美味しい英国紅茶とは何か?

皆さんにとって“美味しい紅茶”とは何ですか?
紅茶の国・イギリスでは、自分にとって美味しいかどうかです。

催事等で販売をしていた時ですが、リントンズを初めて知ったお客様が
試飲を一口飲んで、「美味しい!」「こんなに美味しい紅茶は初めてよ!」
「紅茶が大好きだから嬉しい!」と大興奮でした。
しかし、リントンズがティーバッグだと説明すると、喜んだ顔が一変、
「だったらいらないわ。ティーバッグですもの。」「リーフはないの?」と
言われることがあります。あんなに美味しい!この味は気に入ったわ!と
とても嬉しそうに幸せそうな顔をしていたから、
それが自分をHAPPYにしてくれる“美味しい紅茶”のはずなのに...

リントンズは英国の紅茶商なので、沢山の茶葉(リーフ)を取り扱っています。
ただ、英国でリーフを購入する方のほとんどが、紅茶(ブラックティー)ではなく、
特別な中国茶や緑茶等ティーバッグには出来ない茶葉を好んでいる方です。
数年前から緑茶がブームですが、それもティーバッグが多くあり、
本当に限られた種類の茶葉でティーバッグに出来ない茶葉がリーフです。
それか、紅茶をリーフで淹れている方もティーバッグが開発される前から
紅茶をリーフで飲んでいて、その淹れ方に慣れているから、
頑固に変えたくないという年輩の方です。
それでも、どちらを合わせても人口の3%ほどで、
現在、お茶を楽しんでいる英国人の97%がティーバッグです。

イギリスの紅茶(ブラックティー)だけで言うと、英国人の100%近い方が
いまリントンズジャパンでも販売しているような、
ティーバッグで紅茶を楽しんでいます。
それは自分にとって“美味しい紅茶”だからです。
優雅なティータイムでも日常のティータイムでもティーバッグ紅茶です。

英国のティーバッグ紅茶はとても奥が深いものです。


20151117simonsue コピー

201649simonsue2.jpg


最近では日本でも、英国人のように、紅茶はティーバッグやリーフに関係なく、
美味しいからと買って行かれる方のほうが多いのですが、
ブランドや流行、固定概念、金額、広告イメージをもとに、
“美味しさ”を決める方もいると思います。

ただ、人の感覚とはイメージよりも確かなもので、
なおさら自分が“美味しい”と感じるものには、自分が納得するこだわりが
隠されていることが多いです。

それは、簡単に真似できない、
長年培われた職人による伝統のブレンドレシピであったり。


2016516紅茶商ブレンド


数十年の取引のある信頼のおける厳選契約農園にこだわり、
農園の間でも茶葉選定が厳しいと有名な紅茶商の茶葉であったり。


20151104tanzaniateatasting.jpg


英国紅茶商の「命」とも言える
専属ティーブレンダーのブレンド技術のおかげであったり。


20168164.jpg


リントンズに関しては、そんな素晴らしい英国老舗紅茶商の紅茶が
日常で気軽に味わえるのが最大の魅力です。

ですが、「美味しいけれど、100包200杯分の紅茶が入って、2,000円?
安すぎる。そうゆう紅茶はいらないわ」と言われることもあります。

英国老舗紅茶商の専属ティーブレンダーによる
正真正銘の英国紅茶で、茶葉へのこだわりが強い紅茶なのに、
この値段だけで、安かろう悪かろうと思われるのも残念です。

紅茶の国・英国でリアルに愛される紅茶は、美味しくて、日常価格でないと
愛されません。そのどちらかが欠けても長くは愛されません。
英国人は流行やブランドだけの紅茶に全く興味がありません。

“美味しい”“日常価格”が大切なんです。
特別なことは求めていません。
毎日相棒のように楽しむものですから、自然な選択肢だと思います。

日本のお客様でも、これを喜んでくださる方も年々驚くほど増えており、
「敷居が高いと思っていた英国紅茶に対するイメージが大きく変わった」とか
「日常で美味しい英国紅茶を気軽に飲めるようになって嬉しい」とか
「おうちに来たお客様にリントンズ紅茶でおもてなしするようになってから、
紅茶を淹れるのが上手と言われるようになって、調子に乗ってどんどん
淹れちゃうのですが、ティーバッグ100包入っているから有り難い」等と
皆さんの日常で本物の英国紅茶を気軽に楽しんでいる様子を
教えていただくと、心から嬉しくなります。
なぜなら、私達も同じような気持ちでリントンズ愛好家になったので。

昨年のうめだ阪急「英国フェア2015」に奥様のスー夫人と共に初来日した
英国リントンズ4代目社長サイモン氏は、自ら販売にも立っていました。
皆さんにリントンズ紅茶のこだわりを一生懸命伝えていました。


20151016blog3.jpg


リントンズは、紅茶好きの英国人がわざわざ自宅まで届けてもらう、
英国の百貨店やスーパーでは買えない地域限定の宅配専門の紅茶です。
そのため、英国で100年以上続く老舗の紅茶商であるのに、
日本人等の観光客の多いイギリス・ロンドンは、
宅配地域ではなく、スーパーや百貨店にも置いていないので、
お土産等にするには入手困難なので、あまり知られていない幻の紅茶でした。

英国の紅茶業界では有名なこだわりの紅茶商なのに、
日本のブランドイメージはないに等しいものでした。

実際は、100年以上、英国の紅茶商として受け継がれた伝統があり、
専属のティーブレンダーによりブレンドされた正真正銘の英国紅茶です。
そして、紅茶に合う軟水地域限定で、創業当時は馬車で、いまでもバンで
各家庭に「Your tea madam」と紅茶1つからでもお届けしている紅茶です。

宅配にこだわり続ける理由について、スーパーなどお店で買う人は
商品を棚から取るだけに対し、リントンズは販売員とお客様一人一人が
1対1の関係にあること。だから深い繋がりが続き、お客様の声が常に
届くのだ、とサイモン氏は話していました。

100年以上、英国では北部だけで30万世帯の家庭に、
親子代々、愛飲されているような紅茶で、
英国リントニアンの生の声に耳を傾け、日々進化している紅茶商です。

英国家庭だけでなく、英国老舗ホテルや老舗ティールームでも
リアルに選ばれているような紅茶です。
1週間に億を超えるリントンズ紅茶が英国で愛飲されています。

リントンズの宅配地域のイングランド北部やスコットランド、湖水地方等は、
日本と同じ軟水地方でもあります。
そのため、リントンズ紅茶は日本のお水(水道水)で淹れても、
英国で飲む、あの紅茶の味と全く一緒なんです。
それもリントンズ紅茶が美味しい!と言われる魅力です。

紅茶とお水はとても大切な関係なのです。


2016516ブレンド水


紅茶の国・英国でティーバッグ、リーフのこだわりより大切なものは、
茶葉の質、そして、茶葉の鮮度です。

リントンズのスローガンは「Fresh tea is better tea」です。
「どんなに上質な茶葉を育てても、茶葉を摘採後、新鮮な状態で
保管・輸送・パッキング出来なければ、美味しい紅茶に出逢えない」
このように語るサイモン・スミス氏は、
「これからの紅茶時代は、この茶葉の鮮度が重要だ」とも話しています。
美味しい紅茶にこだわるなら、ぜひ、大切にして欲しいポイントです。

日本では美味しい紅茶にこだわる方はリーフのイメージがありますが、
いまのイギリスの紅茶好きに、ティーバッグorリーフにこだわる方はいません。
イギリスの昔、ティーバッグが開発された頃は、
ティーバッグよりリーフという時代もありましたが、もう半世紀以上前の話です。
現代のイギリスでは美味しい紅茶を選ぶうえでその概念も残っていません。

なぜなら、ティーバッグも茶葉(リーフ)だからです。

シンプルに、自分にとって美味しい紅茶は何か?にこだわっています。
それこそが、自分にとっての“美味しい紅茶”だからです。

これから秋冬には沢山の英国展や英国フェアが開催されます。
そこでは、あらゆるブランドが紅茶の試飲を沢山やっています。
リントンズでも、英国で愛され続けているこの紅茶を
沢山の方に試飲して欲しいと思っています!
皆さんの日常で楽しんでもらうために、おうちと同じ淹れ方にこだわっています。
それが英国日常と同じ淹れ方でもあります。
数分お待ちいただくこともありますが、1杯1杯、ティーポットから丁寧に
淹れているので、どうぞ遠慮なさらずに紅茶を楽しんで欲しいと思っています。

そして、紅茶の試飲を沢山楽しめるのも英国展の魅力でもあるので、
古い価値観や固定概念を取り払い、寛容に、
純粋な自分の感覚で“美味しい紅茶”を見つけて欲しいと思います。

それが自分にとって“美味しい英国紅茶”だと思います。

自分が大好きと思える美味しい紅茶があることで、
日常の中に、自然と幸せに思える、そんな時間がありますように☆



★ 9月に開催される「英国フェア・英国展2016」のお知らせ ★

リントンズ紅茶が9月に出店する「英国フェア・英国展」です!
美味しい英国紅茶を淹れて、お待ちしております。

【 川西阪急「英国フェア2016」 】
期間:2016年9月7日(水)~13日(火)
時間:午前10時~午後8時 ※最終日は午後5時
場所:川西阪急 1階催物会場
★川西阪急のホームページはこちら♪

【 日本橋三越本店「英国展2016」 】
期間:2016年9月14日(水)~19日(祝日)
時間:午前10時30分~午後7時30分
場所:日本橋三越 本館・新館7階催物会場
★日本橋三越本店のホームページはこちら♪


2016824ケニアゴールド新
RINGTONS社代表サイモン氏&スー夫人が英国のご自宅で
普段にもおもてなしにも愛飲している「ケニアゴールド」
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとサイモン氏はいつも言っています。


201681女王皿2
8月中に、オンラインショップでご注文いただいた
お客様の中から抽選で
代表がイギリスのアンティークショップで見つけた
貴重なエリザベス女王グッズをプレゼントします!

★8月プレゼントキャンペーンの詳細はこちら♪


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR