英国で愛飲されるティーポット用ティーバッグ

本日26日(水)からグランデュオ立川「英国フェア」にリントンズ出店中です!
今日は開店と同時にリントンズショップに行列が出来て、リントンズのために
遠くから足を運んでくださったお客様もいたそうです。ありがとうございます。
代表がティーポットから丁寧に美味しい紅茶を淹れて、お待ちしております。

今日は、その試飲でも使っているティーポット用ティーバッグのお話です^^
おかげで、リントンズショップでは沢山のお客様が来店されても、
毎回ティーポットで淹れたての紅茶をお出しできます。
しかも!この淹れ方は、英国で飲まれている紅茶の淹れ方と全く一緒です。

紅茶の国・英国で飲まれている紅茶の97%はティーバッグです。
この97%にはもちろん美味しい紅茶にこだわっている方も沢山います。

長い間、紅茶の歴史を見てきた「英国紅茶商」4代目社長サイモン氏曰く
現在、英国で消費されるブラックティー(紅茶)のほぼ100%近くは
ティーバッグで飲んでいると言っても過言ではないそうです。
その数は確実に増えているとか。

紅茶商リントンズでは世界中の産地から沢山のリーフも取り扱っていますが、
英国リントニアンのほとんどが、いまリントンズジャパンでも取り扱っている
ティーポット用ティーバッグで紅茶を淹れて楽しんでいます。
リーフは主に特別な中国茶など、ブラックティー(紅茶)以外のお茶です。

そして、英国人のほとんどがマグカップで紅茶を淹れているそうです。
英国人はストロングティー(濃く淹れた紅茶)を好む傾向にあるので、
ティーポット用ティーバッグ(1包2杯分)をそのままマグカップに入れ、
ストロングで抽出し、ミルクティーで紅茶を楽しんでいるそう。

ただ、紅茶にこだわった、紅茶愛好家の英国人はきちんと
ティーポット用ティーバッグをティーポットに入れて、紅茶を淹れています。
サイモン氏はこのようにティーポット用ティーバッグは、
ティーポットで淹れるのが一番美味しく抽出できると言っています。
日本のお客様には、ぜひティーポットでリントンズティーバッグを
楽しんで欲しいと言っています。それが“Best”だと言っています。


20161020teapotteabags.jpg


ティーポット用ティーバッグは“英国の芸術品”と呼べる素晴らしいものです。
その存在のおかげで、英国ではティーポットで紅茶は楽しむことは、
特別なことではなく、日常に溶け込んでしまうのです。

仕事、育児、他にも様々な理由で毎日を忙しくされている方も
ティーポットで気軽にティータイムをして欲しい!
そして、そんなホッと一息つける豊かな日常があって欲しい!
そんな想いが英国老舗紅茶商「リントンズ」にはあります。

私達の日常もバタバタと落ち着きのないものですが、
リントンズで気軽にティータイムする時間があるおかげで、
リセットして、少しだけ気持ちに余裕が出来ているような気がします。
逆に家族や自分がイライラしていると
「あっ!リントンズ紅茶の時間が足らない??」なんて思ったりもします^^

皆様の日常にも、リントンズ紅茶をきっかけに、
ホッと出来る時間があったらいいなぁと思っています。

リントンズは、“ティーポットにティーバッグを入れる”
これだけで英国本場の美味しい紅茶を淹れられるのが特徴です。

サイモン氏は「紅茶商(Tea Merchants)として、
美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」と言います。


84リントンズティーバッグ

  
紅茶の国・英国で、多く楽しまれている“ティーポット用ティーバッグ”。
街のホテルやティールームのアフタヌーンティーのポットサービスでも、
我が家のおもてなしティータイムでも、当たり前のように
ティーポットの蓋を開けてみると、このティーバッグが入っています。
英国に旅行された方は、これに驚く方も多いようです^^

英国ティールームのアフタヌーンティーで、茶葉で淹れないからといって、
さぼっているわけでも、手抜きしているわけでも、
マグカップ用ティーバッグを入れているわけでもなく、
きちんと“ティーポット用ティーバッグ”というものが英国には存在するのです。
紅茶の国・英国でリアルに愛され続けている日常に出会えただけです。

それだけ、英国製のティーポット用ティーバッグのレベルが高く、
紅茶を一日に何回も飲む習慣がある日常にかかせないものなのです。

英国人は美味しい紅茶でなければ、日常ティーには選びません。


201649simonsue.jpg


英国老舗紅茶商「リントンズ(Ringtons)」のティーバッグの魅力は、

【100%英国ブレンドの本格ブラックティーが手軽に味わえる】
 英国紅茶の善し悪しは、茶葉の品質はもちろん、
 熟練ティーブレンダーのブレンド力が大きく影響します。リントンズは
 長年のレシピによるブレンド技術で、英国で大切に作られています。

【軟水(日本のお水)に合うようにブレンドされた紅茶】
 地域によってお水の硬度の違う英国。
 ロンドンは硬水、リントンズのあるニューカッスルは軟水です。
 高い技術のある英国のティーブレンダーは、紅茶をブレンドする時に
 必ず消費地の「水(硬水・軟水)」に合う紅茶を作ります。
 そのため、ロンドンの紅茶は硬水用にブレンドされていることが多く、
 リントンズの紅茶は日本と同じ軟水用にブレンドされた紅茶です。
 これは、ブレンド技術が高い英国紅茶ならでは、です。

【紐がないので、ポットに入れてお湯を注ぐだけ。後片付けも簡単】
 茶葉をいちいち計らなくても、ティーポット用ティーバッグ1包に
 マグ2杯分(400cc)の新鮮なお湯を注ぐだけ。茶葉の後片付けも簡単。
 このひと手間がないことで、日常のティータイムがグッと近くなるのです。

【新鮮茶葉なので、蒸らし時間を気にしなくても、失敗しない味】
 「美味しい紅茶は茶葉の品質、ブレンドの技術、鮮度の管理」
 とずっと真面目に、英国紅茶商の熟練ティーブレンダーにより、
 リントンズでは、毎日美味しい紅茶を作り続けています。
 彼らのおかげで、毎日、何年、何十年も、ずっと変わらない味の
 美味しい英国紅茶が楽しめます。
 新鮮な紅茶は一口飲めば、すぐ分かります。
 それは、驚くほどクセがなく、飲みやすいのが特徴です。
 新鮮茶葉なので、茶葉酸化による渋味や口に残るエグ味がなく、
 少し長く蒸らし過ぎても、美味しく飲める、素敵な紅茶です。

等々、まだまだご紹介しきれないほどあります。

英国ブランドのティーポット用ティーバッグは、他ブランドでもありますが、
私達自身、色々楽しんで、他の紅茶でこの味は楽しめない!と心から思った
大好きな紅茶が“リントンズ”でした。その思いはいまも変わりません。


2016926女王紅茶


本場の英国紅茶を気軽に美味しく味わえるように、
リントンズのティーポット用ティーバッグは、ティーポットの中で、
ティーバッグの中の茶葉が踊れるよう、茶葉をブレンド&製法してあります。

市販の茶袋にリーフティーを入れてティーバッグを自作することは難しく、
逆に茶葉が圧縮されてしまうので、美味しく淹れることが難しくなります。
ティーバッグ紅茶を作るには、老舗紅茶商の伝統レシピや、
長年の熟練ティーブレンダーの技術、専用の製法で作られた茶葉でこそ
美味しい紅茶が楽しめるのです!簡単に真似のできるものではありません。

ティーポットで紅茶をいただく時は、英国の紅茶愛好家も愛し続ける
老舗紅茶商「リントンズ」のティーポット用ティーバッグで、
ぜひ英国日常の本物の紅茶を気軽にお楽しみください♪


2016824サイモン紅茶シーン
★「英国紅茶商( Tea Merchants )とは」のブログはこちら♪


新旧パッケージ
★「ティーバッグは英国の芸術品」のブログはこちら♪


1980リントンズ
★「英国で愛される我が家の紅茶」のブログはこちら♪




20161026立川
● グランデュオ立川「英国フェア2016」
初開催となりますが、なかなか手に入らない
英国のあれこれが集まっています!ぜひお立ち寄りください!

期間:2016年10月26日(水)~11月1日(火)の7日間開催
時間:10:00~21:00 ※最終日は19:00閉場
場所:グランデュオ立川 1階 イベントマルシェ

★グランデュオ立川「英国フェア2016」のチラシはこちら♪

● 伊勢丹130周年大創業祭 英国WEEK 「英国展2016」 

期間:11月2日(水)~7日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階=催物場

● 岡山天満屋「英国展2016」 11月16日(水)~21日(月)


2016824ケニアゴールド新
RINGTONS社4代目社長サイモン氏&スー夫人の“我が家の紅茶”
「ケニアゴールド」。200杯分のティーポット用ティーバッグが入っています。
英国のご自宅で普段にもおもてなしにも登場します。
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとサイモン氏はいつも言っています。


2016921ロゴ新
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR