WADE窯 ハウス型ティーポット

英国老舗紅茶商リントンズと英国陶磁器メーカーがコラボして
100年以上製作しているレアなリントンズグッズ達を見ていると、
英国陶磁器の歴史も見えて来るので面白いのです。

1900年代後半、リントンズがよくコラボレーションしていた
英国の陶磁器ブランド「Wade Ceramics(ウェイド窯)」は、
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、英国老舗の窯元。
1950年代に小さい陶器製の動物シリーズを発売し、
これが大ヒットし、英国には動物シリーズのコレクターも沢山います。
以降、その巧みな技術をもって、コミックスやテレビ番組の
ミニフィギュアを次々に製作・販売していました。
その技術は欧州でも他に類をみないほどの美しさと言われているほど。
残念なことにWADE窯は2010年に閉鎖し、現在は存在しないのですが、
人気があった窯元で、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。

リントンズとWADE窯、なかには、ちょっと変わったコラボもあります。
1920年代にリントンズと200年続いた英国老舗窯元Maling Potteryが
コラボしたグッズをMaling Potteryが1963年に閉鎖後、
その1920年代のMaling Potteryのデザインをそのままに、
別メーカーのWade Ceramicsにより復刻させた
リントンズ社×Maling Pottery×WADE窯の貴重なトリプルコラボも!

他社とコラボした陶磁器をデザインそのままに別メーカーにより復刻させたり、
細かいことは言わず、リントンズによる、リントンズのために
発売されてきたものとして、歴史の中で楽しく商品が製作されていきます。
これも英国で知られている真面目な企業姿勢と英国陶磁器メーカーと
築き上げた関係がリントンズにはあるからだと思います。

今日は、そのWade窯とコラボレーションした、リントンズのティーポットです。
〈リントンズ・ハウス〉というシリーズです。
英国の街にリントンズ紅茶がある日常が描かれています。
とても人気の高い〈リントンズ・ハウス・ティーポット〉が3つも登場!!!

1つ目の「リントンズハウス型」のティーポットは、
1920年代のリントンズが馬車で紅茶をお届けしていた風景を描いた、
希少なコレクターズティーポットです。両面ともとっても繊細なデザイン。


20161128ハウス1


1920年代、馬車配達の時代、ボウラーハットにハンパーに紅茶を入れて、
英国紳士の配達員が「Your Tea Madam !」とお届けしていた風景です。


20161128ハウス2


写真は現4代目社長のサイモン・スミス氏本人がTVに登場した時、
本物のリントンズ馬車で当時の様子を再現しています。
受け取っているのもお屋敷のメイドさんというリアルな設定です^^
まさにティーポットに描かれている、リアルな英国の日常だったのです。


103TV3.jpg


バッグスタンプにも、Wade Ceramics社の特注・製作の証があります。


20161128ハウス7


2つ目の「リントンズハウス型」のティーポットは、
1950年代のリントンズが馬車からバンに変わり始めた時代の風景。
このバンも馬車と並ぶほど、リントンズのアイコンとも言えるバンです。
あらゆるリントンズグッズにたびたび登場する人気者です。


20161128ハウス3


当時の英国マダムのファッションも楽しめる素敵なティーポットです^^


20161128ハウス4


バッグスタンプにも、Wade Ceramics社の特注・製作の証があります。


20161128ハウス8


3つ目の「リントンズハウス型」のティーポットは、
1960年代のリントンズ紅茶が英国日常にあるシーンが描かれています。
時代ごとに変わるハウスの雰囲気にも注目して欲しいです!


20161128ハウス5


この頃になると、リントニアンとのお付き合いも長いお客様だと
半世紀になるロイヤル・リントニアンもいるような時代です。

そして、音楽界ではビートルズが旋風を起こし、若者を中心に、
ロンドンの服飾文化=ファッションも、世界的な注目を集めた頃。

なんとなくフランクで、ファッショナブルな時代を感じさせます。


20161128ハウス6


バッグスタンプにも、Wade Ceramics社の特注・製作の証があります。


20161128ハウス9


この“リントンズ・ハウス”のシリーズは、ティーポットと同じデザインの
マグカップも存在し、英国にはコレクターも多い人気商品です。
ティーポットがまとめて3つも登場するのは貴重な機会です!!!


20151118リントンズハウスマグ


そういう意味では、リントンズは、英国紅茶という枠にとらわれず、
英国の歴史の移り変わりやカルチャーまでも感じられる紅茶商です。
その時、その時で真面目に英国のこと、紅茶のことを考えて
商品開発をしているから、こんなにも“ザ・英国”を感じられるのかも知れません。



オンラインショップ限定企画「リントンズの冬のアンティークマーケット」
開催は今週末、2016年12月3日(土曜日)~です。


yourteamadamのコピー
開催されるのは、英国のアンティークマーケットのように週末です。
英国の人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」を訪れ、
トレジャーハンターになった気分で、
リントンズグッズ探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。
冬の休日に“週末の英国の空気感”を感じていただけますように。

英国老舗紅茶商リントンズと英国陶磁器メーカーがコラボした
レアなリントンズグッズは、リントニアンだけでなく、
イギリス等のヨーロッパやアンティーク・ヴィンテージが好きな方、
英国紅茶が好きな方も、見ているだけでも、
きっと“ワクワク”すると思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

明日のブログも、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいストーリーとともに、ご紹介していきたいと思います。



2016824ケニアゴールド新
RINGTONS社4代目社長サイモン氏&スー夫人の“我が家の紅茶”
「ケニアゴールド」。英国のご自宅で普段にもおもてなしにも登場します。
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとサイモン氏はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR