「紅茶商」に甘えられるという贅沢

紅茶の国・イギリスでは、紅茶は珈琲のように
淹れ方に難しい道具や技術がいらないから愛されています。

イギリスの紅茶愛好家の淹れ方は驚くほど寛容で、
難しい技術は何もありません。淹れ方が難しくなくても、
美味しい紅茶でなければ、日常ティーには選ばないそうです。

なぜ?淹れ方に拘らなくても、美味しい紅茶が淹れられるのか?

それは、紅茶商が拘って、お客様のために紅茶を作っているからです。
紅茶商とは、世界中の産地の茶葉を知り、世界中の厳選農園の
茶葉生産から茶葉鑑定、テイスティング、ブレンド、パッキングまでを
一貫して行う、紅茶に関するプロ中のプロが集まっています。

大きな英国紅茶商の場合は、一日に数百種類もの紅茶葉を鑑定します。
これを毎日です。その茶葉の質、水との相性を考慮しながら、
茶葉をブレンドする専属ティーブレンダーも存在します。
古くからブレンドレシピも代々受け継がれ、
その伝統レシピも、ブレンダーの技術も、英国紅茶商の「命」です。

だから、イギリスの紅茶愛好家は拘って、茶葉の知識やクオリティは、
信頼できる紅茶商やティーバイヤー、ブレンダーに任せるのです。
ティータイムのために、すべてを任せられることは“贅沢なこと”なのです。


2016824サイモン紅茶シーン


紅茶を淹れるのに必要な道具をあえて言うのなら、ティーポットです。
あと、ティーコジーがあれば完璧です。

ただ、ティーポットで紅茶を淹れること=手間をかける、とは違います。
美味しい紅茶は、手間をかけなくても淹れることができます。

大切なのは、美味しい茶葉に出逢えることです。
これも、信頼できる紅茶商やティーブレンダーに出逢えれば、
いつも、世界中の農園の、世界中の茶葉から厳選して届けてくれるので、
わたしたちは、毎日のティータイムを安心して、ゆったりと楽しめます。

わたしたちがのんびりとティータイムしている間にも、紅茶商の人たちが、
毎日、毎日、美味しい紅茶のために世界中を飛び回り、
茶葉を生産し、テイスティングし、お茶に仕上げてくれているのです。
これこそが、紅茶商に甘えられるという贅沢、です。


2016117農園

2016117ケニア農園


世界中の農園の茶葉から厳選し、紅茶に仕上げるティーブレンダーとは、
茶葉0.15g程度のわずかな味や香りの違いがわかる程奥が深い世界です。
そして、世界で見ても紅茶先進国であり、ブレンド技術が高いといわれている
英国紅茶商では、消費地の水に合わせて、紅茶を仕上げます。

リントンズ4代目社長であり、ティーブレンダーでもあるサイモン・スミス氏は
紅茶(茶葉)と水はとても大切な関係だと熱く語ります。
そしてリントンズは、現在も優秀なティーブレンダー達がいることで知られ、
長年のプロの知識、人間技とは思えない繊細な五感により、
愛飲されているイングランド北部や湖水地方、スコットランド等の
日本のお水と同じ軟水用に仕上げた紅茶です。

日本のお水(軟水)に合う、高品質な茶葉を選べば、あとは簡単です。
サイモン氏は来日時、日本のお水を味わい、「とても素晴らしい!」と
感動していました。「紅茶商として、美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」と言います。
だから、日本は空気をたっぷり含んだ豊富な水道水(軟水)があるので、
何も難しくないことです。汲みたての新鮮なお水を使うだけ。

他に、ミルクティーにするなら、ミルクは温めなくてよいそうです。
むしろ、常温に戻したり、温めたりせず、
冷蔵庫のミルクをそのまま使うことが大切だと語っています。
水もミルクも、生活の中にあるものを使うだけで良いということです。

紅茶商のリントンズが教えてくれた美味しい紅茶のポイントは、
普段の生活を何も変えなくてもいいものばかり。


20168164.jpg

2016516ブレンド水


紅茶は、特別な環境で、特別な人だけが
美味しく飲めるというものではなく、
誰でも、自然に、寛容に、そして美味しく楽しめるものなのです。

昔は、イギリスの上流階級の人たちの限られたものでしたが、
それも1世紀以上も前の歴史のお話であり、紅茶は日々進化しています。
現代では、紅茶は、万人に愛されることができる素晴らしい飲み物です。
逆を言うと、紅茶も人を選びません。
欲しいと思った時に、いつでもそばにいてくれる癒しの存在です。

そのためには、美味しい茶葉に出逢えるかが肝心であり、
あとは自分の好み、ライフスタイルで淹れ方を変えられる、
難しく考えなくても美味しくなる、
だからこそ、紅茶の時間はリラックスした気分にもなれ、
おもてなしでは相手を思いながら、丁寧に紅茶を淹れることができ、
こんなにも紅茶の国・イギリスで愛されているのです。

イギリス人は、自分の好きな紅茶、好きな飲み方がはっきりと
決まっている人がほとんどです。そんな“我が家の紅茶”があることで、
日常に豊かな時間が増えることを知っており、それが日常の安らぎであり、
美味しいお菓子に必要なパートナー、そして家族時間、一人時間、
おもてなしにも毎日必要なツールだと大切にしています。
これは何世紀にも渡り、ヴィクトリア時代からも変わらない精神で、
紅茶は日常の癒しであり、素敵なコミュニケーションツールなのです。

イギリスで、紅茶の愛され方は何も変わっていないのです。


20161219tea.jpg


イギリスの紅茶愛好家のように“我が家の紅茶”を見つけてほしいと
リントンズでは、イギリスで愛されている代表的な紅茶ブレンドの
5種類が味わえる「おためしセット」を販売しています。

大変人気のある数量限定セットでお問合せも多い商品です。
100年続く英国老舗紅茶商「リントンズ」のティーブレンダー渾身の
ブレンド紅茶5種類がすべて味わえてしまう
「送料無料!おためしセット 1,000円(税込)」が本日16:00再入荷します。

もし、何年か前にリントンズ紅茶を飲んだことあるけれど...という方も
久しぶりに味わってみてください。どんどん拘って、どんどん美味しくなる、
進化している紅茶なので、前よりももっと美味しくなっています!

トラディショナル、コノシュア、エクストラフレッシュ、ケニアゴールドの
ブレンド紅茶(ブラックティー)のティーポット用ティーバッグ各5包10杯分も入り、
そこに、リントンズ唯一のフレーバー紅茶、アールグレイも5包入り、
5種類×各5包、約50杯分も味わえて、送料無料で1,000円(税込)です!
毎回入荷後すぐに完売してしまう人気商品ですので、
興味ある方は、この機会をお見逃しなく!!!
なくなり次第終了、不定期入荷となりますので、ご了承ください。

ゆっくり味わって、ぜひ“我が家の紅茶”を見つけてくださいね♪

■送料無料!リントンズ紅茶 全ブレンドお試しセット 5種類 25包45杯分


20170130お試しjpg


「我が家の紅茶はこのブレンド!」というものに出逢えたら、
定番サイズのティーポット用ティーバッグ100包入り、大きなマグ2杯分、
200杯分の紅茶が入った袋のほうが断然お得です!

イギリスのリントニアン(リントンズ紅茶愛好家)に
一番人気のエクストラフレッシュなら、1袋200杯分入り2,000円。
マグカップにたっぷりの英国紅茶商の紅茶を淹れて、1杯10円です。

100年以上、美味しい茶葉にこだわり続けている紅茶商だからこそ、
毎年、毎年、美味しくなるんです。しかも、同じブレンドの味で。

だから飽きずに、何年、何十年飲んでも美味しい紅茶なのです。


2016112エクストラフレッシュ


エクストラフレッシュがなぜイギリスで一番人気かというと、
ブレンダーにより【ミルクティーに合う茶葉】を厳選したブレンドだからです。
イギリスでは紅茶を飲む時、その95%がミルクティーで飲まれています。
ただ、ストレートで淹れても、とっても美味しい紅茶なんです。
ブレンドされたアッサムはミルクティーのイメージも強い茶葉ですが、
リントンズのように、新鮮なアッサム茶葉はストレートでも美味しいんです。
美味しい茶葉はどのように飲んでも、間違いなく美味しいのです。

今日は、英国で愛されているミルクティーの淹れ方のブログもご紹介します。
淹れ方と言っても難しくない“コツ”です。
でも、このコツを知っているだけで、美味しいミルクティーが味わえます!

★英国No.1の紅茶「ミルクティー」の淹れ方

ぜひ、美味しい茶葉選びは老舗紅茶商「リントンズ」に任せて、
濃く淹れてみたり、ミルクティーにしてみたり、
茶葉を、淹れ方を、自分の好きなように思いっきり楽しんでみませんか?
豊かなティータイムは気持ちが大きいと思います。

紅茶は寛容に楽しむほうが世界が広がる飲み物です。
幅が広がるからこそ、英国の日常でこんなにも長い間愛されているのです。



2016824ケニアゴールド新
RINGTONS社4代目社長サイモン氏&スー夫人の“我が家の紅茶”
「ケニアゴールド」。英国のご自宅で普段にもおもてなしにも登場します。
マグ200杯分のティーポット用ティーバッグが入っています。
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとサイモン氏はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR