貴重なジンジャー・ジャー登場

今日のブログに登場するアイテムも、全て6月4日(土)開催の
第4回「リントンズのアンティークマーケット」内で販売します!

とっても珍しいウィローパターンのジンジャージャー(Ginger jar)です。
昨日に引き続き、ブルーウィローのリントンズグッズも登場します。

ジンジャージャーとは、その昔、東洋からヨーロッパへショウガを
輸出するのに使われていたポットだそうです。
その後、ショウガだけでなく、他のスパイスや塩等を入れていたそうです。

中世の英国では、ショウガには薬効成分があると考えられていました。
東洋とヨーロッパの間で香料貿易が始まると、ショウガは薬というよりは、
最も重宝される食べ物の1つとなり、英国まで浸透していきました。
ヴィクトリア朝の人々はショウガ風味のお菓子を良く食べていたそうです。

紅茶とジンジャービスケットは、古くから英国ティータイムにかかせないもの。
リントンズの人気ビスケット№1もジンジャービスケットです。
そんな英国の歴史を感じずにはいられない、ジンジャージャー。
アンティークマーケットでもなかなか出逢えない珍しいものです。


2016524ウィロージンジャージャー


今回は掘り出し物とも言えるジンジャージャーに沢山出逢えました。
「James Sadler & Sons Ltd 社」が製作したウィローのジンジャージャー。
この、まあるい形もジンジャージャーの特徴でもあります。
「James Sadler & Sons Ltd 社」は1882年に設立された
ストーク・オン・トレントにある英国の老舗陶磁器メーカーです。
リントンズもたびたびコラボしている英国窯元です。


2016524ジンジャージャー1


1796年に設立された英国の陶磁器メーカー「MASON'S(メイソンズ)社」に
リントンズの特注により製作されたジンジャージャーも見つけました。
同じウィローでもコラボする窯元によりデザインが違うのが面白いです。


2016524ジンジャージャー2


こちらはウィローパターンではなく、ブルー&ホワイトの
「KORO」パターンという珍しいものです。
垂れる枝葉に、鳥を描くのがこのパターンの特徴です。
上記でご紹介したウィローパターンと同じ「MASON'S(メイソンズ)社」と
リントンズがコラボして製作したジンジャー・ジャーですが、
同じ形でも、パターンによって全然違う表情を持つのが、
リントンズのジンジャージャー・コレクションの魅力です。


2016524ジンジャージャー3


変わったジンジャージャーの形、こちらはジンジャーポットとも呼びます。
1950年頃、リントンズが「MASON'S(メイソンズ)社」に特注した
ウィローパターンのジンジャーポットです。


2016524ティーキャディー2


紅茶の国・英国には、“紅茶を保存しておくための容器”が存在します。
それを“ティーキャディー(Tea caddy)”と呼びます。

1900年初頭から陶器製ティーキャディーが
紅茶メーカーの特注により、当時の名門陶磁器メーカーの製作で
たびたび発売されることもありましたが、
それは数多いものではなく、希少な存在でした。

1907年創業の紅茶商リントンズでは、英国陶磁器メーカーに依頼し、
創業当時から特注の陶器製ティーキャディーを製作していました。
“紅茶を保存しておくための陶器”とあまりに素敵な使い方に、
使うのがもったいない様な気さえしてしまいます^^

こちらの陶器製ティーキャディーは、
歴代のリントンズのウィローパターンの中でも、
一番古い、1920年にMaling Pottery社が製作したデザインです。
1963年以降、同社が閉鎖してしまった為、当時のデザインそのままの
ウィローパターンをWade Ceramics社に依頼し、
“ウィローパターンのティーキャディー”を復活させたものです!

そんなリントンズと窯元の歴史が隠れている
リントンズ社×Maling Pottery社×Wade社という
興味深いトリプル・コラボの貴重なウィローのティーキャディーです。


2016524ティーキャディー1


こちらも同じく、1920年にMaling Pottery社が製作したものを
1920年のデザインそのままに、Wade社により復活させた
トリプル・コラボの貴重なウィローのティーキャディーです。

ジンジャージャーやティーキャディーは蓋をとって、花瓶にしても素敵なんです!
英国でもそんな使い方をしているのをよく見かけます^^


2016524ティーキャディー3


「アンティークマーケット」で販売する陶器製ティーキャディーをもう一つ!
こちらも以前のブログでご紹介したティーポット柄ティーキャディー。
ティーポット柄、ティーポット型というのも、女性の心をくすぐる可愛さです^^

★「ティーポット柄ティーキャディー」のブログはこちら♪


2016512ポットキャディー1


オンラインショップ限定企画!
6月4日(土)~「リントンズのアンティークマーケット」開催!!


開催されるのは、英国のアンティークマーケットのように週末です。
英国の人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」を訪れたような気分で
リントンズグッズ探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。
6月の休日に“週末の英国の空気感”を感じていただけますように。

100年以上続く英国老舗の紅茶商「リントンズ」のレアなグッズは、
イギリス北部のアンティークマーケットでしか出逢えないものが多く、
英国中を旅しても、これだけ探すのは一苦労です。

リントニアンだけでなく、イギリス等のアンティーク雑貨が好きな方、
英国紅茶が好きな方も、見ているだけで、きっと“ワクワク”すると思います。
ぜひチェックしてみてくださいね!

今日ご紹介したジンジャージャーもティーキャディーもすべて登場します。
どちらも日本では珍しいお品だと思います。



2016425トラ缶
リントンズを代表する紅茶缶「トラディショナル・ティーキャディー」。
1938年に発売された紅茶缶を完全復刻したヘリテージなデザイン。
紅茶缶の中には、RINGTONS社長サイモン氏&スー夫人が
英国のご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している
ケニアゴールドが50包100杯分も入って、たっぷり楽しめます♪

★「トラディショナルキャディー+ケニアゴールド50包100杯(150g)セット」


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR