イギリス軍御用達の紅茶商 

実は、紅茶の国には、イギリス王室御用達ならぬ
イギリス軍御用達の紅茶があるのは、ご存知ですか?

クリケットやラグビー等、イギリス発祥のスポーツでは、
試合中や試合後にティータイムがあるのは有名なお話ですが、
戦争の時、イギリス軍はティータイムを欠かさなかったといわれ、
朝食には必ずイングリッシュブレックファストと紅茶が
出てきたというのも、よく聞くお話です。

そのくらい、ホッと一息つきたい時は“紅茶”という特別な存在です。
優雅になりたいとか、そうゆう“特別”ではなく、
家族やパートナーのように日常にかかせない、
そこにあるのが当たり前で、ないと困る“特別”な存在です。

そして伝統は続き、いまでもイギリス軍の食事には必ず紅茶が付いています。
しかも!その紅茶はなんと!イギリス軍隊専用の紅茶“ミリタリーティー”。
軍専用の紅茶があるなんて、やっぱり紅茶の国ですね。
イギリス軍で働いていたウィリアム王子もきっと飲んでいたことでしょう。

その名も「NAAFI(The Navy, Army and Air Force Institutes)」。
これはイギリス軍御用達の紅茶で、残念ながら市販されていません。


NAAFIイメジ7


ミリタリーティー「NAAFI(The Navy, Army and Air Force Institutes)」。
1920年からずっと、軍隊でのみ愛飲されていた、秘蔵の紅茶です。

90周年記念の2010年の一年間限定で、一般にも公開された「NAAFI」。
なんと!このミリタリーティーは、英国老舗紅茶商であるリントンズ社で
ブレンド、製造、販売されていました。そのため、2010年の一年限定で、
リントンズから一般販売されており、知る人ぞ知る人気商品でした^^


NAAFI新


〈ブレンド技術〉に拘るイギリスの紅茶業界の間では有名な話ですが、
リントンズは、茶葉の品質だけでなく、ティーバッグ生産技術や
ブレンド技術も高い紅茶商として知られています。
そして、海外で紅茶をブレンドするイギリス紅茶ブランドも増えている中、
〈英国ブレンド〉に拘り、熟練の専属ティーブレンダーによって、
自社工場でブレンドされている、正真正銘の英国紅茶です。
それは、イギリスの別メーカーに生産を依頼されるほど信頼されています。

ここでは具体名はふせますが、イギリスでは日本人にもお土産として
よく購入される英国王室御用達の老舗百貨店や高級スーパー、紅茶メーカー等
の紅茶も長年に渡り、リントンズが茶葉選定・ブレンド・製造を任されています。
百貨店やスーパーは、当たり前ですが、茶園とのコネクションやブレンド技術、
紅茶製造に関するノウハウがないため、紅茶商に依頼することになるのです。
各店舗の要望に合わせて、熟練ティーブレンダーによりブレンドされています。

ロンドン等の硬水地域の紅茶は、硬水用にブレンドし、リントンズは
日本と同じ軟水地域の紅茶なので、軟水用にブレンドしています。
このように茶葉をお水に合わせて選定する技術も素人には難しく、
これもブレンド技術が高いといわれるリントンズの伝統の技術です。

そして、このイギリス軍の紅茶もブレンド・製造を任されていました。

ここで、少しワクワクするお話があります!
「NAAFI」は、現在市販されていないものですが、英国伝統のブレンドで、
同じリントンズ社の英国伝統ブレンド【トラディショナル】がまさにその味!!

こんな話もあります。
ベルリンのイギリス軍に所属していた男性が、「NAFFI」の紅茶の味に魅かれ、
退役後、他の紅茶を飲んでいたのですが、「NAFFI」の味が忘れられず、
その紅茶がイギリスで作られ、リントンズで製造されていることを知り、
さらに、同じようなブレンド【トラディショナル】の存在を知り、
かれこれ20年以上も【トラディショナル】を愛し続けているそうです。

リントンズのティーブレンダーも“a similar tasting tea”と言っています。
私たちも「NAAFI」は、何度も飲んだことがありますが、
正直、【トラディショナル】のほうが美味しいですが、驚くほど同じです。

もちろん、同じ紅茶商の茶葉やティーブレンダーにより、
“英国伝統のブレンド”を製造しているので、似て当然のお話なんですが。

実際、不思議ですが、【トラディショナル】や【カッパス】をオフィスで飲んだり、
“我が家の紅茶”にする男性のお客様は本当に多いんです!
男性が癒される味なのかもしれません。


NAAFIイメジ1

2016112トラディショナル


そして興味深いことに!!!
イギリス軍御用達「NAAFI」には公式の紅茶の淹れ方があるのです!
つまり“イギリス軍の紅茶の淹れ方”です!
※「NAAFI」の紅茶パッケージや紅茶缶にも記載されていました。

【トラディショナル(ティーポット用)】と【カッパス(マグ用)】は、
「NAAFI」と同じ英国伝統ブレンドのティーバッグなので、ぜひお試しください。

〈急いで淹れなくてはいけない時〉という紅茶の淹れ方があるのが、
いつ何が起きるか分からない、軍隊らしいともいえますね。


◆イギリス軍の紅茶の淹れ方 【トラディショナル(ティーポット用)】

①ティーポットをあたためる

②ティーポットに【トラディショナル】ティーバッグを1包入れる

③即座に新鮮な熱湯を注ぐ

④抽出時間は3~5分 ※ストロングティーがお好きなら5分

⑤まずカップにミルクを先にいれておく
 
⑥カップにティーポットの紅茶を注ぎ入れて完了


◆急いで淹れなくてはいけない時 【カッパス(マグ用)】

①マグカップに【カッパス】ティーバッグを1包入れる

②即座に新鮮な熱湯を注ぐ

③色が濃く出たら、ティーバッグをとる

④ミルクを後にいれて完了

※香りコクを楽しみたければ、もう少し長めにティーバッグを抽出


NAAFIイメジ2


日本では、ホッと一息つく=珈琲、のイメージもあり、
紅茶は特別なもの、嗜好品のような存在ですが、
イギリスではその逆で、ホッと一息つく=紅茶(ミルクティー)、です。
なぜなら、美味しいその味にホッと癒されるからです。
そして、紅茶は、自然と健康体を作ってくれる嬉しいものとして、
紅茶愛好家の間では、毎日の紅茶習慣を大切にしている方も多いのです。

紅茶は、茶葉に含まれている酵素によって、葉を酸化発酵させたものです。
完全発酵の紅茶(ブラックティー)の発酵茶パワーはすごいのです。
ここ数年、色んなメディアなどでも「体を温める」「内臓(腸)を温める」と
取り上げられていますが、紅茶に含まれる酵素がとても良いそうです。

以前からお伝えしていましたが、暖かい国で育った珈琲や
不発酵茶といわれる緑茶などは、カラダを冷やす飲み物として有名です。
そのため、イギリスではいま人気の珈琲ですが、女性はあまり飲みません。
こんな寒~い日に、ホットコーヒーは逆効果です。
もし毎日の習慣で飲んでいると、カラダが冷えやすくなってしまいます。

最近では、珈琲やビール等カラダを冷やす飲み物が好きな男性も多いため、
“オトコの冷え性”も多いそうです。
さらに、男性は職場や人間関係などさまざまなストレスを多く抱えるほど、
脳から“心を強く持とう”とする働きが強くなるそうで、そのために、
気持ちが高ぶってしまったり、脳が疲れてしまったり、これは同時に、
カラダの緊張が高まり、血流が悪くなったりして、カラダが冷えてしまうとか。
冷えは、イライラし、集中力が減少し、落ち着きがなくなったりします。
感情を穏やかにして、自分自身で精神をコントロールしたい時には、
ホッと1杯の紅茶で脳をリラックスして、カラダを温めてほしいです。

紅茶で一番効果的な飲み方は、起き抜けに紅茶を飲んで、
体温を早く上げてあげることで健康的に体が働き出すそうです。
毎朝飲むことで、カラダを温める良いリズムが出てきます。

イギリスでは、朝だけでなく、会社のミーティング前にリラックスして、
集中できるように、1杯の紅茶をマグで飲むことも多いそうです。
写真は英国リントンズ社のランチミーティング中の紅茶です。
紅茶好きの男性は、大らかで寛容で、紳士的な方が多いように思います。


Rサンドイッチ


ぜひ、今年のバレンタインは、イギリス軍御用達の紅茶商の紅茶を
“ミリタリーティー”のストーリーとともに、
恋人やパートナーにプレゼントしてみてはいかがですか?

そして、その時はぜひ、イギリス軍の淹れ方で紅茶を楽しんでみては?
淹れ方といっても難しいものはなく、ティーバッグを入れるだけ、です。
茶葉にこだわっているので、楽しく、簡単に、美味しい紅茶が淹れられます。

甘いスイーツも魅力的ですが、甘くないスイーツ(紅茶)は日常でも楽しめ、
「一人時間やオフィスティータイムで、ホッと一息ついて欲しい」と
相手を思う気持ちがきっと伝わる素敵な贈り物になると思います。
慌しい毎日に、ホッと癒しの時間が訪れますように☆


20170206バレトラ


それにしても、さすがイギリス!!
イギリス軍公式の淹れ方でも、やはり“ミルクティー”なんですね^^



トラバレンタイン
リントンズ専属ブレンダーのよる英国伝統ブレンド&
ロングセラーの紅茶「トラディショナル」。
英国本場の紅茶が毎日のティータイムで気軽に楽しめます。
英国流ミルクティーとチョコレートは最高の組合せです♪

★トラディショナル 100包200杯分(茶葉300g)1,900円(税込)


20170204チョコ
ロンドンの高級百貨店やセレクト食材店に置かれている
いまイギリスでトレンドのチョコレートビスケットも
リントンズのオンラインショップで販売中です!
紅茶と一緒にいかがですか?

★カートライト&バトラー チョコオーツクランブルビスケット 1,080円(税込)



コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR