「進化しつづける紅茶」 

1907年創業の英国老舗紅茶商リントンズは、
2017年の今年、110周年となる記念の年です。

そこで、リントンズでは新しいスローガンも生まれました。
それは「進化しつづける紅茶」です。
今日は紅茶商リントンズからのメッセージをそのままお伝えします!

いままでリントンズ社長サイモン・スミス氏は、紅茶について、
「Fresh tea is better tea」をスローガンに、
「どんなに上質で高品質な茶葉を育てても、茶葉摘採後、
新鮮な状態で保管・輸送・パッキングすることが出来なければ、
美味しい紅茶には出逢えない」と語っていました。

「これからの紅茶時代は、この茶葉の鮮度が重要だ」と。

リントンズは、茶葉選定が厳しい紅茶商としても有名です。
茶葉は土壌も命。土壌は天候や長い年月を経て、変化するものです。
現在はミネラル豊富、若いきれいな土壌のリントンズクオリティの
契約農園から上質で、新鮮な茶葉を摘採しています。

その茶葉を特別なアルミパック(リントンズ独自の技術)で
48時間以内に真空パックし、イギリスへ空輸。
イギリスの工場で48時間以内にブレンド・加工・包装されています。
新鮮茶葉を徹底的に管理し、空輸することはとてもコストもかかります。

この過程は、出来る限り上質で新鮮な茶葉の酸化を抑えるために
長年かけて構築された、リントンズ独自の技術です。


20170525リントンズ茶園 - コピー


簡単に「Fresh tea is better tea」と言っているわけではなく、
高品質な新鮮茶葉の紅茶を味わえるには、老舗紅茶商として何十年と
こだわってきた歴史とノウハウがいまに生きているということです。
これは誰もが簡単に真似のできることではなく、
また、歴史さえ長ければ実現可能なことでもありません。

現4代目会長であるナイジェル・スミス氏は、こう語ります。
「私の紅茶に対する情熱は、1970年代、約40年前に
茶園で最初に時間を過ごした、あの瞬間から始まりました。
そして、いまもその紅茶への情熱は変わっていません」と。

リントンズという紅茶商が、
英国紅茶商であることの「誇り」と「情熱」があってのことです。
大切なことは、伝統を守りながらも進化しつづけることです。


20170525スミスブラザーズ1

20170525スミスブラザーズ2


今日は、新しいスローガン「進化しつづける紅茶」についても
サイモン・スミス氏から届いたメッセージもご紹介します。

いままでこだわって作り上げてきた
唯一無二の品質保持製法を経た“お茶”である証が
リントンズの登録商標【 Leaf Lock True Taste 】として、
定番ブレンドのティーバッグ紅茶に表示されることになりました。

【 Leaf Lock True Taste (リーフロック製法) 】とは、
茶葉が摘採され梱包された後、その茶園を離れる際も、
より茶葉の風味が損なわれないように品質保持された証です。

お客様に、そのお茶が生産された国で飲まれるのと同じくらい
紅茶の茶葉の味わいをより自然に、素晴らしい状態を維持します。

いままでの茶葉の品質や茶葉から紅茶への製法の違いは
もちろん、茶木にある状態からティーバッグまで、
いかに茶葉を世話してあげるかが大切なことだと考えています。

このリーフロック製法を経て製造された紅茶は、
新鮮茶葉の驚くほど滑らかで、飲みやすい味わいを楽しめます。
この紅茶が他の紅茶よりも美味しいことがわかっています。
それは科学的根拠もあります。
英国紅茶業界でも高く評価されているものでもあります。

その結果、お客様は本物の紅茶の味を楽しむことができます。
ティーカップに茶木から摘まれた茶葉そのままの味わいを。


20170306オフィス紅茶


「その優れた味わいは、お茶の専門家でなくても、
誰でも、この品質の違いを味わうことができるのです。」

これは、リントンズの会長ナイジェル氏や社長サイモン氏、
熟練ティーブレンダー達が強く伝えたいメッセージです。

リントンズは2017年、今年で110周年記念を迎えます。
英国で100年以上、美味しい茶葉にこだわり続けて、
情熱を持って紅茶を愛し続けて、日々進化している紅茶です。

それを表現するために作られた新しいスローガンが
「進化しつづける紅茶」です。

明日は、オンラインに品切れしていた商品が多数入荷するほか、
リントンズから大切なお知らせがあります。



2016824ケニアゴールド新
紅茶商リントンズ4代目社長サイモン氏&スー夫人の
パートナーの紅茶である「ケニアゴールド」
イギリスのご自宅で普段にもおもてなし時間にも登場します。
マグ200杯分のティーポット用ティーバッグが入っています。
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとサイモン氏は語ります。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、
美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR