くなり、
体内酵素も500%(5倍)になるそうです。

このため、常日頃から「体を温める」「内臓を温める」ことが
大切だと言われているのです。

そこで、紅茶で一番効果的な飲み方は、起き抜けに紅茶を飲んで、
体温を早く上げてあげること
で健康的に体が働き出すそうです。
毎朝飲むことで、カラダを温める良い1日のリズムが出てきます。


20161111備前ミルクティー


毎日飲む紅茶は、毎日カラダに入ってくるものなので、
新鮮で高品質であり、安心安全なものを選んで欲しいです。

現在、リントンズ紅茶の約85%がケニアなどアフリカからの輸入茶葉。
ケニアは現在、紅茶輸出量世界一であり、イギリスの紅茶業界では
昨今注目の産地です。インド、スリランカより新しくきれいな土壌で、
ミネラルも豊富な若い茶木から上質な品質の茶葉が採れることで有名。
アジア大陸からの害虫もいないため無農薬栽培、
そして手摘みによる収穫のため、茶木も傷まず、茶葉も高品質です。

ケニアの紅茶には、ミネラルが豊富なだけでなく、抗酸化作用の成分が
他の紅茶より多く含まれており、欧米の医療ではガンや心臓病に
ならない予防医学としても注目されているそうです。
最近では、毎日4~5杯の紅茶を推奨している医者や専門家もいるほど。

リントンズのケニア茶葉は、世界最高品質の紅茶の産地とも言われている
ケニア・リフトバレーのKTDA傘下・厳選契約農園のなかでも、
特に、上質な茶葉を生産している6つの小規模農園に限定し、
非常に厳しい品質管理が行われています。
リントンズは農園の間でも“茶葉選定が厳しい紅茶商”として有名です。

さらに、1990年代から「Fresh tea is better tea」と新鮮茶葉に拘り、
「これからの紅茶時代も、この茶葉の鮮度が重要だ」と語る
リントンズは、茶葉摘採後48時間以内に商品化がスタートします。
その厳選された茶葉を特別なアルミパックで48時間以内に真空パックし
英国へ輸送し、英国内の工場にて48時間以内に
専属ティーブレンダーにより、迅速に、丁寧にブレンド・パッキング。
この拘りも英国紅茶業界で高く評価されている技術です。

その結果、お客様は本物の紅茶の味を楽しむことができます。
ティーカップに茶木から摘まれた茶葉そのままの味わいを。


2016117ケニア農園


以前TVでは、“紅茶は生姜湯よりもカラダが持続して温まる”という
実験結果が発表されていました。カラダを温める飲み物の代表に、
紅茶やココア、生姜湯などがありますが、
その中でも紅茶が一番カラダを温め、持続性があるという結果でした。
紅茶が、生姜湯やココアよりも温まり、持続性があるのは、
やはり紅茶に含まれる酵素であり、発酵茶パワーだそうです。これは、
発酵食品である紅茶により内臓から温まる効果があるからだそう。
あまり知られていないかも知れませんが、紅茶は発酵食品です。
夏でも、冷房の中で体を冷やすこともあるので、紅茶はオススメです。

紅茶に含まれる成分のお話なので、
ホットティーでなくても、それはアイスティーでも良いのです!

アイスティーのレシピは第1回で、
アイスミルクティーのレシピは第2回でご紹介しているので、
この夏は、美味しいアイスティーを日常でぜひ楽しんでください。


20170629tea2.jpg

20170707milk1.jpg


暖かい国で育った珈琲や不発酵茶といわれる緑茶、麦茶などは、
カラダを冷やす飲み物として有名です。
冬の寒~い日に、ホットコーヒーは逆効果です。
暑い夏に一時的に「カラダを冷やす飲み物」としてはオススメです。
ただ毎日の習慣で飲んでいると、カラダが冷えやすくなってしまいます。
そのため、第3回のセミナー「英国の紅茶事情」で学んだように、
英国ではいま人気の珈琲ですが、
イギリスに多いヘルシー志向の女性はあまり飲みません。

最近では、珈琲やビール等カラダを冷やす飲み物が好きな男性も多く、
“オトコの冷え性”も多いそうです。
さらに、男性は職場や人間関係などさまざまなストレスを
多く抱えるほど、脳から“心を強く持とう”とする働きが強くなるそうで、
そのために、気持ちが高ぶってしまったり、脳が疲れてしまったり、
これは同時に、カラダの緊張が高まり、血流が悪くなったりして、
男性の方でもカラダが冷えてしまうとか。
どちらにしても冷えは、イライラし、集中力が減少し、
落ち着きがなくなったりします。
感情を穏やかにして、自分自身で精神をコントロールしたい時には、
ホッと1杯の紅茶で脳をリラックスして、カラダを温めてほしいです。

イギリスでは、会社のミーティング前にリラックスして、集中できるよう
1杯の紅茶をマグで飲むことも多いそうです。珈琲ではないのです。
リラックス&集中、そして紅茶はコミュニケーションツールになります。
写真は英国リントンズ社のランチミーティング中の紅茶です。
紅茶のおかげか、リントンズ社の会議はいつも和やかに、
おおらかに、寛容に、紳士的に、建設的に進みます。

男性の方も英国紳士のように、紅茶を日常にしてみませんか。


Rサンドイッチ


そして、ここで注目したいのは、「カフェイン含有量」。
カフェインといえば、珈琲や紅茶、栄養ドリンクなどに含まれている
成分のひとつとして知られています。効果としては、
利尿作用、覚醒作用、大脳刺激作用、疲労回復作用があります。
疲れやストレス解消にも!しかし、たくさん飲み過ぎて、
ついつい眠れなくなったりするのも覚醒作用のせいなんです。

一般的な飲み物のカフェイン含有量(1カップ150ccの場合)
・珈琲 135mg
・栄養ドリンク 75~150mg
・ココア 45mg
・紅茶 30mg
・緑茶 30mg

カフェインには、適量といわれる安全摂取量というものがあり、
1日あたりでは〈約5.7mg/kg体重〉以下と言われています。
平均値、男性体重70kgなら約400mg、女性体重50kgなら285mgが
一日の摂取の目安と言われているカフェイン量です。

珈琲(150cc)なら1日、男性は約杯、女性は約杯。
紅茶(150cc)なら1日、男性は約13杯、女性は約10杯。

誤解のないように。カフェインは体に悪い成分ではなく、むしろ
適量であれば健康を促進してくれるものなので、
必要以上にカフェインを摂らないように気をつける必要はありません。
ただ、紅茶や緑茶などは、比較的多めにとっても問題はないのですが、
珈琲や栄養ドリンクの過剰摂取は注意してください。

とくに日本人は男性も女性も小柄な方が多いので、
痩せている女性が珈琲を1日2杯飲むとか、
珈琲1杯に栄養ドリンク1杯も飲み、その種類によっては、
それだけで一日のカフェイン含有量を超えてしまうこともあります。

珈琲と紅茶を同じ感覚で飲んでいる方も多いかも知れませんが、
これらのデータからも分かるように、カフェイン含有量が違います。
そんなことを意識しながら、飲料と上手に付き合えたらいいですね。


20170718teacoffee.jpg


紅茶でもう一つ、注目したい成分に、紅茶のうまみと甘みを
醸し出すアミノ酸の一種「テアニン」があります。

テアニンはカフェインの強い作用を抑制するうえ、
湯の中でタンニンと結合して体内に取り込まれるため、
同量のカフェインに比べると穏やかに作用するそうです。

そのため、脳波の一種であるα波を増加させ、
お茶はリラックス効果をもたらす作用を持っています。
イギリスでは、このホッと一息つけるのが紅茶の魅力といいます。
リラックスと聞くと「気分が落ち着いてきて、だんだん眠くなる…」
と思われますが、嬉しいことに、この「テアニン」は、
眠くなることがなく、脳のリラックス効果が得られるのだそう。


20170718tea.jpg


やはり心やカラダの「健康」の視点からみても、
紅茶は毎日飲まないともったいないくらい素敵な飲料です。

イギリスに限らず、世界で見ても紅茶は、
各国でその消費が増え、いま世界で一番消費されている飲料です。

カラダを温める飲み物として、漢方茶や健康茶、生姜湯などを
毎日飲むのはなかなか難しいものですが、
美味しい紅茶は、健康うんぬんに関係なく、毎日楽しめるものです。
一石二鳥というわけです^^
カフェイン量も珈琲に比べると少ないので、一日何杯も飲めます。
そして、リントンズのようなブラックティーなら飽きずに楽しめます。
しかも、大きなマグ1杯10円前後なら、本当にお手軽な健康法です。

リントンズ紅茶は、第4回のセミナー「硬水と軟水」でも詳しく学んだ
日本のお水で美味しく淹れられる軟水ブレンドの英国紅茶であり、
ティーバッグなので、何かと忙しい朝でも気軽に本格紅茶を楽しめます。
お手軽な分、朝でもホッとした気分で、ゆったりと紅茶を飲めるのです。
それがリントンズ紅茶の魅力でもあります。

毎朝の紅茶は美味しいだけでなく、
心もカラダも嬉しい、大切にしたい1杯です。


2014イギリス朝食


紅茶セミナー全5回のコースを受けて、修了証などはありませんが、
大切なことは、皆様の紅茶の知識が豊かになり、
紅茶の味を知り、「自然と舌が覚える」ことが何にも変えられない、
あなただけの、特別な修了証になります。
紅茶愛好家のイギリス人が出逢うように、皆様が、
ご自分にとっての美味しい紅茶にたくさん出逢えますように。

イギリスの紅茶の歴史は日々進化し続けています。
とくに、この30年で紅茶製造の技術は大きく発展しています。
次はどんな形になるか分かりませんが、
また「リントンズの紅茶セミナー」を開催したいと思います!

●7月3日(月)
第1回 リントンズで作る、簡単!水出しアイスティー

●7月7日(金)
第2回 ミルクティーとアイスミルクティー

●7月10日(月)
第3回 英国の紅茶事情

●7月14日(金)
第4回 硬水ブレンドと軟水ブレンド

●7月21日(金)
第5回 紅茶と健康



910basha6.jpg

【リントンズの夏季休業のお知らせ】

いつもリントンズのオンラインショップをご利用いただき
有難うございます。リントンズでは、
7月26日(水)~8月4日(金)を夏季休業とさせていただきます。
休業前後の発送については以下の通りとなります。

●休業前の発送  
7月25日(火)のPM12:00までにご入金確認分まで発送します。

●休業後の発送  
休業期間中のご注文は8月7日(月)から通常発送させて頂きます。


通常のご注文は、土・日・祝を除いた営業・発送となっております。
夏季休業、土・日・祝の休業中の発送業務ならびにお問合せへの対応は
行っておりませんので、ご注文に関しましては、十分お気をつけ下さい。


2016824ケニアゴールド新
紅茶商リントンズ4代目社長サイモン氏&スー夫人の
パートナーの紅茶である「ケニアゴールド」
イギリスのご自宅で普段にもおもてなし時間にも登場します。
マグ200杯分のティーポット用ティーバッグが入っています。
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
日本の軟水で淹れると、とても美しい水色が楽しめます。
そのため、水出しアイスティーにもおすすめのブレンドです!


20150525新聞1
いま、オンラインショップで商品をお買い上げの方に、
〈Ringtons Tea Times〉というリントニアン新聞をプレゼント中!
本場イギリスの最新紅茶事情やティーブレンダーのQ&A等
全4ページ、盛りだくさんの内容でお届けします。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、
美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR