ティーフェスティバルで紅茶缶も販売!

英国フェアでお馴染みの大阪・阪急うめだ本店にて、
来週の5月17日(水)~5月22日(月)、
世界のお茶時間を楽しむ〈 ワールド・ティー・フェスティバル 〉が
開催されます!世界のお茶イベント、注目の初開催です!

そして、イギリス紅茶代表として、独立ブースをかまえて、
「英国老舗紅茶商リントンズ」が出店することになりました。

今日は、そのリントンズショップで販売する商品をご紹介します。

リントンズの魅力は、毎年変わる紅茶缶のデザイン!
一般的には、紅茶缶のデザインはあまり変わらないものですが、
毎年テーマやストーリーに合わせて製作しています。

毎年デザインを変えるということは、それだけ手間もかかりますし、
何よりコストがとてもかかるものなのです。
数量限定の生産となると尚更です。
それでも毎年、リントンズ紅茶愛好家に喜んでもらうために、
長い歴史、紅茶缶のデザインを考え続けています。

100年以上の長い歴史がある分、紅茶缶のデザインもいろいろ。
馬車の伝統的なものからトレンドのものまで、様々です。
英国にはこのリントンズ紅茶缶のコレクターも沢山いるほど。

2016年秋に登場した砂時計つき「ティータイマーキャディー」は、
どの英国フェアでも早々に完売、リントンズのオンラインショップでは
僅か2分で完売した、大人気のリントンズ紅茶缶です。

英国でもすでに完売し、この〈 ワールド・ティー・フェスティバル 〉が
日本でも世界でもラスト販売となります。


2016823Egytian Caddy


エジプティアンなデザインは、探しても、なかなか見つからないもので、
濃紺とゴールドのトレンド感のあるお洒落な紅茶缶は、
高級なエンボス加工を使い、ヒエログリフ文字一つ一つまで丁寧に
凹凸で仕上げています。アンティーク感さえ漂う素敵なデザインです。


2016823Egytian Caddy_back


何よりも“ティータイマー内蔵”の紅茶缶というのは貴重です。

雑貨屋さんでは、ティータイマーだけで販売もしていたりしますが、
エジプトの砂漠をイメージした砂時計、そして、
それが紅茶缶に内蔵されているなんて、素敵すぎるティーグッズ。

このティータイマーにも紅茶商ならではのこだわりがあります。
紅茶の茶葉は1分刻みで味が変化するほど繊細なものです。
そのため紅茶用の砂時計は3分ではなく1分が便利なのだとか。

より自分の美味しい紅茶に出会うための1分刻みのティータイマーです。
手動で楽しくクルクル回して、計れるようになっています。
遊び心の中にも、紅茶商の知恵と思いやりが詰まっています。

紅茶時間は、日常のシーンを幸せにしてくれると考えるリントンズが
ティータイムのために、大切に作った紅茶缶です。


20170306名古屋


リントンズ限定紅茶缶「ティータイマーキャディー」の中に
入っている紅茶は、
英国で一番人気の【エクストラフレッシュ】が入っています。

この紅茶は名前の通り「とにかく新鮮!」なブレンドです。

新鮮な紅茶は一口飲めば、すぐ分かります。
それは、驚くほどクセがなく、飲みやすいのが特徴です。

リントンズのエクストラフレッシュは、インド産のアッサム茶葉と
ケニア産のナンディヒルズの茶葉を新鮮な状態でブレンドしています。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

リントンズブレンドの中では、一番ミルクティーに合うブレンドですが、
ストレートで淹れても、とっても美味しい紅茶なんです。
アッサムはミルクティーのイメージも強い茶葉ですが、
リントンズのように、新鮮なアッサム茶葉は
ストレートでも美味しいんです。コクがあって、甘みもあり、
それが一緒にブレンドされているケニア茶葉のフレッシュで
芳醇な香りと相まって、毎日飲んでも飽きない美味しさです。

高品質な新鮮な茶葉は、どのように淹れても、間違いなく美味しいです。


2016817extraイメジ2


英国RINGTONSで1938年に作られた「トラディショナル缶」を
完全復刻した貴重な紅茶缶「トラディショナルキャディー」も販売。


2016823トラディショナル


この紅茶缶のカラーは、紅茶商創業者サミュエル・スミス氏が
考案したカラー“リントンズグリーン”です。
リントンズの馬車に使われているのも、このリントンズグリーン。
グリーンのような、イエローのような、この絶妙なカラーが
4代目社長サイモン・スミス氏もお気に入りの紅茶缶なのです。

そのため、毎年デザインの変わる紅茶缶とは別に、
リントンズではアイコンにしたいくらい、特別な紅茶缶でもあります。

歴史がある紅茶商だからこそ、
ストーリーのある紅茶缶が出来上がります。


2016823馬車


「トラディショナルキャディー」の中に入っている紅茶は、
リントンズの最高級ケニア茶葉のみを使用した【ケニアゴールド】。
英国「Great Taste Awards(グレート・テースト・アワード)2016」
で最高評価の3ツ星金賞を受賞しています。

ケニアゴールドに関しては、KTDA傘下の厳選契約農園の
なかでも、特に、高品質な茶葉を生産している
6つの小規模農園の最高級ケニア茶葉の
一番上の芽の部分のみを贅沢に使用した紅茶です。

産地が同じでも、農園によって茶葉の品質は全く違います。
リントンズは、農園の間でも茶葉選定が厳しいと有名な紅茶商です。
間違いの無いクオリティーの農園を厳選して取引しています。

現在、リントンズ紅茶の85%位がケニアなどアフリカからの
輸入茶葉を使っています。
世界中の農園をまわり、毎日何百種類と茶葉をテイスティング
しているリントンズ専属ティーブレンダー達も、
ケニアは最も重要な場所であると語っていました。
英国紅茶業界でも注目の産地なのです。
茶葉は土壌も命。新しくきれいな土壌で、ミネラル豊富、
若い茶木から上質な品質の茶葉を採り、
48時間以内に真空パックしてイギリスへ空輸し、
そこから48時間以内に、専属の熟練ティーブレンダーにより
素早く加工され、お客様の元に届く状態にパッキングしています。

これが、リントンズが“フレッシュティー”と言われる理由です。

【ケニアゴールド】は雑味のない、新鮮な茶葉の甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘さを損なわないよう、
お砂糖なしのミルクティーで味わうのがおすすめの飲み方です。

英国リントンズ社の会議や打ち合わせで出される紅茶も
4代目代表サイモン氏や奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも
パートナーの紅茶として愛している紅茶も【ケニアゴールド】です。


2016824ケニアゴールド新


〈 ワールド・ティー・フェスティバル 〉では、
ご紹介したエクストラフレッシュ、ケニアゴールドの他に、
トラディショナル、コノシュア、アールグレイ等
老舗紅茶商「リントンズ」専属のティーブレンダーにより
ブレンドされた定番紅茶5種類ももちろん販売します。


20170130ブレンド


最近は、この定番紅茶を目当てにご来店いただくことが多く、
英国リントニアンのように“美味しい英国紅茶”として、
パートナーの紅茶として日本でも愛されているのを感じます。

英国に現存する紅茶商で、リアルに英国人に愛され続けている
リントンズ紅茶の顧客は、北部の英国家庭だけでも30万世帯、
他にも老舗ホテルやティールームの紅茶としても愛されているので、
その数まで入れると、とてつもない数になります。
1週間に億を超えるリントンズ紅茶が英国で愛飲されています。


201694スミスブラザーズ


そして、そんなリントンズの熟練ティーブレンダー渾身の
全ブレンドが楽しめる5ブレンドセットも登場します!
全て味わえてしまう数量限定のスペシャルなセットです。

1ブレンドにつきティーバッグ10包20杯分×5種類、約100杯分の
紅茶がたっぷり楽しめて、1,389円(税込1,500円)です!!


20170323hamper5.jpg

ピクギフト1


高品質な茶葉はじっくり蒸らしてあげることが大切です。
紅茶をかわいく、そして真剣に蒸らしてくれる
にわとり型のティーコジーも新柄がたくさん並びます!
英国フェア等では毎年買い足してくださるお客様もいるほど。

1羽1羽柄も違い、生地やボタンも日本では珍しいものです。
それぞれの柄によって、にわとりの表情も違うので、
選ぶのに時間がかかってしまう商品でもあります。
でも、不思議なことですが、だいたい皆さん、
アレコレと悩んだ末に第一印象で手に取ったものを
選ぶ傾向にあります。感覚ってスゴイですね。

我が家も、にわとり型ティーコジーはいくつか持っていて、
夏用・冬用、イースター、ハロウィン、クリスマス柄等使い分けて、
インテリアとしても楽しんでいます。

ティーコジーは、イギリス家庭では1家に1個の必需品です。


2016930teacosy1.jpg

2016930teacosy6.jpg


リントンズでは、英国で愛されている紅茶の美味しさ、
楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
ジャパン代表・岡田がショップで美味しい紅茶を淹れて
お待ちしております!

紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから丁寧に淹れています。
リントンズの試飲の淹れ方はイギリス日常の淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、
参考にしやすいかと思います。

リントンズは馬車のロゴがトレードマークです!


2016229ロゴ


★世界のお茶時間を楽しむ〈 ワールド・ティー・フェスティバル 〉

イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、
スウェーデン、アメリカ、スリランカ、トルコ、タイ、中国、日本など
各国の21の人気ティーブランドが一堂に集結!
伝統あるティーブランドから新進気鋭のティーブランドまで
世界の様々なお茶や飲み方のスタイルが楽しめます♪
お茶に合うティータイム菓子も登場するそうです。
ティーセミナー等のイベントも毎日開催されます!

期間:5月17日(水)~5月22日(月) 6日間
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場

★阪急うめだ本店「ワールド・ティー・フェスティバル」予告


ワールドティーロゴ20170502


【イベント出店のため、配送業務/お問合せ対応等休業のお知らせ】

オンラインショップは24時間365日注文を受け付けておりますが、
5月16日(火)~5月23日(火)は、阪急うめだ本店で行われる
〈 ワールド・ティー・フェスティバル 〉出店のため、
オンラインショップ注文の商品配送業務/お問合せ対応等を
お休みとさせていただきます。

ご注文のタイミングによっては発送までにお時間をいただく場合が
ございますので、ご注文の際はご注意いただきますようお願い致します。
また、お問合せの際もメールにてお願い致します。返信に多少の
お時間をいただく場合がありますので予めご了承ください。

通常配送は、ご入金並びにカード決済確認後、
土日祝を除く、2営業日以内に発送致します。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、
美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR