英国紅茶商のティーグッズ

ご紹介している商品は6月17日(土)10:00~開催される
オンラインショップ限定「アンティークマーケット」内で販売します!


今日は、英国の紅茶商ならではのグッズをご紹介します。

1950年代以降、紅茶の宣伝に多く利用されたのがピクチャーカード。
紅茶を購入すると、カードが1枚ついてきて、
これを集めて楽しむものでした。
1950~60年代、英国のさまざまな紅茶商が作っていたものです。

英国老舗紅茶商リントンズも、このピクチャーカードを作っていました。
紅茶商のものは〈ティーカード〉とも呼ばれていました。
カードにはテーマが決められており、植物シリーズ、動物シリーズ、
歴史シリーズ、船や車など乗り物シリーズ等など、
ひとつのテーマの作品を全部コレクションすると
25枚のセットになるというものでした。

ピクチャーカード(ティーカード)は英国紅茶愛好家にも、
コレクターが多い、紅茶商にまつわるアンティークグッズです。


20161129カードジャグ2


こちらは、英国紅茶商「Brook Bond(ブルックボンド)」のカード。
ブルックボンドは、1869年にマンチェスターに紅茶の小売店
「ブルックボンド商社」を開いたのが始まりです。
ブルックボンド社といえば、PG Tipsの生みの親です。
残念ながら、1968年にブルックボンド社は
総合ホームメーカー・ユニリーバ社の傘下となりましたが、
引き続き、PG Tipsの生産を続けて今日に至ります。
ちなみに、同じユニリーバ社の傘下にリプトン社もあります。

そのブルックボンド社時代に紅茶のパッケージに付けていた
ピクチャーカード。こちらはシリーズ50枚ごとに専用アルバムに
貼り付けると小さな図鑑本になるという趣向でした。

イングランド全体で比較的数多く出回っていたものなので、
ロンドンから北部のアンティークマーケットまで、1枚から
見つけやすいものですが、50枚コンプリートしたものは珍しいです。


20170609カード


リントンズはイングランド北部限定でお届けしていた紅茶なので、
まず、このリントンズのピクチャーカード(ティーカード)も
北部のアンティークマーケットでしか出逢えず、
その北部のアンティークマーケットでも、いままで、
1枚でも見つけるのが貴重なくらい滅多に出逢えません。

写真は、そんな英国老舗紅茶商リントンズから実際に作られていた
50~60年代のピクチャーカード柄のジャグです。
紅茶商の紅茶宣伝用のピクチャーカード柄の食器は珍しいと思います。
長い歴史、現存する紅茶商としてグッズ製作に拘り続けている
リントンズならではのティーグッズです。
歴史があるからこそ、ストーリーがあるグッズが出来上がります。

その中でもリントニアンに人気があったテーマ
〈ワイルドフラワー・シリーズ〉のティーカードをちりばめたデザイン!

このジャグも本当になかなか出逢えないものです。
前回と今回の渡英で、偶然にも連続で出逢えました。
アンティーク・ヴィンテージとは、運良くまた出逢えることもありますが
二度と出逢えないかも知れない、不思議な縁しかないのです。


20161129カードジャグ3


このジャグは、ピクチャーカード登場から約30年後、
1980年代にリントンズがEastgate Potteryに
ピクチャーカードをもとに特注し、製作してもらったものです。

Eastgate Potteryは、60年代後期になり会社が急成長した
ホーンジーの生産も任された陶磁器メーカーです。
リスやウサギや鹿など可愛い野生動物を、森の木や花と組み合わせて
ジオラマのように表した「Fauna」や「Fauna Royal」のシリーズで
人気を博したホーンジーからその型や生産を受け継ぎ、
1967年以降、Eastgate Potteryが製造していました。

そのホーンジー傘下であったEastgate Potteryにより製作された
ワイルドフラワーのピクチャーカード柄のジャグ2個セットです。
ウォータージャグやミルクジャグとして使えるものですが、
大きさもあるジャグなので、カトラリー入れとして使ったり、
お花をいけて、フラワーベースとして使っても素敵ですよ。

大(高さ14cm)と小(高さ11cm)の2つセットでの登場です!!


20161129カードジャグ4


同じようなもので、昔のリントンズの紅茶パッケージや
広告宣伝に使われていたデザインがちりばめられた、
ジャグ2個セットも今回、はじめて登場します。

こちらは、リントンズがWade Ceramicsに特注依頼したものです。
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、
英国老舗の窯元「Wade Ceramics(ウェイド窯)」は、
1900年代後半、リントンズと多くのコラボ製作をしていました。
残念なことにWADE窯は2010年に閉鎖し、現在は存在しないのですが、
人気があった窯元で、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。


20170609塗り絵


紅茶商ならではのティーグッズ、まだまだご紹介します!
英国では時代ごとに流行したティーキャディー(紅茶入れ)。

そもそも、茶(Tea)というのは、かつては、
英国貴族階級の人しか口に出来ない、大変高価なものでした。
18世紀後半、そんな貴重な茶葉を、使用人に盗まれないように、
家具のような、鍵付き木製の茶箱(ティーキャディー)を作らせるのが
貴族の間で流行しました。“お洒落”の意味もあったようです。

その後、時代と共に、ティーキャディーも
形や素材、役割が変わっていきました。
木製の茶箱から磁器製、現在は紅茶缶です。

1900年初頭から磁器製ティーキャディーが
紅茶商の特注により、当時の名門陶磁器メーカーの製作で
たびたび発売されることもありましたが、希少な存在でした。

写真は1796年にロンドンで設立された英国の陶磁器メーカー
「MASON'S(メイソンズ)社」にリントンズの特注により
製作された磁器製のティーキャディーです。

1968年、メイソンズ社はウェッジウッド傘下となり、
現在では生産がされておらず、
メイソンズとリントンズ社のコラボ陶器は珍しいものになりました。

デザインは、人気のウィローパターンです。
ウィローは英国を代表する陶磁器デザインです。


20170612Rキャディー


実は!同じように見えるこちらの磁器ティーキャディーは、
メイソンズとトワイニング(TWININGS) 社がコラボしたものです。

このように、ピクチャーカードやティーキャディーにしても、
英国紅茶商にはティーグッズ製作にも流行りというものがあり、
それぞれが同じようなものを作り製作・販売していた時代も。

ただ、同じメイソンズ社のウィローパターンでも紅茶商により
少しデザインが違うんですよ^^興味深いですね。

「アンティークマーケット」では、紅茶商リントンズから発売された
陶磁器製のティーキャディーがたくさんの種類登場します!

明日のブログも、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいストーリーとともに、ご紹介していきたいと思います。


20170609キャディー


オンラインショップ限定企画「リントンズのアンティークマーケット」
開催は今週末、2017年6月17日(土曜日)10:00~です。


20170605markets2.jpg
開催されるのは、英国のアンティークマーケットのように週末です。
英国の人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」を訪れ、
トレジャーハンターになった気分で、
リントンズグッズ探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。
6月の休日に“週末の英国の空気感”を感じていただけますように。

英国老舗紅茶商リントンズと英国陶磁器メーカーがコラボした
レアなリントンズグッズは、イングランド北部限定で、馬車やバンで、
各家庭に紅茶を宅配していた“リントンズ”が、数量限定で
販売していたものなので、購入できたのは限られた人達です。
このようなリントンズのアンティーク・ヴィンテージグッズは、
いまでも宅配地域である英国北部のアンティークマーケット等でしか、
なかなか見つけられないレアなグッズばかりです。
そんなリントンズグッズは見ているだけでも、
きっと“ワクワク”すると思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!



20170524breakfastimage.jpg
英国人気№1のブレンド「エクストラフレッシュ」が
新しいブレンド名「ブレックファスト」になりました!
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
イギリスで最も親しみのある名前になって登場です。
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。

★「Breakfast」 100包200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


20150525新聞1
いま、オンラインショップで商品をお買い上げの方に、
〈Ringtons Tea Times〉というリントニアン新聞をプレゼント中!
本場イギリスの最新紅茶事情やティーブレンダーのQ&A等
全4ページ、盛りだくさんの内容でお届けします。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、
美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR